股が臭い!人には聞けない4つの原因&5つの対策を紹介します!

夏になると股の臭いまで気になることもありますよね?オシャレな現代人にはデリケートゾーンの臭いにも常に気を配りたいですね。股が臭いのには原因があります。改善すれば、臭いは気にならなくなります。とても簡単な方法ばかりなので試してみてください。爽やかに過ごしましょう。

股が臭うかもしれない…

夏、暑い季節になるとどうしても気になるのが蒸れから発生する「臭い」です。特に、股になってくると気軽に相談することができない内容ですね。女性は、冬でも気になっている人も少なくはありません。デリケートゾーンはデートの時にも気になるパーツですよね。

実は、股が臭うのにも原因があります。今回は、股が臭い原因と対策をご紹介いたします。人に話せない内容なので、原因や対策を参考にしていただけたら幸いです。

股臭ってしまう4つの原因

股は、蒸れやすい環境です。夏は特にこの蒸れが原因で臭いを発生してしまっている可能性が高くなります。特に女性は、ファッションや生理などの関係で蒸れやすくなっています。股の臭いが気になるようなら、原因を確認してみましょう。

菌の繁殖

人には、菌が体内に入らないように守ってくれる菌が存在しています。これが、過剰に繁殖してしまうと股の臭いの原因になります。

特に女性は、ストッキングやタイツ、生理などでのナプキンをつけます。ストッキングやタイツは、蒸れることが多く、菌が繁殖しやすくなります。また、生理の日のナプキンについても放置時間が長くなってしまうと臭いの発生のもとになってしまいます。

脂質の摂り過ぎ

肉類を多く食べる人は体臭がきついという話を聞いたこともあるかもしれません。食事で体内に蓄積した脂質が臭いの原因になっている可能性があります。

肉類を多く食べたり、脂質が多い食事をしていると、腸内の悪玉菌が繁殖しやすくなります。便秘になりやすくなり、股の臭いや口臭など体全体の臭いの原因に繋がってしまいます。また、スパイスをかなり多く食べる人もスパイスの臭いが体から放出されるので股の臭いの原因になります。

ストレスでの体のサイクルの乱れ

現代人は忙しく、寝る時間も少ない人も多いと思います。食事もバランス良く食べられない、仕事などでストレスを受けている人も多くいます。ストレスが多くなってしまうと、ホルモンバランスや肌のサイクルなどが乱れてしまい、股の臭いの原因になります。

免疫力が下がってしまうと陰部の環境が悪化することが考えられます。それにより、臭いを発生させたり、肌がかゆくなったり、汗をかきやすくなったりするのです。体のサイクルが乱れると、股にまで臭いを発生させることになってしまいます。

アポクリン腺

よく脇の臭いの原因で聞く「アポクリン腺」ですが、これは脇だけでなく、股にも存在しています。股は、蒸れやすい環境になるパーツなので臭いが強くなってしまう可能性があります。脇と同じように強烈な臭いを感じるような気がするのであれば、脇と同じように一度クリニックや病院へ行き、診察してもらうのが良いでしょう。

股の臭いをなくそう!5つの対策 !

股の臭いの原因がわかったところで対策にうつります。臭いの原因は、ほぼ「蒸れ」から発生しているようです。蒸れを軽減してあげることと臭いを残さないようにするのがポイントです。

生理中は細やかに

女性に避けられないのが生理中の臭いです。忙しく、トイレに行くタイミングがないという人も多いと思います。血液自体に臭いはないそうなのですが、放置時間が長くなることで菌が繁殖しやすくなり、股の臭いの原因になってしまうのです。

生理中はナプキンを交換する回数を増やしましょう。そして、生理中にはキツイ下着やタイトなファッションを避けるようにします。きつく締め付けられると通気性が悪くなってしまうので菌が繁殖しやすくなります。

通気性を良くする

股は蒸れやすい環境にあります。少しでも通気性を良くすることで、臭いを軽減させることができます。それには、下着には100%コットンがおすすめです。肌がデリケートな人も安心して使えるところがいいですね。100%が難しいなら、99%など限りなくコットンの分量が多いのが良いと思います。

また、女性のストッキングやタイツですが、今では通気性が良いタイプが出ています。ストッキングを仕事で着用しなくてはならないのであれば、このような通気性の良いタイプを選ぶのもポイントです。

肉や脂質を基本的な分量にまで減らす

食事にはバランスが重要です。肉や脂が好きな人は、無意識に魚や大豆などを選ばずに脂が多い肉を選んでいると思います。これを、必要な量まで減らしてみましょう。肉や脂も大切な栄養素なので、止めることまではしなくて大丈夫です。

また、スイーツが大好きな人はお菓子を減らしてみましょう。代わりにドライフルーツにしたり、ハチミツを使ったドリンクで満たしたりといつもより減らすようにします。また、スパイスを大量に食べる人も少し減らしてみましょう。体に必要な分だけ与えるようにすると股の臭いにも変化が表れます。

衣類に気を配る

サウナに入って汗をたくさん出してもサウナが臭いと感じたことがありますか?実は、汗自体にはほぼ臭いはないそうです。臭いの原因は、衣類に付着した汗から菌が繁殖するからです。

まずは、いつもの洗剤に加えて、汗や菌の繁殖をきれいにしてくれる洗剤をプラスしてディープクレンジングします。また、外で汗をたくさんかいた時には、衣類の臭いを消してくれる消臭スプレーを衣類に拭きかけましょう。これで、簡単に股の臭いを防ぐことができます。

ストレスは軽減させましょう

ストレスが溜まってしまって体調を崩したという経験をしている人も多いと思います。ストレスは、免疫力を低下させてしまいます。免疫力を上げるためにも、小さいことは気にしないように努めることです。頭からなくしてしまいましょう。

また、仕事の都合で睡眠時間が一時的に少ない時期もあると思います。そのような時には、極力睡眠時間を確保するようにしたり、食事などでカバーしましょう。すべてを偏らせないように努めます。サプリメントを活用したり、野菜ジュースをいつもより飲んだり、香りでリラックスしたりしましょう。

股の臭い消す時の注意点

股の臭いが気になると、どうしてもデリケートゾーンを頻繁に洗いたくなるようです。デリケートゾーンには、体を守ってくれている必要な菌が存在しています。洗いすぎてしまっては、炎症を起こしてトラブルになったり、余計に臭いが強くなってしまう可能性があります。

洗いすぎたり、摩擦を起こさないように優しく洗いましょう。そして、デリケートゾーン専用の石鹸やアロマを使用した天然の石鹸がおすすめです。ラベンダーやティーツリーには殺菌効果もあるので試してみてはいかがでしょうか?

妊娠&出産と股の臭いの関係

「妊娠したら股が臭くなった」という声もちらほら聞きます。ですが、やっぱり気軽に相談できる内容ではないですよね?実は、妊娠&出産と股の臭いには、ホルモンバランスが関係しています。日々、気をつけることで臭いは気にならなくなるようなので安心してください。

妊娠初期に股が臭くなってしまう理由

妊娠初期に股から臭いがするという声を聞きます。これには、理由があります。妊娠初期にはおりものが増えます。エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の作用が重なります。それにより、おりものの量が増え、臭いの原因になります。

また、膣内が酸性からアルカリ性へと変化し、抵抗力が落ちるため、雑菌が繁殖しやすくなり股の臭いが強くなるのです。このような時期には、下着やおりもの専用シートなどに細やかに気を配りましょう。

産後に股が臭くなる原因

産後に股の臭いは強くなったと感じる人は多いようです。これにも原因があります。出産によって傷ついた子宮内膜の一部やリンパ液の残りなどがまとまって排出されるからです。老廃物として排出されるので股の臭いの原因になるようです。特徴としては、鉄のような臭いがするそうです。1ヶ月くらい経つと臭いは消えてなくなります。

赤ちゃんの股が臭い原因

赤ちゃんの股が臭い原因は、大人と同じようにやはり蒸れです。おむつは生理のナプキン同様に通気性が悪く、臭いが強くなる原因になります。そして、赤ちゃんはよく汗をかきます。蒸れを引き起こす要因がたくさんありますね。

赤ちゃんの股の臭いを防ぐには、優しく股をきれいに拭いてあげることです。そして、おむつを細やかに交換してあげましょう。汗も定期的にオフしてあげます。あせもや皮膚炎も防げますし、臭いもなくなります。

それでも股の臭いが気になる時は病気も疑ってみましょう

股の臭いが強いのは、おりものが原因の場合もあります。

・おりものに血が混じっている
・すくんだ黄緑色
・白くてポロポロしている
・黄色か緑で泡があり、悪臭
・灰色や黄色で腐ったような臭いがする

このような症状がある人は、膣内の病気の可能性があります。放置せずに、速やかにクリニックや病院へ行き、診断してみましょう。

通気性を良くしてあげましょう

股が臭ってしまう原因がご理解いただけましたでしょうか?男性も女性も赤ちゃんも基本的に股の臭いの原因は、蒸れからくる雑菌の繁殖です。通気性を良くして、衣類にの臭いにも気を配り、清潔に保つことで股の臭いはなくなります。

また、ライフスタイルが原因の人は少しずつでも改善できるように努めてみましょう。改善した分だけ臭いは軽減されていきます。通気性を良くして、いつでも、どのうような状況でも臭いに無縁でいたいですね。