小鼻の黒ずみで悩んでませんか?黒ずみ解消の14の方法を紹介します!

スポンサーリンク

小鼻の黒ずみは目立つので気になりますよね。自分の鼻だけでなく、人の鼻の黒ずみもつい目がいってしまいませんか?毛穴の黒ずみを無理に取ろうとすると毛穴が開いてさらに目立つことになりますので、丁寧なケアが必要です。小鼻の黒ずみを解消する方法をご紹介しますので、悩んでいる人はぜひ試してください。

小鼻の黒ずみを解消するには?

小鼻の黒ずみが目立つと、見られていそうで気になりますよね。隠そうとしてついファンデーションを厚塗りしてしまったりしてないでしょうか?毛穴のケアは正しい方法でおこなわないと、かえって毛穴が広がって目立つことになりかねません。

小鼻の黒ずみを解消する方法をご紹介しますので、毛穴の汚れで悩んでいる人は試してくださいね。

スポンサーリンク

鼻の毛穴にしてはいけないNG行動

鼻の毛穴が目立つと顔を洗っていないみたいで恥ずかしいですよね。今すぐきれいにしたいという気持ちはわかりますが、焦って無理な方法で毛穴の角栓を取ろうとすると、毛穴がさらに広がって汚れがますます目立ちやすくなってしまいます。

鼻の毛穴にしてはいけないNG行動をご紹介しますので、黒ずみを解消するために以下の行動は避けるようにしましょう。

角栓を無理やり出すのはダメ!

鼻の毛穴に詰まった角栓は、皮脂や古い角質、汚れなどが原因です。ブツブツしているので爪で押し出したくなってしまいますが、角栓を無理に出しても肌はきれいになりません。無理に取ると毛穴がどんどん広がっていき、目立つようになってしまいます。

爪やピンセットなどで無理に取り出すのは絶対やめるようにしましょう。

デメリットが多いから毛穴パックを使わない

毛穴パックを使えば角栓が一気に取れて面白いですよね。しかし、毛穴パックにはデメリットもたくさんあります。貼って剥がすタイプのパックなので、剥がすときに角質や必要な皮脂までも取り去ってしまうのです。

傷ついた肌はキメが荒れてしまったり、細菌が入って炎症を起こしたりしてしまうこともあります。また、角栓が取れた毛穴は開いていますので、新しく汚れがたまってしまいます。しかも毛穴が前より広がっていますので、さらに汚れがたまりやすくなっているのです。

毛穴パックは簡単に角栓が取れますが、肌や毛穴へのデメリットが大きいので、避けた方がよいでしょう。

気になる小鼻の黒ずみを除去する方法

小鼻の黒ずみを取り除く方法をご紹介します。丁寧なケアを続けることで、気になる黒ずみを解消することができますよ。1度のケアできれいに取れないこともありますが、無理に擦ったりせず、継続したケアで黒ずみを解消しましょう。

洗顔の効果アップ!蒸しタオルで毛穴を開く

小鼻の汚れを落としやすくするためには、洗顔前に蒸しタオルを顔にあてて毛穴を開いておくのが効果的です。蒸しタオルの作り方はとても簡単。水に濡らして絞ったタオルを電子レンジで1分間チンするだけです。

顔にあてるときは、熱すぎないか確認してくださいね!

クレンジングは洗浄力が強すぎないものを

鼻の毛穴の汚れを落とすために、クレンジングは洗浄力が強いタイプを選んでしまう人もいらっしゃるでしょう。しかし洗浄力が強いタイプは必要な皮脂まで取り除いてしまいますので、肌は乾燥を引き起こしてしまいます。乾燥を補うために皮脂が過剰分泌されてしまいますので、酸化して黒ずみとなってしまうのです。

クレンジングは洗浄力が強すぎないもの、できればダブル洗顔不要タイプを選ぶと皮脂を余計に洗い流さずにすみますので、皮脂の過剰分泌を抑えることができます。

ゴシゴシ擦らない!優しく泡で洗う

毛穴の黒ずみを一刻も早く解消したくて、洗顔のときはついゴシゴシ力を入れて洗いがちになっていませんか?ゴシゴシ擦る洗い方をすると、肌の角質層が傷つきバリア機能が働かなくなるため、角質層が増えてゴワゴワした肌になってしまいます。

これでは古い角質層が剥がれにくくなってしまうため、毛穴の黒ずみケアとしては逆効果です。毛穴の黒ずみを解消するには、洗顔フォームをよく泡立てて、ゴシゴシ擦らず泡で優しく洗いましょう。

毛穴のケアに人気の洗顔料を1つご紹介します。「どろあわわ」は毛穴の汚れを吸着して引き締める効果がある泥が配合されています。もっちりした弾力ある泡で優しく洗うことができますので、毛穴の汚れ対策にぴったりの洗顔料です。

洗顔ネットがあれば、手で泡立てるよりもずいぶん楽にモコモコの泡を立てることができます。洗顔ネットは100均でも売っていますので、1つ持っておくと役に立ちますよ。

週に2回のピーリングで角質ケア

毛穴の黒ずみ汚れは、皮脂と古い角質によってできた角栓が酸化して黒ずんだものです。ピーリングは古い角質を落としますので、小鼻の毛穴の黒ずみを解消する効果があります。

ピーリングはケミカルピーリングとスクラブピーリングがありますが、スクラブは肌を擦って角質を落としますので、肌に刺激を与えてしまい黒ずみなどの原因となってしまうことがあります。鼻の毛穴の黒ずみ対策にはフルーツ酸で角質を落とすケミカルピーリングの方が向いています。

ピーリングによるケアは週に1~2回の使用にしておきましょう。

熱すぎるお湯で洗顔しない

お湯で洗顔をする人も多いでしょうが、お湯の温度には気を付けておきましょう。熱めのお湯ですすぐと皮脂を落としすぎてしまいます。洗顔時はぬるま湯で洗うようにしておきましょう。

洗顔後はしっかり保湿する

洗顔後は肌が乾燥しますので、すぐに化粧水と乳液で保湿をしましょう。毛穴を開いて汚れを洗い流した後は、化粧水を浸したコットンでパッティングをすると引き締め効果があります。

保湿して肌が潤うと、毛穴周辺の皮膚のキメが整ってふっくらしますので、毛穴が目立ちにくくなります。

メラニンによる黒ずみかも?紫外線対策する

皮脂でテカっていない、触ってもざらざらしないというような小鼻の黒ずみは、メラニンの蓄積による黒ずみの可能性があります。紫外線を浴びるとメラノサイトがメラニンを形成します。メラニンは肌表面に集まり肌を守ろうとしますが、通常はターンオーバーで剥がれ落ちていきます。

しかし、ターンオーバーが遅れるとメラニンが残ってしまい、黒ずみとなってしまうのです。メラニンによる黒ずみの場合は、毛穴の角質のターンオーバーを改善するだけでなく、紫外線ケアをしっかりおこなって新たなメラニンを生み出さないようにする必要があります。

毛穴体操で毛穴を柔らかく

小鼻の黒ずみを取るには、角栓が取れやすいように毛穴体操をしてみましょう。毛穴体操で毛穴が柔らかくなりますので、汚れが落ちやすくなります。

毛穴体操は、まず両手の中指と薬指を小鼻にあて、まず左右に動かし、次に上下に動かします。それから鼻を回すように動かしたら小鼻をつまんで軽く押し出すようにします。

擦ったり力を入れすぎたりしないように気を付けて、毛穴体操を週に2~3回おこなってください。

オイルと綿棒で角栓を優しく除去

オリーブオイルをたっぷり浸み込ませた綿棒を使って毛穴の角栓を除去することができます。綿棒を横に倒して角栓のところでクルクル回し、優しく撫でるようにしてマッサージをします。

この取り方だと角栓が簡単に取れますので試してみませんか?蒸しタオルやスチーマーで毛穴を開いてからおこなうと、さらに効果的ですよ。

お風呂でできる簡単なパック

毛穴汚れに効果的な「オロナインパック」「ニベアパック」をご紹介します。お風呂に入る前にオロナインやニベアをたっぷり塗ってからラップをかぶせてパックする方法です。10~15分湯船につかったら洗顔して洗い流します。

貼って剥がす毛穴パックのように肌に負担をかけることなく、毛穴の黒ずみ汚れを解消することができますよ。

エステの毛穴ケアコースに頼る

毛穴の黒ずみは早くきれいにしたいですが、無理な方法で角栓を取ろうとすると毛穴が開いてしまって今以上に目立ってしまいます。安全に毛穴ケアをするなら、エステを頼るのもよいでしょう。

フェイシャルエステの毛穴ケアコースは、角栓をしっかり吸引して古い角質や毛穴の汚れを除去してもらえます。角質ケアの後はしっかり保湿をしてもらえますので、毛穴は引き締まってツルツルした肌に仕上がります。

低料金で体験できるエステサロンもありますので、効果が実感できるか試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

毛穴の黒ずみにおすすめの洗顔方法

毛穴の汚れに効果があるとして話題の洗顔方法をご紹介します。いつもの洗顔にひと工夫することで、毛穴の汚れに効果的な洗顔方法もありますよ。

いずれの洗顔方法も優しく洗うことがポイントになりますので、ゴシゴシ擦ったりせずに優しく洗顔しましょう。

重曹洗顔

重曹は活用方法がいろいろあって人気がありますよね。ご家庭でもお掃除などに使っている方が多いのではないでしょうか。その重曹が毛穴の黒ずみケアにも使えると話題になっていますのでご紹介します。

重曹洗顔は、今使っている洗顔フォームに重曹小さじ1杯を混ぜて洗顔するだけという簡単なものです。重曹に含まれている粒子は細かいので、毛穴の汚れをかき出してくれる効果があるそうです。

しかし、ゴシゴシ擦ると肌を傷めてしまう可能性がありますので、優しく洗うことを心がけて週に1回程度のケアにしておきましょう。

ベビーパウダー洗顔

ベビーパウダーもさまざまな用途に使えるとして、最近注目されていますよね。洗顔に使えば毛穴の黒ずみを落とす効果もあると言われています。

洗顔フォームにベビーパウダー小さじ1杯を混ぜて、水を加えながら練ってよく泡立てます。優しく洗ったら十分に洗い流しましょう。ベビーパウダーには汚れや皮脂を吸着する効果がありますので、毛穴汚れやニキビ予防に効果があります。ベビーパウダーは赤ちゃんの肌に使用するものなので、肌に優しいということも安心ですね。

酵素洗顔

角質や角栓、皮脂といった肌トラブルの原因となってしまうものの多くはタンパク質からできています。酵素にはタンパク質を分解する効果がありますので、酵素洗顔は通常の洗顔よりも角質や角栓、皮脂を取り除くことができます。

酵素洗顔の主な効果は、「古い角質を取り除く」、「小鼻の毛穴の黒ずみや角栓を除去する」、「ターンオーバーを整える」といったものがあります。このように一般的な洗顔料より洗浄力が強いため、朝の使用よりも夜の使用が向いています。夜の方が皮脂分泌が多いからです。

また、時間が経過してしまった黒ずみは1度酵素洗顔をしただけでは落ちない可能性もありますが、毎日使ってはターンオーバーを早める原因になってしまいます。多くても週に2~3回の頻度にしておきましょう。

毛穴汚れにサヨナラして悩みを解消しよう!

ご紹介した方法は、1度で劇的に黒ずみがきれいにならない場合も多いでしょうが、無理をせず丁寧にケアをすることで毛穴や肌に負担をかけることなく黒ずみのケアをすることができます。小鼻の黒ずみに悩んでいる人は、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク