憧れの人をマネするだけで綺麗になる♡今すぐできる12の方法とは

スポンサーリンク

綺麗になるにはどうすればいいのでしょうか?漠然と考えると難しく感じますが、具体的な方法を知れば今すぐ取り組むことが可能です。昨日のあなたより確実に綺麗になれる12の方法とプラスアルファの3つの方法を紹介します。

綺麗になる秘訣をまとめました!

綺麗になるにはどうすればいいんだろう?このようなお悩みを持つ皆さんに、綺麗になる具体的な方法を12個とプラスアルファで3個紹介します。今日から出来るものばかりです。早速取り組んでみてくださいね。

スポンサーリンク

世間が求める綺麗な人ってどんな人?

一言で綺麗な人と言っても漠然としていますよね。綺麗になる秘訣を知る前に、まずは世間ではどのような綺麗な人が求められているのかを確認しておきましょう。

綺麗の条件は年代によって変わる

綺麗の条件は各年代によって変わります。10代のころであれば純粋な初々しさが可愛らしく綺麗に見えますし、20代で社会に出ればフレッシュな若々しさ、流行を取り入れたファッションやメイク、アイテム選び。さらに外見磨きと共に内面を磨く努力をする人が綺麗な人と言えますが、やや外見が評価のメインになるようです。

30代、40代になってくると外見よりも内面の比重が大きくなります。10代、20代であれば多少のわがままや自分勝手も若さゆえ「これからに期待」とされていたものの、30代以上になって内面が美しくないと、外見が美しいこともギャップになりむしろ滑稽に見えてしまいます。

30代、40代以上になると、お肌や体型、髪質なども年齢と共に衰えを見せ始めます。無理な若作りは痛々しく見えますが、年齢だからと諦めずに老化を遅らせる為の努力をする人が綺麗な人と言えるでしょう。

顔だけじゃない!綺麗は総合力です

年代によって綺麗の条件が変わると言いましたが、その比重は異なれどやはり外見と内面のバランスや、外見でも全体の雰囲気などが綺麗の条件になります。そう、綺麗になるのは顔だけではないのです。

まず外見なら、顔の造作そのものが綺麗な人に越したことはありませんが、それよりもお肌の美しさが重要になりますし、清潔感のある口元やきちんとお手入れされた髪、丁寧なメイク、面積が大きなファッションも重要なポイントになります。

内面ももちろん評価対象になり、顔の造作はいまいちでも、他人のことを思いやることができる人、気遣い心配りができる人、細やかな人は、やはり綺麗な人という評価を得ることができるでしょう。またそういった内面は表情に大きく影響を与えますので、見た目にも綺麗な人、上品な人になることができるのです。

今すぐ出来る!綺麗になるための12の方法

綺麗とは年代によって変わること、また顔だけではなく総合力であることがわかりました。そのうえで、誰でも今すぐ取り組める綺麗になるための12の方法を紹介します。綺麗になりたいと思うのなら、今すぐ取り組んでくださいね!

お肌のケア方法を見直してみる

お年頃になってお肌のケアを始めたころのまま、何年間もずっと同じケアを続けている人がいます。今のお肌の状態が抜群に良くて、これ以上どう考えても綺麗にならないと言うのであれば、あなたのお肌に合ったケアができているのでしょうが、そうでないのならお肌のケア方法を見直してみましょう。

精製水を使う方法、温冷法、手作りのシートパック、オイル美容など、世の中には様々なお肌のケア方法があり、その中でもさほどお金がかからないものも沢山あります。もし今のお肌に満足できていないのなら、お肌のケア方法を決めつけてしまわずに、どんどん今までとは違った方法にチャレンジしてよりきれいなお肌を目指しませんか?

人それぞれお肌のタイプは違います。他人が効果を実感する方法でもあなたの肌に合うとは限りません。また年齢によっても最適なケア方法は変わるでしょう。日々移り行くときと共に、お肌のケアも変えてみませんか?

口元のケアを取り入れてみる

顔…主にお肌のケアは入念なのに口元のケアを取り入れている方は少ないように感じます。小さいころはケアなどしなくても、白くて美しい歯の色だったとしても、年齢を重ねるごとにどうしても着色汚れが目立ってきます。

もし歯の着色汚れが気になって、自信をもって笑うことができないのなら、ホワイトニングにチャレンジしてみませんか?歯磨き粉をホワイトニング用のものに変えるだけの簡単な方法から、歯科医で指導を受けてのホームホワイトニング、プロにお任せするオフィスホワイトニングなどがあります。

口元に自信が持てると笑顔が大きくなり、表情が生き生きしてきます。ホワイトニングは一見高価に見えるかもしれませんが、エステや基礎化粧品の金額とそう変わらないのではないでしょうか?

似合うヘアとメイクを学ぶ

内面も大切ですが、すれ違うだけや遠方から見かけるだけで綺麗な人だと思われるには、やはり外見が綺麗な人であることも重要です。綺麗な人というと顔の造作を考えがちですが、顔の造作はメイクでどのようにも変えることが可能ですし、ヘアスタイルによっても印象は大きく左右されるでしょう。

最近ではヘアとメイクを学べるスクールが人気を集めています。顔のパーツを特殊な機械で数値化して、美人の黄金比と比較し、メイクで黄金比に近づけるというメイクアップレッスンもあるんですよ。また、ヘアアレンジのコツを学ぶと、うしろで1つに縛るだけなのに急に垢抜けて見えることもあります。

このように自分の顔や流行にあったメイクやヘアアレンジを学ぶことができれば、他人に与えるあなたの美人度は急激にアップするでしょう。

綺麗な人は姿勢の良さ、歩き方が違う

お金をかけずに一瞬で綺麗になれる方法があります。それは姿勢を意識することです。モデルさんにパッと目が行くのは、スタイルの良さはもちろんのこと姿勢が洗練されているからです。

また歩き方も重要です。足に合わないヒールを無理して履くことで、ひざが曲がりカクカクしながら歩いている人を見て綺麗な人だと思う人はいないでしょう。綺麗に見せたくてお気に入りのヒールを履いているのに、実は逆効果であることに気づいていないのは本人だけという悲しい結果になっているのです。

モデルのウォーキングを学ぶ必要はありませんが、姿勢よく立ち、歩くだけで一般社会では十分綺麗な人を印象付けることができるのです。

食事と食べ方に気を付ける

食べ方が汚い人のことを昔から「お里が知れる」と言いました。それ程食べ方というのは重要なものなのです。どれだけ顔が綺麗な人でも、食べ物が口から見えていたり、クチャクチャ音をさせていたらやはり綺麗な人という印象は消え去るでしょう。

また食事内容も綺麗になるために欠かせない大きな影響を与えます。ジャンクフードを食べるのと、ビタミンたっぷりのヘルシーなサラダを食べるのでは、綺麗に大きな差が出るでしょう。

健康に気を付けること

美と健康は本来イコールであるはずなのに、これに気づいていない人はたくさんいます。健康の基本は栄養バランスの取れた食事と睡眠ですが、毎日睡眠のゴールデンタイムを避けるかのように午前2時に就寝、睡眠時間4時間の夜更かしをしながら「綺麗になりたい」と言う人の多いこと!高い美容液を使うよりも、質の良い睡眠が心身共に美しくなれるのです。

内面を磨くこと

綺麗になりたいのなら内面を磨けとよく言われますが、内面を磨くことはそれほど難しいことではありません。何か夢中になれるものを見つけたり、他人のことを考えた行動ができればいいのです。別に聖人君子のように過ごさなくてはいけないわけではなく、非常識な行動さえとらなければ他人から非難されることはありません。

内面は顔に現れます。年齢を重ねればなおさらです。20代後半、30代、40代にもなって自己中心的、わがまま、身勝手では顔つきも意地悪になり、決して綺麗な人とは言われないでしょう。

綺麗になる努力を重ねること

綺麗になるための努力を重ねることが、綺麗をつくるのです。綺麗になりたいと何度も言いながら、寝転がってテレビを見ながらお菓子を食べるのか、エクササイズやパックをするのかでは1年後に大きな差が出ているでしょう。

ネットサーフィンをする場合でも、綺麗になれる方法や足痩せの方法を調べるのか、ゴシップ記事を読み漁るのかでは大きな差が出てしまいます。

たくさん笑うこと

実は年齢と共に笑わなくなるという調査結果があるようです。これは加齢によるストレスが原因であったり、笑いじわを気にして笑わなくなるからだそう。でも、笑うことで美容効果があるんです。

まず笑うことで顔の筋肉が動かされ、マッサージ効果が得られます。さらにニコニコすることで、副交感神経が刺激され女性ホルモンのバランスが整い美肌になれるのだそう。今日から意識して沢山笑ってみませんか?

恋をすることでも綺麗になれる

これに関しては言わずもがな、ですね。恋をすると他人にバレるくらい、急に綺麗になります。昔から言われている通りなのです。何もハッピーな恋愛ばかりが美を作り出すわけではありません。失恋を乗り越えた時に、さらに美しくなれるのです。

憧れの存在を見つけること

近くに憧れの存在を見つけることも、綺麗になる方法です。憧れの対象が異性の場合なら、彼に会うかもしれないからメイクやファッションに気をつかおう、綺麗になろうと努力します。憧れの対象が同性の場合も、どうすればあんなに綺麗になれるんだろう?と観察し、マネすることが可能です。

外見のメリットだけではなく、内面にもメリットはあります。憧れの人がいるというだけで、生活にハリが出たり、物事に対してやる気がわいてくるので、生き生きとした毎日を過ごすことができるのです。それがあなたを綺麗な人にしてくれるのです。

年齢を重ねることに怯えないこと

男性の場合は年齢と共に渋みが出ると言いますが、美を気にする女性の場合加齢は恐ろしいものです。去年よりフェイスラインが下がっている、体型がたるんできた、肌の艶がなく化粧ノリが悪い。こんな風に一つずつ数えていくと、年齢を重ねることが恐怖に感じるでしょう。

そんな時は身近な人でもテレビで見かける人でもいいので、自分より年上の素敵な女性を見つけてください。彼女たちは加齢に怯えているでしょうか?受け入れつつもできる努力を重ねる姿こそが、年相応の美しさを引き出すことになるのです。

スポンサーリンク

綺麗にプラスしたいなら…

先ほど紹介した12の方法だけでも十分綺麗になるはずです。でももう少し綺麗にプラスしたいなら、次のことも試してみてくださいね。

目から綺麗を取り入れる

全ての物には波動があると言われています。今こちらをご覧いただいているPCやスマホもそうですし、机だってカップだって椅子だって波動を持っています。もちろん私たち人間にも波動はあります。波動は似たもの同士を引き寄せる働きがあります。

美しいものには美しい波動があり、美しいものを引き寄せます。だからこそ、身の回りに綺麗なものを置いたり、綺麗なものを見たりすることで美の波動を取り入れることができるのです。

最も簡単で最も効果があるのが、1日に何度も目にする待ち受け画面を利用することです。見た瞬間気持ちがアガるような綺麗な素敵な待ち受け画面にしたら、見るたびにあなたの波動も上がるはずです。美しい波動になれば、美しさを呼び寄せるので今までよりももっと美しくなれるでしょう。

働きながらキレイを磨く

あなたは仕事が好きですか?もしかしたら仕事があまり好きではなく、なんとなくこなしている感じかもしれませんね。求められるレベルに達していれば責められることはありませんが、もし綺麗にプラスしたいのなら、もう少し仕事に集中してみませんか?

人は何かに夢中になれるとキラキラと輝いてみえるものです。これは外見を磨くことでは身に着けることができない輝きです。毎日の中でかなりの時間を費やす仕事に熱中できれば、あなたはきっともっと輝けるはずです。

習い事を始めてみる

以前からやってみたかったこと、学んでみたかったことはありませんか?もしくは自信がなくて消極的になってしまうものでも構いません。そういったものがあるのなら、一度習い事を始めてみてはいかがでしょうか?

もし料理に自信がないのなら料理を習ってみましょう。自信が付けば堂々と振る舞うことができ、人は必ず綺麗になります。また興味があったことを始めたり、新しい物事や人との出会いもあなたを綺麗にしてくれるでしょう。

綺麗になるのは簡単です!

漠然と綺麗になるには…と考えるととても難しく感じてしまいますが、一つずつ具体例を見ていけば意外と簡単だと思いませんか?これらを全てクリアできれば、今のあなたよりも確実に綺麗になっているはずです。まずは今現在の自分自身をライバルにして綺麗になってみませんか?

スポンサーリンク