毛穴つまりがスッキリと!ポツポツ角栓のための正しいケア方法とは

スポンサーリンク

毛穴つまりはお肌の美しさを邪魔する女性の大敵です。小鼻や眉間、鼻の脇などのポツポツに悩んでいる人は多いことでしょう。こうした毛穴のつまりは見た目が悪いだけでなく、お肌の状態が衰えているサインでもあります。そのため、気になる毛穴は早めにケアをして、健康的な素肌を取り戻すことが必要です。もう悩まないで!正しいケアをすれば、毛穴をキレイにスッキリさせて本来の肌の美しさを手に入れることができるでしょう。

意外と知らない!毛穴つまりの正体は?

鼻の周りや眉間のポツポツなど、毛穴つまりは比較的オイリーになりやすい部分に多く見られます。そのため、毛穴つまりの正体を「脂」だと考えている人は多いものです。ところが毛穴つまりの元であるいわゆる「角栓」の成分としては「脂」以外のモノの方がたくさん含まれています。

毛穴の中の角栓には体の内側からにじみ出てくる皮脂も当然含まれています。しかし、その主成分は皮脂ではなく「タンパク質」です。割合としてはタンパク質7割、脂3割となっており、タンパク質は古い角質によって溜まっていきます。簡単に言えば、毛穴の角栓は古い角質に脂が混ざったものであり、一度詰まれば水で流しても温めても容易に溶け出してくれるようなものではありません。

スポンサーリンク

どうして私だけ?毛穴つまりの原因を見つけて

毛穴のつまりや黒ずみ、ポツポツ、ザラザラとした洗い手触り…。メイクでも隠しきれずに悩んでいる人も多いことでしょう。中にはキレイな毛穴レスの素肌の人もいるのに自分だけ、と気持ちも顔も下を向いてしまいそうです。

実は、毛穴つまりにはきちんとした原因があって、肌の性質によって詰まりやすくなってしまうことがあります。ただし、肌の性質イコール「変えられないもの」ではありません。毛穴がつまりやすい性質は、毎日の間違ったスキンケアなどで作り上げられてしまったものであり、改善の余地があります。

まずは、どうして毛穴がつまりやすくなるのか、その原因とメカニズムをよく理解しましょう。どんな肌質の人でも毛穴つまりのリスクはあるようです。

オイリー肌は注意!皮脂が毛穴つまりの下地を作る

毛穴つまりの成分としては少なめではありますが、皮脂もやはり大きな影響を与えるものです。オイリー肌の人は特に皮脂の分泌量が多いため、毛穴がベタついて汚れが溜まりやすくなっています。皮脂は固形物ではありませんが、ベタつきによって汚れを溜めやすい下地を作ってしまうのです。

オイリー肌の人は、あぶらとり紙や洗顔などで頻繁に肌の皮脂を取り去る努力をしがちですが、これも毛穴のためにはあまり良くない行為です。皮脂を過剰に取りすぎてしまうと、体は「不足している」と勘違いしてどんどん皮脂を出し続けてしまいます。ベタつきを気にした「取り去る」ケアは余計にベタつきを増やしている可能性があります。

乾燥肌の人も注意!乾燥が毛穴つまりを促進する

カサカサとしている乾燥肌は、皮脂の分泌によるベタつきや毛穴つまりには関係なさそうに見えますが、意外な点で毛穴のトラブルを引き起こしやすい環境があります。乾燥肌の人も毛穴のつまりや黒ずみで悩んでいる人も多いものです。

乾燥肌が毛穴のつまりを引き起こす原因の一つとしては、肌の硬さがあります。乾燥によって水分を失った角質層は硬くなってしまい、肌の伸縮が悪くなります。当然毛穴の伸び縮みも悪くなってしまうため、毛穴が開きっぱなしで汚れが溜まりやすくなるのです。

実は鼻の周りに毛穴つまりが集中して起こる原因にも乾燥による肌の角質の硬さが関係しています。鼻の皮膚は摩擦を受けたり刺激を受けやすいため、角質が分厚くなりやすく、乾燥しやすい部位なのです。そのため、皮脂が盛んに分泌されてベタつきや毛穴の角栓が出来やすくなるのです。

さらに、乾燥肌の人でも皮脂の分泌が多くなる場合もあります。乾燥肌は基本的には肌の「水分」が足りなくなって起こるものですが、その水分の不足を感じた体は皮脂を分泌させることで潤いを補おうとするのです。乾燥肌の人は、肌が硬くなって毛穴が開きっぱなしになったことに加えて、皮脂分泌が起こるというダブルのリスクを背負っています。

肌に残った汚れに注意!メイクや古い角質が毛穴をふさぐ

オイリー肌の人も乾燥肌の人も、皮脂の分泌のベタつきによって汚れが毛穴につまりやすくなるリスクを持っていることが分かりました。しかし、皮脂は脂であり固形物ではないのでそれだけで毛穴つまりが起こるハズはありません。最後に毛穴つまりの原因となるのは、脂でベタつき、広がった毛穴に付着して残るメイク汚れや角質です。

メイクの粒子や角質は溶けない固形物であり、クレンジングオイルでもなかなか落ちにくいものです。いつの間にか残ってしまった汚れが皮脂と混ざり、酸化して黒ずんでいきます。鼻の頭に黒いポツポツができる「いちご鼻」の人は隠そうとしてメイクを厚塗りにしがちですが、そのメイクこそがいちご鼻を悪化させているかもしれないのです。

毛穴つまりを取る!角栓を根こそぎゴッソリ

毛穴のつまりが気になる時には、やはりつまった角栓を除去することが必要です。しかし、やり方次第では一度取っても再びつまりやすい状態となってしまうため、正しいケアを心がけることが大切となります。角栓を根こそぎゴッソリ取ってやろうとして失敗するケースが後を絶ちません。

肌を傷つける毛穴ケアは避けて

毛穴のつまりを取りたいからと言って、肌にピンセットなどの器具を当てたり、肌を乱暴にこすったりすることは厳禁です。角質は肌の刺激によって次々と作られる性質を持っており、洗いすぎや擦り過ぎも毛穴のつまりを悪化させます。

角質層というのは、内側の皮膚組織を守るバリア機能として働いています。肌の奥から皮膚組織が作り出され、ターンオーバーによって内側から外側へと押し出されるようにして組織を新しくしています。古い角質は自然に剥がれ落ちていきますが、傷つけたり過度にはがされることで、肌を守ろうとして皮膚組織を作るスピードがアップされます。

皮膚組織を作るスピードがアップしても、作り出す機能自体は高くなるわけではないため、新しい皮膚は弱く、乾燥しやすい未熟な状態となってしまうのです。すると、乾燥から肌の強張りや毛穴の開き、さらに過剰な皮脂分泌という悪循環が生まれます。

人気はあるけど…毛穴パックはやりすぎ注意

毛穴の汚れを取る手軽な方法として、毛穴パックがあります。シートタイプや塗るタイプなどがありますが、そこに共通するのが“乾かすことで角栓の先端をガッチリと捕まえて引き抜く”という手法です。引き抜くこと自体は合理的に見えますが、実はこれには大きなリスクが潜んでいます。

毛穴パックを乾燥させて剥がすという行為は、毛穴の角栓を強い力で引き抜くことに役立ちますが、一方ではそれ以外の部分の皮膚にも強い力がかかるものです。毛穴以外の皮膚は張り付いたパック材を剥がす時の刺激を受けています。それによってバリアを果たしている角質がはがされたり、皮膚が傷ついてしまうことがあります。

そのため、はがすタイプの毛穴パックはあまりおすすめできません。どうしても使いたい人も頻繁には行わず、気になる時だけにとどめましょう。はがす時に感じる痛みは肌を傷つけている証拠です。

優しく洗える!酵素洗顔料を取り入れて

毛穴のケアには、角質を取り除くパワーだけでなく肌に負担をかけない優しさが必要です。パワーと優しさが両立できる話題の洗顔の一つに「酵素洗顔」があります。酵素はタンパク質である角質や皮脂などを分解してくれる働きがあるため、ゴシゴシ洗ったり、はがすなどの強引な方法を必要としません。

酵素洗顔料を使うことで角栓を自然に分解して柔らかく洗い流すことができるため、ニキビができている肌にも刺激が少なくおすすめです。

自宅でできる!ピーリング石鹸を活かして

タンパク質の汚れである毛穴のつまりを取るためのもうひとつのおすすめの方法が、ピーリング石鹸です。AHAやハイドロキノン配合のピーリング石鹸は、そっと肌に乗せるだけで角質を除去する効果が期待できます。不要な角質を自然に洗い流して、くすみや黒ずみのない肌へと導きます。

たまには贅沢ケアを!エステで毛穴のつまり取り

毛穴つまりのセルフケアが上手にできない人は、エステでしっかりとケアしてもらうこともオススメです。エステでは専門のスタッフがより安全に心地よくトリートメントをしてくれます。成実なオリーブオイルなどの天然成分で行うマッサージで、毛穴の汚れもスッキリと落ちて、肌に栄養を与える効果も期待できます。

オリーブオイルマッサージはセルフケアでも人気ですが、その品質やケア方法によっては肌トラブルを起こすこともあります。そのため、安全に効果を高めたいのであればプロのマッサージを利用することも大切です。

スポンサーリンク

セラミドの効果を毛穴に!「締め」のケアで毛穴レスの素肌

これまでは、毛穴の角質を「除去する」ことを考えてきましたが、次はアフターケアについて見ていきます。毛穴の角質ケアは、取るだけでなくその後のケアが重要です。つまりを取った後の毛穴は開ききっており、非常に無防備で次の汚れが入りやすい状態となっています。最後の「締め」を正しく行うことで、毛穴を小さく引き締めることができるのです。

毛穴を引き締めるためには、肌の細胞をふっくらとさせてくれる成分、セラミドが効果的であると言われています。

セラミドの効果は「保水力」

セラミドは細胞間脂質と呼ばれている成分で、皮膚の角層の中に存在する保湿成分です。水分保持力に優れており、肌の保湿の80%を担うと言われています。角質細胞の隙間を埋めるために肌がもともと持っているものですが、加齢や刺激で失われやすくなり、乾燥肌を引き起こします。

セラミドを使うなら美容液でたっぷりと

セラミドは、細胞間脂質の主成分であり、水には溶けない成分です。そのため、しっかりと浸透させるためには化粧水ではなく美容液などで補うことが必要となります。水分を保持する力を上手に生かすためには、化粧水でたっぷりと水分を補った後でセラミド入りの美容液を塗布すると良いでしょう。化粧水の水分をセラミドで閉じ込めることができそうです。

品質重視!類似品にはご用心

セラミド入りのスキンケア用品は多数出ていますが、本当のセラミドではなく類似品、擬似セラミドを使った商品も出回っているため、選ぶ際は注意が必要です。天然セラミド(動物性セラミド)、植物性セラミド、ミルクセラミドなどのいくつかのセラミドがあり、これらのものにも効果は期待できますが、もっとも良いのは「人型セラミド」です。

人型セラミドは「セラミド+数字(英字)」で表示されているため、セラミド入りのコスメをチェックする際には成分表示を見てみましょう。

セラミドパワーで輝く透明感を

セラミドを肌に与えることで、肌の弾力を支えるコラーゲン組織などを安定させる効果もあると言われています。肌はハリを取り戻し、キメも整うことでなめらかで美しい肌が作られます。またさらに、セラミドには美白作用やメラニン生成の抑制作用があるとも言われており、毛穴の黒ずみの除去に加えて肌に透明感を与えられる効果も期待できそうです。

細胞ふっくらで毛穴の目立たない肌へ

毛穴のつまりを除去してセラミドを塗布することで、肌は水分をたっぷりと保持してふくらみ、毛穴を覆い隠してくれます。つまりを取るだけでなくその後の毛穴を締めることで、毛穴の目立ちにくい肌が仕上がります。また、毛穴が閉じているため、そこに汚れが入りにくくなって、つまりにくくなる効果も期待できるでしょう。

毛穴のつまりは「取って引き締める」で決まり!

毛穴のつまりや黒ずみは、正しいケアをすることで肌質に関係なくキレイにすることができます。正しいケア方法で汚れを取り去ったら、最後にきちんと毛穴を閉じることが大切です。毛穴のつまりをなくして、つまりにくい毛穴を維持することは、肌を健康にして衰えさせないためにも必要となります。

スキンケアの基本は毛穴のつまりのケアから。明るく若々しい素肌を蘇らせて、自然な美しさを楽しみましょう。

スポンサーリンク