充実女子は「朝活」で差をつける!自分磨きに最適な、朝活のススメ

スポンサーリンク

朝活というワードが聞かれるようになって、もう随分と経ちました。皆さんは、朝活を取り入れていますか?毎日慌ただしく一日が過ぎて、仕事や子育て以外に自分のしたいこともできないと日々感じている人は、思い切って朝活を始めてみませんか。

朝活で、人生をもっと楽しむ

朝活を始めた人は、毎日が充実するようになったと口にします。今まで、すべき仕事や子育てに追われて「ただなあなあと一日が過ぎて、やりたいことができていない」と感じている人には、朝活は最大のチャンスかもしれません。

スポンサーリンク

朝活について知ろう

そもそも朝活とは、何のことでしょうか。朝活について、学びましょう。また、どのような人が朝活を取り入れているのでしょうか。

朝活とは、「朝の時間を有効活用」すること

簡単に言えば、朝活は「朝に活動をする」ことをいいます。通常、眠っている睡眠時間を削って出社前や通学前に習い事に行ったり、趣味に没頭して朝の時間を有効活用することを朝活、と私たちは呼んでいます。

今まで、休み以外は仕事や家事で一日が終わっていたものが、朝活を取り入れることによって自分に費やす時間が増えて、毎日が充実したと実感するようになるのです。

朝活の目的は、「自分磨き」

朝活をする目的は、大きく2つに分かれると言えます。一つ目は、運動をするための朝活です。通勤や通学での移動以外は、ほとんど身体を動かしてないという人もいることでしょう。

通勤に徒歩や自転車で移動する人は、まだマシと言えますが、移動が車ばかりの人は、それこそ身体を動かす機会がないまま、一日が終わってしまいます。身体を動かすことが少ないと、皆さんもご承知の通り病気や肥満の原因にもなります。

ですから、今まで取れなかった時間を朝に設けることで、運動をしてダイエットをして、健康的な身体になるように心がけるのです。

もう一つは、頭を使う朝活です。一般的には習い事を始める人が多いようです。英会話のレッスンを受けてから出社したり、資格の勉強をしてから一日の家事を始めるというものですね。

総じて、どちらのパターンも「朝活による自分磨き」をしている人が主だと言えます。

どんな人が朝活をしているの?

朝活は、どんな人が多く取り入れているのでしょうか。特に多いのは女子で、大学生や社会人、また子育てを頑張る主婦も朝活に力を入れているようです。

本当ならば、人が最も精力的に動く昼間の時間帯にやりたいことを行うものでしょうが、仕事があったり家事があったり、学業が優先されてなかなか実践できないこともあります。

このように、やりたいことがあったのに今までの生活スタイルではできなかった人達が、早朝の時間を利用して朝活を行っているのです。

だから良い、朝活のメリットとデメリット

朝活には、メリットがたくさんあります。私たちが始めた方が良い朝活のメリットと、考えられるデメリットをまとめました。朝活を始めるメリットは、実にたくさんあるんです。

1日の活動時間が増える

最大のメリットは、1日の活動時間が増えるということです。しかし、これは睡眠時間を削ることを推奨しているわけではありません。

毎日のルーティンを思い返して欲しいのですが、夜は昼間の活動で疲れ果ててしまって、割とダラダラと過ごしてしまっていることが多いとは思いませんか?

仕事などが終わって帰宅した後は、完全にエネルギー切れの状態。その時間帯に精力的に自分磨きをしようとは、なかなか思えないものです。

例えば、夜には早めに眠りについて、その分早起きをします。そうすれば、睡眠時間が減ることもありませんし、かつ有意義な一日が送れるようになります。

集中できる

朝は、一日の中でも最も集中できる時間帯だと言われています。身体も全く疲れていないし、朝ですから周りの雑音などもなく、集中して物事に取り組むことができます。

夏場になると昼には一気に気温も上がり、うだるような暑さで体力までもが容易に奪われてしまいます。そのような状態では、仕事どころか家事などもままなりません。しかし、朝は幾分気温も落ち着いていて、過ごしやすいと思われます。

集中したい時は夜よりも朝が最適、と言われているくらいですから、ほとんどの人にとっては朝に活動をする方が効率よく過ごせるということなのでしょう。

体に良い生活リズムがつく

筆者もアラフォーになって、気付けば若い頃のように遅くまで眠らなくなってきました。今となれば、なぜあんなに昼前まで寝ていられたのか謎ですが、20〜30代前半までは「できる限り眠っていたい」と思うのが自然でしょう。

日々の仕事にエネルギーを取られ疲れると、その回復には眠ることがベストです。しかし、朝遅くまで眠り続けていることで、生活のリズムが崩れる原因にもなってしまいます。

遅く起床すると、すでに時計は出社前。朝ご飯も満足に食べる余裕はなく、野菜ジュースやおにぎりを買って出社という人もいるかもしれません。

朝活のために早く起きると、自然とお腹も空いてきます。すると普段朝食を取らないような人も、食欲がわいてきます。また、いつもよりも早く起きているため時間にも余裕があり、精神的な心の余裕も生まれます。

また、早く起きているので夜は早めに眠たくなります。22:00~2:00までのゴールデンタイムに眠れば、深い眠りにつくことができます。朝活を始めることは、生活リズムが整うことにもつながるようです。

収入アップも期待できる

朝活を取り入れると、将来的な収入アップも期待できるようになるのだとか。これは、生活のリズムが整うことで、仕事の効率が上がることが考えられますね。

また、朝活で資格取得の勉強をしたり講座を取ると、仕事上のキャリアアップにもつながります。会社によっては、持っている資格で昇格したり昇給するパターンもあるからです。

例えば、英会話を習っていた人が英語を話せるようになったことで、海外とのコミュニケーションを任せられるようになる可能性もあります。

自分磨きのために朝活を行っているのが、結果として自分の仕事の収入アップに通じていくのです。

睡眠時間が削られる

唯一のデメリットをあげるとするならば、それは睡眠時間が削られることもある、ということでしょうか。今まで行っていた生活を全く変えずに、単に朝早く起きるだけにすると、当然睡眠時間が削られます。ですから、朝活を行う時は、睡眠時間も含めた生活スタイルを改善する必要があると思うのです。

朝早く起きる分、寝る時間も早めにします。それが難しいようならば、昼休みに仮眠を取りましょう。仮眠は15分くらいがベストとされていて、それ以上行うと余計に眠くなって非効率になります。

上でも述べましたが、理想的な眠りにつけると言われている22:00~2:00のゴールデンタイムにはベッドに入って眠りにつきましょう。スマートフォン片手に眠りにつく生活を送っていると、ブルーライトの影響で満足した眠りにつくことが難しくなるようです。

スポンサーリンク

朝活を続ける、8つのコツ

朝活が良いことは何となく分かるけれど、朝型の人間じゃないし…。朝活を始めることに自信がない人は、これらのコツを見て実践してみてはいかがでしょうか。慣れてくると、それは苦ではなく充実に変わるようになるかもしれません。

1、起きてすぐやることを決める

いつもより30分でも早く起きると、とてつもなく眠い気がしますよね。毎日フルで活動していると、身体は眠りたいと感じやすいので、起きるのも辛いのです。

朝活を始めるポイントは、まず朝早く行動することに自分が慣れることです。起きてすぐは、ただひたすら眠くて、何をする気にもなりません。そこで、おすすめなのが「朝起きてすぐのルーティン」を決めておくのです。

眠気が冷めるルーティンがおすすめですが、コーヒーを入れるとか、まずはシャワーを浴びるとか、これをしたら目が覚めると思えるものを日常化させます。これで、何とか活動させる脳へとシフトしていくのです。さあ、何から一日を始めますか?

2、目的を決めておく

目的もないのに、ただ朝早く起きるというのは難しいことです。そもそも、何がしたいから早起きをして朝活を行おうとしているのでしょうか。その目的を明確にしておくことが、朝活を成功させるキーとなります。

目的は、特に細かくすることが大切です。仮に、朝活で英会話を勉強する、としましょう。大きな目的は英会話を上達させることにあるのですが、その日その日の目的を更に決めるのです。

今日は、英単語を10個覚えるとか英字新聞を読んでから出社する、など勉強の中身も決めておくと飽きずに取り組むことができます。毎日同じことを繰り返すよりも、今日は単語、明日は英字新聞、明後日は問題集を解くなど変えた方が常に新鮮な気持ちで勉強できるのではないでしょうか。

朝活でレッスンに通っている人は、レッスン前の予習や前回のレッスンの復習などが良いでしょう。今日はコレをする、と明確に決めておくとぼんやりと過ごすことも減りそうです。

3、やることを見えるところに書く

朝、十分な時間が取れる人は「To Doリスト」を作ることがおすすめです。タイムスケジュールのようにして、6:00~6:30まではストレッチとヨガ、6:30~7:00は読書など時間軸でやることを書き出すのも良いでしょう。

画像のようなTo Doリストでは、実践できたらチェックマークを付けて達成感を味わいます。誰に褒められるわけでもないですが、自分の中で確実にできたという実感が得られるはずです。

4、寝る時間を早くする

まだ寝ていたい…そう思って、なかなか起きることができないと悩む人もいることでしょう。それは、もしかすると睡眠時間が足りていないからなのかもしれません。

いくらたっぷり眠りたいタイプの人でも、夜早めに寝れば幾分すっきりと起きられるはずです。夜はついダラダラとしたくなりますが、ある程度ゆっくりしたら早めにベッドに行くようにしましょう。

十分眠っているはずなのに、眠たいという人は眠りの質が良くないのかもしれません。今使っている枕が適切な高さや硬さであるか、ベッドのスプリングの硬さや寝室の温度なども、眠りに影響をもたらすと言われています。

5、目覚ましを工夫する

朝活を続けるのが難しい理由は、朝起きれないことにあります。一度起きてしまえば、次第に頭が働き始めてくるのですが、目を覚ます瞬間が辛い人は、目覚ましにも工夫をしましょう。

目覚まし時計の代わりに携帯電話のアラームを使っている人が多いと思いますが、5〜10分後に再度知らせてくれるスヌーズ機能を付けたり、アラームの音量を最大にするのはいかがでしょうか。

それでも知らないうちにアラームを止めて二度寝してしまうような人は、携帯電話をベッドから離れたところに置いて、無理矢理ベッドから自分を離すように仕向けるのも良い方法かもしれません。

6、ご褒美を決めておく

先ほど朝活の目的をきちんと明確にしておくという話をしましたが、最終目標やゴールというのは、そう簡単に実現できません。ゴールが長ければ長い程、達成するのが難しく、時にやる気が削がれることもあります。

そこで、自分で決めたゴールの中にチェックポイントを設けて、それが達成できたらご褒美を貰うと決めておくのです。二週間続けたら、ちょっと贅沢なスイーツを食べるとか、一ヶ月続けたら友達と飲みに行くとかでもOK。達成記念を作っておくと、頑張って続けようという気になります。

ご褒美の設定は、日数だけじゃなくても構いません。あれができたらご褒美とか、自分でゴールを決められればそれで十分です。

7、朝活グッズやサイトを活用する

スムーズに朝活が始められるような便利グッズをどんどん活用して、あなたも朝活で毎日を充実させましょう。画像でご紹介しているのは、「朝活手帳」という書籍です。自分で書き込む手帳タイプになっていて、早朝のタイムスケジュールなども書いて活用することができるようです。

また、東京を始めとした全国の朝活の情報を紹介しているサイトの朝活ポータルもあります。FacebookやTwitterなどでも情報が得られますので、興味がある場合は見てみてください。

さらに、朝活手帳を手がけた同じ著者の朝活アプリもあります。スマートフォンで簡単に活用できますので、使い勝手も良さそうですね。こちらのアプリでは、朝活成功のポイントは充実した眠りとして、眠りに関する記入やアラーム機能などがついているようですよ。

8、他の人と一緒にやる

どんなにやる気に満ちあふれた人でも、やりたくないと感じる日はあります。いつでもやる気が続く人なんて、そうはいませんよね。

朝活を続けるためには、一緒にやる人を探すことも大切なのです。誰かと一緒に行っていれば、ちょっと気分が乗らない日でも簡単にやめることはできません。また、相手も同じです。

他の人と一緒にやると、競争心も出ます。一人だと何の波風も立たない状態ですから、モチベーションを保つのは難しいものです。一緒に朝活をする人も見つけて、お互いが切磋琢磨できたら理想的ではないでしょうか。

「身体を動かす」朝活編

朝活と言っても、一言では言い尽くせないくらいたくさんの選択肢があります。身体を動かすのが目的の朝活と、勉学など頭を使う朝活を幾つかピックアップしました。皆さんは、どれに興味がありますか。

ウォーキング

体力に自信がない人には、ウォーキングのような比較的負担の軽い運動を朝活に選ぶのが良いでしょう。ウォーキングであれば、ジムに通う必要もありませんから、余計なお金も掛かりません。

お天気に左右される活動ではありますが、雨でなければ基本的には無料で実践できるので、ありがたいですね。外には出られないけれど、雨の日は部屋の中でストレッチをするように決めていても良いでしょう。

ダイエットをしたい人には、ウォーキングなどの有酸素運動がおすすめです。こまめに水分を取りながら、ウォーキングをします。腕を大きく振りながら、早足を心がけて歩きましょう。

朝に見る外の景色は、空気も冷たくて清々しいものです。まだ人もあまり歩いていないですし、気持ちをリセットさせる良い時間になるでしょう。

ランニング

1人で孤独に続けても大丈夫な人、好きな音楽を聞きながら何にも考えずにただひたすら何かをし続けたいという人は、ランニングをおすすめします。

体重が重い人や体力に自信がない人はウォーキングの方が向いていますが、そうでない人にはランニングも良いものです。朝から走ると、脳を活性化させてくれるので、その後の仕事も捗ることでしょう。走りすぎると、勤務中に疲れて眠くなってしまうかもしれませんから、良い塩梅を心がけましょうね。

場所によっては、早朝ランナーがたくさん走っている道もあります。ランナー同士が仲良くなれるきっかけとなるかもしれません。

禅をすることは、ストレスの軽減に役立つという研究も出たというくらい、精神的な心の安定に禅は良いようです。日頃、仕事や家事、子育てなどでストレスフルな毎日を過ごしている人は、朝活に禅を取り入れてみてはいかがでしょうか。

禅はお寺で行うイメージがありますが、瞑想と同じで家でもできます。瞑想や禅を行う場合、暑くもなく寒くもない適温の環境で、ひたすら何も考えない時間を過ごします。

眠気を取ってからでないと眠くなるかもしれませんから、しっかりと目を覚ましてから禅に取り組みましょう。

ヨガ

激しい動きはありませんが、ゆっくりと筋肉に働きかける動きのヨガは、動き回るような運動ができない人にも最適です。過ごしやすい時間帯に、朝日のパワーを感じながら静かに身体を動かしていきましょう。

ヨガは、普段あまり使わないような筋肉も使うので、肩こりや不眠などの不調も治りやすいと言われています。レッスンを受けに行っても良いですし、動画などでもおすすめのヨガが紹介されているので参考にしてみてください。

ストレッチ

by shironosov 91 7

ストレッチは、身体のゆがみを直したり身体を柔らかくすることで、怪我をしにくい身体を作ります。身体のいろんな部位を伸ばすので、脳にも刺激され、仕事も捗ることでしょう。

また、ストレッチは身体への負担も少ないので、朝に行う活動としても合うのではないでしょうか。血の巡りも良くなり、身体がポカポカしてきます。冷え性で悩んでいる人は、ストレッチから始めると良いかもしれません。代謝が良くなるのでダイエットにも効果があると言われています。

スポーツ

学生の時にやっていた部活動をもう一度やりたいな…そう思っている人は、もう一度それを朝活で再開するのも良いでしょう。バレーでもテニスでも、再開すれば懐かしくて気持ちも学生の頃に戻れるかもしれませんね。

また、やったことはないけれど、やってみたいと思っていたスポーツに挑戦するのも楽しそうです。知らないことがたくさんあって、あなたの「知りたい熱」をどんどん刺激してくれるでしょう。

「頭を使う」朝活編

次は、頭を使った朝活を見ていきましょう。朝は、最もエネルギー溢れる時です。脳もスッキリとしているので、効率よく物事を覚えたり学ぶことができます。

読書

朝活に読書をしている人も多いようです。仕事に追われていると、気付けばあまり本を読んでいないと感じることもありませんか。暇な時に読もう、そう思っていても結局は読んでいないという状況に陥ります。

1人で静かに本を読むのも良いものですが、読書会に参加するのもおすすめです。この読書会の目的は、本の良さを他の人にも知ってもらうことです。自分のお気に入りの本を持ち寄って、グループの人にその本のおすすめポイントなどを伝えます。

時には、本について談笑したりフリートークに変わる自由さが好まれているようです。今まで読んだこともなかったジャンルの本に出会えるきっかけになるかもしれませんね。

時間は朝の1時間程度を取って行っているところが多く、カフェなどを使って定期的に開催されているところもあるようです。

英会話

英語を教える仕事をしている筆者から見ると、カフェなどで英会話の個人レッスンを行っていたり、英語の勉強をしている人を多く目にするなと感じます。

実際に、個人レッスンでは筆者もカフェやファミリーレストランで教えることが多いのですが、場所の確保が簡単であることや、講師と生徒の都合に合わせてレッスンができる点が、カフェが選ばれる原因のようです。

2020年に東京でのオリンピック開催が決まってから、英語を習い始める人が増えているようです。特に都心では、外国人を見ない日はないというくらいに街中は外国人観光客で溢れています。

職場でも英語を公用語として使うところが出ている以上、英語を話せないと仕事上の制限が出てくる可能性も否めません。朝活の特徴でもある、短時間でサクッと行うところを生かして、気軽に始めるのも良いでしょう。

中国語

英語と並んで必要になってきているのが中国語です。かつて、「爆買い」というワードが流行したように、国内には中国人観光客の姿を目にすることが多くなってきました。このような中国人の客に対応するべく、接客業に携わる人の中には中国語を学ぼうという人も増加しているようです。

個人レッスンで中国語を学ぶのも良いと思いますし、セミナーに参加するのも良いでしょう。中国語の授業を受けて、少しでも会話が弾んで仕事に良い影響を与えることができれば、立派な自分磨きになりますよね。

セミナー

ご紹介した英会話や中国語以外にも、健康や住まいの事、子育てやビジネス関係など様々なセミナーがあります。地域別にセミナー情報を提供してくれるサイトもありますので、気になる方はぜひ一度検索してみて下さい。

朝活が続けられるような、心から「楽しい!」と思えるセミナーが見つかると良いですね!

その他の朝活

身体や頭を使う以外の朝活もご紹介しましょう。時間がなくて、なかなか自分に投資する時間がないと感じる人は、趣味を通した活動を行うと、より充実した一日が送れるようになれそうです。

美を追求したり、趣味に没頭する

自分の美を追求するために朝活を行うのも悪くありません。普段ならば、休みに行っていた温泉や銭湯に朝出向いたり、顔のお手入れやマッサージで更に綺麗になる活動は、「朝活ビューティー」と呼ばれているそうです。

忙しくて自分に余裕がない時は、自分をいたわることすら忘れてしまいます。肌の調子が悪かったり、髪や爪がボロボロだと、心の栄養も足りていないと思われてしまいかねません。

もちろん、銭湯などにわざわざ行かなくても良いのです。例えば、自宅の浴槽にお湯を張って、お気に入りの入浴剤を使って長めに入浴するだけでも、忙しい朝を送っていた頃とは心の持ちようも変わると思うのです。

お風呂に入りながら、美顔器を転がしてみたり本を読んでみたりと、自分のためだけに使う時間をもっと充実させてみましょう。想像しただけでも、癒やされる気がしませんか?

出社する

朝活が出社、となると何だか一気に夢がなくなってしまったような気になるかもしれませんが、意外と良いのでご紹介します。勤務時間よりも早く仕事をするなんて、何がそんなに良いのか疑問に思うかもしれませんね。

最近、仕事が提示に終わらなくて帰りが遅くなりがちな人に、この方法はおすすめなんです。勤務中の様子を思い返してみてください。業務がなかなか片付かないのは、上司や同僚から別の仕事をお願いされているからではないでしょうか。自分だけの業務で帰りが遅くなっているわけではないことに気付くことでしょう。

だとしたら、まだ人があまり出勤していない早朝に業務を始めて、普段よりも早めに退社した方が、自分の仕事を効率よく片付けられる、と考えられるかもしれません。

また、業務だけでなく職場の片付けをすることもおすすめです。仕事が立て込んでくると、デスク周りに書類が山積みになっていたり、物が散乱したりしますが、これでは効率よく仕事もこなせません。

デスク周りや普段使う場所を丁寧に掃除して、一日をリセットした状態で朝の業務を始めるのも、心地よく働けるための良いルーティンになります。

転職活動をする

今の職場が、自分には合っていないかも…そのような気持ちで日々の仕事に追われているとするならば、もしかすると、自分の貴重な時間を不幸な時間に変えてしまっている可能性があります。

年齢などでも転職の状況は変わりますが、あまりにも心身共に疲弊しているならば、それはあなたには合わない仕事なのかもしれません。

しかし、転職するにしても金銭面を考えれば、今の仕事を続けながら新しい職を探せたら理想的です。普通ならば仕事をしている平日に転職活動をするなんて到底できないと思うところですが、早朝にインターネットで新たな職を検索してみたり、エントリーシートを書くことはできます。

新たな自分の第一歩として、後悔のない仕事を選びたいものです。

地域別、おすすめの朝活

全国で行われている、朝活の集まりをまとめました。1人での朝活も良いですが、数人で集まった朝活も周りの人の刺激を受けられて新鮮なものですよ。気になるものがあったら、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

北海道、東北地方

○リーズナブルに参加できる多種類のセミナー

「朝活事務局」で、期間限定で行われている朝活。過去には、散歩しながら写真を撮る講座やオリーブオイルを使った朝ご飯の講座なども開かれていたようです。

詳しい情報は、下記に問い合わせて確認されることをおすすめします。いずれも、参加費500円程度で楽しめるので、気軽に挑戦できるのも嬉しいですね。

下記のホームページにアクセスすると、専用問い合わせフォームがあります。そこから問い合わせると、事務局から返事があるようです。

問い合わせ先:「朝活事務局」
札幌市中央区北5条西5丁目7番地sapporo55ビル5階キャリアバンク内
電話:011ー221ー6050

関東地方

○朝活で、素敵な人を探すのもアリ

面白い朝活を見つけたのでご紹介します。全国のいろんなところで婚活パーティが行われていますが、朝に婚活を行う朝活パーティもあっているようです。

問い合わせ先:「エクシオスペシャルパーティー」
電話:050ー5531ー9451

○有識者の話を聞いて、視野を広げる

東京の六本木ヒルズで月に一度行われている「ヒルズブレックファースト」は、多岐にわたるトピックについて、それに精通した人達をスピーカーに迎えて行う会です。ワンドリンク付きで500円で主に8:00~9:00に行われているようです。

過去には、「食べて飲んで痩せて、モテる」という大変興味深いタイトルで話がなされたり、コップのフチ子の生みの親である方の話が聞けたりと、扱われる題材にもバリエーションがあります。

普段は関わりのない分野の人達の話を聞くことができる良い機会となるでしょう。こちらは、予約不要ですから都合がつく時のみに参加するのもOKです。

問い合わせ先:「六本木ヒルズインフォメーションセンター総合案内」
電話:03ー6406ー6000

○将来の可能性を広げる、夢活

横浜では、将来の自分の可能性を広げる「夢活」が行われているようです。今とは違う人生を歩いていきたいけれどきっかけがない方や、何か別のことを始めたい人向けの朝活プログラムです。

異業種の人達と話を楽しむことで、自分の新たな可能性に気付くことを目指しています。現状に満足できない人は、夢活がおすすめです。

問い合わせ先:「横浜夢活×カフェ会」
こちらのホームページを開くと、専用の問い合わせと講座申込フォームが出てきます。カフェで行われるようで、参加費は500円+ドリンク代とのことです。

中部、近畿地方

○読書や勉強会をカフェで実施

名古屋で開催されている朝活に、読書会や勉強会が実施されているところがあります。朝活@NGOでは、読書会や黙々とひたすら集中して勉強する「もくもく勉強の会」などを開いているところです。こちらは、Facebookでもページを持っているようですから、一度覗いてみてはいかがでしょうか。

問い合わせ先:「朝活@NGO」
当ホームページ、Facebookにて問い合わせをしてください。

○朝食をとりながらの座談会

大阪では、朝食をとりながら他の人との交流を楽しむ朝カフェが行われています。こちらの会には1つだけルールがあり、「人の嫌がることをしない」というもの。朝の爽やかな雰囲気にふさわしい、心地よい空間を他の人と楽しみます。

問い合わせ先:「朝カフェの会」
当ホームページにて問い合わせをしてください。

中国、四国地方

○家では集中できないという人に

岡山で資格などの勉強をしたいと思っているけれど、家ではなかなか集中できない人は、こちらの勉強スタジオを利用してみてはいかがでしょうか。綺麗に整頓された清潔感のある空間で、朝の気持ちの良い時間帯に集中して勉強に励むことができます。ビジター利用で、1時間600円ほどで利用できるようです。

問い合わせ先:「勉強カフェ岡山スタジオ」
電話:086ー250ー3534

九州地方

○新しいことを学びたい人に

九州エリアでは、福岡で行われている朝活をご紹介します。こちらは、博多で開催されているモーニングビズです。筆ペンの講座やアロマスプレーを作る講座などが過去にあっているようですよ。

問い合わせ先:「モーニングBiz@HAKATA」
電話:092ー481ー3226

朝を使わない手はない!

いかがでしたか?ある調査によると、朝活を取り入れた人の7割が、今の生活に満足していると答えたほど、自分磨きをすることで満足した毎日が送れると感じられるようです。

ただ仕事をこなして、何となく毎日が過ぎていると感じている人は、朝の在り方を見直してみると良いかもしれません。朝活で充実した日々を過ごすことで、仕事にも家事や育児にも張りが出ると尚良いですね。

スポンサーリンク