ツヤ肌はみんなのあこがれ♡韓国で流行の「水光肌」を作るコツとは

スポンサーリンク

エステに通ったり、いろんなスキンケアを試してみたけれどなかなか思うように肌に輝きがでないということでお悩みの方もいらっしゃると思います。ツヤツヤした肌を手に入れるためにどのようなことをすれば良いのかご紹介していきます。

韓国人女性の「ツヤ肌」の作り方

今韓国で流行っているメイク「水光肌」。艶肌とも言われ、内側から自然に光っているようなツヤっとした肌のことです。その韓国で今人気の「ツヤ肌」の作り方をまずは簡単にご紹介します。

1.メイク前にしっかり保湿
メイク前に化粧水を使って十分にお肌を保湿します。フィッティング効果のあるものがお勧めです。密着度がアップしてよりツヤツヤになります。

2.化粧下地でベースを整える
お肌表面を整えるために下地を塗ります。下地を塗る際に理想のお肌に合わせて下地の色味を変えるのもいいでしょう。

パープル:白く透明感のあるお肌になります。
グリーン:赤みを消してくれます。
ピンク:ワントーン明るいお肌になりたいときには最適です。

3.ファンデーションでしっかりとツヤを出す
ツヤ感のあるファンデーションで自然なツヤを出しましょう。ファンデーションではクッションファンデーションが人気です。クッションファンデーションとは、スポンジでできたクッションに液体状のファンデーションが含まれており、パウダーやリキッドとは違った感覚のものです。タッピングするだけで自然なツヤが出ます。

韓国で人気の「水光肌」メイクに挑戦し、ツヤ肌を実感してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

「ツヤ肌」を作るスキンケア

まずはツヤ肌になるためにはスキンケアが重要不可欠になってきます。肌の調子を整えて、よりツヤ肌を目指すためにおススメのスキンケアをご紹介します。

セラミド配合の化粧品

「セラミド」とは人間が本来持っている成分で、肌細胞の隙間でうるおいや油分を閉じ込め、乾燥から肌を守る優れた保湿成分です。美肌には欠かせないセラミドですが、スキンケアの際にセラミド配合の化粧品を選ぶ際は3つのポイントをチェックしてください。

<ポイント1:「天然」のセラミド>
セラミドは「動植物から抽出する天然のもの」と、「酵母などを組み合わせた天然型のもの」と「分子配列がそっくりでも全く異なる疑似のもの」の3種類あります。一番肌が吸収しやすいものは天然のセラミドです。天然のものを選ぶようにしましょう。

<ポイント2:その他美容液成分が入っている>
ヒアルロン酸やコラーゲンは、セラミドとの相乗効果が期待できるため、それらの成分が含有されているほうがセラミドがよく働けるため効果的です。

<ポイント3:肌への刺激が少ないこと>
セラミド自体はほとんど肌への刺激は少ないものです。しかし一緒に含有されている成分に刺激の高いものがあれば肌トラブルを引き起こす可能性もあるためなるべく低刺激のものを選ぶようにしましょう。

オイルで蓋をする

オイルは美容効果も高く、肌の保湿には効果的です。また、艶肌を目指すにはとても効果的な化粧品の一つです。今、オイルは注目されている化粧品です。お肌に蓋をする役目があるオイルは、潤いを閉じ込め保湿力を強化してくれます。

オイルを選ぶ際、最初はさっぱりめの浸透しやすい美容オイルをおススメします。ホホバ・グレープシード・スィートアーモンド・アルガン・マカダミアナッツオイルなどです。また、オイルは蓋をするだけでなく様々な用途で使われることがあります。

●化粧水の前に塗る
洗顔後にオイルを顔全体に伸ばしブースター的な使い方もおススメです。オイルが肌を柔らかくしてくれるので化粧水の浸透力が高まります。

●化粧品に混ぜる
自分の愛用している化粧水や乳液、ボディクリームにオイルを1~2滴混ぜると保湿力がアップします。また、リキッドファンデーションやクリームファンデーションにオイルを1滴加えると、伸びもよくなります。

「ツヤ肌」になるためのメイクのコツ

ツヤ肌を作るメイクにはいくつかのコツがあります。そのコツをまとめましたので、ベース作りの時に意識してみてください。

下地を塗ったらハンドプレス

化粧下地を塗り、ティッシュで余分な油分を取り除いたら両手で顔全体をハンドプレスしましょう。ハンドプレスすることによって、肌が温められ下地が肌に馴染み、化粧のノリも良くなります。また時間が経つにつれて、化粧崩れを防いでくれる効果もあります。化粧下地の最後はハンドプレスを忘れないようにしましょう。

ファンデーションにオイルを一滴混ぜる

ファンデーションにオイルを混ぜることでツヤ感を出すことができますが、「肌が乾燥しにくくなる」「肌馴染みがよくなる」「オイルの量をその都度調節できる」というメリットもあります。自分の肌の状態に合わせてオイルを調整してみてください。

オイルの混ぜ方

ファンデーションは、リキッドファンデーションかクリームファンデーションを使用してください。

1)手のひらにファンデーションをとります。
2)オイルを一滴垂らします。
3)ファンデーションとオイルを混ぜます。
4)オイルを混ぜたファンデーションを肌に伸ばします。
5)顔全体に塗れたら、スポンジでなじませてください。その時に、フェイスラインと首の境目がなくなるようになじませましょう。

ファンデーションはブラシでツヤを作る

ファンデーションは塗り方で大きく質感が変化するものです。ブラシでつけることによって、肌に磨きがかかったようにツヤが生まれます。いろんな形状のブラシがありますが、「リキッドファンデーション用」と表記のあるものを使用してみてください。

ファンデーションの塗り方

1.手の甲にファンデーションを出し、ブラシに取ります。
2.頬・額・顎の順に大きく伸ばすように塗布してからブラシを往復させてなじませましょう。
3.ブラシに残ったクリームで細かい部分をつけていきましょう。
4.全体にムラがないようにします。
5.フェイスパウダーをのせていきましょう。パフでしっかり付けた後、パウダー用ブラシで余計な粉を落としたら完成です。

コンシーラーを気になる部分に

くすみやクマがあるだけで明るい肌の印象が台無しになってしまいます。ツヤ肌メイクにはくすみやクマは除去しましょう。

ただし、隠そうとしてあまりにコンシーラーを塗りすぎてしまうと、かえって目立たせてしまうことになりますし、化粧崩れもしやすくなります。クマやくすみになじませるように塗るようにしましょう。

ハイライトを活用

ハイライトとは、顔の部分的な個所に明るい色をのせてツヤ感を出し、肌を立体的かつ明るく演出してくれるメイク法です。ハイライトを入れることで、ファンデーションでは出せなかった自然なツヤ感をプラスすることができるので、ツヤ肌メイクにはおススメです。

チークのクリームタイプを

クリームチークは色持ちもよく、ナチュラルな血色を与えてくれるツヤ肌メイクにはもってこいのアイテムの一つです。使い方はパウダーチークよりも簡単です。

まず、手の甲に適量とり、調節しながらつけていきます。いきなり頬にのせるとムラになったりするので、まずは手に取ってみてください。そして薬指でトントンとのせていきます。中指・薬指を使って「の」の字を書くようにトントンと細かく外側の方向に伸ばしていきましょう。

指だけの仕上げでもいいのですが、スポンジを使い円を描くようにくるくるぼかすと、色むらがなくなり自然な印象になります。

そして最後に、ナチュラルなツヤ感を出したい場合は保湿度の高い乳液を活用してみましょう。チークを塗り終わった頬骨のあたりだけに、乳液を馴染ませてください。あまりつけすぎると崩れやすくなるので少量だけなじませてつけてください。そうすることでツヤ肌を演出できます。

スポンサーリンク

「ツヤ肌」になるためのとっておきアイテム

ツヤ肌を作り上げるための、必須アイテムをご紹介します。

ツヤ肌下地

■ポール&ジョーボーテ ラトゥーエクラファンデーションプライマー…肌の色を明るくしてくれるラベンダーカラーで、光コントロール化粧下地です。素肌そのものが美しい輝きを放っているような上質なツヤと透明感をもたらします。パール入りなのでくすみを目立たなくしてくれ、綺麗なツヤ肌を作ってくれます。

■ナーズ メーキャップイルミネーター…肌を生き生き見せてくれる島リングピーチピンクが肌に馴染み、肌のトーンを美しく見せてくれます。美しい素肌感を出してくれるため、つるんとした肌になります。

■エスプリーク ツヤ・ハリ仕上げ発光下地…肌の内側から発行するようなツヤとハリを演出してくれます。4種類の偏光パールの発光コンプレックスパウダー配合で、多くの光を肌表面で正反射させ多くの光を取り込みます。

■pdc リルレナファンデボリューマー…水にぬれたようなツヤ肌を演出することができます。4種類の美容液保湿成分を配合しており肌馴染みがいい美容液化粧下地です。

ツヤ肌ファンデーション

■シュウ ウエムラザ・ライトバブルUVコンパクトファンデーション…自然なツヤを出すことができ、陶器のような美しく自然なツヤ肌になれます。高いカバー力を備えたファンデーションです。

■エスト クリスタルドレスパウダー…パールが入っており透明感あふれるツヤ肌を作ることができます。
化粧崩れもしにくく、触りたくなるような肌にしてくれます。

■ランコム タンミラクリキッド…3種類のパールが配合されており、肌の輝きをアップさせてくれます。
透き通るような透明感とツヤへ導いてくれるアイテムです。

■RMK ジェルクリーミィファンデーション…潤いをキープしてくれ大人のツヤ肌を作ります。ジェルタイプのファンデーションのためムラなく塗ることができます。

ツヤ肌スキンケアアイテム

乾燥してしまったり、逆にギトギトしてしまったりするのはクレンジングや洗顔で保湿成分が失われているため過剰に皮脂を分泌しようとしたりするのです。そのため極度に乾燥したり、いくら洗顔してもギトギトしてきたりするのです。

そこでまずは洗顔法を見直して保湿成分の流出を防くように心がけていきましょう。特に睡眠中は肌の回復力が高まるため、夜の洗顔やクレンジングを見直しましょう。昔ながらのコールドクリームや肌にやさしいクレンジングミルクを使うのがお勧めです。

化粧水はたっぷりつけるようにしましょう。時間があればローションパックをし、水分でたっぷり潤わせ肌のキメを整えます。化粧水を選ぶ際はアルコールが入ったものは控えるようにしましょう。アルコールは殺菌消毒などの効果はあるのですが、水分を蒸発させる働きもあるため、せっかくたっぷりの化粧水をつけても蒸発してしまいもともとの水分も吸い取られてしまうからです。

乾燥を防ぐために、肌は昼でも夜でもクリームを塗るようにしましょう。保湿し続けることで肌の新陳代謝がよくなり、毛穴の開きや吹き出物を防ぎます。保湿にはワセリンなどもおススメです。ワセリンは伸びがいいため少量でも十分に顔全体に塗ることができます。塗りすぎに注意しましょう。

オイルアイテム

オイルの優れている点は肌に馴染むという点です。成分的にも人間の皮脂組織に似ているものも多く、保湿しながら肌の皮脂バランスを整える作用があります。またオイルにはビタミン、ミネラルといった栄養素を含む有効成分がたっぷり入っているのも魅力です。

■アルガンオイル…モロッコに生育するアルガンの樹に実る果実から抽出した希少なオイルです。オレイン酸やリノール酸など良質な脂肪酸で構成され、抗酸化力の高いビタミンEがオリーブオイルの2~3倍と豊富なのが特徴です。しっとりなめらかな感触で浸透力が高く、ふっくらとした柔らかな肌に整えてくれます。

■ホホバオイル…アメリカ南西部からメキシコ北部に自生しているホホバの木の実から採れるホホバオイル。オイルと呼ばれていますが、成分としては植物性液状ワックスに分類されます。ベタつかないサラッとした使用感が特徴で、マッサージオイルにも最適。高い抗酸化力を持っているので、酸化にも強く安定性も抜群です。

憧れのツヤ肌になるためにスキンケアも

「ツヤ肌」になるためには日々のスキンケアから肌に潤いを与えていくことが大切です。もちろんメイク術だけでも、コスメアイテムを使ってツヤ肌をえることはできますが、何よりもベースである素肌を整えることも潤いのある肌に見せる近道のようです。

肌のタイプは人それぞれです。自分に合っていると思っていた化粧品が実はもとほかに合うものがあるかもしれませんよ。自分に合う化粧品を見つけ、綺麗な素肌で生き生きと日常生活を送っていきましょう。

スポンサーリンク