マツエク中のアイメイク方法は?綺麗に維持する4つの秘訣もご紹介

スポンサーリンク

「マツエク200本も乗せちゃった。しばらくはドールアイが楽しめるなぁ。」なんてワクワクのマツエクサロン帰り。なのに、たった一週間でマツエクはバラバラに、本数も抜け抜けに…アイリストさんの腕もありますが、「メイクの時、マツエクに引っかかったからそのせいかも」なんて思い当たる節はありませんか?今回は、キレイマツエクを長く維持するため、メイクの秘訣を見ていきましょう。

マツエク中のメイクには注意が必要

自まつげではなかなか実現が難しい、お人形のようなキュートさや長いまつ毛でセクシーさを演出できるマツエク。1度体験してしまうと、その華やかさと手軽さになかなかやめられない人が多いものですよね。

しかし1時間~2時間かけて、5,000円~15,000円かかるマツエクがすぐに取れてしまうショックさは相当なものです。今回はメイクの方法でマツエクを長持ちさせる方法を、一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

マツエク中のアイメイク方法って?

マツエクをまだしたことがないけどしてみたい方、マツエクをしたばかりでメイク方法が気になる方、もうマツエクマスターだけどメイクでマツエクが取れやすい方など、今一度マツエク中のメイクについて確認してみませんか。アイメイク方法一つで、マツエクがもっと長持ちするようになりますよ。

アイライン

アイラインはまつ毛の間を埋めていくように描くもの。かなりまつ毛に触れやすい部分でもあります。

マツエク自体にアイライン効果があるので、ナチュラルメイク派の方はいっそアイラインをしないという手段もありですね。自然な可愛らしいメイクになるでしょう。

セクシーさやパッチリアイをメイクに求める方は、アイラインがやはり重要かもしれません。その時はアイラインの種類がとっても大事ですね。ペンシルタイプはまつ毛にグリグリと触れる回数が多く、やはり避けた方が無難でしょう。

ジェルタイプやリキッドタイプがよいでしょう。筆ペンタイプのリキッドはまつ毛の間を埋めやすく、しっかりと際立たせることが出来ておススメです。ウォータープルーフタイプはオイルクレンジングでないと落ちにくいものがありますから、「お湯でするんと落ちる!」というタイプがより安心でしょう。

マスカラ

そもそもマツエクで、マスカラを塗ったような太さを選べばマスカラは不要でしょう。マツエクの太さは1mm、1.5mm、2mmから選ぶところが多いでしょうが、2mmはマスカラを3度塗りしたような太さになるので、マスカラを使う必要もないでしょう。長さもはじめからマツエクで出しておくといいですね。

2mmのマツエクだと重くなって取れやすい、と説明があるかも知れませんが、マスカラを塗った状態も重さは変わりません。むしろクレンジングによる負担の方が大きくなってしまうかもしれないのです。どうしてもマスカラをしたい場合は、オイルクレンジングなどでこすらないと落ちにくいウォータープルーフは避けましょう。

ビューラー

ビューラーはできる限り避けましょう。くるんとしたお人形まつ毛がいい方は、ビューラーでくるんとさせるより、初めからCCカールなどのカールが強めのマツエクを選んだ方が良いでしょう。

ビューラーで力を加えることはかなりマツエクが取れやすい原因になります。刺激はマツエクにはかなりNGなのです。

アイプチ

アイプチをした状態でマツエクの施術を受けるのはやめましょう。瞼を接着して二重に見せるアイプチでは目の間に隙間ができてしまい、施術中グルーがしみやすくなってしまいます。お店に行ってからメイクをオフすることも可能ですから、アイプチは落としてから施術を受けましょう。

また、施術後にアイプチをするとアイプチしていない状態のまつ毛とカール具合や長さが変わってきます。アイプチ前後がわかるように、アイプチしていることをアイリストさんに話しアイプチしている状態でカウンセリングを受け、施術前にアイプチをオフするのが一番良いでしょう。

マツエク中のメイクの落とし方

メイクももちろんのこと、メイククレンジングの仕方によってもマツエクが取れやすくなってしまうかもしれません。マツエク中はメイク落としも注意して行っていきましょう。

クレンジングの方法は?

マツエクをしている時は、クレンジングはとにかく優しく行いましょう。肌に優しいと言われるクリームや乳液タイプのクレンジングですが、実はオイル成分が意外と多く入っていることが多いので、マツエクの時には避けましょう。

クリームタイプのクレンジングがどうしても好き!という方は、目元を避け頬などのみに使い、ふき取っていくといいですね。

クレンジングシートでふき取る

クレンジングシートでふき取るのも簡単で便利ですね。クレンジングシートの線維がマツエクに引っ掛かると取れやすくなってしまうので、そっと行いましょう。アイメイクの周辺は特に慎重に行い、1枚で何度も拭くのではなく、1度メイクを落としたら次のシートに替えましょう。

マツエクを守るメイク落としのコツ

マツエクを守るためのクレンジングは、メイクと同じで何といっても触りすぎないこと。ローションやジェルタイプでもアイメイクを落とそうとぐりぐりとまつ毛に触るようにクレンジングするのは避けましょう。濃いメイクは、こすり落とすのではなく、なじませることが重要です。

また、まつ毛の間のアイライナーが落ちにくい場合は綿棒にクレンジングを含ませ、丁寧に綿棒で落していきましょう。汚れた綿棒も頻繁に変えてくださいね。こまめにゆっくりと行うのが、マツエクを守るコツです。

どうでしょう。ちょっと大変ですよね。マツエクをしている時はいつも通りのメイクをするとクレンジングがちょっと大変です。マツエクで目元が華やかになっている分、アイメイクはいつもよりちょっと控えめにして、リップメイクなどに重点を置くとクレンジングも楽になりますよ。

メイク落としの選び方はどうする?

オイルクレンジングはNGとアイリストさんから言われるかと思いますが、その通りなんです。オイルクレンジングではマツエクのグルーが落ちやすくなってしまいますし、マツエクが取れるまで行かなくても方向がばらばらになったりしてしまいます。オイルクレンジングは避けましょう。

クリームタイプのクレンジングにも、実はオイルが入っています。他にも、ジェルやローション、ふき取りタイプなどがありますが、オイルカット・オイルフリーのものを選べば安心でしょう。

スポンサーリンク

マツエクOK!市販のメイク落とし

「ジェルやローションと言っても、使える商品が何かわからないんじゃ困っちゃう。」という方のために、マツエク女子が選ぶマツエクOKのクレンジングをご紹介しちゃいますよ。

ビオレ しっかりクリアジェル

中学生や高校生の時に、初めて「自分用洗顔」がビオレだったという方も多いのではないでしょうか。そんなビオレ、実はマツエククレンジングにいいんです。オイルフリーでダブル洗顔不要だから、マツエクにも安心して使えます。

無印良品 マイルドジェルクレンジング

最近は化粧品会社と思ってしまうくらいスキンケア用品が充実してきた無印良品ですが、ちゃーんとマツエクおススメのクレンジングもありますよ。アンズ果汁がほんのりすっきりとした甘い香りを漂わせ、クレンジング時間をステキなものにしてくれます。

ちふれ クレンジングリキッド

オイルフリーのクレンジングです。ちふれは全成分表示なので、敏感肌の方も成分を確認して使えるのがいいですよね。ダブルクレンジング不要ですが、ジェルなどよりもクレンジング力が高いため、乾燥しないようにしっかりと保湿は行いましょう。

マツエクを成功させる秘訣

マツエクのはじめてさんや、まだマツエクし始めた方などに、マツエク成功の秘訣を一緒に見ていきましょう。これで「たった一週間でほとんど自まつげになっちゃった!」なんて悲しいことはないようにしていきたいですね。

できるだけ触れない、こすらない

マツエクはなんといっても刺激が大敵。朝起きた時にうっかりと目をこすったりしないように気を付けましょう。うつぶせ寝の癖がある方は、ちょっと大変ですがうつぶせ寝の癖を直していきましょう。横向きに寝ているつもりでも、寝ている時にうっかり枕に突っ伏していたりするものです。

目元に化粧水をたくさん使わない

いつもと同じようにばしゃばしゃ化粧水をつけること。肌にはとてもいいのですが、目元のマツエクにはたっぷりの水分はグルーに影響し、ちょっとしんどいことになってしまいます。たっぷり化粧水をつけるのは目元を避け、目元はコットンなどでやさしく化粧水をつけましょう。

マツエクをした当日はグルーがまた柔らかいため、しっかりとグルーを乾かすことが大切です。マツエクをつけてしばらくは、化粧水を塗った後もドライヤーの冷風でマツエクをしっかり乾かしましょう。

日頃のケアが大切

日頃のケアは、美しいマツエクを保つのに大切なことです。メイクの最後に、まつ毛用のコームで方向をきちんと整えましょう。あちこち向いてしまうと動くたびにまつ毛同士がぶつかり、取れやすくなってしまいます。

また、まつ毛美容液をしっかり塗ることも大切です。マツエクは思ったより自まつげに負担がかかります。マツエクをオフしたときに自まつげが細く短く可哀想なことになったり、マツエクがつけられないような貧弱なまつ毛にならないよう日頃のケアはとても大切です。

メイクしたままマツエクはNG

マツエクをつけるときには、なるべくアイメイクはしないで行きましょう。当然ながらマスカラはNGです。アイシャドーやアイラインはNGとは言われないかもしれませんが、やはり肌に余計な粉などがついているとグルーが取れやすい原因になります。

なるべく目元はすっぴんで行くか、カウンセリングの時にメイクをオフした方が良いでしょう。

マツエクメイク成功で、さらに目元美人に

せっかく長い時間と高いお金をかけて行うマツエクですから、つけた瞬間がどんなにきれいでもすぐに取れてしまっては残念ですよね。やはりできるだけ長い時間キレイを保っていたいものです。今回のテクニックで、なるべく長い期間マツエク美人を保ちましょう。

いつでもキレイなマツエクを保つためには、3週間以内にリペアを行った方が良いそうですよ。明日も、目元美人でいましょうね。

スポンサーリンク