人生の財産!「友達を作る」8つのポイントで不安や淋しさを解消しよう

スポンサーリンク

日々の生活の中で気心知れた友達と過ごす時間ほど、楽しいものはありませんよね!子供の頃は同じ空間にいる人と自然と友達になり、自然に遊んでいたのに、社会人になると職場の人と過ごす時間が長くなり、結婚するとますます友達との時間が減るような気がします。しかし人生最後まで大好きな友達達に囲まれて過ごしたいものです。そんな一生涯の友達を作る方法をまとめてみました!

社会人になってから友達を作る方法

社会人になってから、「友達減ったなあ」と思うことありませんか?学生時代に仲良かった友達とも、就職や結婚などを機に疎遠になることが多いですよね。

それもまた縁。新たな友達を作ることに目を向けてみると、視野が広がりライフスタイルが充実します。
友達ってどうやって作るんだっけ…、今更聞けない友達の作り方をご紹介します!

スポンサーリンク

友達がいない不安や恐怖

「自分には友達がいない」と思ってる人は、孤独感や疎外感、様々な不安を抱えています。しかしそれは原因があり、また解決できるのです。

悩みがあっても相談する相手がいない

社会人になると職場の人間関係・仕事について・これからの未来のことなど、漠然とした不安が出てきますよね。そんな時、自分の思いを聞いてくれ共感してくれる人がいることが、どれほど幸せなことか…。そう感じてる人が多くいます。

悩みの中でも、本気で解決方法を見出したい相談は、専門家にするのが一番です。しかしそれ以外のことは話したらスッキリする、心が楽になることが多いです。つまり、親身に聞いてくれる人の存在ですね。そんな関係が「友達」というのではないでしょうか。

困ったときに助けてもらえない

いざという時に頼れる・助けてくれる人は?家族か友達です。友達がいないから助けてもらえないと不安がってる人もいますが、友達=鏡だと思ってみましょう。

自分は普段から困ってる人がいたら助けていますか?親切にしていただいた時に、感謝の気持ちを返していますか?

友達=人間関係です。人間関係は本来そんな複雑なものではありません。自分の生き方、周りへの接し方が返ってきてるだけなのです。

友達を作るコツ

最低限の外見に気を付けよう!

初対面の第一印象は3~5秒で決まると言われている「メラビアンの法則」というものがあります。いくら性格がよくても、どうしても人は視覚情報が一番にきてしまうのです。なので逆に第一印象に直結してる「外見」を意識することが、友達作りの第一歩になります。

外見といっても美人かどうか、そういうことではないです。「あの人いい感じだな~」「話しやすそうだな~」と思ってもらえることです。

そのポイントは「笑顔」です。笑顔の人に暗い人はあまりいません。逆にむすっとした人は話しかけずらく、「なんだかあの人苦手だな~」という印象を与えてしまいます。恐ろしいことに、初対面の印象はその後3年間引きずると言われています。つまり入り口で苦手意識を持たれてしまうと、なかなか挽回するのが大変ということです。

なのでとにかくまずは笑顔を心がけましょう。すっごい笑顔を作らなくても、ちょっとした微笑みで十分です。一番簡単で今すぐ出来る第一歩です。

興味関心が同じ人の集まりに参加しよう!

何もないところから人間関係の発展はあまりないので、自分の興味関心があることの共通点の人と出会える場所に、積極的に足を運ぶのがおすすめです。

最近ではインターネット・SNSでもそのようなコミュニティの呼びかけが盛んにされています。外国人同士の交流の場もありますし、男友達を作りたければアウトドア仲間を募ってるものもあります。身近なmixiなどのコミュティに参加して、交流したりオフ会に行ってみることから始めてみましょう。

自分から声をかけよう!

高校時代を思い出してみてください。同じクラスで席が近い子、部活が一緒の子、自分から声をかけて友達になっていきませんでしたか?高校時代はそのように共通のものが多かったので、声もかけやすかったですが、やはりそこが友達作りの原点です。

特に日本人は「声をかけられるのを待っている」人が多いので、自分から第一声をかけていくことが大切です。会話内容を考えるより、まず挨拶をして何でもいいので質問していけば会話は広がります。

まずは自分から。心がけましょう!

自分の属性をアピールしよう!

「属性とは」出身地や高校・大学で何を学んできたか、仕事のジャンルなどの、自分の環境のことです。人は自分と共通点の属性に惹かれます。地方から出てきた人が東京で、同郷の人と会ったら大興奮ですよね?

属性をアピールするのはとても簡単なことなので、自己紹介の時に属性を盛り込んでアピールしましょう。facebookをやってる人は、自己紹介に必ずこの属性を入れるようにしましょう!

ありのままをさらけ出そう!

「ありのままの自分で人と付き合う」長く続く人間関係を構築したいなら気を付けるべきところです。自分を偽ってたり、背伸びした状態で人と接してても、いつかはボロが出ます。その時に信頼信用も失う可能性が高いです。

逆にコンプレックスも失敗も物ともせず、オープンでいる人は魅力的にみられます。ありのままを見せてくれる人には、自分もありのままでいられるから一緒にいても楽だし、居心地がいいのです。心を開いて欲しいと思うなら、まずは自分が心を開く。人間関係は鏡の法則なのです。

相手の話をよく聞こう!

コミュニケーションの極意は聞き手にあり。というくらい、人の話を聞くことは大切です。
自分の話ばかりしてる人は一緒にいてもつまらないですよね?
友達が多い人は聞き上手なのです。
相手に興味がある=相手の話を聞く=相手を知る=好きになる=相手も好きになってくれる、人に興味を持つことが友達を作る・人間関係うまくいくコツともいえます。

友達になるまでは時間がかかるから焦らずいこう!

初対面で気が合っていきなり仲良くなることもありますが、友達はある日を境に友情宣言するものでなく、一緒に過ごしてたらもういつのまにか友達というかんじです。

その間、喜びも悲しみもより多く共に経験した友達はより深い絆で結ばれます。つまり、本当の一生の友達とよぶには時間がかかるのです。焦らず、楽しみながら友達との時間を過ごしていきましょう。

サイトやアプリを利用しよう!

今の時代SNSが主流となっていて、よくいえば友達を気軽に作ることが出来るようになりました。特にfacebookは出身校などの共通点から繋がったり、友達の友達ということで繋がったりとリアルな人間関係に密着したSNSなので、積極的にコメントやいいね!をして関わっていくことも大切です。

思わぬきっかけから、懐かしい旧友との再会に繋がるかもしれません。

スポンサーリンク

友達は人生の財産!

友達は人生の宝物です。友達は、お金では決して手に入らないもので、人生の楽しさに直結してるものだからです。友達の人数は重要ではありません。また、SNSの普及によりネット上での友達が紛らわしいですが、やはり心から本当の親友とよべる友達は数少ないものです。それでいいんです。

親友とは、たくさんの時間と経験を積み上げて出来る関係だからです。普通の友達は、社会人になりお互いの環境が変わると、人間関係も変わってしまいまうことが多いですが、親友はずーっと変わらないです。

それこそ、一生付き合ってく人です。そんな人がいるといないとでは、人生変わりますよね。やはりどこまでいっても人と人、人は一人では生きていけないです。どうせだったら、なんでも話せて弱い自分もみせれる、ありのままでいれる親友と過ごしたいですよね。

今思い当たる親友がいない人でも、これからの生き方とちょっとした行動で、親友と呼べる友達を作っていけます。より充実した人生を送るために、今日から行動に移していきましょう!

スポンサーリンク