美人になったねって言われたい!美人になる秘訣・食べ物をご紹介

あなたの周りにも、みんなが憧れちゃうような美人さんはきっといるはずです。彼女たちはどのようにして美しさを保っているのでしょうか。美人さんになるちょっとしたコツを知れば、美人さんに近づくことはできるのです。美人になった有名人、そして美人になる方法や食べ物をご紹介します。

“美人になったね”ってあの人に言わせたい

「可愛い」という言葉なら気軽に使いやすいので、日常で飛び交うことも多いのではないでしょうか。しかし、「美人」となると途端に使われる機会は減ってしまいますよね。気軽に言いやすい「可愛いね」よりもちょっとハードルの高い「美人だね」と言われた方が、なんだか本当の意味で容姿について褒められている気がしてきませんか?

そんな「美人」という言葉、自分にも言ってもらいたいですよね!「私はそんなキャラじゃないから…」なんて謙遜せず、周りが憧れちゃうような美人さんを目指しちゃいましょう!

デビューしてから美人になった人

有名人の中でも、デビュー当時から美人な人はもちろんたくさんいます。しかし、最初はあまり美人なイメージではなかったり、美人というよりあどけない少女のような印象が強かったり…という方でも、しばらくしたら「美人になった」と話題になる人も多いのです。

どのような方々なのか、ご紹介していきます。あなたの憧れる美人さんもいるかも?

モテ女の代表 石原さとみ

デビュー当時の石原さとみさんはまだ垢抜けない印象が強かったのですが、今ではとても華やかで雰囲気も可愛らしく顔も整っており男女共に支持されていますよね。女性の”なりたい顔”として名前があがる機会が多いところからも、美人だと思われているのがうかがえます。

自然体な美しさが魅力 堀北真希

今も昔も清純派なところは変わっていませんが、「野ブタ。をプロデュース」に出演していた頃は、やはり少女らしさが際立ち可愛い印象でしたね。今では落ち着いた雰囲気から大人らしい色気も感じられ、美しさと可愛らしさを兼ね備えています。

ギャルから大人の女性へ 佐々木希

佐々木希さんというと、今では「世界で最も美しい顔100人」に定番になってますね。その美しさは周知の事実ですが、デビューしたばかりの頃は派手めなメイクと明るめの髪色、そして巻き髪でギャルな印象がありました。

可愛らしい笑顔が魅力 井上真央

子役から活躍されていた井上真央さん。子役時代は当然のことながら幼さが際立っていましたが、今では大人の女性らしさや色気も出てきて美人さんになったと話題です。

4歳から子役をしていた 宮﨑あおい

ドラマや映画で大活躍、女優賞も数多く受賞していますよね。大人になってもどこか少女らしさを残している宮崎あおいさんですが、凛とした表情のときに大人の女性らしさがあり「美人!」という意見が多いです。

“美人になったつもり生活”で美人になる

美人さんを見ると「生まれ持ったもの」と思ってしまいますが、その見た目の綺麗さは生活面の影響も大きいのです。たとえ元の顔立ちが綺麗だったとしても、お肌や髪がボロボロだったり、スタイルが悪かったり…となると周りが憧れるような美人さんではなくなってしまいますよね。しかし、キラキラした生活をしていると、自然と見た目まで綺麗になってくるのです。

「美人になった」と潜在意識を変える

潜在意識とは、私たちが意識していない意識のことです。この自覚されていない潜在意識と自覚している顕在意識は、なんと1日で比較すると潜在意識が9割を占めているそうです。どんなに着飾っても潜在意識で「自分はブスだ」と思ってしまっては、いつまで経ってもなかなか理想とする姿に近づくことは難しくなってしまいます。

毎日鏡を見たときに、「ニキビができてる」「可愛くない」「毛穴が目立つなー」などマイナスなところばかり見てしまってはいませんか?「昨日より肌が潤ってる」「顔のマッサージ効果でむくみが取れてすっきりしてる」などポジティブなところに目を向けるようにしていきましょう。

美人になる秘訣とは?

潜在意識を変えていくことも大切ですが、それだけでなく日常生活でもぜひ実践していただきたい”美人になる方法”をご紹介します。外見だけでなく内面からも磨いていくことがポイントです。整形のようにすぐに変化がわかるものではありませんが、続けていくことでキラキラした素敵な美人さんに近づいていくはずです。

常に「人から見られている」という意識を持つ

通勤中、仕事中、友達と遊んでいるとき、そして家にいるときでも、常に人から見られていると意識して過ごしてみましょう。そうすることで適度な緊張感が生まれて刺激になり、姿勢や振る舞いも自然と美しくなっていきます。

美意識を高め合える人と積極的に会う

人は一緒にいると雰囲気も似てきますよね。食べることが大好きでぽっちゃりな人と一緒にいると、自分も食べる機会が増えぽっちゃりしてきてしまうなんてことも…。それに対して、綺麗な人の周りには同じように綺麗な人が多いものです。

自分がお手本にしたくなるような美意識の高い人と積極的に交流する機会を作りましょう。

努力で変えられないことにこだわり過ぎない

顔立ちや身長など、大がかりな整形でもしない限り変えられないことに対して悩むよりも、そのままの自分を受け入れた上で魅力的に見せる方法を探しましょう。変えられないことをいくら悩んでも、気持ちが暗くなるだけで何も良い結果は生まれませんよね。ポジティブな考え方をしていれば表情も明るくなり、それも美人に見えるポイントになるのです。

自分に合ったメイクを理解する

流行りのメイクも挑戦してみたくなりますが、美人に見えるメイクなら流行よりも”自分に合っているか”を重視してみましょう。似合ってないメイクで台無しにするくらいなら、定番であったとしても自分の魅力をしっかり理解しそれを引き立たせてくれるようなメイクをしている女性の方が素敵だと思いませんか?

美人になる食べ物

美人になる秘訣同様、続けることで内面を磨くことが出来る”美人になる食べ物”をご紹介します。

お肌を綺麗に保つギリシャヨーグルト

CMでもよく見るのでギリシャヨーグルトは知っている方は多いのではないでしょうか。通常のヨーグルトよりも濃厚で美味しいですよね。ギリシャヨーグルトには良質なたんぱく質も豊富に含まれていて、その他にもお肌を綺麗に保つ成分がたくさんあるそうなので、積極的に取り入れたいですね。

便秘解消に効果的な玄米

玄米は白米に比べて食物繊維が4倍も多く含まれているそうです。便秘に悩んでいるという方は、普段の食事を玄米に切り替えてみてはいかがでしょうか?

美人になったらどんなことしたい?

美人になったらしたいこと、と言われると何が思いつきますか?ただ漠然と「綺麗になりたい」と思うよりも、どんなことを実現したいか明確な目的を持っておく方がより頑張れるのでおすすめです。

オシャレをたくさん楽しみたい

メイクにファッションに髪型と、綺麗になったからこそ挑戦出来ることも多いのではないでしょうか。今まであまりオシャレに興味がなかったという人も、綺麗になったことをきっかけに「もっと綺麗になりたい」と思うようになってくようです。「痩せたらこんな服着たいな」と考えるだけでもわくわくしてきますね!

好きな人を振り向かせたい

せっかく綺麗になったなら、恋愛だって楽しみたいですよね。もし好きな人がいるなら、美人になった姿なら自分に自信を持ってアピール出来そうです。

おブスから美人になった人が実践した方法は?

芸能人でなくても、美人な方はたくさんいますよね。そんな方々の中には「実は昔はおブスだった」なんて人もいるのです。どんな方法で美人に変身したのか気になりますよね。早速見ていきましょう。

身だしなみや言葉遣いを綺麗にする

たとえ元の顔立ちが綺麗だったとしても、髪型や服装が適当だったり言葉遣いが乱暴だったら周りも美人とは言わないのではないでしょうか。反対に、元の顔はあまり美人なタイプではなかったとしても、身だしなみや振る舞い、言葉遣いが綺麗であれば、それだけで不思議と美人に見えてくるのです。

「私はブスだから…」と決めつけない

最初から自分で「ブスだから」なんて思ってしまっては、それだけでせっかくの美人になるチャンスを逃してしまいます。ブスと決めてしまうと、その言葉に甘えて綺麗になる努力すらしなくなり、その結果ますますおブスに…と悪循環になっていくのです。自分が素敵になることに積極的に挑戦する気持ちを持ちましょう!

歯列矯正で美人になった!

歯並びは笑ったときや話すとき、食事のときなどでも人から見えますよね。そして出っ歯だったり噛み合わせが悪かった人は、歯列矯正をすることで顔のバランスまで整い美人さんになることもあるそうです。金額的には安くはないのですぐに実践は難しいかもしれませんが、歯並びにお悩みの方は検討してみてはいかがでしょうか。

美人は内面と外見の両方から!

せっかく女性に生まれなのに、「ブスだから…」なんて思って過ごしてはもったいない!美人を目指すのに遅すぎるなんてことはありません。未来の自分がキラキラ輝く素敵な美人さんになっているように、今から早速行動してみましょう。内面も外見も美人さんになったあなたを見て、周りの反応はどれくらい変わるでしょうか。

今のあなたが誰かに憧れているように、今度はあなたが憧れられるようになるかもしれませんね。