鏡を見たら前髪までベッタリ…!おでこのテカリを防止する4つの方法

スポンサーリンク

おでこのテカリが気になる…。朝セットした前髪が午後にはぐちゃぐちゃ…。そんなお悩みありますよね。なぜおでこがテカるのか?原因と正しい対策をご紹介します。

おでこテカリの原因とテカリ防止方法

朝メイクして、しばらくして鏡を見たら、おでこがテカテカ…!なんてことありませんか?おでこって顔の中でかなり広い面積がありますし、前髪を分けている場合は人から丸見えになる部分なので気になりますよね。ひどい時は、おでこに触れている髪の毛までベタついてしまうこともあったりします。

そこで今回は、おでこのテカリの原因やテカリの防止方法についてご説明していきます。汗をかく季節でもずっとサラサラのおでこを手に入れて、快適に過ごしましょう!

スポンサーリンク

おでこのテカリの原因とは?

おでこテカリの原因の最たるモノは、過剰に分泌された皮脂です。そこでまずは、皮脂量のコントロールを司るホルモンバランスや自律神経と密接に繋がっている、生活習慣からみていきましょう。

乱れた生活習慣

乱れた食生活をしていると、皮脂を過剰に分泌させてしまう可能性があります。特に糖分・脂肪分の多い外食やハンバーガーなどのファストフード、コンビニのお弁当、スナックなどは皮脂過剰を招くことがある食品です。

脂質を取り過ぎない、バランスのよい食生活を心掛けることでオイリー肌の改善につながり、オデコのテカリも解消されます。

ストレス・疲れや体の不調

また、ストレスや疲れなどもおでこテカリの元となるオイリー肌を招きます。なぜストレスを感じると皮脂が増えるのかというと、交感神経が常に刺激を受けていると男性ホルモンが活発になってしまい、皮脂を過剰に分泌してしまうからと言われています。

さらに女性の場合は女性ホルモンの乱れも起こり、プロゲステロンという皮脂を分泌させるホルモンが多くなってしまいます。また、おでこのニキビなどの発生確率も、皮脂がたくさん出てくることで上がってしまいます。

そういった肌トラブルを防ぐためにも、なるべくストレスを溜めない工夫も必要だということですね。しっかり睡眠をとって、体の疲れを取ることでもオデコのテカリは解消できそうです。

シャンプーやワックス

今度は外側からの原因も探ってみましょう。普段使っているシャンプーなどはどうでしょうか?シャンプーしてスッキリしたばかりなのに、おでこがべたつくと感じたことはありませんか?

洗浄力の強すぎるシャンプーを使っていると、頭皮や肌の必要な皮脂まで落としすぎてしまい、乾燥肌からくるオイリー肌になってしまうこともあります。さらに、コンディショナーやワックスの油分は、しっかりすすいだつもりでも頭皮や肌に残っていることがあります。

あまり根元にはつけないように、毛先のほうだけに使う方がベストのようです。

髪の毛

おでこにかかる前髪が肌をこすったりして、肌の皮脂を奪って乾燥肌を招いたり、皮膚に細かい傷が付いたりすることがあります。すると肌の自分を守ろうとする機能が働いて皮脂がたくさん分泌されます。

また、髪の毛が覆いかぶさっていると肌に汚れもつきやすく、毛穴に細かいフケやホコリなどが詰まったりということもあります。雑菌などが入って炎症を起こし、ニキビの原因になることもあります。

洗顔料を使って洗いすぎる

シャンプーのところでも書きましたが、洗顔のし過ぎも肌には負担になります。いくらおでこのテカリが気になっても、1日に何回も、脱脂力の強い洗顔料でゴシゴシと、肌が「キュキュ」と音を鳴らすようになるまで洗うのはかえって逆効果になります。

洗顔料を使った洗顔は、多くて1日2回まで。朝1回、夜1回までにしておきましょう。

おでこのテカリを防止するには?対策方法

おでこのテカリをすぐに治す特効薬のようなものはありませんが、日々のちょっとした積み重ねで防止することができるかもしれません。では、おでこのテカリの対策方法とはどのようなものがあるのでしょうか?

皮脂を過剰に分泌させない

おでこのテカリを防止するために、すぐにできることから早速はじめていきましょう!まずはバランスのよい食生活を心掛けることから。肌の健康を保つために良いとされる栄養素や食品をまとめてみました。

●ビタミンB2
脂質や糖質の代謝を促して、健やかな皮膚の再生をしてくれる。
⇒乳製品、卵、豚肉、うなぎ、納豆、しめじ

●ビタミンB6
たんぱく質の代謝を促進し、免疫機能により皮膚を再生、保護する
⇒さんま、さば、いわしなどの魚類や、レバー

●ビタミンA(βカロチン)
皮膚の老化を防ぎ、ハリやツヤを与え、肌のターンオーバーを活発に!抗酸化作用も。
⇒かぼちゃ、にんじん、ホウレンソウなどの緑黄色野菜

●ビタミンE
血行を良くしてお肌のくすみやニキビを改善!こちらも抗酸化作用あり。
⇒アーモンド、ピーナッツ(この2つは食べ過ぎ注意)、アボカド、モロヘイヤ、ニラなど

●ビタミンC
コラーゲンを生成し、皮膚にハリを与え、さらにストレスにも対抗。こちらにも抗酸化作用あり。
⇒いちご、みかん、レモン、アセロラ、ピーマン、パプリカ、さつまいも、じゃがいも

●食物繊維
便通を良くし、脂肪や糖分を吸収して体外へ運び出してくれる
緑黄色野菜、果物、海藻など

●DHA、EPAなどの不飽和脂肪酸
中性脂肪やコレステロール値を下げる作用があり、脂肪の代謝に良い
⇒サバ・サンマ・イワシなどの青魚など

これらの栄養素や食品を普段の食事に積極的に取り入れて、身体の中から健康になったら、おでこテカリだけではなく色々な不調も改善できそうですね。

生活習慣で防止する

生活習慣やストレス解消方法も一度見直してみましょう。

ストレス解消のためにカフェイン飲料やタバコ、アルコールといった嗜好品を摂るという方もいると思いますが、必要以上に取ってしまうと、その代謝・分解のために皮脂分泌抑制に重要なビタミンCが大量に消費されやすくなります。嗜好品は、適度な量を意識して摂るように心がけましょうね。

睡眠をたっぷり取ることも重要です。睡眠が充分に取れていないと、肌や体調を整える成長ホルモンが不足しやすくなると言われています。成長ホルモンが活発になると言われる時間帯は23時から2時の間。この時間帯はしっかりと熟睡したいものです。

では、しっかりと熟睡できるようにするには、どうしたら良いのでしょうか?就寝前にしっかりと湯船につかって身体を温めたり、手足の先などを毛布で温めるなどの工夫をしてみましょう。

また、パソコンやスマートフォンのブルーライトは、体内時計を狂わせ深い眠りを阻害することがあるため、できるだけ就寝1~2時間まえには見るのをやめるようにしましょう。

冷暖房つけっぱなしなどの環境は、乾燥肌の原因にもなります。熱中症にも気をつけないといけないところですが、加湿や直接風に当たらない工夫などもしてみましょう。

化粧品で保湿する

まずは毛穴ケアとたっぷりの保湿から始めてみましょう。乾燥肌からくるおでこテカリには、化粧水はしっとり系のものがおすすめです。乳液も適度に使って上手に保湿しましょう。

肌にとって一番大切なことは「本来の力を取り戻すこと」。遠回りにみえて、これが一番近道です。

肌トラブルを隠したいがために、ファンデーション等を「塗りスギ」ると、しっかり落として寝なくっちゃ!と強い洗浄力の洗顔料で「洗いスギ」て、逆効果で乾燥した肌をなんとかしなくちゃ!と化粧水や美容液などを「つけスギ」る。…どんどん悪循環に陥ってしまいます。

肌悩みの解決はスキンケアが2割、食や暮らし方が8割とも言われています。外側からカバーするだけでなく、内側からにじみ出る「肌美人」を目指していきましょう!

パウダーでテカリを抑える

とはいえ、内面から整えるのは効果があらわれるまで少し時間がかかるものです。今日からさっそく役に立つ、おでこテカリ対策もバッチリご紹介します!

おでこにパウダーをはたいておくと、余計な皮脂を吸着してくれたり、マットな質感を保ちやすくなります。メイクをするときは、ファンデーションの代わりに使用しましょう。

使用するパウダーは、ベビーパウダーや薬用オイルコントロールパウダーなどがおススメです。特にベビーパウダーは赤ちゃんに使えるほど安全性の高い製品なので、顔に使用しても大丈夫です。

ただし、どんなに肌にやさしいとされている製品でも、全ての方に“絶対にアレルギーが起こらない”というわけではありません。体質や肌トラブルの有無によっては配合成分が刺激になることもあるので、肌が弱いかも…という方やタルクが入っている製品に不安を感じるという場合は、タルクフリーのベビーパウダーを選びましょう。

コーンスターチやコメデンプンが主成分になっているパウダーがだと自然に保湿もしてくれるのでおススメです。

スポンサーリンク

朝のさらさら前髪をキープするには

せっかくオシャレして出かけたのに、時間がたつにつれて前髪がベタベタに!…おでこの皮脂のせいで前髪までベタっとなってしまっては、ヘアスタイルも台無しになってしまってとても残念ですね。前髪のベタベタ対策についてご紹介します。

ベビーパウダーを前髪に

こちらは、ちょっと目からウロコだったのですが、なんとベビーパウダーをおでこではなく「前髪に直接はたいてブローする」という方法があるそうです。

ベビーパウダーが余分な皮脂を吸着するのか、髪が汗や皮脂で束になったりせずにサラサラ前髪をキープできるのだそう。

外出先でも前髪のベトツキが気になってきたら、ベビーパウダーをはたくだけでサラサラに戻るので、化粧ポーチにぜひ一つベビーパウダーを入れておきたいところですね。ただしあまりつけすぎると、不自然に白くなってしまいますのでほどほどに付けましょう。

前髪にひと工夫入れてみる

朝、前髪を作るときにひと工夫するのもよいですよ。おススメは「前髪を巻いてスプレーをかける」こと。前髪を巻くことでおでこと髪に空間ができるので、髪におでこのアブラがつきにくくなります。やり方は以下の通りです。

1.水で根元を濡らします。(濡らしすぎに注意!)
2.ドライヤーで根元を立ち上げ気味に乾かします。
3.仕上げに巻いた髪をキープするスプレーをつけます。

全体的にスプレーすると重さでカールがとれてしまうので、前髪の裏の根元にしっかりスプレーしましょう。表側は軽くつけるくらいでOKです。これで崩れにくくべとつきにくい前髪の完成です。ぜひ試してみてくださいね。

素肌の力を引き出してサラサラおでこに!

おでこテカリの原因と対策、いかがでしたか?

少し勇気がいることかもしれませんが、長いお休みが取れる時などに数日「すっぴん肌」で過ごしてみるのもアリだとおもいます。洗いすぎない洗顔とつけすぎない適度な保湿でお肌の元の力を引き出してあげる生活、良ければ試してみてくださいね。

きっと身もココロも楽になって、ストレスフリーな毎日が遅れるようになりますよ!

スポンサーリンク