家族に愛される良妻賢母ってどんな人?賢い女性になるコツとは

スポンサーリンク

良妻賢母ってどんな女性の事でしょう?現代的なお洒落で素敵な良妻賢母になれるのかしら?良妻賢母を目指す女性のために。良妻賢母になる方法を、お伝えします。素敵な良妻賢母になって下さいね。

良妻賢母な女性になるための心得とは?

良妻賢母って言葉は、少し前なら古めかしい感じだったのに、最近はお洒落で子育てもスマートにこなす、本当に賢くて、夫を上手にたてる。そんな新しい良妻賢母な女性が活躍しはじめました。どうしたらそんな素敵な女性になれるか、その方法を調べましょう。

スポンサーリンク

良妻賢母ってどんな女性?

昔の良妻賢母というと、旦那さまよりも三歩下がって歩く、奥ゆかしい女性というイメージがあります。それだと現代の活動的な女性のイメージは、なかなか重なりませんが、この現代女性にとっての良妻賢母とはどのような女性を指すのでしょうか?

現代の良妻賢母

良妻賢母の意味は、文字の通りに良き妻であり、賢い女性のことです。歴史をさかのぼってみると、新渡戸稲造はその著書「武士道」の中で、日本人の妻について、家庭的であり、女傑でもある、と述べています。

貞淑に夫や義父母に仕えながらも、夫の留守を守り、いざとなれば戦う強さも併せ持つ。物静かだが、その子の教育には峻厳な厳しささえ持ち合わせている。アマゾネスの強さと、しとやかさを兼ね備えたのが日本女性だというのなら、それは21世紀現代にも通じるかも知れません。

現代型の良妻賢母は、家庭と仕事と育児と家事をこなす、さらにパワフルなアマゾネスであり、時には夫の参謀にもなれる知性的な女性かもしれません。

良妻賢母な女性の5つの特徴とは?

現代において、良妻賢母と思われる女性には、どのような特徴があるのでしょうか?現代では良妻賢母な女性のことを「あげまん」と言ったりもするようですが、それではどのような女性が、運気を良くするのでしょうか?

明るく楽天的な女性

豊臣秀吉を支えた糟糠の妻である寧々は、大変明るく楽天的な女性であったようです。家の中が暗くどんよりとしていたら、家人の気も滅入ってしまいます。夫や子供たちが一番安心するのは、お母さんの明るい笑顔です。良妻賢母の秘訣はその笑顔にあります。

人生は良い事ばかり起きる訳ではありません。例えば夫がリストラにあった時、そんな時も微動だにせず「あなたなら絶対大丈夫!」と夫の能力を信じ切る楽天的な女性に、夫は勇気を取り戻すことができます。家計の助けにすぐさまパートを初めてニコニコしてくれる明るさがある女性は、家庭を不幸にはしません。

決断力と判断力に優れる女性

人生において、いざという時は、必ずやってきます。そのような時に動揺して右往左往するようでは、良妻賢母の資格はありません。

古来から日本女性はアマゾネスだったのですから、いざという時にはうろたえる夫を叱咤し、子供たちを守るその優れた判断力と決断力を発揮しなければなりません。

山之内一豊の妻が、ここぞという時に大金を投げ出して夫を出世させたように、ここが勝負という時を判断し決断する力こそが良妻賢母といわしめる本領ではないでしょうか。

運が良い女性

良妻賢母といわれる女性は、おしなべて強い運を持っています。いわゆる「あげまん」です。しかし運とはどうすれば良くなるのでしょうか。松下幸之助は、運がよいか?との質問に運が悪いと答えた人は決して雇わなかったといいます。

運、不運はあざなえる綱のように交互にやってくるものです。しかし運が良いと言い切る人は、どのような不運の中にも幸運の光を見つけ出す楽観主義が根付いています。

そのうえチャンスは前髪しかないと言うように、運もそれに気づきしかも、素早くつかむ決断力と行動力が必要なのです。運が悪いと嘆く人には近づかないことです。こちらの運気まで悪くなってしまいます。

男性の本質を知る女性

男性というのは、女性とは全く異なります。ブームを巻き起こした「火星人と金星人」の本の通り、まるで異星人と思う方が良いくらいです。

良妻賢母の女性は男性の本質をよく心得ています。男性はプライドが高く、女性を守ってあげたいと感じています。なのでリーダーである夫を上手にたてる事ができます。

男性が馬鹿げたことをしても、指摘しません。だって彼らは実験してみなければ納得しない生き物だからです。まぁそれが人類の発展を築いた訳ですしね。とてもはた迷惑ですけれども。

いくつもの顔を持つ女性

愛される女性は、いくつもの顔を使いわけることが出来ます。男性は浮気癖があるので、意外性がないとすぐに飽きてしまいます。

ところが実は凝り性なところがあるのも、男性の特徴なんです。良く女性からすると何処が面白いかわからないことにのめり込んでいますよね。

良妻賢母の女性は、男性のその特質を良く知っています。男性は謎に惹かれる生き物なので、妻にいくつもの顔があり、いくら探求しても、思いがけない意外性をみせると夢中になるものです。

スポンサーリンク

良妻賢母な女性の男性の4つの立て方とは

良妻賢母な女性は、男性をたてつのが上手だといいます。ではどのような方法で男性を上手にたてているのでしょうか?良妻賢母な女性な女性が行っている、男性の立て方を学びましょう!

それぞれの役割を理解する

良妻賢母といわれる女性は、それぞれの役割を良く熟知しています。いまやWインカムは当たり前で、その中で子育てしているのですから、男性に協力してもらうこは勿論必要でしょう。

けれども良妻賢母な女性は、家庭の切り盛りは自分の役割であり、家族の安全を保障するのが夫の役割だと心得ています。その事を理解しているというのは重要なことです。それが言動を左右するからです。

相手を心から信頼する

男性は心から信頼されると、とても勇気とやる気が湧いてきます。「あなたの側にしか、私の幸せはない」そう心に決めて信頼仕切っている女性は、紛れもなく良妻賢母です。

「あなたなら大丈夫!」「あなたって本当に凄い人だと思うわ」男性が職場で、上司に叱られて自信を無くしかけても、あなたの信頼が失いそうな自信を取り戻させてくれます。

あなたが心から、相手を信頼している事は、男性には必ずわかりますし、女性から無条件に信頼されている男性が、人生のチャンスを掴まない筈はないのです。

否定的な言葉をつかわない

否定的な言葉やネガティブな言葉は、やる気をそいでしまいます。良妻賢母な女性は否定的な言葉は使いません。とはいえいつもポジティブな言葉ばかり使うのも、疲れることがあります。

そんな時、良妻賢母な女性は、自分の気持ちを伝えます。相手を否定せずに、例えば「あなたが、そう言うのを聞くと、私は混乱してしまって、不安になるの」という風にです。

相手を責めずに、自分が困っている事柄のみを伝えるのです。問題解決は男性の得意分野ですから解決は男性に任せることが出来ます。

感謝の気持ちを持つ

感謝の気持ちを持っている女性は、清々しいものです。良妻賢母といわれる女性は、多くの人の手助けがなければ、今の生活がなりたっていない事実を良く知っており、感謝の心を持っています。

家庭でも、男性のささやかな行動に常に「ありがとう」の言葉を惜しみません。やってくれて当たり前ではなく、やってくれて「ありがとう!」と言われれば男性だって、もっと助けてやろうとおもうものです。

良い循環がはじまると、そのうち男性も貴方に自然に「ありがとう」を言ってくれるようになるでしょう。子供たちは、教えなくても感謝の心を育んでいきます。良妻賢母といわれる女性がいる家庭では、良い循環がおきています。

負けるが勝ちの姿勢

例えば喧嘩をした場合、先に謝るのはいつも良妻賢母な女性です。喧嘩になると言う事は、どちらも自分が正しいと思っている時です。正義と言うのが、その立場ごとに存在していることを知っているのが、良妻賢母といわれる女性です。

ただし不機嫌な気分を引きずっていては、良いい事など何も起こりません。なので「気分を悪くさせてごめんなさい」と素直に謝ります。負けるが勝ちなのです。だって喧嘩を終結させる能力はつまるところ女性が上だと証明されました。

どちらの意見がより利があるかは、時間が証明します。何年も経ってから「あの時、お母さんの言う事を聞いおけばよかった」といわれることもあります。正義はジャッジメントすることではありません。納得することなのですから。

良妻賢母な女性になる5つの方法

ようし、良妻賢母といわれる女性になるぞ!と決意した時、何から始めればよいのでしょうか?良妻賢母になりたい女性のために、良妻賢母になる5つの方法をご紹介します。

理想の良妻賢母を想像する

先ずは自分のなりたい良妻賢母といわれる女性を、イメージすることから始めましょう。どうでしょうか?その女性は、いつも微笑んでいるのでしょうか?颯爽と仕事をしていますか?それとも世話好きで、元気な女性ですか?

もしかしたら家庭でつましく暮らしているのでしょうか?夫にはどんな風に接していますか?子供にはどうでしょうか?

なりたい女性を具体的にイメージすることで、自分の進む方向が明確になります。どこに向かうかわからなければ舵を取りようもありません。明確なイメージは、あなたを確実に良妻賢母といわれる女性へと導きます。

料理上手になる

良妻賢母といわれる女性になりたければ、料理上手になることです。古来から、男性の胃袋を掴めと言われるように、料理が上手なことは、とても大切です。

毎日美味しい料理が食べられたら、きっと幸せだなと思うでしょう?それに私たちは食べたものから作られています。健康に暮らすためにも、美味しくて栄養がある、健康的な食事を作り続けられるようになりましょう。料理は死ぬまで続ける一番大きな仕事ですから。

自分の時間を持つ

仕事と違い、家庭の活動には終わりがありません。毎日毎日、同じ事の繰り返しです。仕事や家事、夫の事や、親戚付き合い、子供の世話と毎日目まぐるしく過ごしていると、なかなか自分の時間が取れません。

しかし良妻賢母といわれる女性になりたければ、自分の時間を持つことが、大切です。まずリフレッシュしてストレスを緩和できます。イライラしなくなりますし、ほんの少しの時間で自分を取り戻す事ができます。

それに第一あなたの目標は、良妻賢母といわれる女性です。会話の内容が夫や子供の事ばかりの女性が、現代型の良妻賢母なんですか?

自分がいなくても回る家庭に

ある会社でそこの社長が「うちの秘書は優秀だ。彼女がいないと会社がまわらないんだ」と言うと、別の社長があきれて「それは随分無能な秘書だね。自分がいなくても問題ないよう気配りしておくのが、有能な秘書だよ!」と言ったという有名な小話があります。

家庭でも同じです。良妻賢母な女性は自分がいないと回らない家庭を作るようなことはしません。自分がいなくても家庭が回るように、夫も子供もちゃんと教育しています。

自分の価値に自信があるからです。冒頭の秘書は自分がいないと回らないようにあえてする事で、自分の価値を確認しようとしました。だから無能と蔑まれたのです。

あせらず少しずつ

良妻賢母になりたい!その想いはわかりますが、ある鉄則があります。それは急激な変化は大きな反動がおきると言う事です。

社会でも革命のような急激な変化には、多くの犠牲が伴いました。変化はあくまでも緩やかにするのが良いのです。1日1ミリメートルの成長を心がけましょう。例えば自分がいなくても回る家庭を作ろうと、急激に夫や子供を教育しようとしたら、どんな反動がおきますか?

焦らずに、少しづづ進めていきましょう。

良妻賢母は自分次第!

良妻賢母な女性になりたい!と思う女性はきっと素敵な女性だと思います。良妻賢母な女性でも、個性によって色々な形があると思います。とらわれずに自分らしい良妻賢母な女性を目指して下さいね。

スポンサーリンク