ダイエットにフルーツが最適!効果的な摂り方をご紹介します。

スポンサーリンク

よくダイエットに効果があるとして果物が紹介されていますよね。ですが、試してみてもあんまり効果が実感できないという人もいることでしょう。実はこのフルーツダイエットには成功させる秘訣があったんです。その方法や注意点をご紹介していきます!

効果が出るフルーツダイエットの方法とは

食べ物を食べて痩せるなんて言うと、誰だって鼻で笑うことでしょう。でも、実は今人気のダイエット法に食べて痩せるものがあるんです!

それがフルーツダイエットです!これは朝、フルーツを食べるだけで痩せると話題なんです。きっと一度は耳にしたことがある人もいるのではないでしょうか。

このフルーツダイエットは、やり方や食べる組み合わせなど、注意点を守れば効果が出ると言われています。そこで今回は効果が出るフルーツダイエットの方法などをご紹介致します!

スポンサーリンク

フルーツダイエットとその効果

フルーツダイエットをするには最適な時間が存在します!それが一日の始まり朝食なんです!朝食をすべてフルーツに変えることで無理なく簡単にダイエット効果が期待できると言われています。

早速その方法を見ていきましょう!

朝食をフルーツに置き換える

このフルーツダイエットは特別なことや手順は一切ありません。ただ一つ、朝食をフルーツにするということだけ守ればOKです。

それだけで痩せるの?と疑問に思われるかもしれませんが、朝食をフルーツにすることで、普通に朝食を食べるよりも摂取カロリーが減ります。それを毎日繰り返していれば、一日の摂取カロリーが自然と減るためダイエットに繋がるということです。

そもそも果物は豊富な栄養に加え、水分量も多いので満腹感を得やすい食べ物です。さらに食物繊維も多いため、お腹にも優しいのがフルーツダイエットのメリットです。

ドリンクにしても効果的

そもそも朝ごはんはそんなに食べないんだけど…という方は、ドリンクにしてみてはいかがでしょう?フルーツジュースでもいいですし、フルーツスムージーにしてもOKです。はたまた、青汁と合わせてフルーツ青汁にすると減量効果があがるとも言われています。

フルーツを生ジュースにして飲むのは、そのフルーツを摂取しやすくなるので朝、食欲がわかない人にオススメです。ここで大切なのが生のフルーツを自分でジュースにすることです。

生だからこそ、フルーツに含まれた酵素やビタミン、食物繊維を摂取できます。特に酵素は熱に弱く、市販のものでは壊れてしまっていて摂取できないことも珍しくありません。

熱処理せずに生のものをジュースにすることで、ダイエットに効果的な酵素や栄養素を効果的に摂取できるのです。

健康的に痩せられる

フルーツダイエットは健康的に痩せられます。それは生のフルーツに多く含まれる酵素やビタミン、食物繊維のおかげなんです!

まずフルーツに含まれる酵素には毒素を排出する効果があります。人の身体が老廃物などを排出する時間は朝からお昼が一番活発だとされています。そのスタートがちょうど朝起きて空腹になっている時なのです。

そのため、排出を開始するタイミングでフルーツを食べて、毒素を排出する酵素やお通じに効果的な食物繊維を摂取することで、より効果的に老廃物の排出が行われるようにできるのです。さらに果物に含まれる果糖やブドウ糖は、朝に食べることで脳の活性化などのエネルギー源として消費されますし、フルーツに含まれるビタミンは美肌を作るのには欠かせません。

このようにフルーツダイエットをすると、健康的にダイエットができるのです。

効果が出るフルーツダイエットの方法

フルーツダイエットはただフルーツを食べているだけでは、あまり効果が期待できません。フルーツダイエットにはいくつかの決まりごとがあります。その決まり事を守って、美味しく効果的にダイエットをしていきましょう。

常温で生のフルーツを食べる

ちゃんと食べながら痩せられるフルーツダイエットは魅力的ですが、効果的に行わなければ効果を実感しにくくなっています。そこで、効果が出るフルーツダイエットの方法をご紹介していきます!

まず大切なのが常温で生のフルーツを食べることです。生のフルーツに含まれる酵素などは加熱処理を行うと失われてしまいますし、冷やすと身体を冷やしてしまい血液の流れを悪くしてしまいます。鉄則として生で常温のフルーツを食べることが大切です。

次に、このダイエットに向いているフルーツがあります。それが水分を多く含んだフルーツです。例えば、りんごやみかん、モモやキウイ、ブドウなどがオススメです。

また出来る限り一日一種類ずつ食べるほうが、その果物の酵素を取り込みやすくなります。もし物足りないという人は、3種類程度に留めておきましょう。そして食べる組み合わせ、ジュースにする組み合わせも、甘いものは甘いもの同士で、酸味の強いものは酸味の強い物同士を合わせて食べるようにしていくのがいいとされています。

胃が空っぽの状態で食べる

フルーツダイエットでは、起きてフルーツを食べるまでに、水を飲んだり何か他の食べ物を食べたりしないようにしましょう。胃が空っぽの所にフルーツをいれることで、身体はフルーツの消化と吸収を始めます。ここにもし他の食べ物が入ってしまうと、そちらの消化、吸収に力を使ってしまい効果が薄れてしまうのです。

また寝る直後に食事をすると、それが起きても胃に残った状態になってしまうので、夕食の時間も、寝る数時間前に済ましてしまうのが健康にもフルーツダイエットにもオススメです。

飲むものは水のみ

老廃物を排出するデトックス効果が活発な午前中にフルーツを食べることで、そのデトックス効果を手助けしダイエットにつなげていきます。そこにコーヒーやお茶などを摂取してしまうと、その効果が薄れていまいます。

そのため、フルーツダイエット中の水分補給は水やミネラルウォーターだけにしておきましょう。お昼ごはんを食べるまでは、水だけで過ごすのがオススメです。

間食もフルーツに

朝ごはんをフルーツだけにしてしまうと、どうしてもお昼ごはんまでにお腹が空いてしまいますよね。そこで間食にお菓子やパンを食べたりしてしまうと、せっかくのフルーツダイエットの効果がなくなってしまいます。

そこで、間食もフルーツにしましょう。みかんやイチゴなど軽く食べられて水分の多いものや比較的腹持ちのいいバナナなどを食べるといいでしょう。ただし、食べ過ぎないように注意しましょう。

他の物と一緒に食べない

ご飯やパンなど、普通の朝ごはんを食べたあとにデザート感覚でフルーツを食べてもダイエット効果は期待できません。大切なのは、フルーツを朝食にすることです。水分量も多いため、満腹感も感じることができますし、フルーツだけの食事は朝だけなので健康にも問題ありません。

ですが、どうしても食べ足りない、物足りないという方は野菜やヨーグルトを合わせて食べるのもいいでしょう。食べた時の満足感が増しますし、野菜なら食物繊維をヨーグルトなら善玉菌を摂取することで腸内環境を整え、デトックス効果の手助けが期待できます。

スポンサーリンク

フルーツダイエットの注意点

効果的な方法の他にフルーツダイエットの注意点も存在します。調理加工したものはNG、食べ過ぎもNG、缶詰もNGです。これらがなぜすべてNGなのかを一緒に見ていきましょう。

調理や加工したものはNG

何度か言いましたが、朝のフルーツダイエットでは市販されているフルーツ缶やフルーツジュースを使うことはできません。加熱されることで、酵素が失われるためです。

じゃあ加熱せずに干して作ったドライフルーツはどうかというと、量に対しカロリーが高くなるのがドライフルーツですし、せっかくの水分を失ってしまうため、朝のフルーツダイエットにはオススメできません。また、市販されているフルーツグラノーラやフルーツゼリーもカロリー自体は低くなっているかもしれませんが、糖分が多くフルーツダイエットに使うことはできないので注意しましょう。

食べるタイミングと食べ過ぎ

フルーツダイエットに重要な点は、食べるタイミングと量です。まず食べるのは絶対に朝です。

朝ごはんの代わりにフルーツを食べるようにするのがフルーツダイエットです。胃が空っぽの状態でないとイマイチ効果を実感できなくなるので、朝一番にフルーツをお腹にいれなくてはいけないのです。

さらに、食べる量にも気をつけましょう。ついついお腹いっぱいまで食べてしまうと、太りにくいフルーツでも太る原因になってしまいます。

腹八分目はダイエットの鉄則ですので、フルーツダイエットでも守るように頑張りましょう。間食も食べ過ぎ注意ですよ!

缶詰は糖分が高いので避ける

最後の注意点として、缶詰のフルーツを朝に食べるのはヤメましょう。缶詰のフルーツは美味しくて、つい食べたくなってしまいますよね。ですが、その美味しさはシロップによるものです。そしてそのシロップにはかなりの糖分が含まれています。

甘くて美味しい分、ダイエットには不向きですので、しっかり生のフルーツで朝のフルーツダイエットを行いましょうね。

夜のフルーツダイエットはNG!

朝ごはんではなく夕飯をフルーツに変えちゃダメなの?と思われる方もいらっしゃいますよね。できれば朝に置き換えることをオススメします。夕飯をフルーツに変えてもダイエット効果はあまり期待できません。その理由についてご説明致します。

果糖は脂肪に変わりやすい

人の身体は夕方から段々とエネルギー消費が落ちていきます。使うエネルギーが減る分食べた物はそのまま脂肪へと変化しやすくなっています。

フルーツに含まれる果糖は中性脂肪に変化しやすいという特徴があるとされています。そのため、朝なら脳を起こすため、すぐに素早く吸収され消費されていく果糖が、夜では中性脂肪に変化されてしまうのです。また、夜には血糖値も上がりやすいのが人の身体ですので、夜よりも朝が推奨されています。

どうしても夜にフルーツを食べたい!という方は、夜に食べても太りにくいフルーツを食べましょう!
いよかんやりんご、キウイ、バナナなどは水分を多く含んでおり、消化されやすいためにオススメです!

ただし、睡眠の2時間前までに食べるようにしておきましょう。

朝のフルーツダイエットで健康的に痩せよう

フルーツダイエットをするには、朝食をフルーツに切り替えることが一番です!食べ過ぎてしまわなければ、特に難しいこともなく、ただ毎日食べるだけでいいのでお手軽ですよね。

常温で生のフルーツは、身体にもダイエットにも非常にいい食べ物です。継続していくことで、身体を健康にしながらダイエットも成功させていきましょう!

スポンサーリンク