ガサガサの指…なんとかしたい!乾燥対策をマスターして指先美人に♪

スポンサーリンク

指が乾燥して私だけスマホの画面が反応しないっていう方、けっこういらっしゃるのではないですか?指や手の美しさは、年齢をあらわすとも言いますね。美しい指先を維持するためには何に気を付ければよいでしょう?効果的なクリームの使い方、おすすめアイテムもご紹介します。

指の乾燥が気になる!

指が乾燥が気になって仕方ない、そんな方は女性に多いのではないでしょうか。手は水やお湯を使ったり、仕事によっては消毒薬や薬剤を使うこともたくさん出てくるのでなかなか続けて保護が難しい部位ですね。きれいな手のために、指の潤いを保つ方法をまとめてご紹介します。

スポンサーリンク

指の乾燥、症状はどんなもの?

日常生活でも滑って紙やナイロンがめくれなかったり、指の乾燥で困ることも意外と多いもの。指の乾燥がすすむとだんだんと皮膚が硬くなり、なかなか治りにくい症状へと進んでいくため早めからの対処が重要になってきます。

かゆみ・痛み

乾燥したところから異物(外部からの刺激)が触れるとそれに反応してかゆみを起こす場合があります。かゆみが起きると、普段は気を付けていても寝ている間に掻いてしまったりすることで、「掻きこわし」を起こして悪化をさせてしまう場合があります。

かゆいは痛いの前のお知らせと思ってもよいかもしれません。刺激があるよ!と知らせてくれていますので痛みになってしまう前に対処を致しましょう。

かさつく、ひびわれ、ぱっくり割れ

かさつきが乾燥によって起こり、バリバリ、ごわごわした肌の感触になってきます。この状態になると、保湿力をもう一度高めるのは非常に難しく、なるべく保湿をしながら新しい細胞が良い状態で出てくるのを待ったほうが良いでしょう。

このごわつきを放っておくと、関節などからぱっくり割れてきたりひび割れを起こすなど、なかなか治りにくい状態に移行してしまいますので、早めにパックなど保湿ケアを重点的におこなっていきましょう。

指の乾燥はなにが原因になっている?

手の乾燥を起こしてしまう原因は、やはり身体の中でも水分や保湿成分が失われやすい部位であるからでしょう。指は心臓からも遠く、足の指、手の指ともに血液の循環が悪くなりやすい部分で、そのことによっても乾燥がしやすいと言えます。

洗い物をお湯でしている

女性の手の乾燥の多くはこの洗い物をお湯でしているのが大きいのではないでしょうか。食洗器や保湿力の高い洗剤も普及してきましたが、油分の強いものなどはどうしてもお湯を使ってしまいますね。そんな時には面倒でも必ず手袋を着用しましょう。

自分の肌の温度より高いお湯はどんどん手の保湿成分も洗い流してしまいます。また、手袋を着けていると汗などの刺激でかゆみが起きてしまう場合もあります。雑菌の繁殖を防ぐためにも手袋は薄手の使い捨てタイプを下に着用して、上から厚手のものを2枚重ねて使うのがおすすめです。

仕事上消毒薬や薬剤を良く使う

看護師や美容師、保育士や看護師など女性の活躍している仕事の場面は消毒薬や特殊な薬剤を使用している仕事がとても多いものです。お子さんがまだおむつを付けられているママさんなども、手の消毒と洗浄の回数が非常に多いため、保湿に十分気を付けないと乾燥をすすませてしまうことなどに繋がりやすいでしょう。

アレルギー性の可能性

手湿疹などもアトピー素因を持つ人が非常に多く、全く自分の思っていなかった洗浄剤や消毒液などでアレルギーの出る方は意外と多いものです。

なかなか乾燥が改善されない、アレルギーによって出ている可能性を感じる場合は使っているものを低刺激性のものに変え、水仕事は必ず手袋の使用をして、皮膚科などでアレルギー検査を受けるなども良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

指の乾燥で考えられる病気は?

ただ手が乾燥してがさがさしている、それだけではなく皮膚疾患である可能性もあります。指の乾燥がひどくかさつき、かゆみ、赤みなどが出る場合はよく観察して場合によっては皮膚科で相談をなさってください。

手の水虫

手にも水虫が感染する場合があります。女性はハンドクリームなど保湿剤を使いますので、手の乾燥がとても気になる方などが手に水虫の白癬菌が付いた状態で寝る前にハンドクリームや就寝用手袋を着けてしまうと、かえって菌の繁殖を促すことになってしまいます。

白癬菌は繁殖してしまう前は薬用せっけんで洗い流せると言います。ハンドクリームを使用する際は、肌質に合った薬用せっけんなどで十分清潔にしてからつけるようになさってくださいね!

進行性指掌角化症

進行性指掌角化症は、いわゆる「手湿疹」、「主婦湿疹」などといわれるものの原因のひとつです。指先から始まって指や手のひらの皮が剥がれたり、硬くなってくることが起きてきます。利き手にだけ起きる、という方もいらっしゃるのがこの進行性指掌角化症です。

原因は回数の多い水仕事や洗剤の長期的な使用によるものが多くなります。アトピー素因を持つ人が多くなりやすいという傾向もあるようです。手だけでなく、足の皮膚も乾燥がひどいという方は、アトピーなどの原因があるかもしれませんね。

汗疱

汗疱も汗の腺の部分に水ぶくれができ、皮がむけてくるものでこれも進行すると手湿疹になるものです。汗を良くかく人に起こりやすく、ストレス、喫煙やアレルギーなどもかかわっているのではないかと言われています。思春期から高校生などに多く、大人は少ない傾向にあります。

乾燥だけでなく水ぶくれや手湿疹が見られる場合はこのようにいろいろな原因となる皮膚疾患もあるため、十分に注意が必要です。

指の乾燥対策!簡単な方法やお薦めアイテム

日常でできる保湿といえばハンドクリームですが、ハンドクリームを使う時もちょっとした使い方で効果を高めることが出来ますので、やってみられてくださいね。

乾燥が強いときは手袋+クリームで温パック!

指先の乾燥がひどいときには、洗い物の時にクリームをしっかりのばしてから使い捨てタイプの手袋を着用します。それから重ねて厚手の手袋で密封してから、お湯で洗い物をしましょう。お湯の温度でクリームがなじみ肌の状態を潤わせてくれます。

最後にもう一度、手に汗をかいていますのできれいに洗い流してからクリームを重ねていくととてもしっとりと潤います。
就寝中の手袋はあまりおすすめしません。長時間で炎症などに気が付きにくいからです。どうしてもという場合は手袋を通気性の良い綿などにして、毎日清潔なものを使ってください。

敏感肌のための下ばき用綿手袋

乾燥が気になっている方は、皮膚が破けてしまっていることで敏感になっている可能性があるので、敏感肌用の手袋の着用が良いのではないでしょうか。こちらは10枚セットで洗い替えしやすく、使いやすい手袋です。

効果絶大!パラフィンパック

ネイルサロンでおなじみのパラフィンパックも、保湿効果が非常に高いものでおすすめです。サロンで使うものはパラフィンの容量がとても多いので溶かすのに時間がかかりますが、こちらは指先用ですので簡単に使うことが出来ますよ!原料になるパラフィンは保湿の持続力が高いものです。

乾燥予防にハンドクリーム!効果的な使い方

他にも普段気を付けられる予防方法を二つご紹介致します。指の乾燥は毎日のケアが大事ですので、二つのハンドクリームの使い方のポイントをご紹介します。

洗い物後の保湿クリームはすぐ使うのがカギ

洗い物をした後は、手を清潔にして水分をふき取ったらすぐにハンドクリームをのばしましょう。時間がたてばたつほど潤い成分が水分とともに蒸散していきます。一刻も早くクリームを塗る!のが乾燥を防ぐポイントです。

ハンドクリームの効果的な塗り方は指先から

クリームを使う時は手のひらで軽く温めてからなじませましょう。クリーム類は温めると格段になじみ方が変わってきます。まず、爪周りから指先の部分に丁寧に伸ばします。一本ずつ、爪と指の皮膚の間になじませるようになじませていきましょう。それから指の関節にすりこむようにして、手の甲、手のひらの順番に伸ばしていきます。

乾燥が特に気になる場合はそのままラップで20分間包みます。ラップを剥がして汗をかいていたら、今度は軽くぬるま湯で洗い流してからもう一度クリームをなじませてください。

指先は年中保湿を忘れないで

指の乾燥の保湿は年中するのがおすすめです。手は年齢を一番表すところといわれる部分、常にきれいを保っていたいですね。手湿疹などになってしまうと皮膚科でしっかり治療しても治しにくい症状も多くなります。皮膚が破けてしまうと、いろいろなものを触る手の皮膚はトラブルを起こしやすいので、しっかりした丈夫な肌を作っていきましょうね。

スポンサーリンク