体がベタベタ!「汗の質」を上げてサラサラ肌でいられる方法とは?

スポンサーリンク

汗をかくと身体がベタベタする、自分の汗の臭いが気になる…ただ制汗剤を使っても、効果は限られています。汗自体の質を上げることで、汗をかいてもサラサラ肌でいられることをご存知でしょうか?ここでは、体がベタベタになる原因や、汗の種類、そして汗の質を上げてサラサラ肌を保つポイントについてご紹介いたします。

体がベタベタする原因、それは汗の「質」にありました。

私たちの体は、体温が上昇すると、脳から指令が出て、汗腺から汗が出る仕組みになっています。汗が外気で蒸発する際に体表の熱を奪うため、体が速やかに冷やされるのです。

汗にはナトリウムなどの成分が含まれており、汗が乾くと肌の表面に残ります。もし質の悪い汗をかいている場合には、肌の表面がベタベタし、臭いも強く残ります。一方、汗の質が良ければ、水のように肌の表面を流れて速やかに体を冷やしてくれくれる上、汗が乾いた後の肌もサラサラしています。

つまり、体のベタベタは、汗の質が原因なのです。

スポンサーリンク

「サラサラ汗」「ベタベタ汗」、汗の質の違いとは

体のベタベタを左右する汗の質の違いとは、どのようなものなのでしょうか。汗の質に違いが出る理由、そして「サラサラ汗」「ベタベタ汗」とはどのようなものなのかについて、詳しく見ていきましょう。

汗は血液からできています

脳から汗を出す指令が出ると、血管から汗腺に、血漿(けっしょう、血液の液体部分)が取り込まれます。そして、その中から多くのミネラル等の成分を血管に戻し(再吸収)、残りを汗として汗腺から排出します。

再吸収の機能が正常に働いていると、汗は限りなく水に近くなりますので、サラサラとした質感になります。一方、再吸収の機能がうまく働かず、ミネラルや老廃物を血管に返すことができない場合は、汗の濃度が高まり、ベタベタした質感になります。

サラサラとした汗「サラサラ汗」が上質な「良い汗」、「ベタベタ汗」は質が劣る「悪い汗」ということになります。

良い汗「サラサラ汗」とは

サラサラ汗とは、文字通り、サラサラと肌の表面を流れていく汗です。水分以外の成分が少ないため粘度が低く、指で触ってもサラッとしています。また、汗をかいても乾きやすく、匂いも少ないのが特徴です。

サラサラ汗をかくと、速やかに体温が下がり、皮膚もサラサラのままのため、爽快感があります。スポーツをした後などに「いい汗をかいたなあ~!」と感じるのは、サラサラ汗をかいたときです。

悪い汗「ベタベタ汗」とは

ベタベタ汗は、水分以外の成分が多く、濃い汗です。体がベタベタするのは、このベタベタ汗をかいていることが原因です。

サラサラ汗との違いは、

・汗自体がベタベタしている
・臭いが強い
・蒸発しにくいため体を冷やす効果が少ない
・汗をかいた際に不快感が残る…等です。

ベタベタ汗の原因は、日常生活に潜んでいます

臭いが強く、かいても涼しくならない…そんな「ベタベタ汗」は、かきたくありませんね。

ベタベタ汗をかく原因は、そのほとんどが日常生活に潜んでいるものです。あてはまっている項目が多ければ、ベタベタ汗をかきやすい状態ということになります。

早速、一つずつチェックしてみましょう。

汗をかくチカラ、弱っていませんか?

サラサラ汗を出すためには、汗をかくチカラ、すなわち発汗する機能が正常に働くことが不可欠です。

私たちの表皮には、およそ400万以上の汗腺がありますが、現代社会ではエアコンの使い過ぎ等により、その半分程度が稼働できていない「休眠」状態にあるといわれています。

半分もの汗腺が休眠状態になっていると、残った汗腺から大量の汗を出さなくてはなりません。そうすると、汗腺でしっかり再吸収している暇はなく、十分に濾過されていない、ベタベタ汗が出てしまいます。

つまり、汗をかくチカラが弱っていることが、ベタベタ汗をかく大きな原因なのです。

適度に運動していますか?

運動不足も、汗をかくチカラを弱め、ベタベタ汗をかく原因となります。

運動をすると筋肉が動かされることによって熱が発生し、脳からさかんに汗を出す指令が出ます。しかし、運動不足の状態では汗を出す機会がありませんので、汗腺が休眠する状態を生み出してしまいます。

適度に運動をして、日常的に質のよいサラサラ汗をかくようにすると、効率よく痩せることも可能です。

足りていますか?睡眠の質と量。

不規則な生活で、睡眠不足になっていませんか?また、睡眠時間は確保できていても、眠りが浅く疲れがとれないということはありませんか?

睡眠時間が少ない、もしくは熟睡できないと、体は十分に休まりません。すると、肝臓機能が低下していきます。肝臓機能が低下すると、血液中の乳酸やアンモニアが十分に濾過されず、ベタベタ汗となります。

睡眠の質を上げるため、就寝前はスマホやPC、TVなどの光を浴びない、アルコールはじめ飲食は控えるとよいでしょう。

ホルモンバランスは乱れていませんか?

女性ホルモンには、エストロゲンやプロゲステロンをはじめいくつもの種類があり、それぞれ分泌量やタイミングなどが絶妙なバランスをとって働いています。

加齢などにより女性ホルモンの分泌量が低下すると、ホルモンバランスが崩れるため、多くの女性が更年期障害を訴えます。

更年期障害の主な症状に「ホットフラッシュ」があります。自律神経が乱れて汗腺のコントロールができなくなり、大量の汗が出るというものです。汗腺のコントロールがうまくできないため、汗の質も低下してしまうのです。

20代や30代の若い女性でも、極端なダイエットや冷えなどによってホルモンバランスが乱れ、こうした症状を訴えるケースがありますので要注意です。

スポンサーリンク

ベタベタ汗を解消する5つの方法

ベタベタ汗をかいてしまう原因は、そのほとんどが日常のささいなこと…とすれば、ベタベタ汗を解決するのは難しいことではありません。

簡単で効果的にベタベタ汗を解消する5つの方法を、ぜひ試してみましょう。

エアコンで体を冷やし過ぎないこと。

エアコンは、体が熱くなりすぎることを防いでくれ、勉強や仕事の効率アップにも役立ちます。しかし、エアコンの使い過ぎで体を冷やしすぎると、汗の質が低下します。

まず、体が冷えていることにより汗をかく機会が減り、汗腺の休眠状態を引き起こします。また、体を冷やすと血行が滞り、肝臓に負担がかかるため免疫力が低下し、病気にかかりやすくなります。すると、汗腺のコントロールも十分にできなくなり、ベタベタ汗をかきやすくなるのです。

エアコンの設定温度は高めに設定し、オフィスなどではひざ掛けなどで冷気を防ぎましょう。

ウォーキングでリフレッシュしましょう。

ベタベタ汗を解消するのに最もおすすめな運動が、ウォーキングです。ランニングや筋トレなど負荷の大きな運動をすると、大量の汗が一気に噴き出てしまい、汗腺が休眠している場合などにはかえって汗の質を下げてしまいます。

その点、両手を前後に振り大股でウォーキングすると、じんわりと大量の汗が出てきます。ゆっくりと大量の汗をかくことで、次第に休眠していた汗腺の機能がよみがえり、サラサラ汗をかけるようになります。

ポイントは、速度を早歩き程度にして心拍数を上げすぎないことです。できれば毎日もしくは1日おきにでも、食後に20~30分ウォーキングしてみましょう。

一日の終わりには、半身浴を。

みぞおちより下までお湯に浸かると、心臓の負担を軽減しながら体の芯まで温めることができます。下半身で滞りがちな血流がお湯の圧力で刺激され、血行もよくなります。

すると、ウォーキングをしたときと同じように、じんわりとゆっくり大量の汗をかくため、汗腺の機能を高めることができます。

また、ストレスが溜まると、自律神経やホルモンバランスが乱れてしまい、ベタベタ汗の原因になります。その点、一日の終わりにゆったりと半身浴をすると、心身ともにリラックスすることができますので、不調をよせつけなくて済むのです。

半身浴でたくさんのサラサラ汗を流すと、体内の老廃物もすっきりデトックスでき、美肌にもつながります。

制汗剤は、ほどほどに使いましょう

制汗剤は、スプレーやロールタイプ、汗をブロックするタイプや殺菌タイプなど、形や機能も様々あります。

お出かけ前や汗の臭いが気にあるときなどには欠かせないアイテムですが、かえって汗の質を下げてしまうこともあるため、使いすぎには注意が必要です。

汗をブロックするタイプの制汗剤を広範囲に使うと、汗腺をふさいでしまい、汗をかくチカラを弱めてしまいます。使用する際には、わきなど限られた箇所に使用しましょう。

また、肌の表面では表皮ブドウ球菌という菌がおり、外部から来た菌の繁殖を抑えています。しかし、殺菌力の強い制汗剤を使いすぎると、こうした体を守るための菌まで殺菌してしまい、結果的に雑菌が繁殖して臭いが発生してしまいます。

なにより、制汗剤には多くの化学物質や香料が含まれています。汗や殺菌と交じることで肌荒れを起こすこともありますので、まず汗の質を上げて、制汗剤を最小限度にとどめましょう。

食生活を見直しましょう。

汗の質は、食べた物によっても左右されます。

ドロドロ汗になる原因になる食べ物

・動物性たんぱく質、脂肪が多い食品…牛肉や豚肉など。
・乳製品…チーズ、牛乳など
・臭いの強いもの…ニンニク、アルコールなど

また、砂糖や油の摂りすぎは皮脂がたまり汗腺の働きを邪魔するため、ベタベタ汗の原因になります。

サラサラ汗にしてくれる食べ物

・緑黄色野菜…ニンジン、かぼちゃ、ほうれん草など。
・海藻…わかめ、昆布、ひじきなど。
・大豆…豆乳、豆腐など

とりわけ食物繊維の豊富な食べ物は腸内環境を整え血流をアップさせてくれますので、サラサラ汗が出やすくなります。

サラサラ汗をかいて、爽快感を味わいましょう

体がベタベタするから、臭いが気になるから…汗を敬遠するよりも、汗の質を上げてサラサラ汗を味方につけましょう。

サラサラ汗をかく爽快感を知れば、苦手な運動も楽しくなります。また、サラサラ汗をかくと毛穴周辺の皮脂や汚れがスッキリしますので、肌のきめが整い、髪のコシがアップするなど、美容面でもうれしい効果が望めます。

エアコンで体が冷えた後は半身浴で温める、食後にウォーキングする、意識して和食を食べる…ほんの少しの工夫で、サラサラ汗を出しやすくなります。

できることからぜひ、お試しくださいね。

スポンサーリンク