あのケノン脱毛器に美肌効果があるって知ってた?その評判はいかに…

スポンサーリンク

脱毛器として評判の高いケノンですが、美顔器としての効果もあることはご存知でしょうか?カートリッジを美顔用に代えてお顔に当てていくと…ニキビ跡やしわ、シミなど気になるお肌の悩みの改善が期待できる美顔器に早変わりしてくれます。そんなケノンの美顔機能を踏まえつつ、使い方や注意点などを紹介します。脱毛器として愛用している人にも、ケノンのさらなる魅力をよく知っていただければと思います。

ケノンに美顔器効果があるの?

即効性などから高い評価を得る家庭用脱毛器と言えばケノンが挙げられると思いますが、このケノンには美顔器としての使い方もあるそうです。つまり、ケノンを常備しておけば、脱毛と美顔の二重の効果をセルフケアで得ることができるというわけです。すでに色々な通販サイトなどでもケノンは脱毛器としてだけでなく、美顔器としても高い人気を誇るアイテムとなっています。

そこで今回は、ケノンの美顔器としての効果や使い方について紹介していきます。「脱毛器としてしか見ていなかった」という人にとっては、ケノンのもう1つの顔を理解するきっかけにもなればと思います。美顔器として活用していく上での手順や注意点、期待される効果も取り上げましたので、より便利な美容グッズとして、視野を広げてケノンについて見ていただければと思います。

スポンサーリンク

ケノンの美顔効果ってどうなの?

それでは、ケノンがもたらす美顔効果について説明していきましょう。それにはアンチエイジングなどで評価の高いフォトフェイシャルやフォト美容のような施術をイメージすると、分かりやすいと思います。

ちなみにフォトフェイシャルと言えばはIPL(インテンスパルスライト)という光を肌に照射することで、コラーゲンを作る細胞の活性化やターンオーバーの正常化をうながす仕組みで知られていますが、これによりお肌の悩みもかなりカバーされるようなのです。この仕組みも頭に入れた上で、ケノンの期待される効果について1つ1つ見ていきましょう。

ニキビ跡に

先ほども触れたように、ケノンの美顔器に肌のターンオーバーを正常化させる働きが期待されます。ニキビ跡にも色々な種類がありますが、跡が残って色素沈着している場合もありますよね。

色素沈着は、通常なら体外に排出されるメラニンが肌のターンオーバーが滞ることで残ってしまい起きると言われています。そのため、ターンオーバーを正常化させることが、色素沈着しているニキビ跡を薄くさせる効果につながるということになります。

しわに

フォトフェイシャルの説明をした際にコラーゲンなどを作る細胞の活性化の話を述べましたが、ケノンの美顔器にも同様の効果が期待されています。

コラーゲンが作られると肌にハリが出てくることは、多くの人に知られていると思いますが、肌にハリが出ることでたるみ改善にもつながりますね。そうして、肌のたるみによって出来ていたシワが薄くなったり、目立たなくなることにつながるというわけです。

シミに

フォト美容の光照射は肌に沈着したメラニン色素にダメージを与えることでも知られています。ですので、ケノンの美顔機能にも、気になるシミに対する効果も期待できるのです。

そばかすに

シミと同様、そばかすもメラニン色素が原因で出てきます。フォト美容を受けた人の中では「そばかすが目立たなくなった」という声もしばしば聞かれますので、ケノンの美顔機能にも同じような効果が期待できると言えるでしょう。

さまざまな評判が!

ケノンの美顔器としての活用について、ブログの口コミなどで広く紹介されています。まず、ケノンの美顔機能は光や熱が発生するのですが、口コミによると「連射する際の速度が速いため、かえって照射による熱さを感じにくい」と言われています。また、「ジェルなどの付属品を使わなくて済むので簡単にできる」など、使い心地の良さを評価する声が上がっています。

また、使用後の肌の調子については、「毛穴が気にならなくなった」「化粧ノリがよくなった」「たるみやほうれい線が気にならなくなった」「肌の色のトーンが明るくなった」など、評価する声が寄せられています。

ただし、効果は長期的に使用することでより実感できるようですので、直ちに劇的な変化を期待するというより、コツコツと使い続けながら肌の調子が上がっていくのを見守るスタンスでいることが肝心と言えるでしょう。

自宅でも気軽にできる美顔器になりますので、やはり医療機関やサロンで受けるフォトフェイシャルやフォト美顔の施術並みのレベルの効果を直ちに求めるものではない、ということになるのではないでしょうか。

ケノンを美顔器として使うなら

ケノンの美顔器としての効果、さまざまな肌の悩みにも働きかけてくれそうで、多くの女性にとって朗報になりそうですね。上手に活用していくことができれば、脱毛と同様とても便利なアイテムとなってくれそうな予感もしてきているのではないでしょうか。

では、実際にケノンを美顔器として使う際の手順や注意点について見ていきましょう。便利なアイテムであったとしても、手順や注意点など、守るべき事項もチェックした上での活用が求められます。十分な効能を発揮させたり、誤った使い方をしてトラブルを招かないためにも、正しい使い方を心得ることが重要ですので、チェックしてみてください。

準備する

ケノンには脱毛用と美顔用の両方のカートリッジが付いているため、脱毛器と美顔器の両用がしやすいと言われています。美顔器として活用するためには、美顔用カートリッジをセットする必要があります。そして、実施する前には洗顔をしましょう。これも大事なステップです。

では、使ってみましょう!

まず、照射したい肌の部分を保冷剤を使って10秒ほど冷やし、その後ボタンを押しながら光を照射していきます。肌に光を照射するという作業の性格上、付属のサングラスを装着しながら行うことが肝心です。そして照射後の肌は、保冷剤でふたたび冷やしてください。

そうやって照射したい部分に次から次へとこの手順を繰り返して実施していきます。ケノンの美顔機能は光や熱が発生するため、終わったら顔全体をしっかりと保湿することも重要なアフターケアとなります。

なお、ケノンは照射レベルが10段階設定されており、レベル調節できるようになっていますが、最初の頃は低いレベルで照射していって、自分でどこまで上げられるか、試しながらレベルアップしていく―という方法がおすすめです。ただしケノンの場合はレベルに関わらず4万発照射されるそうなので、照射に慣れてきたらレベルを上げていく方が得かと思われます。

使用頻度は1週間に1度

ケノンによる美顔器としての使用は1週間に1度の頻度で実施することがすすめられているようです。毎日使ってしまうと、肌への負担が大きくなりかねませんので、ある程度の間隔をあけることが肝心と言えますね。

ホクロには注意

ケノン美顔器を使っていたら、ホクロが目立たなくなったという話は時々あるようです。薄くて小さい種類であればこのようなことも可能かもしれませんが、ホクロは医療従事者の処置などを受けて除去するものなので、自分で薄くさせたりしようとはしないように、注意してくださいね。

スポンサーリンク

ケノンの特徴をとらえて活用を

大好評の脱毛器であるケノンを美顔器として活用する方法について述べてきましたが、色々な効果が期待できそうで、便利なアイテムになるかもしれませんね。自宅でセルフケアしながら経済的に脱毛と美肌を実現させる機器として、使いこなせるようになると、美容のサポートをしてくれる優れものにもなり得るでしょう。

十分に活用するためにも、美顔器としての特徴をきちんととらえ、どんなことに対してどのような効果が期待されるのかを把握し、正しい手順を守ることが肝心ですね。すでに述べたように、過度に使いすぎて肌に負担をかけないようにすることや、継続的に使い続けることもカギとなってくるでしょう。

美肌作りにも色々な方法がありますが、自宅で簡単にできる光照射、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク