片思い中のあなたへ。両想いを現実に…成功率を上げる告白の仕方

スポンサーリンク

大好きな彼に自分の気持ちを伝えたいと、告白を考えている片思い中のあなたへ。告白には特別なテクニックやスキルは必要ありませんが、成功率を上げるための告白の仕方にはポイントがあるんです。素直な気持ちを伝えて、両想いを現実にしませんか。

片思いから両想いへ!告白の仕方

片思い中のあなたへ。大好きな彼ともっと一緒にいたい、恋人になりたい気持ちが高まったら、告白をしてみませんか?自分の気持ちを伝えるのはとても勇気がいることですが、片思いから両想いへと2人の関係を変えるチャンスです。

ここでは少しでも告白の成功率を上げるため、告白の方法や成功しやすくなる告白シチュエーションについて紹介します。彼への大切な思いを後悔しない方法で伝えてみませんか。

スポンサーリンク

どんな告白の仕方があるの?

告白にはいくつかの方法が考えられます。自分や彼のタイプに合った方法を考えてみましょう。どんな方法で告白するかによっても、成功率が変わっていきます。

王道!直接会って告白する

まずは王道とも言える、直接会って告白する方法です。彼の顔を見ながら自分の気持ちを伝えるのは、とても恥ずかしく勇気がいることですよね。しかしやはり直接伝えてもらう方法は、男性にとっても嬉しく、そして本気度が伝わる方法と言えます。

尚、伝えるときの気持ちがストレートに伝わるのと同時に、彼のリアクションから成功するかどうかも分かりやすいため、彼の気持ちも読み取ることができます。

対面が苦手なら!メールや電話で告白する

どうしても直接会って伝えるのは恥ずかしい!とても伝えられる勇気がない、という場合はメールや電話で告白する方法もあります。高校生など学生の場合は使い慣れていて、既読したかどうかもすぐに分かるLINEという方法も考えられますね。

メールやLINEは文字にして伝えることができるため、自分の伝えたい気持ちを確認しながら送信することができます。緊張して伝えきれなかった!ということがないため、恥ずかしがり屋の女性にはおすすめですが、一方で文字は言葉よりも熱量やニュアンスが伝わりにくいところがあるため、大切な言葉は「好きです」「付き合ってください」とストレートに伝えることが大切になります。

また電話は声で思いを伝えることができるため、直接会って伝えるのに近い温度で気持ちを届けることができます。顔を見ていない分、素直な気持ちが言えるかもしれませんね。電話の場合は掛ける時間がポイントと言えます。できれば夜、お互い自分の部屋にいるなど静かな時に連絡をするのが良いですね。

直筆の誠意が伝わる!手紙で告白する

女性からの告白ならではの方法と言えるのが、手紙による告白です。学生時代のラブレターを思い出す方も多いと思いますが、大人になってからの手紙はインパクトを残すこともでき、さらに誠実さが伝わる方法とも言えます。

きれいな便箋に思いのこもった直筆での告白は、真剣さが伝わるはずです。また封筒に映画のチケットなどを一緒に入れて「お付き合いいただけたら、ぜひ一緒にデートで観たい映画です」などとデートのお誘いをいしてみる方法も、男性側からOKをもらいやすそうですね。

成功率低下!NGな告白とは?

告白は自分の思いを伝える場ではありますが、前提として彼への配慮や気遣いが大切になります。告白の場が自分勝手で一方的なものだと、成功率は一気に下がってしまいます。気を付けたいポイントをご紹介します。

一方的すぎる?いきなりの告白

一目ぼれや直接話したことのない男性へ、いきなり告白をするのはNGな告白と言えます。自分の立場だったら、と考えると分かりやすいですよね。何も知らない相手から急に「好きです、付き合ってください」と告白をされても戸惑ってしまうはずです。

告白をされて嬉しい、付き合いたいと思ってもらうためには、お互いのことを認識し人柄などがある程度分かっている状態でないと難しいものです。事前準備やお互いを知るための時間がもう少し必要です。

伝わりにくい?曖昧な言い方の告白

ストレートに伝えるのは苦手、と告白の時に遠回しな言葉を選んでしまうと、結局思いが伝わらない結果になりかねません。またダラダラと長く伝えてしまうのも、男性にとっては分かりづらくなってしまいます。

できるだけ簡潔に、ストレートな表現を使う方が気持ちが伝わりやすく、男性の心にも刺さります。女性が少し照れながらも「好きです」と気持ちをまっすぐ素直に伝えてくれる方が、嬉しいものです。テクニックや言葉のスキルは告白には必要ないのかもしれませんね。

大人なら自分で!友達を介して告白

自分で伝えるのは恥ずかしい!と友達に「あの子が好きだって」と伝えてもらう方法は、成功する確率も低くNGな方法と言えます。小学生や中学生などの学生時代にはよくある話かもしれませんが、大人が同じことをしてしまうと真剣さが伝わらず「なぜ自分で伝えてくれないんだろう」と、男性側に不信感すら与えてしまうかもしれません。

自分の気持ちは責任を持って自分で伝えるようにしましょう。ただし友達が仲の良い男性に思いを伝えたい場合、一度食事の機会を取り持ってもらうなど紹介をしてもらうために、仲介をお願いする方法は告白の準備として有効な方法ですね。

スポンサーリンク

成功率を上げる告白とは?

せっかく思いを伝えるのであれば、成功率を少しでも上げる方法で告白をしたいですよね。告白のタイミングや場所などにもこだわり、最高の告白場所を用意して自信を持って臨みましょう。

事前準備が大切!自分を知ってもらう

まずは自分を認識し、できるだけ好意を持ってもらう努力を事前にしてみましょう。一目ぼれなどあまり自分のことを知られていない男性に片思いをしている場合にも有効的です。

また友人関係にある男性でも2人きりで話をしたことがない場合には、ランチや飲みに行くなど2人で会話をする機会を持てると良いですね。

恋愛が成就するためには、自分と一緒にいる時間や空間が居心地が良いと思ってもらうことが大切です。自分がどういう人間なのかをゆっくり知ってもらい、信頼関係を築くことからスタートします。

勢いで告白しもし成功をしても、付き合って初めて知ることが多すぎると、関係性がなかなか埋まらずギクシャクしてしまうかもしれません。成功率を上げ、さらに長く続く関係を目指すためには、自分を知ってもらい相手を知る時間を作りましょう。

勇気を出そう!1番は直接会って告白

成功率を上げるための告白に、あまりテクニックはありません。何よりも効果的なのは直接会って告白をすることと言えます。このとき、友人など人が周囲にたくさんいる場所での告白はやめましょう。自分も緊張してしまうのと同じくらい、彼もプレッシャーを感じてしまいます。恥ずかしい思いをさせてしまい、成功するものもダメになってしまう可能性もあるんです。

メールやLINE、電話などで事前に連絡し「突然呼び出してごめんね」など前置きをしてから、向き合って気持ちを伝えるのが有効的です。勇気を出して行動したことを彼も分かってくれるはずです。

ムード重要!雰囲気のいい場所で告白する

告白をする時間や場所に少しこだわってみるのもおすすめです。やはりムードは大切ですよね。朝の忙しい時間や忙しいタイミングで告白してしまうと「なんで今なの?」と感じさせ、空気が読めない女性なのではないかと思われてしまうかもしれません。静かに話を聴いてもらえる夜の時間帯を選びましょう。

また場所はうるさくなく、落ち着いて話ができる雰囲気のいい場所を選びます。レストランやバー、夜景の見えるベンチなども良いですね。夜の照明は女性をきれいに見せてくれるとも言われており、リラックスした状態で男性側も話を聞いて返事を考えることができる場所でもあります。

恋愛モードに?イベントが近い時に告白する

クリスマスや誕生日など、恋人がほしいと感じるイベントが近いタイミングを狙って告白する方法もありますね。恋愛に関する話題がテレビでも流れていたり、カップルの話を聞いたりと気持ちが恋愛モードになっている可能性があるため、告白に対して前向きに考えてもらいやすいタイミングと言えます。

普段の会話の中で、自分には彼がいないことやクリスマスを一緒に過ごしたい好きな人がいることなどを盛り込んでおくと、何となく彼も意識をしてくれる可能性もあります。「好き」というセリフを直接伝える前から「もしかしたら俺のことを好きなのかも」と感じさせる言葉を盛り込んでおくと、告白がしやすいかもしれませんね。

またどうしても良いタイミングが分からない、誰かに背中を押してもらいたい!というときには占いなどで、恋愛運の良いタイミングを教えてもらうという方法もあります。ラッキーカラーやアイテムを身に付けてみるだけでも、少し勇気をもらえますよね。

何より大切!誠意をもって伝える

どんな方法や場所で告白をする場合でも、何より大切なのはやはり誠意です。普段はフランクに会話をしているのに敬語で告白をする、まっすぐに目を見て話をする、など誠意の伝え方はいろいろありますが男性への告白でも、男性から女性への告白であってもその大切さは同じですよね。

告白の仕方にマニュアルなし!思いを素直に

女性が恥ずかしがりながらも一生懸命に告白をする姿は、男性から見るととても可愛らしく愛しく見えるものです。お気に入りの洋服を着て、お気に入りの靴を履いて、思い切って自分の思いを告白してみませんか。片思いから両想いへ、友達から恋人へと発展するチャンスを自分の手でつかみましょう!

スポンサーリンク