毎日つけるマスクで肌荒れ…トラブルを防ぐための3つの方法とは

スポンサーリンク

日頃から使っているマスク。実は肌荒れの原因になっているかもしれません。購入時のポイントと肌荒れしない為の3つの対処法を教えます。

肌荒れ…実はマスクのせい?

街中や電車、バスの中などマスクをしている人は1日に何人も見かけます。ファッションアイテムとして使っている人もいれば、すっぴんを隠すために使っている人もいると思います。風邪の予防や顔を隠す為の伊達マスクなど、日頃からマスクを利用している女性も多いのではないでしょうか?

身近なマスクですが、実は肌荒れの原因になっているかもしれません。マスクをし始めてからニキビが増えたり、肌が赤みを帯びたりと肌荒れに悩まされている人は、これからマスクが肌に与える影響を紹介していきますので確認してみましょう。

スポンサーリンク

マスクで肌荒れが起こる原因は?

ウイルス感染を防ぐ効果や喉のうるおいを保つ効果に期待できると言われており、良いイメージがあるマスクですが、肌荒れの原因になっているかもしれません。マスクで肌荒れが起こる原因をいくつか紹介します。

摩擦によるダメージ

マスクを使用している間はマスクと肌がずっと触れています。そうすると肌に摩擦が起こり、ダメージを与えてしまう可能性があります。さらに、ご自身の顔に合っていないサイズのマスクをしている場合には、マスクがずれやすくなってしまうので、より摩擦が起きやすくなると言われています。

仕事で常にマスクをしている人などは、肌が荒れやすくなる可能性が高いのではないでしょうか?マスクのひも部分が耳に擦れて痛くなった経験がある人もいると思いますが、それと同じように肌にも摩擦が起こっているということですね。

蒸れてしまう

マスクをしていると喉のうるおいを保ってくれる効果に期待できると言われています。喉のケアの為にマスクをしているという人も多いのではないでしょうか?しかし、うるおいを保ってくれる効果に期待できる反面、肌が蒸れてしまいがちです。長時間蒸れている状態になると雑菌が繁殖してしまい、肌が荒れてしまう原因になる可能性があります。

マスクの中は自分の息で温かくなっていると思いますが、温度と湿度が高い状態は雑菌が増殖するにはもってこいの状況ということですね。また湿気により水分が吸収されて肌がふやけて乾燥するということを繰り返していくと、肌が乾燥しやすくなり肌荒れに繋がる場合もあります。

繊維が合わない

マスクには様々な種類がありますよね。みなさんが使った事がある物だとガーゼと不織布のタイプになるのではないでしょうか?おそらくその中でも、不織布タイプと呼ばれる使い捨てのタイプを使用している事が多いと思います。風邪などのウイルスを防ぐ目的であれば不織布は良いと言われていますが、肌にはあまり良くないようです。

これは様々な原料を組み合わせている事と繊維が絡み合うように作られている為と考えられています。不織布タイプだと、摩擦が強くなってしまうことで肌へダメージが大きくなる可能性があります。伊達マスクをしている人もいると思いますが、そういった人は不織布に比べ、肌へのダメージが少ないと言われているガーゼタイプのマスクを使うといいかもしれません。

抗菌剤アレルギー?

抗菌仕様のタイプのマスクも販売されていますが、中にはこの抗菌剤により肌が荒れたり、皮膚がかぶれたりしてしまう人もいるようです。抗菌作用がある物質はとても細かな粒子になっています。アレルギー体質の人がこういったマスクをすると、物質が喉や鼻の粘膜や肌に付着しアレルギー症状を引き起こす可能性があります。

花粉症やハウスダストなどの対策としてマスクを使用しているのに、「全然効果がない!」という人は、その対策が逆に症状を引き起こしているかもしません。看護師の仕事をしている人の場合、多くの病院で抗菌効果がある医療用マスクを日頃からつけていることが多いと思いますので、影響を受けやすいのではないでしょうか?

マスクを選ぶときにポイントはある?

様々な原因から肌を荒れやすくしてしまうかもしれないマスク。しかし、絶対使わないというわけにもいきませんよね。「じゃあ一体どんなマスクを選べばいいの?」という疑問にお答えする為、マスクを選ぶ時のポイントをいくつか紹介します。

大きめのサイズを選ぼう

口元だけを隠せるようなマスクではなく、顔の下半分が全部隠れる位のサイズを選ぶといいと言われています。これはご自身に合っているサイズの範囲内でということになります。鼻・アゴ・両頬に隙間ができてしまうようであればサイズが合っていない場合が多いので、鏡などで確認してみましょう。

隙間が開いてしまっていると、マスクというフィルターを通っていない空気を吸ってしまいます。そうすると本来のマスクの役目であるウイルス感染や花粉症の予防などの効果が得られない可能性が高くなります。鼻部分にワイヤーが通されているタイプだと、鼻にフィットさせて隙間を埋めやすいのでおすすめです。

ヒモ部分が太めのタイプ

マスクをしていて耳や頬に赤みが出たり、荒れてしまったりした経験はありませんか?これは耳にかけるヒモの部分がこすれてしまう事が原因になっている可能性があります。長時間マスクをつけていると痛くなってしまう事もありますよね。

こういった事を減らす為には、マスクを選ぶときにヒモの部分が太めのものを選ぶようにするといいと言われています。薬局などに行くと、ヒモが細いタイプから太いタイプまで様々な種類があると思いますので、ご自身にあったものを探してみるといいのではないでしょうか?寝るときにマスクをするという人は、こすれにくい太めのヒモタイプの方をおすすめします。

素材をチェック

肌荒れしない為には、摩擦が少ないと言われるガーゼタイプが良いと言われています。しかし、ガーゼタイプをしている人はあまり見かけないような気がします。使い捨ての不織布タイプでも肌に当たる部分だけガーゼになっている物などもありますので、なるべく肌にやさしい構造になっているマスクを選ぶのがおすすめです。

また使い捨ての不織布タイプを使用する時に工夫するという方法もあります。薬局などに行くと応急処置用のコーナーがあったりしますよね。そこにガーゼが単体で販売されているお店も多くあります。そのガーゼを不織布タイプのマスクの内側に挟むことで摩擦を軽減できるかもしれません。

スポンサーリンク

マスクを着けるときの対策方法

では実際にマスクをつけて過ごす時には、どのような事に注意したらいいのでしょうか?日頃から対策しておくことで肌荒れを防ぐことができるかもしれません。

こまめに取りかえよう!

使い捨てマスクは、基本的には一度使ったら再利用しないようにしましょう。朝つけて出かけて昼間は一度外してバッグの中に、帰りにもう一度…という使い方はあまりおすすめしません。雑菌が増殖してしまう可能性や肌に当たる部分に汚れがついてしまう可能性があります。

もしも一時的に外して再利用するという場合には、肌に当たる部分に汚れがつかないように、きれいなビニール袋などに入れておきましょう。できることなら、カバンの中に新しいマスクを用意しておくといいのではないでしょうか?

空気を入れ替える

マスクをずっとつけていると空気とともに雑菌もこもりやすくなると言われています。マスクは長時間つけっぱなしにせず、たまに空気を入れ替えるようにしましょう。お部屋の空気を入れ替えるのと同じイメージですね。一度外して新しい空気に入れ替えると、気分も少しリフレッシュできるのではないでしょうか?

ニキビがある人は長時間の使用はNG?

ニキビなど肌が荒れている人は、マスクで隠したい!と思ってしまうのではないでしょうか?しかし、マスクで空気や雑菌を閉じ込めてしまうとニキビなど肌荒れには逆効果になってしまうかもしれません。もしもマスクを使いたいときは、肌荒れケア用の薬を使うように心掛けましょう。

予防に効果的な洗顔法

肌が荒れない為にはどういったスキンケアをすればよいのでしょうか?ここではご自宅できるスキンケアのポイントを紹介します。

洗顔は”ぬるま湯”で

洗顔はぬるま湯で行うようにしましょう。お湯の温度が高く熱すぎると、お肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうと言われています。皮脂と聞くとよくないイメージを持ってしまうかと思いますが、実はお肌には大切なものなんです。皮脂を落とし過ぎてしまうと、乾燥しやすくなり肌荒れの原因になってしまう可能性があります。

お風呂のついでに熱いお湯のまま洗顔をしていませんか?洗顔の時は32度前後のぬるま湯で洗顔するのがおすすめです。

強くこすらない!

洗顔をする時はついつい強くこすってしまいがちですが、優しく顔を洗うように心掛けましょう。泡立てネットなどでしっかりと洗顔料を泡立ててから行うことで、クッション性ができて肌への摩擦を軽減できると言われています。

ちなみにクレンジングの時もメイクを落とそうと強くこすってしまうことが多いと思います。クレンジングもクリームタイプを使って落としたりと摩擦が起きないように気を付けるといいかもしれません。また肌が荒れている場合は、強くこすらなくても落ちる位のナチュラルなメイクをしてみてはいかがでしょうか?

化粧水は手でつけましょう

洗顔の後は化粧水をつけて、お肌にうるおいを与えますよね。コットンでつける人・手でつける人それぞれ好みがあると思います。マスクによって肌が荒れている人は、コットンで化粧水をつけるとさらに摩擦を増やしてしまう可能性がありますので、手でつけるようにするといいのではないでしょうか?

またつけるときは優しく肌に押し付けるようにして、なじませるように心掛けましょう。

マスクを上手に使おう!

マスクはウイルス感染を防ぐ効果に期待できたり、時間がないときにすっぴんを隠せたりする便利なアイテムです。しかし、マスクをするようになってから肌が荒れ始めた人や肌荒れに悩んでいる人は、もしかしたらマスクが原因かもしれません。

肌荒れに悩んでいる人は、マスクの素材やマスクとの日々の付き合い方を見直すことをおすすめします。

スポンサーリンク