男性も女性もクールにキメルなら?リーゼントでおしゃれヘアに挑戦♡

スポンサーリンク

リーゼントは、男性だけでなく女性もイメチェンをするためにリーゼント風の髪型をしてみたりするかたが増えているようです。意外と知られていないリーゼントについての解説や、男女おすすめリーゼントスタイルもご紹介!そして、リーゼントのヘアアレンジには欠かせないといわれる、おすすめのポマードやワックスなどもご紹介していきます。

男女別リーゼントヘアのやり方

リーゼントヘアは、昔は男性のなかで人気のあるヘアスタイルでもありましたが、ここ数年ポンパドールなども流行ってきたせいか女性もリーゼントでクールに決めるヘアアレンジも人気上昇しているようです。リーゼントについて、意外と知られていなかったことや男女別リーゼントヘアのやり方なども一緒にご紹介していきます。

スポンサーリンク

リーゼントについて

リーゼントは、昔から耳にする言葉だと思いますが、実際いつ頃から流行しているヘアアレンジなのかも気になります。そして、意外と知られていないリーゼントはどの部分のところを指すのかも聞いて驚かれるかたもいらっしゃるようです。そんなリーゼントについて詳しくご説明していきます。

リーゼントとは

リーゼント(Regent Style)とは、ヘアワックスやポマード等のスタイリング剤を使って、両側頭部から髪をなでつけるように後頭部でIの字型にピッタリとあわせるヘアスタイルの一種といわれています。

かつらリーゼントも通販などでも販売しており、日本人のミュージシャンやパフォーマーにも人気といわれています。また、競馬ファンのかたは、リーゼントと聞いて、最近では競馬の競走馬であるリーゼントブルースを想像されるかたもいらっしゃるようです。

リーゼントは側頭部を指す

リーゼントは和製英語ともいわれており、語源は、イギリスのロンドンのウエストエンド地区にある、左右双子の大通りといわれる「Regent Street(リージェントストリート)」が由来といわれています。リーゼントは側頭部を指し、サイドをなでつけて後ろでピッタリと合わせるのを指します。

日本では、リーゼントと前髪を高くしたヘアスタイルのことと理解しているかたが多いようですが、これは誤解のようで、前髪を高くした髪型は、皆さんもご存知のポンパドールと呼ぶのが正しいといわれています。ポンプやクイッフとも呼ばれているようです。

前髪を高くして側頭部をなでつけダックテイルを作るとリーゼントの変形になるといわれています。これが、エルヴィス・プレスリーが流行らしたといわれるスタイルでもあるようです。

リーゼントの部位ごとの名前

リーゼントも部位ごとに名前がついていて、フラットトップ、サイドバック、ダックテイルの3つに分かれるようです。それでは、早速リーゼントのそれぞれの部位について、詳しくみていきましょう。

フラットトップ

フラットトップは、アメリカンフラットトップとも呼ばれており、50年代当時にあったといわれる、サマーシーズンに人気のリーゼントのようです。上部はフラットに刈り込んで、サイドは、リーゼント同様の後ろへなでつけるようになっています。

サイドバック

サイドバックは、横分けリーゼントサイドバックといわれることも多いようです。皆さんもご存知と思われるオールバックは、髪を全て後ろに撫でつけますよね?それに対して、サイドバックは、横の髪をバックへ撫でつけるためサイドバックと呼ばれているようです。

ダックテイル

続いてダックテイルは、アヒルを指すダックに、シッポを指すテイルが組み合わさった名前で、アヒルのシッポに似ていることから、ダックテイルと名付けられたスタイルになります。横からなでつけた髪が、後頭部の中央にて交差すると、アヒルのシッポに似たかたちになることから、ダックテイルと名付けられたようです。

スポンサーリンク

男性のリーゼントの種類

ロカビリーやオールディーズを好む男性にもリーゼントをされているかたが多いといわれますが、リーゼントの種類も豊富のようです。男性のリーゼントでよくみられるハワイアンリーゼント、クイッフリーゼント、七三リーゼント、ソフトリーゼント、ツーブロックリーゼントをみていきましょう。

ハワイアンリーゼント

ハワイアンリーゼントは、おすすめのメンズカットともいわれており、トップを真っ平にするスタイルで、サイドはポマードやグリースなどでピッタリとなでつけます。後頭部は、ダックテイルで決めるのが良いそうです。ちなみに、ポマードは油性を使うとテカり具合も良く固まりかたも、いい感じに仕上がるそうです。

クイッフリーゼント

クイッフリーゼントは、元のリーゼントのかたちを崩したリーゼントのスタイルです。クイッフとは、英国でフラットトップやモヒカン刈り系のポンパドールに近いスタイルのことをいいます。

七三リーゼント

七三リーゼントは、おしゃれ七三ともいわれているようです。リーゼントを横に流したスタイルになります。

1.まず、全体にワックスをつけて後ろに流していく感じにします。そして、コームを使って七三にわけます。

2.分け目が付いたら、クシをつかってドライヤーをあてていき、横に向かって髪を流していきます。ドライヤーをあてるとき、分け目付近を主に当てていくと良いそうです。

3.髪が横を向いたら、前髪を立ち上げていきながらドライヤーを当てていきます。前髪が出来たらサイドを整えていきます。

4.サイドの際は、ブラシで後ろに流していきながらドライヤーを当てて整えていきます。

5.次に、ワックスで全体の髪を整えていきます。

6.そして、コームを使って前髪の部分や全体の毛のかたちを整えて完成です。

※前髪の高さは、眉間からアゴの長さと眉間から前髪のトップの高さまでが同じ長さになるのを意識して作るとバランスの良い七三リーゼントが完成されるようです。

ソフトリーゼント

ソフトリーゼントは、旦那さんやパートナーのオフの日にスタイリングしてあげるのもおすすめなリーゼントです。ハードスプレーとハードワックスで仕上げていくのがポイントです。ふわっと前から乾かすようにして、トップを巻き込むような感じでシルエットを整えていきます。

シルエットを作るときは、後ろから作っていくと綺麗なシルエットができるといわれています。最後は、ハードワックスとハードスプレーを使ってビシっとなでつけていくのがポイントです。トップはふんわり丸い感じで崩れた感じでクールに決めるのもありのようです。

ツーブロックリーゼント

ツーブロックリーゼントは、ハードスプレーとハードジェルを使って仕上げます。まず、ハードジェルを2回にわけて髪につけて、オールバックにするイメージで髪を整えていきます。その後に、コームで9:1くらいの割合で、しっかりわけて髪はコームで後ろに流していきます。

この時に、前は少しボリューム感を出す感じでコームを入れていき形が出来たら、ハードスプレーを全体にかけて次にドライヤー(あったかい方の風で)コームをいれながら入れていきます。ハードジェルを使っているときは、冷風ではなく熱風のほうが良いそうです。海外セレブも結構このスタイルをやっているかたが多いようです。

リーゼントのセット方法

リーゼントのセット方法を、ここでご紹介していきたいと思います。普段からクールにリーゼントをセットできるようになれば、オンもオフもプロ級になるでしょう。旦那さんやパートナーへの思いやりで、優しく髪をとかしてあげて、リーゼントにセットしてあげたりするのも素敵なサプライズになるかもしれません。

用意するもの

リーゼントの基本ともいわれるスタイリング剤は、断然ポマードといわれています。ポマードも水性と油性がありますが、リーゼントには油性のポマードがおすすめです。雨にも強いといわれており、崩れにくいです。逆に水性ポマードは、シャンプーするのが油性にくらべて楽なところがあります。

あと、最後に形を崩れないようにスーパーハードスプレーも用意しておくと良いでしょう。最近はグリース(早くいえば、現代版のポマード)も多く出ているので、そちらを使うのもありかもしれません。あとは、クシやコームとドライヤーも用意しておきましょう。

ドライヤーやアイロンをあてる

まず、シャンプーの後にタオルで髪を軽くふきます。その後、ドライヤーで髪を乾かしてカールアイロンをあててボリュームを出すのもありのようです。

整髪料を塗る

髪がある程度乾いたら、両サイドの毛を後頭部に向かって手ぐしで整えていきながらポマードやグリースを塗っていきます。そして、クシを使って水平になでつけるイメージで形を整えていきましょう。トップの髪に関しては、全体的に前方に持っていく感じで、立たせていきます。

立ち上げた髪は、センターに寄せるような感じで整えていき、トップのサイド側は、オールバックにするイメージで形を整えていきましょう。前髪も前方に持っていく感じで、手ぐしで立ち上げてボリュームを出すように整えてクシで仕上げていきます。髪の流れは、オールバックの方向に整えていく感じです。

クシで整える

最後にクシで全体を整えて、ヘアスプレーを吹きかけて崩れない様にしましょう。ヘアスプレーがない場合は、クシを携帯し、崩れたらササッと髪をクシで整えるなどしてクールなリーゼントで終日いられるようにするのもポイントのひとつのようです。

リーゼントパーマについて

リーゼントパーマは、リーゼントを作りやすくパーマをあてることでリーゼントスタイルをキープできるパーマのようです。リーゼントパーマにも種類があるようで、作り方なども一緒にご紹介していきます。

リーゼントパーマとは

リーゼントパーマには、種類もあるようで、リーゼントをしやすくするように導いてくれたり、トップの部分を内側に巻く感じのリーゼントパーマをあてるかたもいらっしゃるようです。

種類

リーゼントパーマは、アイパーやアイロンパーマで形を作ってセットしやすく出来るようです。アイパーは、パーマ剤を使って仕上げる一般的なパーマに、熱による形状記憶を加えたホットパーマの一種でもあるといわれています。平型のアイロンや平ゴテを使用し、髪にウェーブやカールのクセをつけずにストレートの髪をオールバック風にぐるっとまげる感じのパーマのようです。

七三リーゼントなどにも使われるパーマのようです。アイロンパーマは、円形アイロンや多角形アイロンを使用して、髪にウェーブやカールをつけていくパーマです。

アイパーの作り方

ここで、リーゼントパーマの代表とも呼ばれているアイパーの作り方を簡単にご説明していきます。

「アイパーの作り方」…

1.カットやシャンプーをします。

2.パーマ液の1剤を塗ります。

3.パーマ液の1剤が髪に浸透したのを確認したら、洗い流してドライヤーで乾かします。

4.平らなコテやアイロンを使って髪をストレートのまま曲線的なクセをつけていきます。

5.パーマのかかり具合を確認しましょう。

6.パーマ剤の2液を塗って放置します。

7.パーマ液の2剤を洗い流します。

8.最後にトリートメントをして、スタイリングして完成です。

リーゼント風ポンパとは

リーゼント風ポンパは、女の子におすすめのヘアアレンジでもあり、芸能人の方達もリーゼント風ポンパをしているかたが多いようです。メリットもいっぱいなので、ご紹介していきます。

女の子におすすめ

リーゼント風ポンパは、クールに決める女の子におすすめのスタイルです。前髪を伸ばしかけというかたも、リーゼント風ポンパにして、伸ばしかけの前髪をうまく利用しているかたもいらっしゃるようです。たまにイメチェンしたいというかたも、額を思い切り出して、気分転換にもなります。

メリット

リーゼント風ポンパのメリットは、いっぱいです。どんなメリットがあるかというと、まず伸びてきた前髪が邪魔にならずに視界も良好になるということです。そして、のぞく額が可愛い印象をアピール出来て、ヘアピンを効果的に使えるのもメリットのひとつといわれています。

大人女子がするからこそ、女性らしさを醸し出しつつキュートさも出せるのでモテ髪スタイルが完成しちゃうのもリーゼント風ポンパのメリットのようです。小顔効果があるといわれるのもポイントです。リーゼントは、視線が上に行くことから、顔が小さく見える効果があるといわれています。丸顔のかたには特におすすめのスタイルのようです。

リーゼント風ポンパのやり方

リーゼント風ポンパのやり方をここでご紹介していきます。ちょっとした気分転換に是非お試ししてみてはいかがでしょうか。たまには、いつもと違う自分をアピールしたいというかたも、是非このリーゼント風ポンパで周りよりも一歩先ゆくスタイルを確立しちゃってください。知的に見えながらも、色気もアピールできる魔法のヘアアレンジと言っても過言じゃないでしょう。

用意するもの

まず以下のものを用意しましょう。

●ヘアピン(多めに用意しておいたほうが良いかもしれません)
●ホットカーラー、またはマジックカーラー
●クシ
●ヘアスプレー(崩れにくくするには、ハードタイプがおすすめ)
●ワックス

基本のやり方

1.前髪を取ってホットカーラーやマジックカーラーで後ろに巻いていきます。

2・カールがつくまでしばらく放置し、カールがついたら、カーラーを取り外して逆毛を立てていきます。根元にたまるように逆毛をたてましょう。

3.逆毛をくずさないように正面だけクシを入れて後ろに持っていき毛先をねじりピンで止めます。後ろから前にさす感じで止めていきます。

4.次に、サイドを後ろにワックスでなでつけるように持っていき、後ろで軽くねじってピンでとめます。これを両サイドやっていきます。

5.髪の長さにも寄りますが、ボブのかたは、サイドを何個かにブロッキングしてねじって後ろに止める工程を繰り返してやっていくとキリっとしたイメージになるようです。

6.最後にハードスプレーをかけて完成です。

左右に割れてしまう場合

リーゼント風ポンパが左右に割れてしまうかたは、そのクセをなくすことが大切です。左右に割れてしまうかたは、ポンパドールを作る前に、以下の工程をためすと良いでしょう。

1.乾いた前髪の根元を霧吹きなどで濡らしていきます。

2.ブラシやコームで濡らした部分をしっかりととかして馴染ませます。この時に、左右の分け目を失くしておくと良いでしょう。

3.ドライヤーで、分け目がなくなる様に、センターに前髪を集める感じで左右からドライヤーをあててブローをしていくとクセがとれます。

うまく立ち上がらない場合

巻く時にマジックカーラーではなく、ホットカーラーを使うようにするとボリュームも出やすくなるようです。ホットカーラーを巻いてからは、約1分は置くようにしましょう。ホットカーラーをお持ちでないかたは、コテを使うのもありですが、根元を立ち上げるためには、やはりホットカーラーがベストといわれています。

うまく止められない場合

ピンをうまく止められないというかたは、ピンを止める時に、平行に差し入れるのを意識して止めると上手く出来るといわれています。ねじった部分の最後の部分の端っこと土台の髪の毛を挟んで、ねじった部分に差し入れます。

ピンは1本でも十分というくらい、止め方で決まるようです。心配な場合は、ピンで止めた上からスプレーをかけておくと崩れの防止にもつながるようです。逆に、ピンをさす前に先にスプレーをかけておくとピンを止めやすいともいわれています。

ウィッグでのやり方

ウィッグでのリーゼント風ポンパのやり方もご紹介していきます。ウィッグでのヘアアレンジは、特に前髪と襟足がポイントといわれています。根元が見えてしまって、いかにもウィッグですといった感じになってしまうようなので、それを避けるためにも、襟足の毛を残しておくれ毛でごまかすという方法や、前髪はがっちりと固めずにふんわりポンパでアレンジすると良いと言われています。

ロングのウィッグをかぶるかたは、後ろ髪を全体に軽く巻いていくと良いでしょう。ロングレイヤーウィッグでリーゼント風ポンパを作る場合は、つむじの分け目がみえないようにトップ付近の前髪の根元に逆毛を立てて後ろに流していきます。コームもプリンプコームなどウィッグ専用に使えるコームなどを使用すると仕上がりも違うといわれています。

1.前髪部分をしっかりコーミングして整えます。毛先をまとめて片手で毛先を持ち、前髪をしっかり固定したまま根元にひたすら逆毛をたてます。ウルフベースウィッグのようなフカシを作るのがポイントです。

2.次に、逆毛がくずれないように引っ張らずにそっと持ち上げます。

3.毛先を後ろに流していき、スプレーで整え固定していきます。遠くからふんわりスプレーをかけてあげる感じでスプレーをしましょう。最初のフカシの作業をすることで、おでこを出したスタイルでも「ウィッグかぶってます感」があまりでないといわれています。

女性向けリーゼントヘア

ショート、ボブ、ミディアム、ロングと、幅広くリーゼントヘアは活用できるようです。ここでは、女性向けのおすすめリーゼントヘアをご紹介していきます。長さ別で、それぞれの魅力をリーゼントで出せるヘアスタイルなので、リーゼントヘアにご興味あるかたは、是非参考にしてみてください。

ショート

ショートのかたにおすすめのリーゼントヘアは、モード感もでるリーゼント風夜会巻きヘアです。結ぶことのできないショートでも、髪の流れを大胆に変えていくことがこのスタイルで叶えられるようです。

全体を巻いて、トップを残したまま、サイドから後ろにかけてゆるめの夜会巻きを作っていき、残ったトップは、軽く逆毛を立てて高さを出しながらリーゼント風ポンパを作るイメージでつくり、全体のバランスをみながら後ろへ流していきます。

クリスタルなどがついたオシャレなUピンを使ってアレンジしていくとクールさのなかにも女性らしさもかもしだせるスタイルになります。

ボブ

ボブのかたは、カールをつけて整えるだけで女性らしいリーゼントヘアが完成するソフトモヒカン風のリーゼントヘアがおすすめといわれています。全体てきに大き目のカールをつけて、モヒカンを作るようなイメージでセンターに集めていき、高さを出していくスタイルです。

ボリュームたっぷりで風になびくような軽やかさも魅力的です。カラーもトーンが明るめのブラウン系を入れると良いでしょう。アレンジの仕方も、簡単に説明しておきます。

1.細かく髪をブロッキングしてアイロンで根元までカールをつけていきます。顔周りはリバースで、それ以外は、ランダムでオッケーです。

2.1番の工程でつけたカールを解しながら、モヒカンを作るイメージで真ん中に集めていきましょう。

3.えり足の飛び出た部分に関しては、ピンで数ヶ所留めます。

4.最後にスプレーで全体を固めて、毛束を調整して仕上げに飾りピンをつけて完成です。

とても無造作な感じですが、しっかり女性らしさも残るスタイルでもあります。

ミディアム

ミディアムのかたにおすすめのリーゼントヘアは、ゆるふわリーゼントがおすすめです。パーティーにもおすすめのヘアスタイルで、とてもアレンジも簡単です。

リーゼント風に再度はタイトに仕上げてバックはルーズに緩やかなカールで仕上げ、前髪はポンパドールにして完成です。あとは、オフの日におすすめのチョットしたイメチェンにもなる、逆毛ポニーテールで作る簡単リーゼントミディアムアレンジもご紹介しておきます。

1.高めの位置で前髪もアップにしてポニーテールを作っていきます。

2.顔周りでかかるように、ターバンをつけます。

3.コームを使って、毛束の中間から根元に向かってポニーテールした部分の逆毛を立てていきます。

4.逆毛を立てたら、毛先を前に持ってきてUピンでターバンに固定します。逆毛をたてた毛先は、しっかり前に持ってこないと、お団子ヘアに見えてしまうため、リーゼントじゃなくなってしまうので、しっかり前に毛先を持ってくるように意識しましょう。

5.その後に、ハードスプレーをかけて崩れない様にキープします。

ロング

ロングは、オフィスでも、お仕事オフの日でも使えるロングポンパドールフェミカジリーゼントヘアがおすすめです。

1.まず、トップから黒目の三角形ベースを意識して前髪を黒目の幅でわけていきます。

2.次に、前髪の内側部分に、軽く逆毛をたてていきます。中間から根元にむかってコームを下ろしていくイメージで逆毛を立てていきましょう。

3.逆毛を立てたら、毛束をお好みの方向にねじって1回転させます。

4.ねじった毛束を少しだけ前に押し出していき、ふんわり感をだしてポンパドールを作ります。ねじった毛先をアメピンで固定しましょう。

5.次に毛束をつまんで少し引き出してルーズな雰囲気にしながら整えていきます。

6.最後に崩れなどを防ぎたい場合は、スプレーをかけてあげると良いでしょう。

シンプルなリーゼントヘアですが、オフィスにもオフにも使えるので、ちょっとしたイメチェンを狙いたいときにも、おすすめのヘアスタイルでしょう。

リーゼントおすすめ整髪料

リーゼントは、整髪料なしでは語れないと言っても過言じゃないといわれています。ここでは、リーゼントにおすすめの整髪料をご紹介していきます。旦那さんやパートナーや女性のかたも一緒に使ってリーゼントのヘアアレンジを是非楽しんでみてはいかがでしょうか。

カネボウ バルカン ポマード

「カネボウ バルカン ポマード」は、旦那さんやパートナーにおすすめのポマードになります。ヨーロッパの気品と伝統をイメージして作られた香りが、男らしさを引き立ててくれるポマードといわれています。

クールグリース G

「クールグリース G」は、男女兼用で使えて、人気の現代版ポマードのような感じのスタイリング剤になります。ライムの香りで、髪が固めのかたでもしっかりセットが叶えられ、ウェット感を強調したいかたにはおすすめです。

ウェット感たっぷりのリーゼントヘアなら、「クールグリース G」で注目を浴びちゃいましょう。水溶性なので、シャンプーで簡単に洗髪できるのも人気の理由のひとつといわれています。

スターワックス プレミアムポマード

「スターワックス プレミアムポマード」は、海外のブランドで滑らかな手触りが特徴とされています。レッド、クリスタル、クレイ、タフィーの4色で展開されています。

見た目も楽しめるのでドキドキしながらヘアアレンジが出来るでしょう。とても高級なポマードでありますが、高品質なので、ポマードを使われる旦那さんやパートナーへのプレゼントにもおすすめです。

資生堂 ブラバスブリランチン

「資生堂 ブラバスブリランチン」は、きっちりと髪をまとめてくれるポマードです。植物性のポマードで、髪をしなやかにきめてくれます。香りは、爽やかな柑橘系の香りです。

資生堂からのポマードは、あまり知られていないといわれており、隠れた名作とも言われているようなので要チェックです。とてもハードなキープ力で終日リーゼントスタイルをキープできるでしょう。

ウエラ セバスティアン クラフトクレイ

「ウエラ セバスティアン クラフトクレイ」は、ドイツうまれのヘアブランドのウエラで、長年多くの皆様に愛用されているブランドでもあります。ウエラは、女性をターゲットにした商品を主に展開しているといわれています。

この「ウエラ セバスティアン クラフトクレイ」も女性向けに生産されたといわれるポマードで、頭皮に優しくマットな質感でベタベタしない仕上がりになります。何度でもスタイルを作り直すことができるのも人気の理由のひとつでしょう。

ロレッタ ハードゼリー

「ロレッタ ハードゼリー」は、みずみすしい質感ながらも、ハードにセットしてくれて、長い時間スタイルをキープしてくれます。ロレッタは、美容師やヘアメイクさんたちなど、プロも納得するといわれる内容で支持率も高いようです。

ツヤ感のある髪質に仕上げて、スタイルをしっかり固めることができます。ポマードのなかでもトップを行くといっても過言じゃない商品といわれています。

アリミノ スパイスネオ グリースワックス

「アリミノ スパイスネオ グリースワックス」は、フルーティーな香りが魅力のスタイリング剤で、程よくスタイルをキープしてくれます。

セットした後も、動かしやすいため、少しスタイルを変えたいという場合も操作性があるため楽にチェンジ出来るでしょう。アリミノは、どちらかというとメンズに人気の整髪料ブランドといわれていますが、女性も使っているかたもいらっしゃるようです。

リーゼントで、今日からクールビューティー

リーゼントは、1950年代から根強く人気のスタイルで、時代によってリーゼントのスタイルも変わりつつありながらも、基本といわれるリーゼントも現代でも人気のようです。

女性もクールに装うなら、リーゼントスタイルでかっこよく決めてオフィスには、ナチュラルながらもリーゼント風ポンパでイメチェンを狙うのも良いでしょう。リーゼントで、クールビューティーを今日から始めてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク