ストレスによる肌荒れ改善のカギはセロトニン?美肌へ導く4つの方法

スポンサーリンク

ストレス社会といわれている現代では、そのストレスが原因で肌が荒れる人も多いと思います。女性の天敵である肌荒れを解決するには、どうしたら良いでしょうか?具体的な解決法を紹介します!

ストレスによる肌荒れを改善するには?

あなたは今、仕事をしていますか?それとも、家庭に入って子育てに一生懸命でしょうか?いずれにせよ、日々忙しくてストレスが溜まると、それが肌にもあらわれてしまいます。

現在、肌トラブルを抱えている人は、もしかしたらストレスが原因かもしれません。今回は、ストレスによる肌荒れの症状・具体的な解決策について詳しく紹介します。

スポンサーリンク

ストレスによる肌荒れってどんな症状?

肌荒れを引き起こす原因は様々ですが、ストレスからくる肌荒れには、ある特徴があります。どんな症状があらわれるのか、まずは詳しく説明しましょう。

ニキビや吹き出物ができる

最も分かりやすい症状の1つが、ニキビです。精神的・肉体的ストレスを抱えていると、循環器やリンパなどが影響を受け、肌へ十分な栄養が行き渡らなくなります。酸素を送り込むこともできなくなってしまい、肌の抵抗力が低下します。

肌のバリア機能が弱まってしまうと、ニキビができやすい肌になってしまうのです。また、ホルモンバランスも乱れてしまい、それが原因となって、ニキビを引き起こすこともあります。

顔だけでなく、肌がかゆくなる

精神的ストレスを抱えていると、皮脂と水分のバランスも乱れがちになります。肌のターンオーバーも上手くいかずに、肌が乾燥してしまいがちです。

それが原因となって、かゆみを引き起こしているのです。ストレスによる肌荒れがあらわれるのは、顔だけではありません。手荒れなどを引き起こす要因も、ストレスだということが多いのです。

肌荒れの直接的な原因ってなに?

ストレスによって肌が荒れるということは、何となくお分かりいただけましたでしょうか?それでは、ストレスが肌荒れを引き起こす、メカニズムについて詳しく説明しましょう。

ストレスホルモンの分泌が多くなる

精神的なストレスを抱えると、ストレスホルモンが過剰に分泌されることで、ホルモンバランスや自律神経が乱れてしまいます。もっと詳しくいうと、男性ホルモンの分泌量が多くなってしまうのです。

男性ホルモンには、皮脂腺の働きを活発化する作用があります。この男性ホルモンの分泌が増加し、女性ホルモンの分泌が滞ってしまうと、オイリーな肌になってしまいます。

肌が、水分ではなく皮脂で埋め尽くされてしまい、それが原因で肌トラブルを引き起こしてしまいます。ストレスによる肌荒れは、なかなか厄介なのです。

メラニンの分泌が増える

自律神経と免疫力には、深い関係性があります。ストレスを抱えると、その自律神経のバランスが取れなくなり、免疫機能にまで影響を及ぼしてしまいます。

免疫が弱まると、メラニンの分泌が盛んになります。そうして、メラニン分泌が増えると、しわやしみの予備軍として肌に居座るのです。放置しておくと、濃いしみ・深いしわが形成されてしまいます。

角質層の水分量が減る

人は、ストレスを感じると、角層の水分量が少しずつ減っていくのです。通常は角層の水分量が15〜20%くらいなのですが、それが10%ほどまで低下します。

潤いを保持する力が弱まってしまい、その結果として、外的刺激から肌を守ることができなくなってしまうのです。毛穴の詰まりやニキビ、乾燥を引き起こすという訳です。

スポンサーリンク

ストレスの肌荒れに効果的な4つの改善法

何らかのストレスを抱えていて、それが原因となって肌が荒れてしまった場合は、すぐに改善するよう努力しましょう。効果的な方法を4つ紹介しますので、今日からでも試してみてください。

1.セロトニンが多く含まれる食事をとる

ストレス対策ホルモン「セロトニン」に特化した食事を意識することが、ストレスによる肌荒れを改善する近道です。セロトニンを体内に取り入れると、副交感神経を優位にしてリラックス状態を作れます。

牛肉・卵・赤魚・乳製品・大豆製品などの食材に、セロトニンは多く含まれています。肌荒れに効く食べ物を意識して、普段の生活に取り入れるようにしましょう。

2.しっかり保湿してバリア機能を強化

ストレスによる肌荒れは、肌のバリア機能が低下することが大きな要因です。そこで、肌の潤いを取り戻すことが重要なのです。そのためには、乾燥対策の基礎化粧品でしっかり保湿をしましょう。

普段のものより、保湿力や浸透力の高いものを選ぶようにすると良いかと思います。また、ニキビができている場合は、抗炎症成分が含まれた商品をチョイスすると良いでしょう。

3.十分な睡眠で肌荒れを鎮静

最も簡単なストレス解消法は、十分な睡眠を取ることです。ゆっくりと体を休ませることで、抱えていたストレスが減り、ストレスへの耐性も強まります。

睡眠によって、ストレスによる肌荒れをすぐに改善することはできないかもしれませんが、肌荒れが鎮静化し、さらに悪化することはなくなります。食事や保湿対策に気をつけることも大事ですが、まずはゆっくり休んでみてはいかがでしょうか?

4.病院での治療が効果的で安くつく

上記の対処法を試してみても、なかなか肌荒れが治らないようでしたら、皮膚科の病院を受診することをおすすめします。薬を処方してもらったり、治療を施してもらえます。

「たかが肌荒れで病院なんて」と思う人もいるでしょうが、やはり病院で処方してもらう薬の効果は抜群です。保険適用なので、自分自身でサプリメントを購入するよりも案外安くつきます。

ストレスを溜めないで肌荒れを予防する方法

ストレスによる肌荒れを改善する方法はお伝えしましたが、肌荒れを予防する方法についても紹介しておきましょう。普段から気をつけて、ストレス肌荒れを予防してください。

適度な運動をしてセロトニンを分泌する

ストレス改善法で、セロトニンを意識した食事を提案しましたが、そのセロトニンは運動にも関係してきます。リズム運動をすると、このストレス対策ホルモンが分泌されるのです。

たとえば、エアロビクスやダンスなどの運動をすると、他の運動よりもストレス発散効果が高いということです。「なんだかモヤモヤする」「体を動かしてすっきりしたい」という人は、是非試してみてください。

また、適度な運動を毎日行うようにすると、深い眠りにつけるようになります。そうして、睡眠の質を改善することもまた、ストレス予防において有効な方法です。

好きなことをしてストレスを発散する

ストレスを予防する方法としては、何か好きなことをするのもおすすめです。人は、自分の好きなことをしている時に、上手くストレスを解消することができます。

スポーツ・手芸・料理など、何でも構いません。休日など時間がある際には、自分が好きなことをするようにしてみてください。ストレスが溜まりにくくなります。

ストレス解消のツボを押す

ツボ押しもストレス予防にとても効果があるので、是非試して欲しいと思います。今回は、簡単にできる手のひら周辺のツボを紹介しましょう。

ストレスに効くツボで最も分かりやすいのは、手のひらの中心にある「手心」というツボです。この手心を中心に「の」の字を書くようなイメージで、反対の手の親指でゆっくりと押し揉んでいきます。

左右それぞれ、1〜2分ほど継続して行うと効果的です。イライラした時に押すと、心がリラックスします。血液のめぐりや消化も良くなるのでおすすめです。

ストレスによる肌荒れは生活習慣で改善!

なかなか肌荒れが治らないと悩んでいる人は、もしかしたら、ストレスによる肌荒れが原因なのかもしれません。まずは、何かストレスを抱えていないか振り返ってみましょう。

肌荒れは放置していたら、増々ひどくなってしまう恐れがあります。今回ご紹介した対処法を、今すぐにでも試してみてください。ストレスを上手く発散して、美肌をGETしましょう!

スポンサーリンク