ノーズシャドーで美人顔になる!人気のアイテムBEST3をご紹介します

スポンサーリンク

ノーズシャドーというと、鼻筋の濃い線や、濃すぎるメイクを思いうかべてしまいがちかもしれませんが、日常用のナチュラルなノーズシャドーをマスターすれば、驚くべき美人顔効果が期待できるようです。すこしポイントを正しく押さえるだけで、かなりメリハリのついた彫りの深い顔立ちを演出することができるでしょう。最近では、評判のよいプチプラコスメも手軽に入手できるため、この機会にノーズシャドーをマスターしませんか?

ノーズシャドーあなたは使っていますか?

鼻をもっと高く見せたいけれど、どうしたらよいかと悩んでいる方におすすめなのは、上手にノーズシャドーを入れることでしょう。すっと通った鼻筋やツンととがった高いスッキリした小鼻は、美人の条件ともいわれているようですが、実はメイクで演出しやすいパーツとなっているようです。誰でも簡単に、ノーズシャドーを使って高く美しい鼻を演出できるのですから、これは使わないともったいないですよね。

しかし、ノーズシャドーを入れ過ぎたり、ポイントを外してしまうと、顔全体が不自然な印象になってしまい逆効果の危険性もあるのではないでしょうか。そこで、ここではノーズシャドーの上手な入れ方や、おすすめの効果的な入れ方など、上手にノーズシャドーを使いこなす方法について、ご紹介していきたいと思います。明日からでもメイクで簡単に、高い鼻をつくってしまいましょう!

スポンサーリンク

効果絶大!ノーズシャドーの効果

ノーズシャドーというと、舞台役者さんなどの激しいメイクを思い出してしまい、存在は知っているけれどノーズシャドーは普段使わないという方もいるのではないでしょうか。しかし、そのようなはっきり濃いメイクではなく、普段使い用の薄くさりげないノーズシャドーを入れることによって、美人メイク効果が絶大なのです。

ノーズシャドーの効果をよく知ることで、使わないのはもったいない!と感じる方も多いと思われますので、ノーズシャドーの効果についてご紹介したいと思います。

鼻が高く見える

鼻筋にノーズシャドーによってさりげなく影を入れていくことで、かなり鼻が高く見える効果が期待できるでしょう。濃く入れるのではなく、ぼんやりと自然に入れるだけでも、陰影がついて見た感じが全然違うということに気づくのではないでしょうか。このように、ほんのひと手間をかけるだけで、鼻について悩んでいた方でも、すっと鼻筋の通った高い鼻に見せることが可能といえるでしょう。

団子鼻がすっきり見える

ノーズシャドーを、鼻先にもさりげなく入れていけば、気になる団子鼻をすっきりした印象にみせることができるでしょう。鼻先に陰影をつけると、鼻の頂点が高く美しく見える効果が期待できますので、悩んでいた団子鼻も、簡単にカバーできるのではないでしょうか。この場合も、濃くはっきり入れてしまうとかなり不自然ですので、ばんやりぼかして入れるようにするとよいでしょう。

顔に立体感が出る

ノーズシャドーは、眉頭から鼻の付け根にくぼみをつくるような影を入れていくことで、顔に立体感を演出することができるでしょう。顔にしっかり凹凸をつけることで、まるで彫刻のようなはっきりした顔だちにつくりあげることが期待できます。彫りの深い、メリハリのついた顔立ちは美人の特徴ですから、積極的にメイクを上手に使うようにすれば、かなりの違いが生まれてくるようです。

おすすめのノーズシャドーの入れ方

ノーズシャドーは、かなり効果があることは事実ですが、一歩間違えてしまうと大げさメイクになり、周囲に引かれてしまうおそれがあることには注意が必要でしょう。また、ノーズシャドーの違和感をおそれて、せっかくのノーズシャドーを使わない方もいるかもしれません。自然に見えて効果がだせるおすすめのノーズシャドーの入れ方について、お伝えしたいと思います。

眉毛を濃いめに描く

ノーズシャドーを自然に見せていくためには、眉毛を普段よりも気持ち濃いめに描くようにするとよいでしょう。影を利用した、色のコントラストを上手く利用して立体感を持たせていくようにするメイクですので、眉毛を少し濃くすることでノーズシャドウを自然に馴染ませていくことが期待できます。テクニックポイントとしてぜひ活用してみるとよいでしょう。

目頭のくぼみに影を入れる

眉頭の下で目頭の上あたりにくぼみがあるのですが、この部分に太めのブラシを使って三角形に影を入れていきましょう。通常、顔の中で最もくぼんでいる場所となっていますので、やや濃い目にいれても自然な仕上がりになるようです。眉頭の下から、鼻の付け根あたりに向かって影をしっかり入れていくと、顔に一気に立体感が生まれてくるでしょう。

眉頭と鼻根をつなぐ

眉頭と鼻根の脇をつなぐ影を、曲線で入れるようにしましょう。この部分が直線的であればあるほど、男性的な印象が強まりますし、不自然感がでやすくなってしまいがちでしょう。女性的な自然なメイクに仕上げるためには、目を丸く囲んでいくような感覚で、やわらかい丸みを帯びた線を描くことが大切といえるようです。

ブラシで薄く鼻筋を入れるやり方

鼻筋に沿って薄く影を入れていきましょう。やり方は、ここで細いブラシに持ち替えたら、なるべく細くぼんやりと薄く鼻筋を入れていくようにします。入れる部分は、眉頭の高さから鼻筋に沿って入れ始めたら、下まぶたのあたりまでにしましょう。鼻の途中ということになりますが、小鼻までつなげて入れてしまうと鼻が長く見えてしまい、不自然な印象になってしまう場合があるため、注意が必要でしょう。

小鼻の上に影を入れる

小鼻の上に両サイドから、縦長の影を入れていきましょう。そうすることで、気になる団子鼻のカバーができて、美人の象徴ともいえるようなツンととがった美しい鼻柱を演出することができるでしょう。小鼻を小さく見せることができれば、シャープで洗練されたはっきりした顔立ちをつくることが可能でしょう。

最後にぼかす

最後に、眉頭で入れた三角形の影と、眉頭と鼻根をつなぐ曲線の影を指でなぞってぼかすようにしていきましょう。強くこすってしまうと、せっかく入れた影が広がったりして、不自然になってしまうおそれがありますので、指の腹を使って押さえるようにしながら、少しづつやさしくなぞることが大切でしょう。

あくまで自然になるよう、全体のバランスをしっかりチェックしながら入れていくようにするとよいでしょう。

スポンサーリンク

人気ノーズシャドーランキングTOP3

ノーズシャドーを早速入れてみたい!と思った方に、人気のノーズシャドーランキング上位3アイテムをご紹介したいと思います。まだノーズシャドーに慣れていないという場合には、パウダータイプで同系色がセットになっているもので、さらにブラシがついているタイプがおすすめでしょう。

どれも使いやすいと評価が高いものですので、早速ノーズシャドーを使いこなして、理想の彫刻顔をゲットしてみてはいかがでしょうか。

デザイニングアイブロウ

KATEのデザイニングアイブロウは、濃淡の異なる3つの同系色パウダーがセットになっており、ノーズシャドーになれていなくても、自然な仕上がりでとても使いやすいと人気があるようです。

これ1つで、3色を上手に配合させ濃淡をコントロールすることが可能であり、誰でも簡単にノーズシャドーにチャレンジできるのではないでしょうか。専用ブラシも付いて、ライトブラウン系とブラウン系に2色から選べるようです。

【ゆうパケット可】カネボウケイトデザイニングアイブロウN(パウダーアイブロウ)#EX-5

アイブロウ・アンド・ノーズパウダー

3つの同系色パウダーがセットになった、ヴィセのリシェアイブロウ&ノーズパウダーも薄付きでナチュラルな仕上がりが人気となっているようです。

アイブロウとノーズシャドー両方に使えるため、ふんわり眉とすっとした鼻筋を描くことができて、バランスよく光と影の効果をだすことで印象的な立体感を演出できるでしょう。美容成分配合ですので、メイクによる乾燥対策も期待でき、専用ブラシもついて、おすすめの使いやすさといえるでしょう。

アイブロー・アンド・ノーズシャドー

資生堂の人気ブランドであるインテグレートのアイブロー&ノーズシャドーも、使いやすいダブルエンドの専用ブラシが付いておすすめできるでしょう。パウダータイプのアイブローとノーズシャドーがセットになっているため、3色のグラデーションによって立体感のある眉と鼻筋を完成させることができます。ふんわりとナチュラルな仕上げが期待できてお買い得のアイテムとなっているようです。

おすすめの安心プチプラノーズシャドー

ノーズシャドーを持っていないし、鼻は高く見せたいけれど、新しくコスメを買うのはためらうという方にも安心のプチプラノーズシャドーをご紹介します。さらにすでに使用しているアイブロウやアイシャドウでも、ノーズシャドーは代用可能ですので、そこからチャレンジしてみてもよいかもしれませんね。その場合はラメなどが入っていないタイプを選ぶように注意してみましょう。

ACアイブローパウダー

キャンドゥの100均コスメである、ACアイブローパウダーはとてもよいと評判が高くなっており、アイブローといえどもノーズシャドーとして代用も問題ないのではないでしょうか。シンプルなパッケージも好感度が高く、使いやすいと話題になっているようです。付属のブラシについては、固めで使いにくいと感じる方もいるようですので、ブラシは自分で持っているもので代用してもよいかもしれません。

100均コスメといえば、ダイソーのエルファーノーズシャドーもプチプラでおすすめでしょう。ハイライトカラーとシェーディングカラーの2色が1枚のパレットになっており、ラメ感やパール感も少ないため、ナチュラルに仕上げることができるようです。なんといっても安価が魅力ですので、ノーズシャドーをまずは一度試してみたい方は、手に取ってみてもよいかもしれませんね。

ドーリーノーズ

ドーリーノーズは、ノーズシャドー明るめと暗めの2色と、発色がよいハイライト1色がついて1000円程となっているようです。ノーズシャドーを上手く引き立たせるには、やはりハイライトをプラスした方が断然効果的ですので、1つにまとまっているとお得感があるのではないでしょうか。ノーズシャドー初心者でも簡単に使いこなせて、暗めのシャドーはアイブロウとしても使うことができる優れモノといえるでしょう。

ノーズシャドーパウダー

ナチュラルメイクの方にプチプラでおすすめできるのが、キャンメイクのノーズシャドーパウダーでしょう。ノーズシャドーとハイライトが1枚のパレットになっている便利なアイテムとなっています。ハイライトは自然に綺麗な仕上がりで乗ってくれるため、ナチュラルな鼻を演出することが可能でしょう。

薄付きなので、どんな肌色にもなじみやすく、ノーズシャドー初心者の方も失敗をすることなく、お値段も仕上がりも安心して使うことができるのではないでしょうか。ブラシも付いているため持ち運びもしやすく、嬉しいプチプラアイテムとなっているようです。700円程で手に入れることができますので、人気ブランド、キャンメイクからノーズシャドーデビューをしてもよいかもしれませんね。

ノーズシャドーを上手に入れるポイント

ノーズシャドーを失敗しないためにも、絶対に押さえておきたいポイントが存在するようです。せっかくノーズシャドーを入れるのですから、最も効果的にするやり方をマスターしたいですよね。鼻を高く見せるだけでなく、顔のメリハリをつけることで小顔効果も期待できるようですので、しっかりポイントを守ってみましょう。

入れる位置を把握する

ノーズシャドーと聞くと、鼻筋に小鼻の先まではっきり入った線を思い浮かべてしまう場合もあるかもしれませんが、それではノーズシャドーを効果的に入れるポイントを外してしまっているようです。ノーズシャドーを入れる上で、一番大切な影を入れる位置を熟知することが必要となるでしょう。最も注意して入れるべきなのは、眉頭の下から鼻の付けねあたりに向けて三角形に入れる影といえるでしょう。

眉頭の下の部分には、もとからくぼみが存在しているため、もとからあるものを自然に強調してあげるだけで目立たずに自然な仕上がりになるようです。この大切なポイントを外さないようにすれば、顔にナチュラルな立体感が生まれ、ノーズシャドー効果をアップさせることが可能ではないでしょうか。

入れすぎはNG

ノーズシャドーはあくまでも自然な影に見せることが大切ですので、濃すぎないようにいれるのがベストといえるでしょう。鼻を高く見せたい!小鼻にみせたい!と意気込む気持ちもあるのですが、ここでくっきりとした線や影を入れてしまうと、明らかに不自然な濃いメイクになってしまうかもしれません。メイクをするときには、時折鏡から顔を離して、冷静に顔のバランスを確かめる必要があるでしょう。

濃くなりすぎたと感じたら、指やフェイスパウダーでぼかすと自然に馴染んでくれるでしょう。ぼかすときもあくまでさりげなく、ナチュラルに見えるようにぼかすということがポイントとなってくるようです。少しづつ様子を見ながら、やさしく仕上げていくとよいでしょう。

ハイライトとセットで使う

ノーズシャドーだけでなく、ハイライトとセットで使えば、さらにメリハリをアップさせることができるでしょう。鼻筋に白のハイライトをプラスすれば、光で飛ばすように鼻を高く見せることが可能といえるでしょう。ハイライトは、真っ白いものよりも黄色みがかったような色やゴールドっぽい色味を使用すると自然な仕上がりが綺麗ではないでしょうか。

ハイライトの入れ方は、まずはじめに額の真ん中から鼻筋にかけてのいわゆるTゾーンに、ハイライトを入れていきましょう。鼻筋に入れるときは、なるべく細く入れるようにして、決して横に太く幅広くならないように注意することが大切です。次に、チークを入れる位置のちょうど上くらいのラインで、眉下から目尻を通って目の下に向かって、両サイドともハイライトを入れてみましょう。

最後に顎の中央に丸くハイライトを入れると完成ですが、ここについては、お好みで、ほんのり赤みを入れることで血色がよい健康的な肌に見せるようにしてもよいようです。入れるタイミングとしては、ファンデーションを塗った後に、大き目のブラシを用意して、ふわっと軽く少量のハイライトを取ったら、大きくブラシを動かしてのせていくとよいでしょう。

ハイライトをブラシに取ったあと、手の甲で均等になじませてからつけると、より綺麗な仕上がりが期待できるでしょう。

立体小顔シャドーで彫刻のような美人顔に

ノーズシャドーの決してあなどれない驚くべき効果を知っていただけたでしょうか。ノーズシャドーを入れるときのポイントをしっかり押さえて、正しく入れていけば、少しの時間と手間で、理想の美人顔をつくりあげることができるのではないでしょうか。慣れれば慣れるほど、時短で簡単にできるようになっていくと思いますので、ぜひ自分なりのやり方をマスターして、彫刻のような美人顔になってしまいましょう。

ノーズシャドウーを持っていない!という方でも、アイブロウやアイシャドーを代用することからはじめることも可能ですし、100均のプチプラコスメなどもあなどれないようです。さらに上級者は、ハイライトを使いこなし、光と影のコントラストで、美しく輝きましょう。さりげなく華やかに、さっそく明日からでもノーズシャドーをライフスタイルに組み込んでみませんか。

スポンサーリンク