お尻を綺麗に♪原因をチェック!6つのセルフケアを試してみて?

スポンサーリンク

お尻の黒ずみが秘かな悩みという妊娠・出産後のママや、オフィスワークで長時間座ってお仕事をされている大人女子の為に、お尻の黒ずみ解消法や原因、効果が期待されるアイテムをみていきましょう。一人で抱え込んでしまっているかたも多いといわれ、肌をみせる季節になると楽しみも奪われてしまうなんてことも。そんなお悩みも解消できるように、原因から知って、今日からスタートできるお尻の黒ずみ解消法をご紹介していきます。

お尻の黒ずみトラブル解消法

お尻の黒ずみが秘かに悩みという女性は、結構多いといわれています。でも、お尻の黒ずみを解消したくても、何から始めたら良いのかわからないと一人で抱え込んでしまうかたもいらっしゃるようです。

そんなお尻の黒ずみを解消したいかたのために、お尻の黒ずみの原因や解消方法、おすすめのアイテムなども一緒にご紹介していきます。セルライトの予防するお尻のマッサージやリンパマッサージ、ご家族や恋人と出来るお尻のコリのマッサージも是非お見逃しなく。

スポンサーリンク

お尻の黒ずみの原因

お尻の黒ずみの原因は、一体なんなのでしょうか?摩擦などの刺激によって起こる色素沈着が原因だったり、お肌の乾燥による過角化、かぶれや炎症、体重による負荷が原因だったりするといわれています。また、ホルモンバランスも、お尻の黒ずみの原因のひとつのようです。

摩擦などの刺激による色素沈着

メラニンの生成は、お肌に刺激を受けた時に、防御反応で生成するといわれています。下着や洋服などの摩擦や、座っている際の圧力などからの刺激によっても、お肌がくすんでしまいザラザラしてしまうといわれています。こういったことから、色素沈着が発生してしまい、お尻の黒ずみの原因となってしまうようです。

締め付けがきつめの下着や、ナイロン製の下着もお尻の黒ずみを作る原因につながってしまうようです。入浴時も、お尻をゴシゴシと洗うのも要注意といわれています。こういった摩擦からあらわれる色素沈着は、摩擦黒皮症と呼ばれています。深い部分にシミが出来てしまい、色素が定着してしまうため、改善するのにも時間がかかるようです。

下着選びも、肌触りが良いもので天然素材のものを選んだり、お仕事で座っている時間が長いかたは、少しでも座っている時間を短縮できるように努力したりするのも大事のようです。

お肌の乾燥による過角化

乾燥にも注意が必要のようです。乾燥し、刺激を受けてしまった肌は刺激から自ら守ろうとしてターンオーバー(お肌の新陳代謝のようなこと)を早めて角質層を固くしようとし、過角化と呼ばれている現象が発生してしまいます。

この過角化によって、角質が厚くなってしまうとお肌全体がゴワゴワになってしまい、黒ずみとなってしまうといわれています。このような過角化を防ぐには、保湿を意識的にすることが重要のようです。

ピーリング石鹸などで角質を取り除くのも効果的といわれますが、強い刺激を与えてしまうのはいけないといわれているため、一時的にはツルツルの肌になるものの、摩擦によって受けた刺激のせいで色素沈着が発生してしまい、過角化を促進してしまい余計に黒ずみのトラブルにまきこまれてしまうといわれています。

かぶれや炎症

お尻の黒ずみの原因には、かぶれや炎症もあるといわれています。アレルギーなどで、かぶれてしまったり、ムダ毛の処理で傷つけてしまったり、ニキビなどによって炎症が発生したりして、色素沈着となってしまうケースが多いようです。

お尻の皮膚に合わないボディクリームなどをそのまま使っていて、かぶれてしまっている場合は、使用をすぐにやめて、かぶれたところを掻いてしまうと、それでまた悪化して最終的には色素沈着となってしまうおそれもあるといわれています。

体重による負荷

座るときに体重がかかって、お尻の血行が悪くなりやすくなってしまうと、古い角質がいつまでも残ってしまい、肌の活動も低下してしまうため、お尻の黒ずみが残ってしまう可能性が大きいといわれています。

ホルモンバランス

ホルモンバランスもお尻の黒ずみに深く関係してくるようです。妊娠や出産、生理不順などで女性ホルモンのバランスが乱れてしまったり変化したりすることによって、黒ずみが発生するケースもあるようです。出産後ホルモンの分泌が元の状態に戻るまでは色素沈着も落ち着かないといわれています。

お尻の黒ずみは、出産後は数ヶ月ほどで自然に消えていくといわれていますので、それほど心配する必要はないようです。ただ、生理不順によって起こる色素沈着は、基礎体温をつけてきちんと高体温期と低体温期があるかもチェックして、何か異変があるようでしたら、婦人科に早めに診てもらうと良いでしょう。

お尻の黒ずみの解消方法

それでは、お尻の黒ずみの解消方法は、どのようにしたら良いのでしょうか?お尻を清潔に保つことも大切ですし、乾燥を防ぐためにも保湿をしっかりすることも大切です。また、お尻のマッサージをしたり、湯船に浸かったりすることも大切といわれています。市販薬やスクラブを使う方法もあるようです。

お尻を清潔に保つ

お尻は、汗をかきやすい部位でもあるため蒸れやすいといわれています。そのため、蒸れてお尻の環境がよくなくなると、黒ずみやニキビ、そして、あせもまで出てきてしまうといいます。蒸れを逃がすためにも、長時間座っている際は、こまめに立ち上がるなどして意識していきましょう。

あと、汗をかいたら、トイレなどお尻を拭ける環境で拭いたり、トイレの便座は、ちゃんと拭いてから座るようにしたり、バスタイムでお尻に洗い残ってしまった石鹸、シャンプーやリンス・トリートメントなども、お風呂から出るときにちゃんと、すすぐことも意識していくと良いでしょう。生理中にナプキンで蒸れを感じやすいかたは、可能なら布ナプキンを使用するようにすると良いといわれています。

保湿する

お尻の黒ずみを避けるためには、乾燥を防ぐのも重要なポイントのようです。保湿するために、お風呂あがりに、オロナインやワセリンやニベアなど保湿効果のあるもので、お尻全体やお尻の割れ目の黒ずみになりやすい部分なども意識して、しっかり保湿してあげましょう。保湿成分に、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミド、エラスチンなどが配合されているものを選ぶと良いといわれています。

お尻のマッサージ

お尻のマッサージをして、お尻の血行を良くしてあげることも大事です。清潔な状態の手で、保湿ジェルを塗り、お尻全体を、指の腹や手の平で優しくもみほぐしてあげましょう。

保湿ジェルを塗るのは、肌への摩擦を防ぐためともいわれています。ヒップアップ効果にもつながるように、マッサージもお尻の下から上へ揉んでいくと良いみたいです。お尻が柔らかくなって温かく感じるくらいまでマッサージを繰り返しましょう。

お尻にニキビや吹き出物がある場合は、その部位を刺激しないように避けてマッサージをしましょう。セルライトが気になってらっしゃるかたにも効果的といわれるセルフヒップマッサージなど幾つか以下にご紹介していきます。

セルライトにも効果的セルフヒップマッサージ

「セルライトにも効果的セルフヒップマッサージ」…

1.まず腰の骨の斜め後ろあたりにある、少しくぼんでいるお尻のえくぼとも呼ばれる部位を両側親指で押します。

2.次に、お尻と太ももの境目あたりをもみほぐしていきます。

3.お尻と太ももの境目あたりから上へ向かって揉みあげるイメージでマッサージしていきます。

4.お尻を下から引き上げるようにマッサージしていきます。

これを、お風呂から出たあとや、湯船に浸かったあとにマッサージオイルなどを使用してマッサージすると、とても効果的といわれています。血行を良くしセルライトの予防になるだけじゃなく
肉割れの予防やお尻周辺の筋肉をほぐしてあげる効果もあるようです。

お尻のコリをほぐすマッサージ(ご家族や恋人編)

コリというと、つい肩こりを想像されるかたが多いと思いますが、意外とお尻もコリがひどくなるといわれています。そのコリをほぐすマッサージもご紹介していきます。

自分では、出来ないマッサージでもあるため、ご家族や恋人にやってもらい、かわりばんこにロールプレイでお尻のコリほぐしをし合うのも良いでしょう。

1.まず、両手のひらを使って、お尻を内側から外側へと全体的にもみほぐしてあげましょう。この時、手の平の付け根を揺らすような感覚でほぐしていくとスムーズにほぐせます。

2.両手をご家族や恋人の背中に乗せたら、両ひざをお尻の上に乗せます。次に彼の背中の上で四つん這いになってバランスをとりながらお尻の筋肉(盛り上がっているところ)に体重をかけて押していきます。

3.バランスが取れてきたら、ひざでお尻をふむイメージでマッサージしていきます。

これを疲れてご帰宅された旦那さん、ご家族、恋人にしてあげると、自然にお相手もやり方を覚えてくれて、自分にもやってくれるようになり、愛も深まりお尻の黒ずみも笑顔になる結果を期待できるかもしれません。

お尻も引き締まるリンパマッサージ

「お尻も引き締まるリンパマッサージ」…

1.片脚を気持ち後ろに引いて立ちます。脚を伸ばしたときに、かかとが離れないくらいで立つのがポイントです。

2.両手の手のひらで太ももの付け根あたりから、腰の部分まで少し力を入れてさすりあげるようにします。

3.お尻お横のお肉も腰の後ろまで寄せていく感じでもみほぐしていきましょう。

4.2番と3番の工程を5回リピートします。

5.次に、反対側の脚にかえて、2番~4番の工程を繰り返します。

湯船に浸かる

ぬるめのお湯(38度~40度くらい)に浸かり、お尻を温めて柔らかくしてあげるのもポイントのようです。寝つきが悪いかたなどは、寝る2~3時間前に浸かると気分も落ち着きリラックスして、ぐっすりと眠れるといわれています。

スクラブを使う

スクラブを使う方法もあります。古い角質を取り除いて、皮膚の働きをサポートしてくれます。ただ、刺激や摩擦を与えてしまってはいけないので、週1回くらいを目安にすると良いでしょう。そして、スクラブを使ったら、いつも以上に保湿をするようにしてあげてください。

市販薬を使う

お尻の黒ずみに、市販薬の「アットノン」が効果的だとネットなどで話題になっているようです。元々、「アットノン」は、傷跡に効果がある薬です。「アットノン」のバリア機能を高める効果があるといわれています。

「アットノン」で黒ずみ自体を治すことは難しいといわれていますが、黒ずみにならないように、黒ずみ予防をしていくために使うと良いそうです。

ハイクオリティな睡眠

クオリティの高い睡眠をとることも大切といわれています。睡眠と肌の活動リズムは隣り合わせと言っても過言じゃないほど関係しているようです。質の良い睡眠をとるためにも、夕方17時以降は仮眠をしないようにし、ベッドルームは、照明を暗くして、枕元にはなるべく携帯などは置かないようにするのも、お肌のために必要になってくるようです。

そして、就寝1時間ほど前に、脳とカラダをリラックスさせるために、軽いストレッチをするのも良いといわれています。ストレッチをすることで、血行を良くする効果も期待できるため、して損はないようです。

バスタオルは柔らかい素材を

お風呂上りに使うバスタオルの素材にも心づかいが必要になってくるようです。お尻の黒ずみは、摩擦が原因ともいわれているため、乾燥しやすいお風呂上りの素肌をまとうバスタオルは、柔らかい素材のものを使うと良いでしょう。

スポンサーリンク

皮膚科の治療の種類

皮膚科の治療もあります。皮膚科の治療も種類がいくつかあるようです。ケミカルピーリングをはじめ、レーザー、外用薬の処方や内容薬の処方があるそうです。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは、お尻の黒ずみが気になるかた以外にも、ざらつきやニキビが気になるかたに効果的といわれています。酸の働きで古い角質を除去して、細胞の新陳代謝を高めてくれ改善してくれるといわれています。

皮膚科処方の美白クリームや保湿クリーム、ピーリング石鹸等、一緒に使ってあげることで相乗効果も期待できるといわれています。

レーザー

お尻の黒ずみをレーザーや光を照射し破壊していく方法もあります。こちらも、皮膚科で処方されたクリームなどを併用すると相乗効果も期待できるといわれています。

外用薬の処方

外用薬の処方もあります。漂泊効果があって、メラニン生成に関係してくるチロシナーゼを抑えるハイドロキノンや肌のターンオーバーを促進するトレチノイン(ビタミンA誘導体)等の外用薬をお尻に塗ってあげることで、黒ずみを解消してくれるようです。

内服薬の処方

内側からお尻の黒ずみを解消する方法もあるようです。抗酸化作用が強くて、シミなどの治療にも使用されているといわれるビタミンCやビタミンE、トラネキサム酸などの内服薬を摂取して改善していく方法もあるといわれています。

お尻の黒ずみに効果的おすすめアイテム

お尻の黒ずみに効果的なおすすめアイテムをご紹介していきます。お尻の黒ずみには、美白有効成分が配合されているクリームを使うと良いそうです。保湿成分も大切ですが、黒ずみ解消のためにも、美白有効成分は見逃せないようです。それでは、美白有効成分も入っているといわれるおすすめアイテムを早速ご紹介していきます。

ピューレパール

「ピューレパール」は、美白有効成分の水溶性プラセンタとグリチルリチン酸ジカリウムが配合されています。効果アップ成分としてビタミンC誘導体も入っていて、壊れやすいビタミンCを壊さずに、しっかり浸透してくれるようです。

ビタミンCの270倍ものパワーがあるといわれるグリチルリチン酸ジカリウムとの相性もマッチしています。各成分がナノ化されているため、奥まで届き成分を届けて作用させる黒ずみケアクリームのNo.1ともいわれるアイテムのようです。

イビサクリーム

「イビサクリーム」は、美白有効成分のトラネキサム酸とグリチルリチン酸ジカリウムが配合されています。「イビサクリーム」は、厚生労働省が美白に効果があると発表した成分トラネキサム酸を配合しているのが最大の魅力といわれています。

美白をサポートしてくれる植物の成分も入っていて、薬用成分と植物成分と保湿成分で、お尻の黒ずみをケアしてくれるアイテムです。

ピーチローズ

「ピーチローズ」は、美白有効成分のグリチルリチン酸ジカリウムと水溶性プラセンタエキスが配合されています。黒ずみ解消成分はもちろんのこと、極めて充実しているといわれるのは、肌の炎症や肌荒れの原因の解消をサポートする成分といわれています。お尻のニキビや吹き出物が気になるかたに特に効果的のようです。またニキビが出来にくい肌づくりにも良いそうです。

お尻の黒ずみのケアは日常生活からもケア

お尻の黒ずみに悩む妊娠・出産後のママたちや、オフィスワークで長時間座ってお仕事をがんばってらっしゃる大人女子の皆さまも、今日からお尻の黒ずみ解消方法を是非お試しになってみてください。

長時間座ることを避けたり、お風呂に入ったら湯船に浸かってお尻を休ませてあげたり、ちょっとしたケアから始めることで、お尻の黒ずみの色素沈着も解消につながることを願っております。

スポンサーリンク