お風呂上りの10分が決め手♡ストレッチをしてスッキリ美人に

スポンサーリンク

お風呂上がりの過ごし方で、キレイに大きな差がつくんです。こちらでは、お風呂上がりに欠かせないケアや、お風呂上がりに取り入れたい習慣、避けたい飲み物などを紹介しています。またお風呂上がりの困った事柄と対策もまとめました。

お風呂上がりの過ごし方でキレイに差がつく

あなたはお風呂上がり、どんなふうに過ごしていますか?お風呂上がりにどのような過ごし方をするかによって、キレイに大きな差がつきます。こちらではお風呂上がりの時間を上手に使って、綺麗になれる方法をまとめました。また、お風呂上がりの困った事柄とその対策もまとめています。

スポンサーリンク

お風呂上がりに欠かせない基本的なケア

お風呂上がりに全く何のケアもしないと言う人は少ないでしょう。お風呂上りはお肌も髪も清潔な状態であり、体も温まってケアをするのにベストタイミングです。まずはお風呂上がりに欠かせない基本的なケアを紹介します。

フェイシャルケア!顔の保湿

お風呂上がりにまずケアしたいのが、フェイシャルケアです。入浴により体が温まることで、血行促進されるのはうれしいことですが、お湯に浸かったり洗うことで肌本来の保湿因子が流れ出した状態になっています。また、体温が高い状態だと皮膚表面から水分が蒸発しやすくなります。

お風呂上がりには水分蒸発を食い止めるべく、顔の保湿を入念に行いましょう。お風呂から上がれば、顔と体の水分を手早くふき取ったタイミングで、パジャマやルームウエアを着る前のタオルを巻きつけただけの状態で、化粧水・乳液・オイルなどをつけるくらいの心意気でケアしましょう。

ボディもお忘れなく!体の保湿

顔のお肌は乾燥するのに、体のお肌は乾燥しないなんてわけはありません。今まで入浴後、体のケアは水分をふき取って終了!としていたのなら、これを機会に体の保湿ケアも加えてみませんか?

顔同様に体の皮膚からも保湿因子が流れ出て、体温上昇により水分が蒸発しやすい状態になっています。ボディクリームやオイルもしっとり系やサッパリ系など、様々なタイプが発売されていますので好みの使用感のものが見つかるはずです。このひと手間がキレイに大きな差をつけるケアなのです。

生乾きは最大の敵!髪の毛を乾かす

お風呂から上がった後、どのタイミングで髪を乾かしていますか?冬であれば、濡れた髪は冷たく感じるので素早く乾かす人も、夏になるとドライヤーを使うと汗が出るし、放っておいても比較的早く乾くので、ついつい後回しにしてしまうという方もいるのではないでしょうか?

特にショートカットの方は気づけば乾いていたと言うこともあるかもしれません。ロングヘアの方も、タオルでくるっとまとめる→数時間放置というパターンもあるかもしれませんね。

でも生乾きの状態は髪にも地肌にもよくありません。頭皮の臭いの原因や、翌日の髪の広がりの原因にもなってしまいます。お風呂を上がったらタオルで髪をまとめて水分を吸収させている間に、フェイスケア→ボディケア→パジャマを着る→タオルドライして髪を乾かすという流れを定着させましょう。

お風呂上りはダイエットにも最適な時間

お風呂上がりはフェイスケア・ヘアケアだけではありません。実はダイエット面でもキレイに差がつく時間なのです。お風呂上がりはキンキンに冷えたビールが欠かせない!という方もいらっしゃるかもしれませんが、1週間の内何日間かはダイエットの時間にしてみませんか?

お風呂上りは最高のストレッチタイム

誰でも経験があると思いますが、体が常温もしくは冷えた状態と、体がしっかり温められた状態では、温められた状態の方がストレッチがやりやすいはずです。お風呂上りは血行も促進され、気持ちもリラックスしているので、リンパの流れも良くなっています。

10分程度時間をとって、じっくりと体をほぐしていきましょう。ストレッチといっても難しく考える必要はありません。体育の時間でやったことがあるような柔軟体操や、股関節周り、肩甲骨周り、全屈して足の裏面の筋を伸ばしたり回したりする方法だけも十分効果が期待できます。

筋肉がほぐれて代謝アップや、むくみが解消されることによる美脚効果など、様々な効果が期待できるのです。

インナーマッスルを鍛える!筋トレをする

筋トレと言うとジムで汗をかきながら、苦しみに耐えながら重たいバーベルを上げることを想像するかもしれません。でもこちらで言う筋トレはそんなに激しいものではなく、ヨガやピラティスなどのインナーマッスルを鍛えるストレッチ系の筋トレのことです。

ストレッチ系の筋トレは入浴で体が温まり、筋肉が柔軟になっている時の方が効果的だと言われています。じっくりとインナーマッスルを刺激して筋肉がほぐれることで、心理面でもリラックス作用があるため夜でもおすすめです。

また、就寝前にベッドの上に仰向けに寝転んで、足を90度に上げ開いては閉じるを繰り返す「足パカ」も人気のトレーニングです。内腿に効くので太ももが細くなるんですよ。お休み前の習慣にしませんか?

水や温かい飲み物を飲む

暑い季節などは特に、お風呂上がりに良く冷えた飲み物を欲してしまいますが、冷たい飲み物は体を冷やしてしまいます。入浴で汗をかいているので水分補給は必要ですが、冷えたものより常温の水や白湯を飲みましょう。

白湯は内臓を温め、基礎代謝を上げたり便秘解消効果があります。また余分な水分や体内の毒素を排出する、デトックス効果も期待できるんですよ。

スポンサーリンク

お風呂上がりに避けたい飲み物

1日の疲れをお風呂で洗い流して、お風呂上りは究極の自由時間!リラックスタイムを楽しむと言う方もいらっしゃるでしょう。実はそのリラックスタイムに避けた方が良い飲み物があるのです。もちろんこれが楽しみで仕事が頑張れると言う方もいらっしゃるでしょうから、完全にやめることはできないかもしれませんが頭の片隅にでも置いておいてください。

牛乳などの冷たすぎる飲み物

古くから銭湯には牛乳やフルーツ牛乳が販売されており、お風呂上りは牛乳を飲むというイメージがあるかもしれません。でも実はお風呂上がりに冷たい飲み物は控えたほうが良いのです。

入浴により体温は上昇しているのに、冷えた牛乳などを飲むと胃腸が温度差に驚いて機能をストップしてしまいます。また冷たい飲み物は体にほとんど吸収されないと言われています。入浴で汗をかいているので、水分補給をしなければいけないのに水分補給にならず、むくみや疲労の原因となってしまうのです。

良く冷えたビールなどのアルコール類

女性でも、お風呂上がりに良く冷えたビールを一気に流し込みたい!という人は少なくありません。最初ののどごしを楽しむために、入浴前に水分を控えると言う人もいるくらいです。でもビールなどのアルコール類もお風呂上がりにはおすすめできません。

良く冷えた飲み物がお風呂上がりに良くないのは先ほど紹介した通りです。アルコールが良くないのは、アルコールは水分ですが飲んでも水分補給にならないからです。それどころかアルコールを分解するために、体内の水分を使わなくてはいけません。

入浴による発汗で体からは水分が減っており、血液もドロドロ状態になっています。そこに水分補給にならないアルコールを摂取して更に水分が減ったら…体にいいはずがありませんよね。

カフェインを含むものも避けるべし!

ではお風呂上がりにコーヒーや紅茶はいかがでしょうか?これならホットで飲むこともでき、体を温めるのでいいのでは?と思うかもしれません。(実はコーヒーは体を冷やす飲み物だと言うことは、ここでは一旦置いておきましょう)

でも、これらもおすすめできないのです。なぜならコーヒーや紅茶などのカフェインを含む飲み物は利尿作用があり、やはり水分補給にはならないからです。水分を失った体に、速やかに水分補給するという意味では役に立ちません。

安眠効果アップには香水がおすすめ

香水はお出かけ前につけるものと思ってはいませんか?好きな香りに包まれると、自然と呼吸が深くなり副交感神経が活発になります。体がリラックス状態になって、安眠に効果的なんですよ。お風呂上りは体温も上がっているので、香りが立ち上りやすいのでおすすめです。

お風呂上がりの困ったこと…

最後にみなさんが感じている「お風呂上がりの困ったこと」と、その対策を紹介いたします。

お風呂上がりに汗をかく!

折角お風呂に入ったのに、お風呂上がりに汗が止まらず汗だく・ベタベタ、臭いも気になるという悩みがあります。汗は蒸発する時に体を冷ます役割があるので、あまりこまめに汗を拭かずに汗をかききってしまうか、お風呂上がりに手首や足首に冷水をかけることで対策できるそうですよ!

蕁麻疹がでて痒くなる!

皮膚が急に温まることで蕁麻疹がでることを温熱蕁麻疹といいます。お風呂に入り体温が上がると足や胸に蕁麻疹が出る!辛いですよね。対策としては、痒くても掻かない、冷たく絞ったタオルなどを患部に当てるなどがあるようです。酷い場合はお医者様に相談する方が良いでしょう。

くしゃみがでる!

お風呂上がりにくしゃみがとまらないという方は、もしかすると温度差を感じることで症状が出る寒暖差アレルギーかもしれません。対策方法は、普段から筋肉量を増やす努力をする、香辛料などの血行を促進する食材を食べるなどがあるようです。また原因は自律神経の乱れにあるようですので、自律神経を整えるように心がけましょう。

尿漏れのようなものがある

お風呂上がりに尿漏れのようなものがある…これは尿漏れではなく、お湯漏れの可能性があります。産後にこのように感じる人も多いようですが、原因はお産によって膣口が広がり、お風呂の水が入りやすくなるからだそうです。対策は、洗い場でしゃがみ込んで2~3回強めの咳払いをすると、膣の中の水を出すことができるようです。

お風呂上りはキレイを作る時間!

お風呂上がりに実践したい事柄を紹介しました。毎日でなくてもいいので、1週間のうち何日間かこちらで紹介したお風呂上がりの過ごし方を実践すれば、今よりもっとずっと綺麗になれるはずです!お風呂上りは毎日ある時間なので、キレイの為にも有効的に使いたいですね!

スポンサーリンク