クロスカントリースキーのトレーニング方法!季節別メニューもご紹介

スポンサーリンク

クロスカントリースキーのトレーニングってどんなことをすれば良いのでしょうか?これからクロスカントリースキーを始めたい方には具体的なトレーニング方法やトレーニングメニュー、シーズンオフの夏にはどうすれば良いかをご紹介します。実際にクロスカントリースキーをやっている方にはステップアップの参考になれば嬉しいです。

クロスカントリースキーのトレーニングに求められるものとは?

クロスカントリースキーは雪原のマラソンと言われています。つまりスキーをしながら走るという事です。スキーの技術も必要ですがマラソンの能力も求められるスポーツです。

スキーは全身を使いバランスを取りつつ滑降しますので体幹がしっかりとしていることが求められます。マラソンは長時間走ることに耐えられる筋力と持久力が求められます。クロスカントリースキーのトレーニングにはこれらを満たす事が重要なのです。

スポンサーリンク

クロスカントリースキーのトレーニング方法

クロスカントリースキーのトレーニングメニューってどんなものがあるかご存知ですか?スキーで滑降するだけではないし、スキー板を履いてただ走れば良いのか…?こんな意外なものを使ってトレーニングするの?と驚いてしまうようなクロスカントリースキーのトレーニングメニューをご紹介します。

スキー

スキーコースを使って行うクロスカントリースキーのトレーニング方法です。オンシーズンは雪上を滑走したり走るトレーニングをする事でオフシーズンではトレーニング出来ないクロスカントリースキーの技術を向上させます。

ウエイトトレーニング

ウエイトトレーニングによるクロスカントリースキーのトレーニング方法です。腹筋・背筋・側筋・腕立て伏せ・踏み台昇降の他にマシンを使ってベンチプレス・デッドリフト・スクワット・ダンベルでトレーニングすることにより筋力強化を行います。

ローラースキー

ローラースキーを使用したクロスカントリースキーのトレーニング方法です。ローラースキーとはスキー板よりも長さが短い板の先端と後ろにタイヤが付いたものです。イメージ的にローラースケートに近いです。

雪上で練習が出来ないオフシーズン用にクロスカントリースキーの実践に近いトレーニングを行うことが出来ます。これによりバランス感覚の向上や腕の筋力アップ、体幹を鍛える事が出来ます。

ランニング

ランニングによるクロスカントリースキーのトレーニング方法です。ランニングにもいくつかの種類があり走るペースをジョギング程度の速さやフルマラソンのような速さ等に設定してそのペースで走る方法。ポール(スキーのストックの事)をつきながら走る「ポールランニング」があります。

ポールをつきながら走ることによりランニングだけでは鍛えにくい上半身の筋力アップの効果も期待出来ます。このようにランニングトレーニングは持久力や呼吸器系の強化、脚の筋力アップに繋がります。

ランニングサーキット

ランニングサーキットとはショートランニングの間にウエイトトレーニングを行いこれを連続して行うトレーニングです。ランニングによる有酸素運動の効果とウエイトトレーニングによる筋力アップ効果の二つが期待出来るトレーニングです。

マウンテンバイク

マウンテンバイクによるクロスカントリースキーのトレーニング方法です。マウンテンバイクに乗り平地ではなく山道を走るトレーニングです。

アップダウンの繰り返しがあるので実際のスキーのコースに似ている環境を走るのでマウンテンバイクを巧みに操作しなければいけません。おのずと体幹を鍛えることに繋がりボディーバランスも向上するのです。

季節を問わず出来るトレーニングメニュー

春に行いたいメニュー

クロスカントリースキーのトレーニングで4月から5月は雪上トレーニングに向けての準備段階として、ランニングやポールランを多めに行うように心がけてみると良いでしょう。そしてウエイトトレーニングも行って下さい。

5月下旬から6月は準備段階から少しレベルアップして、ランニングよりウエイトトレーニングに重点をおくようにしてみましょう。ランニングを行う時もランニングサーキットを取り入れてみると良いでしょう。

夏に行いたいメニュー

クロスカントリースキーのトレーニングで夏に行っておきたいたいメニューは、春のトレーニングによって基礎体力が養われてきているのでここから本格的なメニューを行っていきます。ランニングやポールラン、ローラースキー、ウエイトトレーニングをより多く行い雪上トレーニングに向けて体力作りの最終段階に入ります。この夏の時期にしっかりとトレーニングを行っておくことがオンシーズンでのトレーニングに必要となります。

ですが、夏なので暑い時間帯は避けて朝や夕方に行うようにすると良いでしょう。

秋から冬に行いたいメニュー

クロスカントリースキーにおいて秋から冬はいよいよ雪上トレーニングに向けたメニューと実際に雪上でスキー滑走を沢山行い技術向上を目指しながら、クロスカントリースキーのコースでのトレーニングも行っていきます。

スポンサーリンク

トレーニングの成果を雪上で出しましょう!

クロスカントリースキーのトレーニングはオールシーズン行います。どのトレーニングもクロスカントリースキーには欠かすことが出来ないメニューです。

雪のないシーズンにどれだけきちんとトレーニングを行ってきたかは雪上トレーニングで結果を出します。積み重ねが重要だということでしょうね。

スポンサーリンク