ウィル彼は新しい恋愛をする為のスタート?恋愛のトラウマを癒せるの

スポンサーリンク

セフレ、ソフレと恋愛の形は数あれど巷で話題の「ウィル彼」という言葉をご存知でしょうか?このウィル彼は、彼と名のつくもののセフレでもなくソフレでもない、新しいお付き合いの一つなのだそうです。また、このウィル彼は若い女性を中心に人気があるのだとか…何故このウィル彼が話題になっているのか、今回はウィル彼の秘密についてお届けしたいと思います。

ソフレとウィル彼の違いって?

セフレならセックスをするけどお付き合いはしていない、あくまで彼氏ではないけれど友人の関係と言われています。そしてソフレならセックスはしない、あくまで添い寝をするだけの友人の関係という事のようです。

では、ウィル彼とはどんな関係なのでしょうか?由来を調べてみたところ、ウィル彼のウィルとは英語の「will」からきているのだそうです。

willは和訳で、〜だろう、〜するつもりであるといった未来の事を表す単語で、未来形の文章を作る時に使います。つまり「彼になるだろう」「彼氏にするつもりである」という、彼氏候補の存在という事のようです。

いわゆるキープのような関係に見えますが、新しい恋愛スタイルとして話題になっていますよね。友達以上恋人未満のウィル彼とは女性にとってどんなところが魅力的なのかについて考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

好きじゃないのに付き合うデメリット

ウィル彼の事を調べていて、一つ羨ましいと思った事があります。それは「付き合うかどうか、ゆっくり考える時間がある」という事です。

若い頃って好きかどうか解っていないままお付き合いしたり、好きじゃないけど告白されたから何となく…という感じで付き合う事がありませんでしたか?

もし過去に戻れるとしたら、私はそんな答を出した自分を叱りに行きたいと思う時があります。当時の心理としてはよくある理由かもしれませんが、寂しさ故にそんな答えを安易に出してしまったからです。

過去に戻ってまでやり直したいと思う理由ですが、その安易な結論が自分で自分の恋愛偏差値を下げてしまった原因だからなのです。

当時の事を思い出すのは苦い事ですが、反面教師として読んでいただいたり共感していただける方がいればと思います。

自分で自分の価値を下げる恋愛になる

実際に前述の恋愛で私は一ヶ月でその男性に別れを切り出しました。若かったから、寂しかったからといえばそれまでですが、人によっては軽い女性と思われたかもしれません。

今、思い返せば自分で自分の価値を下げる事をしたと思いますし、無理をしていた事から幸せな恋愛だったとは言えませんでした。

自分の事をしっかり考える事の出来ない状態で出した答は、こうやっていつか自分に返ってきます。特に恋愛はその代表的な存在ではないでしょうか。

ウィル彼は、寂しくても安易に恋愛関係にならず側にいてくれる存在でもあるそうです。寂しがりの女性にとって安定剤のような存在というのも人気の理由なのかもしれませんね。

彼氏ができない女になる原因を作る

気づかないうちに自分で自分の価値を下げる事ばかりしていると、彼氏ができないのも当然だと思いませんか?はっきり言うと私自身がそんな恋愛した後こそ、一番彼氏が出来ない期間でした。

その逆に自分磨きをしている時こそ良い出会いがあるものです。そこで、彼氏ができない理由を考えるよりも前に、自分磨きや楽しい事に熱中してみては如何でしょうか?中にはそういった所から新しい出会いに繋がる事もあります。

しかし、実はウィル彼の存在も一歩間違うと彼氏が出来ない女になる原因になる事もあるのです。では、次の項目から本題のウィル彼のメリットとデメリットについて次の項目にスポットを当てていきたいと思います。

ウィル彼が生まれた意味とは?

ここで、ウィル彼じゃなくて男友達じゃダメなの?という疑問を抱く方もいるかもしれません。私も確かにその考えがよぎりました。

そこで何故ウィル彼でないとダメなのかについてをこの項目でご紹介していきたいと思います。

そもそも、ウィル彼は好意を寄せている事が前提の存在ですから、心理的に見れば自分に自信のない女性にとっては承認欲求を満たしてくれる存在とも言えます。

でも、ウィル彼の持つ癒しの効果はこれだけではありません。

恋愛のトラウマを癒せる

恋愛で傷ついた時って「今度はもっといい彼氏を見つけるぞ!」と思う人もいれば「もう、しばらく恋愛はしたくない」という人もいますよね。

ウィル彼は後者の女性にとって、男性や恋愛に関するトラウマをゆっくり癒してくれる存在にもなってくれるのです。

「失恋には新しい恋愛が一番」と言われますが、まだそんな気持ちになれないという時にゆっくり気持ちを前向きにしてくれるのだそうです。

彼氏がいらない女性でもときめきを感じる

女性にとってときめきを感じる事が出来る瞬間って、幸せな時間ですよね。恋愛はその最たるものですが、嫉妬や束縛の面倒さから中には彼氏なんてもういらないという女性もいると思います。

そういった女性でも本音ではときめきを感じたいという時に、女の子として接してくれるウィル彼と言われています。特に強がりな女性ほどそういったウィル彼の存在に癒されているのだとか…

ときめきを感じる時に女性ホルモンが出る事を考えるとウィル彼の存在はある意味、特効薬に近いものを感じますね。

恋愛に対して慎重になれる

前述にも書きましたが、お付き合いするかどうかは慎重に決めた方が後の後悔をしなくて済みます。長い間、彼氏ができないとつい勢いで恋愛関係を始めてしまう事もあるかもしれません。

でも、ウィル彼の場合はきちんと貴方のペースを尊重してくれつのでゆっく悩み、考える時間をくれるのです。

年齢を重ねると恋愛に慎重になる女性も少なくありません。そういった時にウィル彼のくれる時間は、彼自身のとても貴重な時間を提供してくれるのです。

嫉妬などのネガティブな感情を持たずに済む

恋愛につきものなのが、嫉妬や束縛といった事から生まれるネガティブな感情です。

ウィル彼であれば、あくまで彼氏ではないと割り切れる事からそういったネガティブな感情をセーブしやすいという声もあります。確かに一理あるなと思いませんか?

ウィル彼の存在は自分の気持ちのバランスは勿論、時間の使い方においても感情の勢いに任せる事なくいられるのがメリットの一つなのだそうです。

スポンサーリンク

彼氏ができないのはウィル彼の存在かも

ウィル彼のメリットだけでなく、デメリットについても知っていただければと思います。それというのも、ずっとウィル彼がいる事が当たり前になってしまうと彼氏が出来ない原因を作る事もあるからです。

ウィル彼がいれば恋愛に前向きになれるという説は確かに事実です。しかし、何人もウィル彼を作ったり、ウィル彼がいる事をいい事に自分磨きを怠る事が彼氏が出来ない理由の一つかもしれません。

この項目ではウィル彼のデメリットについても見ていただきたいと思います。

ウィル彼ハーレムが優柔不断を生む

複数のウィル彼をあくまで未来の彼氏候補として見ていた場合、誰を選ぶべきかで迷ってしまう事があるようです。そのまま時間だけが過ぎていったとして、ウィル彼全員が貴方の元を去っていったとしたらどうでしょう?

日本ではもちろん一夫一妻制ですから、それぞれの人に素敵な所があっても最後に選ぶのは一人だけです。

ウィル彼である事を相手に告げた上で関係が成り立っているとしても、いつまでも相手の気持ちを宙ぶらりんのままにしておく事は考えものですね。

ウィル彼の存在を公言するデメリット

男性から見て、ウィル彼にマイナスのイメージを持つ方は多いと聞きます。お互いに了承の上で関係が成り立っているとしても、男性の気持ちを弄んでいるように見えてしまうのだとか。

確かに女性を何人もキープしていると公言している男性って女性からあまり評判が良くないものですよね。

貴方にウィル彼がいるという事は本命の男性の耳にいつ、どこから入るか解りません。中にはウィル彼の存在がマイナスの印象を持たれる事もあるという事は気を付けておきましょう。

ウィル彼との関係は期限を決めよう

ウィル彼氏から彼氏になる、ならないは最終的に二人の問題です。

でも、彼のくれる時間にずっと甘えていてはお互いにとって、過去を振り返った時に悲しい思い出になってしまいます。

そういった事のないようウィル彼との関係は期限を決めて、答えを出す必要があると思います。

恋愛は時に苦しいものですが、人を成長させるものでもあります。どんな恋愛の形であっても貴方が成長出来たり、振り返って幸せだったと思えればそれで良いのです。

スポンサーリンク