こんな時は破局…?別れた方がいい彼氏とカップルの特徴とは

スポンサーリンク

付き合っている期間、環境、いろいろ原因はあるけれど、答えはきっとただヒトツ。1番大切にしたいこと、ここだけは絶対に守りたいこと、それでも相手が在ってこそ、起こり得るトラブルやすれ違いをまとめました。別れたほうがいいのかな…?とお悩みのあなたに贈ります。

別れた方がいいの?その迷いは誰への不満?

どれくらい付き合ったかに関係なく、なんとなく訪れる疑問や違和感ってありますよね。自分も彼も違う人だからすれ違いは当たり前だと分かっているのだけど、どうしてこんなにモヤモヤするのか、そのモヤモヤは一体どこに原因があって、誰に理解してもらいたいのかをゆっくりと自分の中で考えてみましょう。

もしかしたらその不満は自分が無理をしているからかもしれません。無理をしているのだとしたらそれを相手のせいにしないで、自分の軸を見つめ直してみましよう。迷いこそが再出発のときです。

自分を大切にできて、それを認めてもらえて初めて穏やかな愛に巡り会えるのだと思います。自分自身を大切にするために、「別れたほうがいいかな…?」と悩んだときにぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

こんな男性はだめ?別れた方がいい彼の特徴

こんな嫌なところをみたけど、こんないいところもあるし…そんな風に迷い立ち止まることはよくあることなのかもしれません。でも、自分だけが我慢しなくてはならないようなお付き合いだけは避けていかなくてはならないと思います。「誰かのため」が「自分のため」でないのなら、それはきっと我慢だけの関係です。

女友達とのトラブルなどの女性関係

周りに異性の友達が全くいないというのも、やや問題に感じますが、基本的になかなか男女間の友情というものは確立されないように思います。

おそらくどちらかになんらかの特別な感情があって興味をもち接近してどの関係に至るか、というところで恋愛か友情か切り分けられるので、一緒に苦楽を共にした戦友というような括りでない限りは、混じり気のない友情というのは難しいのではないでしょうか。

ここでポイントとなるのは、あなたのことを「大切なひと」「特別なひと」として公開してくれているかどうかです。他の女性と2人きりで会う場合は、あなたという特別な人がいるということを相手の女性は知っているのでしょうか?

その女性と2人で会う理由がどこにあるのか、その理由の正当性に納得ができるのか、安心させてくれるのか、そこがモヤモヤ心配になる場合には彼の中の自分の価値というものを客観的に冷静に感じてみることが大切です。

殴られたことがある…DVはダメ!

殴られたことがある…でも1回だけだから大丈夫、そう思っていながら、もし今まだその暴力に疑問を持ち彼のご機嫌をうかがいながら過ごしているのなら、それは別れることをきちんと考えたほうがいいと思います。

人は言葉を持ち、優しさを知り労り合って生きていける生き物です。自分の思い通りにならなかったことを人のせいにしないで、どうしてそうなってしまったのか、そうさせてしまったのかをお互いの気持ちを確認し合いながら理解していけるのです。たまたま感情的になって殴ってしまったとしても、その一瞬が相手を思いやれずに自分のために動いた結果です。

結婚を視野に入れているのだとしたら尚更、赤ちゃんや子供たちは大人の都合のいいようになんて成長はしません。外で戦い疲れた彼の心の余裕のない時に、時間関係なく泣く子供を許すゆとりはなく、暴力こそなくても、あなたを包み込んでくれる思いやりは期待できないように思います。

どんな時も相手を傷つけずに、落ち着いて「次のこと」を話し合える相手が必ずいるということを忘れないでください。

なかなか一致しない金銭感覚の違い

きっと愛があれば大丈夫!そんな風に思うことも間違いではありません。でも何をするにもお金というものはついてきますので、どこにどれだけのお金を使っていくか、価値観のズレというのは、継続してストレスとなります。

男性はロマンチストで、趣味だったりこだわりの逸品に後先考えずお金を使うことも多くあります。コレクター精神も強く、集めだしたらなかなか諦めてくれません。

そこに使う余裕がある場合は一緒に楽しんで自分の趣味の幅も広げていけますが、余裕がなくなると彼の趣味に対して理解できずに趣味を諦めるよう説得する、あなたが足りない分を補う、など、なんだか納得いかない状態になります。

まず2人の毎日が輝くように、そのためのお金の使い方について穏やかに話し合うことから始めてみましょうね。

一緒にいたらダメになる…。悪癖がある人

何かに一生懸命な人はとても魅力的です。それは誰も傷つけず、命を大切にしながら、周りをも幸せにしてしまうようなパワーを感じるからです。

例えば借金してでもギャンブルに一生懸命だったり、薬物や詐欺的なことに一生懸命ではまた状況が違うのはあなたにも分かると思います。

学生のころ、周りに影響を受け悪いことをしてしまったことがあるかもしれません。でも、そういった経験とは別のお話です。彼と一緒にいる、その意味は、本能レベルで惹かれあったからなのです、それは将来遺伝子を一緒につないでいきたい衝動だったのだと思います。

彼に影響されて何かを新しく経験するとき、手に入れたとき、それはあなたやあなたを愛してくれるすべての人を傷つけていないか、命を大切にできているか、自分を裏切っていないかきちんと考えてみましょう。

何かヒトツでも答えにNOがある場合、彼を愛しているのなら一緒にその悪癖をやめる努力をしましょう。それが難しい場合はお互いがお互いを大切に思えていない証拠です。

別れた方がいいカップルの5つの特徴

せっかく一緒にいるのだから、消耗ばかりの関係は意味がないのではないでしょうか。互いの持つものを尊重し合い、共有し、共感してこそ意味があるのだと思います。互いが自由すぎても、束縛し合ってもきっとバランスは良くない状態です。一緒に上に、横に、幸せを広げていける相手を大切にしましょう。

喧嘩が終わらない…いつも平行線のふたり

喧嘩は必要です。相手を知るために、自分を知ってもらうために、お互いを許して認め合うために、ぶつかることを喧嘩というのであれば、多いほどいいのかもしれません。

ただ、大切なのはお互いを許し、認め合うことです。喧嘩の始まりはきっと、すれ違ったときに相手に不満を感じ、その不満の態度が相手に伝染して状況が悪化することでしょう。この最初の段階で、それがどうしてなのかを考え、相手に冷静に「その理由」を伝え、相手の真意をしっかりと理解しましょう。

相手の出方を責めるのではなく、自分の望んだ形を伝えると、「ごめんね」と「ありがとう」が早い段階で聞けるはずです。

いつも、いつまでも態度で伝え合い、険悪になるようなことを繰り返す平行線の2人に流れる時間には無駄が多いように思います。どの段階で何を理解すべきか、きちんと考えていけたらいいですね。

片方だけ不満を抱えすぎのアンフェアな2人

お互いが成長していけるからこそ、共に過ごしていて意味があるのではないでしょうか。あなたは幸せになるために生まれてきたし、産んでもらったのに、全くの他人に気を使い、自分が自分らしく居られずに、それを幸せと呼ぶのでしょうか。

あなたの幸せを本当に願う人が、あなたが苦しむようなことを我慢させたり強いたりするのでしょうか。いつもあなたには笑顔でいてほしい、そのために自分はこうしてあげたいんだ、そんな風に互いが思い合えるから、お互いが心地よく幸せでいられるのです。

こんなに我慢して意味があるのか、そんな疑問を持っているとき、あなたは誰が自分の幸せを願ってくれているのか、自分は自分のために幸せを選んでいるのかきちんと考えてみましょうね。きっともっと気持ちのいい我慢があると思うのです。

将来考えてる…?彼氏に結婚願望がない

女性は妊娠や出産というとても大きな仕事を抱えていますので、結婚の時期を考えたりする機会が多くありますが、男性には特にそういった意識が高くないことがほとんどです。

まずは彼に女性の体、その働きやしくみ、出産後の子育ての重労働加減について理解してもらう必要がありますよね。それをまず伝えられない関係だったら、あなたも「彼との将来」ではなく、「出産」に執着してしまっているのかもしれません。

彼との子供がほしい!子供ができなくても、彼の生き方を見ていたい、自分の生き方を見ていてほしい、そんな気持ちをきちんと伝えてみて、それでも反応がないのなら、彼はいつまでもあなたとの将来に背を向けてしまうのだと思います。

尊敬し合えるからこその結婚です。きちんとお話しして答えを受け止める勇気を持ってみましょう。

彼に相談できない、気持ちをシェアできない

人にはたくさんの出来事が起こります。いいことばかりではなくて、悲しいことや苦しいこと、人には知られたくない、でも独りで抱えきれないほどの大きな問題がたくさん起こるのです。

そんなときに、何を見せても怖くない、いつも笑って大丈夫だよと言ってくれる相手がいなくて、どうやって安心して生きていくのでしょうか。いいことはもちろん喜んでくれて、恰好悪いことだって自分の基本的な部分を信じてくれていて、なんでも話せるそんな心地のよいパートナーと人生を共に過ごしてほしいと思います。

話せない理由が受け止める彼側にあるのか、彼に弱い自分を見せられない自分にあるのか、そこも大切なポイントです。自分で自分の中の心地よさをきちんと理解していくことが大切だと思います。

デートよりも友達を優先する彼

これはとても難しい問題ですが、結論としてはデートの約束をしているのに、友達からの誘いを理由にドタキャンされたとき、その理由やキャンセル時の代案有無によると思います。

男性は「仲間」への信頼が深く、友達との付き合いを優先してしまう傾向にありますが、このときの理由が「仲間として大切なこと」なのかどうか、キャンセルされる時の謝罪の言葉や代わりの日の提案をきちんとしてくれるかで誠意を判断する必要があります。

友達を優先されたときに理由も聞かずに嫌な反応を態度に出すのは控えて、きちんと理由を聞いて判断していきましょう。いつも適当な理由でそっけない態度が続くならば、いちいち傷ついているのも時間の無駄です。自分から別れる勇気をもつのも大切なことですね。

スポンサーリンク

別れた方がいいのに別れられない…その心理

別れた方がいいのかもしれないと感じたら、失う怖さより新しく何が待っているのか、手に入れるもののことを想像してみましょう。もっとあなたらしく輝ける毎日があるのではないでしょうか。立ち止まり寄りかかる関係ではなく、自分のために前に進める独りの時間を大切にしたら、きっとまた新しい世界がそこには広がっています。

億劫だなんて損!新しい恋を探そう

もう新しい出会いなんて探すのも面倒くさい、この年齢になって新しい出会いなんてない、結婚への焦りなどからも現状維持を選択する人も少なくないのだと思います。

でもそれは今、その世界にしかいないからその幅でしか考えることができないからです。その世界以外には当然のように今以外の世界があり、新しい出会いや刺激、もしかすると恋愛の枠を超えた素晴らしい何かに出会えるかもしれません。

小さな箱の中にいるよりも、広い世界に勇気を出して飛び出してみましょう。もっと自分の幸せを大きくしてくれるたくさんの出会いがあります。幸せになっていいのです。もっと守られていい存在である自分のことを大切にしてあげてください。

人は過去に未練があるもの。次に活かそう

うまくいかないと「もっとうまくやりたかった」「もっとうまくやれたはず」と過去にすがり期待したりすることがありますよね。例えばそれが自分個人の話なら、夢が叶うまですがって、追い続けていくこともできますが、恋愛ともなると相手あってのことなので、どうしたって独りでは叶えることができません。

その人とはうまくできなかったこと、それでもきっと他の誰かとならうまくいくのです。自分の価値観を理解してくれて一緒に楽しんでくれる人がいるのです。

彼に執着するのではなくて、もっと自分を理解してくれる同じ価値観の人を大切にしましょう。「思いやり」の価値観が一致してこそ、人生を共にゆく素晴らしい相手なんだと思います。

相手に依存せず、自分の価値を考えよう

自分の中でコレ!というものがない場合、自分の存在を自身が認めていけずに、誰かに愛してもらうこと、誰かに認めてもらうことで自分の存在する意味を知ろうとします。

この人しかいない、そんなわけないのです。あなたはその人に何を認めてもらいましたか?あなたがあなたらしく居られることを彼は心から喜んでくれていますか?あなたが自分のためにやりたいことができ、それを喜んでくれる彼でしょうか?

まずは、あなたが自分の価値を理解しそこを大いに発揮できて、そしてそれを応援してくれる関係を築いていきましょう。自分を認めてもらいたくて無理して頑張っている場合、その人から離れると自信をなくしてしまうから別れるのが怖いのだと思います。

あなたは誰かに依存しなくてもいいのです。自分らしく輝くことで十分に素晴らしい存在です。

まずは自分が幸せでいられることが第一です

人は、その人それぞれが自由で、自分ひとりの時間や価値観を楽しんでいいものだと思います。その個人個人が輝いているからこそ、一緒に生きていて幸せが大きくなり、悲しみが半分になるのではないでしょうか。誰かのためにあなただけが無理しすぎたり、我慢していたり、そんなことはしなくていいんです。

ひとりひとりが自分らしさを知って、それを表現できることがまずは幸せの基本であること、それを互いが認め合える関係がこそが愛であり、尊敬に変わるのではないでしょうか。今、相手と別れた方がいいか悩んでいるのなら、そのことを忘れないでくださいね。

どうか、あなたがあなたらしく、毎日を笑顔で過ごしていけますように、少しでもこの記事がヒントになればいいなと願っています。

スポンサーリンク