奇跡のロングセラーホルモンクリームで、万能ケアを始めよう♡

スポンサーリンク

ホルモンクリームという化粧品をご存じでしょうか?密かにニベア以上の効果があると、美肌マニアの人の間では噂になっているクリームのようです。初めてこの名前を聞くという人も多いと思いますが、じつはホルモンクリームとは昔から存在するロングセラー商品なのです!今回は、女性に嬉しいこのホルモンクリームのさまざまな効果をご紹介します。

お肌の悩みを解決!ホルモンクリームとは?

ホルモンクリームとは、あまり聞きなれない名前であるため、初めて聞いたという人もいるのではないでしょうか。しかし、このホルモンクリームとは、じつは昔から女性に親しまれているロングセラー商品なのです!今回は、このホルモンクリームについてを詳しく調べてみました。

ホルモンクリームとは一体どんな商品でどんな成分なのか、どこで購入することができ、どんな効果があるのかまでを詳しく解説していきます。さらに、ホルモンクリームの種類や、上手な使い方もご紹介します。密かにニベア以上の効果や効能があるとの噂もあるため、美肌を目指している人はぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ホルモンクリームとは?

ホルモンクリームという化粧品をご存じでしょうか?なんだか怪しげな名前ですが、なんと1935年から発売されているというロングセラー商品なのです!ホルモンクリームには、女性にとって嬉しいさまざまな効果があると言われています。まずは、このホルモンクリームがどのようなものであるかについてを、詳しく解説していきます。

ホルモンクリームの成分

ホルモンクリームの成分は、その名の通り「女性ホルモン」が配合されているクリームです。この女性ホルモンとは、「エチニルエストラジオール」というものであり、高い保湿効果が期待できる成分であると言われています。

他にも、抗皮膚炎効果や皮脂の分泌を抑制する作用のある「ピリドキシンHCI(ビタミンB6)」を含んでいることから、ニキビなどの肌荒れにも効果があると言われています。

ホルモンクリームの販売店はどこ?

ホルモンクリームは、一般的に化粧品売り場に置いてあることが多いです。おもに、一般量販店やドラッグストア、ドンキホーテなどで購入することができます。他にも、ネットや通販などでも購入することが可能です。

ホルモンクリームとニベアの違い

ホルモンクリームとニベアは、見た目が似ていることから同じ成分であると思われがちですが、実際にはまったく異なる商品です。ニベアは一般的な化粧品の成分と同じものですが、ホルモンクリームには女性ホルモンが配合されています。

そのため、おもに女性の体内の男性ホルモンを抑制し、バランスを整えて肌トラブルなどを解消する効果があります。ニベアもとても優秀な保湿クリームではありますが、人によってはホルモンクリームはじつはニベア以上の効果があると言われています。

ホルモンクリームの評判は?

このホルモンクリームは、昔から愛用している人が多い商品です。そのため、年配の人の場合には、ホルモンクリームでないともう使用することができない!というほど愛されている商品でもあります。1935年から現在まで販売されているという現状をみれば、愛用者が多いということは一目瞭然ですよね。

口コミサイトなどを見てみても、10代から50代以上まで幅広い方からの口コミが寄せられています。年代を問わず愛されている商品なんですね。

ホルモンクリームの6つの効果

女性ホルモンを配合しているという、驚きのホルモンクリームですが、このホルモンクリームにはさまざまな効果があると言われています。次からは、ホルモンクリームのおもな効果についてを解説していきます。

1.肌の保湿と潤い効果

前述もしていますが、ホルモンクリームには女性ホルモンである「エチニルエストラジオール」が配合されています。そして、このエチニルエストラジオールには高い保湿効果があるため、肌の乾燥を防いで長時間うるおいのある素肌を保つことができます。

2.美白効果

ホルモンクリームには、肌がワントーンも明るくなるほどの美白効果があると言われています。そのため、肌のくすみなどが気になる人は、一度試してみる価値があるでしょう。

3.毛穴引き締め効果

また、ホルモンクリームには、毛穴引き締め効果もあります!毛穴が開いて目立っている場合などに、このホルモンクリームを使用すると、徐々に毛穴が引き締められていき目立たなくなります。

4.ニキビの改善効果

ホルモンクリームには、女性ホルモンやビタミンB6が配合されていることから、ニキビ予防やできてしまったニキビの改善効果も期待することができます。

5.ムダ毛を薄くする効果

じつは、体毛とは男性ホルモンの影響が強いと言われているため、ホルモンクリームを使用することにより、ムダ毛を薄くする効果も得られると言われています。ホルモンクリームには、女性ホルモンが配合されているため、このような男性ホルモンを抑制する効果があるからです。

6.バストアップの効果

さらに、ホルモンクリームをバストに使用することによって、バストアップの効果も期待することができます!これは、ホルモンクリームに配合されている女性ホルモンが、バストを大きくする作用をうながすからです。バストにホルモンクリームを塗るだけでハリやつやが出て、サイズも大きくすることができると言われています。

スポンサーリンク

ホルモンクリームの種類とは?

女性にとって嬉しい効果が盛りだくさんのホルモンクリームですが、このホルモンクリームには現在いくつかの種類があります。次からは、現在販売されているホルモンクリームのそれぞれの種類についてを詳しくご紹介します。使用用途が異なるホルモンクリームもあるため、きちんと使用用途を確認してから購入するようにしましょう!

クラブホルモンクリーム

クラブホルモンクリームは、ホルモンクリームの中でもっともスタンダードなタイプの商品です。女性ホルモンである「エチニルエストラジオール」を配合した弱油性保湿クリームで、肌がべたつくこともなくさっぱりとした付け心地で、肌荒れなどの肌トラブルを解消しハリのある美肌を保つことができます。

パッケージも発売当初と変わらないデザインで、ピンクの色合いやレトロ感など見た目もとてもかわいい商品です。年配の方から若い世代まで、愛用者が幅広いのが特徴です。価格もとても安いので、コストパフォーマンスにも優れています。この価格で保湿、美白、肌トラブルの改善、ムダ毛の減少、バストアップ効果までを得られるのは、もはや奇跡としか言いようがありません。

ホルモンクリームをこれから使用してみたい、お試しで使ってみたいという人には、手ごろに入手できる価格であるためこちらの商品がおすすめです。

クラシカルリッチ1

クラシカルリッチ1は、クラブホルモンクリームに和漢生薬保湿成分(シャクヤクエキス、ボタンエキス、ユリエキス)を追加配合したホルモンクリームです。ほのかなローズの香りがするタイプで、コクのあるクリームで使い心地が抜群です!

おもに、うるおいを重視しており、肌トラブルを抑え透明感あふれる美肌へと導いてくれます。パッケージも一新されており、この他にもあと2種類のデザインがあります。3種類ともにとてもかわいいデザインなので、自分好みのデザインで選んでみてはいかがでしょうか。

クラシカルリッチ2

クラシカルリッチ2は、クラシカルリッチ1同様に、クラブホルモンクリームに和漢生薬保湿成分を追加配合したホルモンクリームです。顔からつま先まで全身に使用することができ、かさつきなどの乾燥が気になる人におすすめのクリームです。

また、クラシカルリッチ2は、「弾の素」であることをアピールしているため、肌にハリなどの弾力が欲しい人にもおすすめの商品です。基本的にはクラシカルリッチ1・クラシカルリッチ3と成分は変わらず、パッケージが違うだけなので、自分の好きなデザインのものを選ぶことをおすすめします。

クラシカルリッチ3

クラシカルリッチ3は、クラシカルリッチ1、2と同様に、クラブホルモンクリームに和漢生薬保湿成分を追加配合したホルモンクリームです。クラシカルリッチ3は「艶の素」であることをアピールしている商品であるため、肌にツヤが欲しいという人におすすめのホルモンクリームです。

こちらも、クラシカルリッチ1・クラシカルリッチ2と成分は変わらず、パッケージが違うだけなので、自分好みのデザインのものを選ぶようにすると良いでしょう。

クラブホルモンクリームよりも価格が若干高めですが、それでも他の保湿クリームに比べてコストパフォーマンスは抜群に良いので、肌トラブルからバストアップまで女性特有の悩みを抱えている人は、ぜひ一度試してみるべき商品であると言えるでしょう。

ナチュラルプロジェステロンクリーム

黄体ホルモンクリームであるナチュラルプロジェステロンクリームは、前述してきたクラブホルモンクリームシリーズではなく、Source Naturals社のホルモンクリームです。クラブホルモンクリームシリーズと成分も異なり、大豆由来の天然プロゲステロンUSPを使用しているのが特徴です。

この黄体ホルモンクリームは、クラブホルモンクリームシリーズのような効能ではなく、女性ホルモンであるブロゲステロンの働きを利用し、子宮内膜を整えて受精卵が着床しやすい状態にするものです。 そのため、おもに不妊治療や月経不順やPMSなどの症状を改善するために用いられます。

スキンケアではなく、本格的に女性ホルモンのバランスを整えたい人におすすめのホルモンクリームです。そのため、使用目的が違うため価格はクラブホルモンクリームシリーズよりも当然高めです。しかし、黄体ホルモンクリームは4,000円ほどするものもあるので、他社の商品と比べるとコストパフォーマンスは高めであると言えます。

ホルモンクリームについての疑問

ホルモンクリームにも種類があり、使用用途がことなるものがあることがわかりました。このようなホルモンクリームとは、あまり一般的に使われているのを見たことがないため、いろいろと疑問を持つ人もいるはずです。次からは、このホルモンクリームについての使い方や副作用など、気になる項目について詳しく解説していきます。

ホルモンクリームの上手な使い方は?

ホルモンクリームは通常のクリームと同様に、顔や全身にそのまま塗るのが一般的な使用方法です。しかし、このホルモンクリームをさらに効果的に使用する方法があります!その方法とは、ホルモンクリームをパックとして使用する方法です。やり方は簡単なので、以下に手順をご紹介します。

1.洗顔後、肌の水分をすべて拭き取り、ホルモンクリームをたっぷりと顔全体に塗っていきます。このとき、惜しみなくたっぷりと塗ることがポイントです。

2.次に、蒸しタオルをレンジで作り、ホルモンクリームを塗った顔の上に乗せ、タオルが冷めるまで待ちます。

3.タオルが冷めたら外して、肌の上に残っているホルモンクリームをそのまま顔になじませます。

このホルモンクリームパックをすると、普通に塗り込むだけよりも格段に肌の弾力が変わります!さらには、毛穴も目立たなくなり、肌の色もワントーンアップします。

ホルモンクリームの副作用は?

女性にとって嬉しい効果がたくさんあるホルモンクリームですが、女性ホルモンを肌から吸収するという方法には、副作用がないかどうかが気になるという人も多いはずです。このような、副作用が気になるホルモンクリームですが、実際には女性ホルモンをホルモンクリームから肌に直接吸収しても、とくに副作用はないと言われています。

その理由は、この女性ホルモン(エチニルエストラジオール)は、成分としては一般化粧品と同じものであるからです。エチニルエストラジオールとは保湿成分の一つであり、きちんと厚生労働省に基づいて安全性が確保されている量を配合しているため、毎日使用しても副作用などは一切心配する必要はないと言われています。

ホルモンクリームはコスパも効果も抜群!

ホルモンクリームとは、その名の通り女性ホルモンである「エチニルエストラジオール」が配合されたクリームです。このホルモンクリームは、美肌効果だけではなくムダ毛を減少する効果やバストアップ効果も期待することができるため、女性にとって万能なクリームであると言われています。

また、ホルモンクリームは価格も安く、コストパフォーマンスにも優れている商品です。ロングセラー商品でもあり、安全性も高いクリームであるため、美肌を目指している人は一度試してみる価値のある商品であると言えるでしょう。ただし、使用用途が異なるホルモンクリームも中にはあるため、購入の際にはきちんと用途を確認するようにしましょう。

スポンサーリンク