あのスタイルの秘密を教えます♪倖田來未の3つのダイエット方法!

スポンサーリンク

歌手の倖田來未さんが産後2ヶ月で16kg痩せたダイエット方法について紹介しています。倖田さんが実践したのは「夜6時以降食べないダイエット」「お鍋ダイエット」「そうめんダイエット」の3つです。倖田さんが行った3つのダイエットでは、厳しい食事制限やハードな運動はありません。腹八分目、野菜と良質なタンパク質を中心とした食事、玄米や豆乳を選ぶなど、食べる物に気をつけて健康的にダイエットを成功させました。

倖田來未さんが痩せた理由とそのダイエット方法とは?

若い世代を中心に人気の歌手、倖田來未さん。セクシーでスタイル抜群な倖田來未さんですが、太りやすい体質で妊娠した際太ってしまったとか。しかし、たった2ヶ月で16kgのダイエットに成功したそうです!今回は、倖田來未さんが産後に実践したダイエット方法やその成功のコツ、注意点について紹介します。

スポンサーリンク

倖田來未さんのプロフィール

まずは倖田來未さんとはどのような人なのか、簡単にプロフィールを紹介します。

エロかっこいい大人気歌手

倖田來未さんと言えば、「キューティーハニー」や「Butterfly」で有名な歌姫です。その高い歌唱力とセクシーなルックスから「エロかっこいい」という言葉が女子高生を中心に広まりました。同じく歌手のmisonoさんは実の妹さんです。倖田さんは、2011年に結婚され、翌年2012年には男の子を出産しています。

■生年月日:1982年11月13日
■出身地:京都府
■身長:154cm

妊娠で体重増加→産後マイナス16kgの減量に成功

スタイル抜群な倖田來未さんですが、本人いわく食べることが大好きで、太りやすい体質なのだとか。デビューの条件として、8kgのダイエットをしたこともあるそうです。

妊娠をきっかけに再び太ってしまったのですが、なんと産後マイナス16kgの減量に成功したと言います。倖田來未さんが成功したダイエット方法とはどのようなものなのでしょうか?

倖田來未さんの食べて痩せる3つのダイエット方法とは?

倖田來未さんはダイエット中でも、極端な食事制限やハードな運動はしなかったそうです。倖田來未さんが成功した「夜6時以降食べないダイエット」「お鍋ダイエット」「そうめんダイエット」の3つを紹介します。

1.夜6時以降食べないダイエット

倖田來未さんが実践したダイエットの1つは、夜6時以降食べないダイエットというもの。このダイエットは、夜遅くに食べた物の方が、脂肪として蓄積しやすいという特徴を利用して、午後6時以降は何も食べないようにするダイエット法です。

なぜ夜に食べた物の方が脂肪になりやすいかというと、BMAL1(ビーマルワン)というタンパク質が関係しています。BMAL1は、体内の生活リズムを調整する働きがあり、脂肪細胞を多く溜めこもうとするという特徴があります。

またこの物質は、昼に少なくなり、夜に増加します。特に夜10時頃から急激に増加し、午前2~4時頃にピークを迎えると言われています。夜6時までに食事を済ませると、太りやすい時間帯である22~4時までに血糖値が落ち着くので、太りにくい体質になるというわけです。

基本的に厳しい食事制限はなく、夜6時までならいつも通りの食事を三食食べてOK。食べるのが大好きな人でもストレスなく続けられます。

食事量を制限するわけではないので、普通のダイエットでありがちな栄養不足やリバウンドも少ないです。このダイエットに成功した人の口コミによると、一週間でだいたい1~3kg体重が落ちたという意見が多いようです。

2.お鍋ダイエット

倖田來未さんが実践したダイエット2つめは、「お鍋ダイエット」です。お鍋は野菜やお肉、魚介類、豆腐などの食材が一度でバランス良く摂れるのがメリットです。

また温かい物を食べることで、冷え性の改善や代謝を上げる効果もあります。倖田さんは、さっぱりとした水炊きや湯豆腐をよく食べたそうです。

お鍋ダイエットのポイントは具材選びです。たっぷりの野菜ときのこを中心に、高タンパク・低カロリーな食材を選びましょう。豆腐はカロリーが低く、タンパク質が多いのでオススメです。

お肉も重要なタンパク源なので、食べ過ぎに気をつけながら、ささみや皮なしの鶏肉を選びましょう。マロニーやお餅、肉だんご、油揚げはカロリーが高いので避けた方が良いです。

タレはカロリーの高いゴマダレより、ポン酢がオススメです。ネギや大根おろしなど薬味を入れると、消化が促されます。

3.そうめんダイエット

倖田來未さんが成功したダイエットの3つめは、「そうめんダイエット」です。このダイエットは、1~2食をそうめんに置き換えるというものです。そうめんの量は、1食あたりに2束までとしましょう。ちなみに、そうめん2束のカロリーは約350kcalです。

ねぎや生姜など薬味と一緒に食べると良いです。そうめんだけだとあっさりしすぎてもの足りないという人は、おくらやとろろ芋、なめこ、納豆などのネバネバ食材をトッピングするのがオススメです。満腹感がアップし、栄養バランスも良くなります。

スポンサーリンク

倖田來未さんのダイエット成功の3つのコツは?

倖田來未さんがダイエットをしている際、3つの点を意識したとのことです。そこで倖田さんが実践したダイエット成功のコツをお教えします。

1.腹八分目を心がける

倖田さんが行った3つのダイエット法では、厳しい食事制限はありません。とはいえ食べ過ぎてしまえば、摂取カロリーが消費カロリーを上回り、太ってしまいます。

倖田さんは、食事を腹八分目に抑えることを心がけていたそうです。朝食と昼食は普通の量、夕食は軽めに済ませると、より痩せやすくなります。特に夕食は、炭水化物を控え、野菜中心の食事がベストです。

2.野菜を中心に良質なタンパク質を摂る

食べることが大好きな倖田さんですが、食べる物には気をつかっていたようです。新鮮な野菜中心の食生活を意識し、栄養バランスに気をつけましょう。野菜はビタミンやミネラルが豊富なうえ低カロリー。また食物繊維が豊富で噛みごたえがあるので、食べ過ぎを防いでくれます。

ダイエットを成功させるには、筋肉を作るタンパク質も必要です。高タンパクかつ低カロリーな大豆製品がオススメです。納豆や味噌、ヨーグルトなどの発酵食品も積極的に摂っていきましょう。

3.白米→玄米、牛乳→豆乳にチェンジ

倖田さんがダイエットを決意した際、食事管理を徹底したそうです。精製された白米を栄養価が高い玄米に、脂質の多い牛乳を豆乳に置き換えました。食事量を制限することなく、栄養価の高い食べ物を意識して摂るようにすることで、健康的に痩せることが期待できます。

倖田來未さんのダイエットでの注意点は?

倖田來未さんが実践した「夜6時以降食べないダイエット」「お鍋ダイエット」「そうめんダイエット」を行う上での注意点をお教えします。

夕食後に運動する

痩せるためには、やはり運動をすることも必要です。運動といってもハードなものでなく、ジョギングやウォーキングなどの軽い有酸素運動で十分です。

特に食後30分以内に運動を行うと、効果的に痩せることができると言われおり、また血中の糖がエネルギーに変わり、脂肪になりにくくなります。

運動するタイミングは、朝食後・昼食後でももちろん良いですが、BMAL1が増えて糖が脂肪に変わりやすくなる夕食後の方が、ダイエット効果は高いです。帰宅の際、1駅分だけ徒歩で帰るなど、普段の生活の隙間に取り入れてみましょう。

夜我慢できないときはスルメを食べる

夜6時以降食べないダイエットの一番の敵は空腹感です。どうしても空腹が我慢できなくなったら、スルメを食べましょう。スルメは、低カロリー、高タンパク、高カルシウムなので、ダイエット中のおやつや夜食にピッタリです。よく噛むことで、満腹中枢も刺激されます。

お鍋のシメは我慢

お鍋のシメは、雑炊や麺類が食べたくなりますよね。しかし炭水化物の摂りすぎは、太る原因になるのでダイエット中は我慢した方が良いです。どうしても食べたい場合は、エネルギーを消費しやすい朝食か昼食に消化の良い雑炊を食べましょう。

冷えないように注意

代謝が上がると痩せやすい体質になります。代謝を上げるには、体温を上げることが効果的です。ですからダイエット中に、冷えは大敵です。特にそうめんダイエットでは、冷えやすくなるので注意しましょう。野菜をたっぷり入れたそうめんチャンプルーにすると、温かく食べられるので、冷え性の人にオススメです。

倖田來未さんのようなセクシーでスリムな女性に

今回紹介したダイエットは、倖田來未さんと同じく食べることが大好きな人や運動が苦手な人、産後のお母さんにオススメです。食べることを我慢しなくて良いので、ストレスも少なく健康的に痩せることができます。倖田來未さんのダイエットを参考にして、セクシーでスリムな女性を目指しましょう!

スポンサーリンク