1人で頑張るシンママに贈る、仕事も恋愛もうまくいく7つの心得

スポンサーリンク

シンママとは、シングルマザーの略であり、現在とても増えていると言われています。そして、シンママであることから、特有の悩みも多いと言われています。今回はこのようなシンママの悩みや、その悩みを解決するための心得などをまとめてみました!

シンママの悩みや生活での心得とは?

シンママとなった人は、やはり一般家庭とは異なる悩みも多いものです。周りに相談できる人や共感できる人などがいないことから、精神的につらい生活を送っている人もいるのではないでしょうか。このようなシンママの悩みや、その悩みに対する解決策を今回は詳しくまとめてみました。

これからシンママになる人や、シンママの悩みや解決策についてを知りたかった人は、ぜひ参考にしてみてください。シンママのおすすめのブログも紹介しているので、先輩シンママの生き方も参考にして、自分らしい生き方を探してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シンママとは?

シンママとは、現代のシングルマザーの略であると言われています。初めて聞いた人も、中にはいるかもしれません。現在、このシンママの生き方についていろいろな意見があがっているものの、女性一人で子供を育てていくということはとても大変なことです。まずは、このシンママの意味についてを考えていきたいと思います。

シンママの意味について

シンママとは、シングルマザーを略した言葉であり、離婚などによってパートナーを失い、一人で子供を養育している母親のことを指す言葉であると言われています。そのため、決して「新ママ=新しいママ」という意味ではないので、使用する際には注意するようにしましょう。

シンママの貧困率

このような、現代のシングルマザーであるシンママは、女性一人で子供を育てなければいけないという状況から、とても貧困率が高いと言われています。そのため、厚生労働省のデータによれば、母子家庭であるシンママの貧困率はなんと5割以上であるという結果が出ています。

シンママの悩み1:仕事

このように、経済状況も厳しいシンママですが、シンママの大きな悩みの一つとして「仕事」の問題があります。次からは、シンママが悩む仕事についての内容を、詳しく解説していきます。

子供と過ごす時間がない

シンママの仕事における大きな悩みの一つは、子供と過ごす時間がないということです。とくに、実家に戻れずに子供と二人暮らしのシンママの場合には、自分が一家の大黒柱でもあるため、仕事をしないわけにはいきません。

そのため、目一杯働かないと暮らしていけないというシンママもたくさんおり、このように目一杯働くことによって、子供と過ごす時間がなくなってしまうのです。子供が小さいうちは一緒に過ごす時間が大切であるとわかってはいるものの、自分以外に家計を支えていける人がいないため、自分の時間はほどんど仕事に費やすことになってしまうのがシンママの現実です。

収入が少なく生活が厳しい

また、シンママはどれだけ働いても、よほどキャリアがあった人以外は収入が少なく生活が厳しい人がほとんどです。そのため、今後子供が育つに従いよりいっそうお金がかかることから、資格を取得してキャリアアップを目指すシンママが多いと言われています。

子供が病気の時に頼る人がいない

シンママは自分と子供の二人暮らしであるため、子供が病気になった時などに頼る人がいないことも大きな悩みであると言われています。子供の看病をずっと続けていたいものの、自分が働きにでないと家計自体が破綻してしまうことになるため、止むを得ず仕事に出かける人も多いと言われています。

スポンサーリンク

シンママの心得1:仕事や生活について

シンママの仕事においての悩みを解決するには、次から解説していくような心得が重要なポイントになります。もしも、前述したような同様の悩みを抱えているシンママは、ぜひ参考にしてみてください。

子供と過ごす時間は量より質と心得るべし!

シンママである以上、普通の家庭のように子供に時間をかけることは不可能です。しかし、だからと言って悲しむ必要はありません。シンママは、パパとママの両方を兼ねそなえた存在ですが、体は一つであるため自分でできることの範囲には限界があります。

無理をしていろいろなことを行うこともできないし、生活をしていくためには仕事を休むこともできません。そのため、子供と過ごす時間が必然的に少なくなりますが、子供と過ごす時間は量が多ければ良いというものではありません。

シンママでなくとも、親子の時間とは「量」よりも、真剣にお互いに向きあって過ごすことができるかの「質」が重要であると言えるでしょう。そのため、子供と過ごす時間が少ないと嘆くのではなく、一緒に過ごせる時間の質を高める努力を行うことを心がけるようにしましょう。

国のお金や支援制度について知ること!

また、収入が少なくて困っているシンママも多いはずです。しかし、じつはこのような人向けに、国では支援制度なども設けられています。例えば、児童扶養手当などもその一つです。これ以外にも、収入額や世帯の状況により、受けられる支援が異なるため、きちんと調べて受けることができる制度は活用するようにしましょう。

時には施設なども利用するべし!

子供が病気の時に預かってもらえる人がいないという場合には、病児保育施設などを利用することも視野に入れましょう。このような病児保育は、医療機関に併設されていることも多いため、事前に登録しておけば子供が急に病気になった際に、看護や保育をしてもらうことが可能です。

そのため、自宅から近い病児保育施設を事前に調べて登録しておくことをおすすめします!

シンママの悩み2:結婚

シンママの仕事についての悩みと心得を紹介してきましたが、シンママにはもう一つ大きな悩みがあります。女性であれば、多くの人が悩む恋愛や結婚についての悩みです。次からは、シンママの結婚についての悩みを解説していきます。

子供や周囲に引け目を感じてしまう

シンママの多くは自分が「女」であることよりも、どうしても「ママ」であることの方を強く意識して生きてしまいがちです。そのため、子供や周囲に引け目を感じてしまい、自分の恋愛や結婚について後回しになってしまう人が多いと言われています。

このように、シンママであることから世間の目を気にしてしまうと、自分の本当の気持ちに気づくことができなくなります。そして、自分の本当に望む幸せがわからなくなってしまうおそれがあるので注意する必要があります。

子供と恋人を会わせるべきか悩む

また、シンママは恋人ができた時にも、子供と恋人を会わせるべきかに悩む人も多いようです。子供の年齢にもよりますが、自分の恋人がパパになるかはまだわからないため、子供を混乱させないためにも簡単に会わせていいものかどうかを悩んでしまう人が多いと言われています。

シンママの場合には、普通の恋愛とは異なるため、恋人と子供との折り合いをつけるのはなかなか難しいことでしょう。そのため、タイミングを見ながら両立していく必要があるでしょう。

恋人が子供を愛してくれるか不安

さらに、もしも再婚することになった場合には、恋人が自分の子供を愛してくれるかどうかも不安になるシンママが多いようです。このような不安は、おそらくシンママであれば誰しも持つものであると言えるでしょう。

恋人がもしも初婚である場合には、なおさらこのような不安が大きくなる人もいることでしょう。相手にとっては他人の子供となることから、子供の幸せのためには恋人と自分の子供とが折り合いがつくかをきちんと見抜くことも大切です。

このような複雑な問題があることから、シンママは恋人ができてもなかなか先に進めないという人も多いと言われています。

シンママの心得2:恋愛と結婚について

このように、他人や子供に気を使いすぎて、恋愛に今一歩踏み込めないシンママですが、このような状態を解説するためには、どのような心得が必要なのでしょうか?次からは、シンママの恋愛や結婚についての心得をご紹介します。

きちんと彼氏にシンママだと打ち明けるべし!

まず、気になる人ができた場合には、自分がシンママであるということを早い段階で打ち明けることが大切です。なぜなら、シンママということを最初に伝えておかないと、真実を告げるタイミングがなかなかつかめなくなってしまうからです。

そのため、彼氏になる前の段階からでも、もしタイミングがあれば先に打ち明けておいた方が良いと言えるでしょう。

世間の目は気にしない!

そして、シンママは自分が子供の母親であるという事実から、世間の目を気にしがちです。しかし、このような世間の目をいちいち気にしていたら、何も行動を起こすことができなくなってしまいます。

自分の人生は自分だけのものであるため、自分に素直に生きられるように世間の目は気にしないようにしましょう!他人があなたの人生に口出しをする権利などはないのです。

子供を最優先に考えること

ただし、自分の生きたいように生きるといっても、一番最優先にするべきはやはり子供であると言えるでしょう。なぜなら、子供の親はあなた一人しかいないからです。また、このような環境になってしまったのは、あなたの責任でもあることから、子供にはしっかりとした愛情を注ぐためにも、子供のことを最優先に考えるようにしましょう。

恋愛は「オンオフ」を切り替えるべし!

シンママはママでもあり、パパでもあります。そのため、仕事や育児、家事など時間に追われている人の方が多いことでしょう。このような生活の中で、恋愛関係をうまく保つためには、やはり「オンオフ」の切り替えが大切であると言えるでしょう。

女性はどうしても恋愛に重点を起きがちですが、自分には子供や仕事があるため、生活の中で恋愛だけに偏らないように注意する必要があります。

頑張る気力が湧く、シンママおすすめブログ

シンママはなかなか悩みを相談する人がいなかったりなど、生活の中で孤独を感じることも多いのではないでしょうか。そんなときには、自分と同じ境遇のシンママのブログを読んで参考にしたり、勇気をもらったりすることをおすすめします!

1.人生最後の恋でありますように。

人生最後の恋でありますように。は、大学生の娘を2人持つシングルマザーのブログです。子供もある程度育て切っているため、これから進学などを控えているお子さんを持つ人には、参考になる記事も多いはずです。これからシンママとなる人や、シンママになりたての人におすすめのブログです。

2.未婚シンママ マミーとハーフのハンナの二人暮らし

未婚シンママ・マミーとハーフのハンナの二人暮らしは、アメリカ人と日本人の間に生まれたハンナちゃんという女の子と、シンママの二人暮らしの家庭を漫画にして描いているブログです。漫画なのでサクサク読めてしまうので、文章が苦手な人でも楽しく読むことができるブログです。

また、未婚のシンママのブログですが、父親がアメリカ人であったため、国際結婚をしてシンママになった人には共感できる内容も多いのではないでしょうか。ハーフの親である人や、ハーフの子供をシンママとして育てるにはどのような方法があるか知りたい人におすすめのブログです。

3.シングルマザー4年生 離婚万歳

シングルマザー4年生・離婚万歳は、シンママと娘、モコという愛犬の3人暮らしを、楽しく満喫している姿を綴ったブログです。シンママは生活がとても大変そうなイメージですが、こちらのブログでは楽しそうな生活を送っているシンママの家庭を垣間見ることができるので、同じシンママの人たちもきっと希望が湧いてくるに違いありません。

シンママとなり、生活などがつらく落ち込んでいるときなどに見ると、自分も頑張れる気持ちになれるので、おすすめのブログです。

シンママでも幸せはたくさんある!

シンママとは、シングルマザーの略であり、現代社会では貧困率が高いことから、悲壮感がいなめないイメージです。しかし、実際にはさまざまな工夫や努力をして、毎日を楽しく幸せに過ごしている人も多いです。

そのため、シンママは、自分の仕事や恋愛についてのバランスをきちんと考えて、生活することが重要であると言えるでしょう。また、生活で困ったときには、国などの支援に頼ることも視野に入れるようにしましょう。いろいろと調べてみれば、便利で役立つ制度や施設などが多く見つかるはずです。

もしも、今現在シンママとなりこの先の暮らしをどうしたら良いか悩んでいる人は、先輩シンママのブログなどを見て楽しく生活する知恵を学んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク