生後8ヶ月の夜泣きはママも結構大変…原因と対処法をまとめました

スポンサーリンク

最近やっと少しまとめて眠れるようになってきて、自分の睡眠不足も解消出来ると思っていたのに。理由も分からず夜中に何度も泣いて起きて、しかも泣き止まない。こっちが泣きたくなってきてしまいますよね。でも、赤ちゃんにもちゃんと理由があったんです。解決方法も、いろいろ試してみて下さい。その子に合った方法を見つけて、大変な夜泣き、なんとか乗り切りましょう。

生後8ヶ月の夜泣きには対策をたてましょう

夜中に何度も起きてはおっぱいを飲ませてオムツを変えて、なかなかまとめて眠れなかった新生児のころ。それが生後8ヶ月あたりになると、やっと1番大変な時期を乗り越え、中には夜中全く起きずに眠れる子も出てきたのではないでしょうか?こまめに起きてしまう子でも3~4時間間隔ぐらいまで夜中の授乳は減ってきている頃だと思います。

やっと私も少しゆっくり眠れると思っていた矢先だと思いますが、生後8ヶ月を迎えたあたり、夜中に理由もなく突然泣き出し、なかなか泣き止まないなんてことはないですか?世間で言うところの夜泣きというやつです。本当に大変で困ってしまいますが、赤ちゃんにも理由があるんです。

先輩ママたちの知恵をお借りして、少しでも余裕を持って大変な夜泣き時期を乗り越えて下さい。大丈夫です。必ず終わりは来ます。

スポンサーリンク

「夜泣き」ってよく聞くけど、一体何?

夜中に突然赤ちゃんが泣きだすこと

夜中に赤ちゃんが泣くことではなくて、夜中赤ちゃんが理由もなく突然大泣きすることです。オムツでもなく、おっぱいでもない、理由が分からないから、ママたちはみんな苦労しています。始まる時期も終わる時期も予想ができず、泣き方もその子次第です。

生後8ヶ月あたりでいきなりそうなってもパニックにならないで下さいね。どんな赤ちゃんも、多かれ少なかれ辿って行く成長の過程ですし、終わりは必ずやってくることですから、今が少し頑張り時です。

夜泣き:中野こどもクリニック

赤ちゃんの夜泣きが始まる時期と原因は?

早い子で3~4ヶ月頃から始まり、生後8ヶ月をへておよそ1歳半頃には終わる子が多いようです。原因は本当にはっきりしていないようですが、赤ちゃんが一定の睡眠リズムを作っていく過程で起こることだと考えられているようです。赤ちゃんはまだ上手に眠ることが出来ないので、浅い眠りのタイミングで目覚めて泣きだしてしまうとか。

いろいろ外の世界にも慣れてきて、不安に思う気持なんかも出てきたのでしょうか?ママは本当に大変な時期ですね。寝不足もひどくてイライラとかしてしまってないですか?無理しないで、休日の昼間に少しパパに赤ちゃんを見てもらったりして、可能な限り自分の身体も労わってあげて下さいね。

夜泣き:中野こどもクリニック

夜泣き – 和歌山市 の小児科 生馬(いこま)医院|

夜泣きの原因はハッキリしない

これが原因でこの子は泣いています!というのがはっきりしないのが夜泣きの大変な部分です。赤ちゃんはまだ全てのことが未完成ですので、眠ることもあまり上手ではないのです。昼夜逆転の生活になってしまったり、遊び足りずにあまり眠くなかったり。

親の眠りの躾がうまくいっていなくて、決まった時間に眠れなかったり、昼間に過度のストレスを感じてしまっていたり。そんな、大人から見ると些細な理由で、よく眠れなかったり、夜中に起きてしまったり泣いてしまったりもするようです。

もちろんそれ以外にもたくさんの理由が考えられるので、はっきりは分からないんです。大人にとっては些細なことでも、赤ちゃんには大変なことだということを親が理解してあげないといけないんですね。

夜泣き – 和歌山市 の小児科 生馬(いこま)医院|

生後8ヶ月の夜泣きの対処法

まずは抱っこしてあげましょう

日中からですが、子供とのスキンシップは何より大事だと思います。まずは抱っこして落ち着かせてあげるといいと思います。精神的な不安は、抱っこして体温を感じさせてあげたることが1番大事になってきます。

後は、足先を温めながら抱っこしてあげたり、足を丸めるようにくるんで抱っこしてあげるとより赤ちゃんは寝やすい様です。単調なリズムで子守唄を唄ってあげたり、ママの髪の毛やおっぱいを触っているだけで安心する子もいるようなので、そんな子には落ち着くまで添い寝してあげるといいですね。

大変ですが、ママに触れてると安心して寝られると感じてくれるなんて、これ以上の幸せはないですね。

夜泣きが収まらない時は?・夜泣きの対策:中野こどもクリニック

外の空気を吸わせて気分を変えてあげましょう

抱っこしてもどうしても泣き止まないこともあります。その時は思い切って1度リセットさせて起こしてしまうのもありです。赤ちゃんが夜泣きをする時は、半分寝ているような状態で、機嫌が悪い感じになってしまっているようなので。

外に連れ出してお散歩したり、近所を軽くドライブしたりするのもいいですよね。赤ちゃんは車などの小さな揺れが好きなので、案外スッキリ寝てくれるかもしれませんよ。外の空気に触れると、気持ちがすっきりするようですし、ママの気分転換にもなりますよ。

夜泣きが収まらない時は?・夜泣きの対策:中野こどもクリニック

授乳をしてあげましょう

しっかり授乳してお腹いっぱいのはずなのは分かっていても、もう一飲みするだけで落ち着いて眠くなる子もいます。また、抱っこして授乳してもらうだけで落ち着いて眠れる子もいます。あまりこれに頼りすぎてしまうと、卒乳した後の寝かし付けが大変になってしまうので気を付けないといけませんが、少しだけミルクを足してみてあげるのも方法の1つです。

夜泣きが収まらない時は?・夜泣きの対策:中野こどもクリニック

割り切って泣かしてあげましょう

どうしても何をやっても泣き止まないこともあります。そういう時は、そういうものなんだと割り切ることも大事です。今、この子は泣きたいんだなと思って、思い切ってなかせてあげましょう。まずはママがゆとりを持たないと余計赤ちゃんは泣き止みません。甘やかすだけでもダメなのかもしれませんね。

土川内科小児科 – 夜泣き

スポンサーリンク

夜泣きの予防方法はどんなものがあるの?

日中の生活リズムを整えましょう

赤ちゃんの生活リズムを整えてあげられるのは親です。意識しないと、なかなか整わないと思います。ご飯の時間、お昼寝の時間、ちゃんと定まっているかもう一度確認してあげて下さい。

特にお昼寝は、時間も決まっていた方がいいですし、あまり遅くまでお昼寝させてしまったり長くお昼寝させてしまうと、夜なかなか眠れず夜泣きの直接の原因になってしまいますので気を付けましょう。無理に起こす必要もありませんが、月齢に合わせて少し減らしてみたりしてもいいかもしれませんね。

夜泣きの対策:中野こどもクリニック

昼間にお散歩などをさせてあげましょう

昼間にお日様の下で日を浴びるというのはとても大切なことです。明るい時間は起きて遊ぶ、暗くなったら寝るという、昼夜の時間の感覚も身に付きますし、外で適度に刺激を受けてくることは子供にはとても大切なことです。紫外線の強い時間は避けて、短時間でも意識的に外に連れ出してあげましょう。

たくさん遊ぶことで、夜ぐっすり眠れるようになるのは、大人も赤ちゃんも同じですね。

夜泣きの対策:中野こどもクリニック

睡眠時の環境を整えてあげましょう

部屋は暗くしてあげる、テレビは消してあげる、親も一緒にお布団に入ってあげる、足を温めてあげるなど、子供がすんなり眠る為には環境が大切になってきます。大人と同じではないので、子供の睡眠は親がしっかり環境を作ってあげることが重要になってきます。

子供は眠い時に手足が温かくなります。なので、タオルにくるんで温めたり、寝る少し前にお風呂に入って体を温めたりするとすんなり眠りやすくなるようです。

夜泣きの対策:中野こどもクリニック

親は穏やかな心で接しましょう

なかなか寝てくれないとイライラしてしまいますよね。でも、子供はとても敏感です。親のイライラを感じ取って、こちらがイライラしているときほど寝てくれないものです。

まずは親が深呼吸して落ち着きましょう。子供が泣いてどうしようもなければ、今は泣きたいんだと割り切って、付き合ってあげるくらいの余裕が大事になってきます。

土川内科小児科 – 夜泣き

大丈夫です!いつか必ず終わりは来ます。

生後8ヶ月になっても夜泣きが収まらない。毎日子供の泣き声を聞いて、夜もなかなか寝てくれないうえ原因もなく大泣きして泣き止まず。ママは寝不足にもなるし本当に大変だと思います。でも、終わりのない繰り返しのま毎日に思えますが、必ず終わりは来ます。

しかも、そんなに遠くない時期に終わりが来ると思います。今が大変なママにはなかなか伝わりにくい言葉かもしれませんが、今が大変な分大きくなった時のいい思い出になります。今だけ、ちょっとあなたの可愛い赤ちゃんに付き合ってあげて下さい。

スポンサーリンク