小さな頭ってバカにされた!3つの裏ワザを使えばモデル級に大変身♪

スポンサーリンク

小顔に憧れる女性の声はよく聞きますし、頭が小さいということはそれだけでうらやましがられることが多いです。ですが、人より頭が小さいと日常生活で不便に感じたり、偏ったイメージで見られることもあったりと、100%得とは言い切れないのです。そんな頭が小さい人が人知れず抱える悩みを明らかにし、頭が小さい人向けのおすすめの日常アイテムの選び方なども紹介したいと思います。

頭が小さいって、また言われちゃったけど…

小顔がもてはやされる風潮って、根強く続いてますね。人より頭が小さい人が「スタイル良さそう」「写真を撮るとき、一緒に並んでほしくない」などと声をかけられる場面もよくありますが、当の本人は人知れず困ることもあったりするようです。

「みんなにうらやましがられる小顔を手に入れているのに、何で?」「贅沢な悩み」と思われる人もいるかもしれませんが、そもそも頭が小さいことが一方的に得だとは言い切れない部分もあるのです。例えば、頭が小さいことで偏見を受けたり、日常生活で困る場面もあったり…。

悩みの大小は当人の感じ方にもよるかもしれませんが、ともあれ頭が小さいなりに損なポイントも存在するようなのです。そこで、頭が小さい人の特徴や、メリット・デメリットなどをまとめてみました。頭が小さいが故の不便さを払しょくさせるための日常生活で使うアイテムの選び方なども取り上げましたので、現在不便さを感じている人の参考にもなればと思います。

スポンサーリンク

頭が小さい人のイメージって?

そもそも、頭が小さいというのはどれぐらいのサイズのことを指すのでしょうか?その辺りの基準についても調べつつ、頭が小さい人に対するイメージについて、プラスとマイナスの両面を挙げてみます。

女性は頭囲54センチ以下

頭の大きさを示すサイズには頭の一番高いポイントから顎までの長さの「全頭高」、頭の横幅である「頭幅」、頭の周囲の長さの「頭囲」といった種類があります。

このうち、帽子のサイズを決める際に使われる頭囲で見ていくと、女性の平均は54・57センチとされており、54センチ以下だと小さいと言われます。一方で56センチ以上は大きいと言われるので、わずか2センチほどで大小の差がついてしまうということになります。ちなみに男性の場合は56センチ以下だと小さく、58センチ以上だと大きいとされています。

見た目で言えば、実際のサイズよりも身体全体の中での頭のサイズの占める割合が印象を決定づける場合もあります。例えば、同じ頭囲53センチでも、全体的に小柄な人と長身の人だと、長身の人の方が頭がより小さく見られがちと言えるでしょう。

ファッションモデルのようなイメージも!

小顔の有名人ときけば、ファッションモデルや女優、タレントを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。実際、一般人であっても頭が小さく長身の人は「モデルのような体型」と言われることが多いと思われます。一方、小顔で体つきも小柄な人に対しては「人形のように華奢」との言葉が当てはめられがちと言ええるのではないでしょうか。

ですので、頭が小さいいわゆる小顔の人のイメージと言えば、まずモデルのようにスラッとしていてスマートなものであったり、繊細で華奢な感じが挙げられます。

頭=脳のイメージだとマイナスに!

しかしながら、日本では「顔が小さい」というのは褒め言葉として定着していますが、海外の人に同じ言葉をかけても称賛の言葉として受けとられるとは限りません。というのは、海外の女性の場合は「顔が小さいね」と言われることを「頭が空っぽ」「脳みそが頭に入っていない」「頭が悪い」という風に感じられる場合があるようなのです。

先ほどは頭が小さい人に対するプラスのイメージを挙げてみましたが、一方で頭=脳みそというイメージで考えれば、確かに頭や顔が小さいと言われるのは、「何も考えていない」というニュアンスにつながってしまうかもしれません。日本でも、頭が小さい人に対してこのようなイメージや偏見を持つケースはあるようです。

頭が小さいと、こんなこともある

さて、「頭が小さい」ということについて、もう少し情報を広げて見ていきたいと思います。ここまで述べてきたのは主にイメージに関することでしたが、実際に頭が小さいということで、生活していく上で以下のような状況が発生する可能性もあります。

赤ちゃんの場合、検査することも

頭囲の小さい赤ちゃんの場合、もともと体つき全体が小柄であることや、栄養状態がよくなく、発育できていなくて身長や体重のほか、頭囲の伸びが遅いという場合が考えられます。しかし、それ以外に脳が大きくなっても頭蓋骨が大きくなれないというケースもあり、その場合は脳が圧迫されて異常が起きるのを防ぐため、手術で頭蓋骨の一部を切り取る手段をとる可能性も出てくるそうです。

また、染色体異常や胎児期のウイルス感染などにより、脳の発育・発達状態に問題があり、脳そのものが大きくなれない「小頭症」という病気もあります。小頭症にはけいれんや体の麻痺、知能の遅れなどの症状が伴うとされています。

頭の小さい赤ちゃんの場合、個人差の範囲内であれば特に心配ないと思われますが、それ以外に何らかの原因が考えられる場合は、検査や処置が必要となる可能性も出てくるということになります。

日常で困ることも

先ほど、頭が小さいことがマイナスのイメージにつながるケースについて触れましたが、そのほかにも顔が小さいことで、例えば実際よりも肩幅が広く見えるなど、身体が大柄に見られる可能性もあります。また、サイズに合う帽子が見つからない、マスクを着けると顔のかなりの部分が覆われてしまってうっとうしいなど、日常生活で困るポイントもあります。

どこまで困るかという程度については当人次第でもあり、小顔であることが外見上有利だと考えている場合は「少々の不便は気にしない」ととらえるかもしれませんし、反対に「帽子などのおしゃれを十分楽しめなくて損だ」と感じているケースも想定されます。

スポンサーリンク

不便解消のためのおすすめアレコレ!

頭が小さいとそれなりのデメリットも存在するということを述べてきましたが、ここからは小顔の人向けに、頭が小さいが故の不便さを解消できそうな手段を紹介していこうと思います。いずれも日常的な場面で大なり小なり困ったり迷ったりしたことのある事柄ではないでしょうか。少しでも参考になれば幸いです。

帽子はサイズ調節を試みる

先ほども触れましたが、頭の小さい人の悩みで大きなウエイトを占めるのが、「ちょうどよいサイズの帽子が見つからない」と言うことではないでしょうか。夏には紫外線対策のために帽子は重要なアイテムになるにもかかわらず、市販のものだと大きくて、被ってみると顔が大部分隠れてしまう…。

外見も不自然で下手したら不審な感じになる上に、帽子やキャップが大きすぎると視界の邪魔にもなりかねません。そこで、帽子を探す際には子供サイズのものを試してみるとか、帽子のサイズ調節テープなどを使って被りやすくさせるなどの手段があります。

専用テープ以外にも、ゴムひもなど身近に手に入りやすい素材を使ったり、詰め物をして帽子のサイズ調節ができる方法もあるようです。「デザインは気に入ったけど、サイズが大きい」と感じる帽子を見つけたら、店頭でサイズ調節について問い合わせてみるのが良いでしょう。

ちなみに、デザイン的には頭の小さい人はツバの短い帽子の方がバランス良く見られるそうです。また、寒さや風から頭部を守るため、冬にニット帽を被るケースも考えられますが、ニットのように伸縮性のある素材の場合、フィットしやすいためそこまで大きさを気にせずに済む可能性もあるようです。

似合った髪型を見つける

顔の形や大きさに合わせて髪型を決める人もいますが、頭の小さい人の場合、顔に対して髪のボリュームが強調して見える傾向があるようです。そこで、髪が多く見えるのを防ぐためにヘアスタイルをタイトにするという方法があるそうです。

反対に、髪のボリュームが少ないと、ますます顔の小ささが目立ってしまうケースもあり得ます。その場合は動きのあるヘアスタイルがおすすめとされます。

具体的な髪型としては、ショートカットやアップスタイルにすると頭のサイズはさらにはっきりと強調されます。これらの髪型を取り入れるかどうかは、顔が小さいことをチャームポイントとして生かしたいか、あるいはより目立たないようにしたいかという、本人の意図が大きくはたらくと思われます。

眼鏡はフレームを小さく!

よく、顔の形に対応した似合う眼鏡の形というのが挙げられますが、頭が小さい人に対しても例外ではありません。例えば、ただでさえ小顔の人が大きなサイズの眼鏡をかけると目立ってしまう上に、顔に対して眼鏡が大きいと、だらしない印象を与えてしまうと言われます。

ですので、顔のサイズが小さい人も、小さいなりに似合う眼鏡のタイプを知っておくと便利です。顔の小さい人に対しては、フレームは小さくレンズの縦幅がそれほどないタイプがおすすめとされています。その上で、丸みを帯びた形が良いとされています。また、眼鏡の横幅は、顔の幅より大きくならないように注意しましょう。

個性生かしたスタイルを確立!

いかがでしたか?一言に「頭が小さい」と言ってもさまざまな印象を持たれることもあり、さらに日常生活では不便さを抱えることもあるということで、意外と奥が深い部分が見えてきたかもしれませんね。

小顔の人でないと体感できない悩みもあるかと思いますが、帽子や眼鏡などのアイテムを選ぶ際に頭が小さい人なりにできる工夫もあるようですし、ファッションなどでも小顔を生かした見せ方もできます。頭が小さいことも個性の1つとして踏まえ、個性も生かしつつ自分らしさを発揮できるファッションやライフスタイルを確立していけると素敵ですね!

スポンサーリンク