石けんは肌にも環境にも優しい♡親子で作れる簡単な作り方もご紹介

スポンサーリンク

石けんって手を洗ったり身体を洗うものですが、詳しく説明しようと思うとイマイチよくわかりませんよね。石けんと合成洗剤の違いや今話題の石けんまで、石けんについて詳しくご紹介していきます。

石けんについて

日常的に使っている石けん、非常に身近なものですが、そもそも石けんってどういったものか知っていますか?例えば手を洗う石けんと洗濯や食器洗剤などは何がどう違うのでしょう?はたまた、石けんを手作りすることはできるのでしょうか?

そういった、ちょっとした石けんに対する疑問や話題の石けんなどなど、石けんについて詳しく掘り下げていきたいと思います!

スポンサーリンク

石けんって何?

普段から何気なく使っている石けん。実はこれは界面活性剤と呼ばれるものの一種なんです。あまり聞き慣れない界面活性剤という言葉。この界面活性剤や石けんと合成洗剤の違いなどについて、詳しくご紹介していきます!

界面活性剤の一種

石けんって何?と言われたら、手や体を洗うもの、綺麗にするものと答える人が多いのではないでしょうか。では、何故綺麗になるのでしょう?何故油が落ちるのでしょう?答えは、石けんは界面活性剤の一種だからです。

界面活性剤の界面とは混ざり合わない物質と物質の間に生まれる境界面のことを言います。わかりやすい例で言えば、水と油があります。水と油は混ざりません。つまり接した時に表面同士が反発しあっているんです。

この反発しあっている箇所、境界面の性質を界面活性剤は変化させ混ざり合うようにしてくれます。その結果、水と油のような混ざらない物質が界面活性剤の効果で混ざり合うようになるのです。

石けんは、こういった界面活性剤の一種で、他の種類と違いある程度汚れを取ると界面活性作用が下がるところにあります。そうすることで、必要以上に皮脂を取らないようできているため、手や身体を洗うのに重宝されています。

石けんと合成洗剤の違い

洗濯洗剤には石鹸と合成洗剤があります。この二つは何がどう違うのでしょう。どちらも洗剤という点は同じですが、いくつか違う点はあり、その違いは主に3つあります。

一つ目が、原料の違いです。石けんは基本的に動植物製の天然油脂から作られています。反対に合成洗剤は石油から作られた化学合成によって作られる洗剤です。

二つ目が、洗剤の構造です。石けんは水に溶ける部分が弱い酸でできています。これは水の硬度成分と結びつくことで界面活性剤の力を失っていくようにできています。そのため人や衣類、環境に優しいのです。対して、合成洗剤は水に溶ける部分が強い酸でできています。水の硬度成分と結合することが少なく、界面活性剤の力を失わないため、洗浄力が保たれる一方、人の肌や環境にはあまり優しくありません。

三つ目に、添加剤の違いです。石けんは、ほぼ石けんの働きを助けるアルカリ剤だけですが、合成洗剤はそれに加えて蛍光増白剤や分散剤、香料など、多数の添加剤が含まれています。

石けんの特性

石けんには様々な特性があります。

一番の特性は、石けんが薄まると汚れを手放すところです。手を洗っていても石けんの量よりも水のほうが多いと泡立たず、汚れも落ちなくなりますよね。あれは濃度が水によって薄まったために、汚れを手放すようになってしまっているためです。ただそのおかげで必要以上に皮脂などを落とさない特性も持っています。

次に、酸とミネラルに弱いという特性があります。石けんは酸性のものと混ざることで中和され、力を失っていきます。またミネラルの場合は、石けんと混ざることで金属石鹸(石鹸カス)に変化してしまいます。シャンプーなどで髪がごわつく原因はこのせいです。

そして最後に、冷水に溶けにくい特性があります。20度以上の温度であれば、脂肪酸が溶け始めるため、20度以上の水を使って洗うことでしっかり泡立つようになります。

石けんの種類

石けんの中にもいくつかの種類があります。例えば純せっけんなら、合成のものを使っていない天然素材の成分でできた石けんのことを指す。というように、それぞれの石けんにそれぞれの特徴があります。これらの特徴と名称を覚えて、石けんに詳しくなりましょう!

純石けん

石けんにもいくつか種類があります。そこでいくつかご紹介していきます!

まずは純石けんです。これは合成のものを使っていない石けんです。数字で言うと、98%以上の脂肪酸ナトリウムか脂肪酸カリウムで作られている石けんのことです。中には無添加であれば純石鹸という人もいますが、添加物がわずかながら入っている純石けんも存在するので、「無添加石けん=純石けん」というわけではありません。

逆性石けん

次に逆性石けんです。あまり聞き慣れないかもしれませんね。これは洗浄力はなく、殺菌に特化した石けんです。正確には陽イオン界面活性剤と言います。

この逆性石けんは洗浄力がないため、汚れを落とす目的では使えません。さらに汚れを落とす石けんや汚れと混ざることで殺菌効果が低下するという特徴も持っています。

使用目的は、主に消毒です。医療器具の消毒にもこの逆性石けんが使われていると言います。

洗濯用粉石けん

洗濯用粉石けんというものもあります。こちらも界面活性剤が脂肪酸ナトリウムか脂肪酸カリウムで作られた石けんで、合成洗剤とは違います。

粉末の合成洗剤も多くあるため、混同しがちですが、洗濯用粉石けんの場合、品名として石けんという文字がありますので、もし合成洗剤でなく石けんを使いたいという方は、そこをチェックしてみてください。

スポンサーリンク

話題の石鹸

石けんも今や数多くの石けんが販売されています!その中でも今話題になっている石けんをいくつかご紹介していきます!是非、興味を持った石けんがあれば試してみてくださいね。

ジャムウ石鹸

それではここからは今話題の石けんをご紹介していきます!

ひとつ目はジャムウ石けんです。このジャムウ石けんが何故話題なのかというと、デリケートゾーンのかゆみやカサカサ、黒ずみ、わきや足など気になるところのニオイを抑えるなど、女性の悩みを解消してくれる石けんだからです!

ちなみにジャムウとはインドネシアに伝わるハーブや植物の根などを調合した薬だそうです。このジャムウを取り入れたことで、様々なメリットがあります。

例えば、ジャムウ石けんに含まれるミョウバンには殺菌作用がありニオイの素になる雑菌を減らし、アンモニア臭などを抑えてくれますし、メラニンの生成を抑えるマグワ根葉エキスも含まれているため、黒ずみ効果を抑えてくれます!

ただこの石けんを使う際に注意点が一つ。デリケートゾーンというほどなので、本当にデリケートな部位です。ジャムウ石けんのようにデリケートゾーンに合わせて作られた石けんを使うのがベストなのですが、使い方を間違えれば、ジャムウ石けんでも悪化させる原因になります。

必ず守って欲しいのが、”表面のみを洗う”ということです。間違っても女性器の中まで石けんを使ってはいけません。このジャムウ石けんで中まで洗うとガンジタ膣炎を引き起こす可能性があります。膣内には必要な菌というものが存在しています。それらを洗い流してしまうことになるので、くれぐれも注意しましょう。

石けんシャンプー

石けんシャンプーというものがあります。これを使って洗髪することで地肌が清潔に保たれ、髪の環境がよくなると言われています。

ただし、いくつかコツがあり、それを守ることで石けんシャンプーができるようになります。まずは、十分な量の石けんを使うという事です。泡立ちが悪いように感じた場合は石けんを増やしていきましょう。お湯を足しながらしっかり泡立てていくのがまず一つ目のコツです。

次に、石けんシャンプーは髪ではなく頭皮を洗います。この時に普通のシャンプーでもそうですが、指の腹でマッサージをするように洗います。そうすることで、頭皮に出来た皮脂を落とすことができます。

洗い終えたらしっかりと洗い流しましょう。ぬるま湯を使うことでしっかりと石けんを落としていきます。落とし終えたら、石鹸シャンプー用の酸性リンスがあるので、それを使い、またお湯で洗い流してください。

3ヶ月程度は慣れるまでにかかると言われていますので、試してみようと思う方は気長に挑戦してください。また、今までのシャンプーから切り替える際には泡立ちにくいことがあるので、しっかり石けんを使いましょう。

至福の石けん

続いてご紹介するのは至福のせっけんです。この石けんはみなりっちさんが一つ一つ手作りで作り上げている石けんで、肌に優しい石けんなのだそうです。

さらに、この石けんが人気になった理由として、この石けんを使うと幸せになる、願いが叶うと言ったスピリチュアル効果があることです。この石けんを作っている方のブログには、そういった方々からのメールが届いているんだとか。

見た目も可愛らしく肌にも優しい、さらにスピリチュアルな力とちょっと気になる石けんなのは間違いないので、是非一度試してみてはいかがでしょうか?公式サイトからインターネットでの購入が可能です。

子供でも簡単な手作り石けんの作り方

子供の夏休みの自由研究などに使われることもあるほど、石けん作りは簡単でお手軽なんです。しかも、作る過程でハチミツやハーブなど、自分の好きな物を混ぜることで、そのニオイのするオリジナル石けんが作れちゃいます!安全に簡単に石けんを作る方法をご紹介しますので、是非挑戦してみてください!

材料を準備する

話題の石けん紹介で、みなりっちさんが個人で作ってると言った通り、石けんは手作りできます。子どもと一緒にオリジナル石けんを作ってみてはいかがでしょう!早速必要な材料や必要なものをご紹介します!量はお好みでいいのですが、目安でご紹介してます。

■材料
・無添加石けんや手作り石鹸の素
・お湯(やけどしない程度)、もしくはハーブティー
・ハチミツやハーブ、オイルなど、お好みで
・耐熱性ポリ袋

作り方

では、用意出来たら早速作っていきましょう!

1、おろし金で石けんをすりおろします。
2、すりおろした石けんを袋にいれてお湯を少しずついれながらこねていきましょう。耳たぶくらいの硬さになればOKです。
3、ここでハチミツなど、オリジナル要素を加えてさらにこねます。
4、石けんの粒がなくなるくらい混ぜたら形を整えます。型を使う場合、ここで型にいれましょう。
5、型に入れた場合は、粗熱が取れて形ができたら外してください。形を壊さないように注意しながら風通しのいい日陰で自然乾燥させたら出来上がりです。

簡単なので、やけどに注意しながら、子どもと一緒に作ってみてくださいね!

石けんは肌や環境にやさしいもの!

同じ界面活性剤だとしても、石けんは同植物由来の天然油脂でできているため、肌にも環境にも優しい洗剤です。石けんの特性を理解して、有効活用していきましょう。

また、市販されている石けんにも様々なものがあります。香りのいいものや美容効果のあるものなど、その種類は数え切れません。自分にあった石けんを探してみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク