もうストレスをためたくない!発散できない人の解消方法とは

スポンサーリンク

ストレスが上手に発散できない人がいます。こちらではストレスが発散できない人に共通する5つの特徴と、ストレス発散ができない人におすすめの、誰でも簡単にできるストレス解消方を6つ紹介しています。

ストレスが発散できないあなたへ

ストレスを上手に発散できていますか?こちらでは、ストレスが発散できない人の5つの特徴と、ストレス発散が苦手な人におすすめのストレス解消方法を6つ紹介しています。

スポンサーリンク

ストレスが発散できない人の5つの特徴

ストレス発散が上手な人がいる反面、ストレスが発散できない、ストレスの発散方法がわからない人がいます。その方たちに共通する5つの特徴を見てみましょう。

我慢強い!

なにかイラっとすることがあっても、ここで私が笑っておけばこの場は丸く収まると思ったり、本当はパスタが食べたいと思っても、友人にカレーライスにしようと言われたら合わせてしまったり。このように自分さえ我慢すればこの場が上手くいくと考えて実際に実行できてしまう人は、ストレスが溜まりやすく、また我慢強いのでストレス発散もできません。

自分に厳しい!

自分に厳しい人も、ストレス発散ができない人です。自分に厳しい人は「○○でなければいけない」と考えることが多く、ちょっとした気分転換すら、「サボっている」と自分を責めてしまうのです。きちんと行動することは素晴らしいことですが、そればかりだと気づまりしてしまいます。またそれ自体がストレスを生み出してしまうのです。

時間に余裕がない!

毎日仕事や家事に追われていて、時間に余裕のない人もストレス発散ができない人です。そもそも常に時間に追われているので、ストレスを発散しようという考えが浮かびません。「そんな時間ない!」の一言で済ませてしまうのです。実際に時間はないかもしれませんが、イライラやストレスを抱え続けるよりは、ほんの5分だけでもストレス発散になるようなことをしたほうが、時間も上手に回るはずです。

趣味や興味があるものがない!

多趣味な人は、趣味に没頭することでストレス発散ができています。また趣味とまではいかなくても、新しくできたお店やスポットなど、色んな事に満遍なく興味を持てる人もストレス発散が上手です。何事にもあまり興味を示さず、趣味と呼べるものがない人は、「趣味によって自然にストレス発散ができる」ことがないので、ストレス発散ができないのです。

友人が少ない!

誰彼構わずに文句を言いふらすのは良くありませんが、気のおける友人たちの間での「愚痴」なら誰にでも経験があるでしょう。同じ立場の人同士で話をすることで、かなりのストレス発散ができるはずです。また、同じ立場でなくても、聴いてもらうだけでも心は軽くなるでしょう。友人が少ないと、愚痴を言える機会や、話を聴いてもらう機会があまりないのでストレスが発散できないのです。

解消ベタさんにおすすめストレス解消法!

ではいよいよ、ストレス解消が下手なあなたにおすすめの、ストレス解消法を6つ紹介いたします。この中で、すんなり受け入れられるものと、違和感を感じるものがあるかもしれません。無理をするとそれがストレスになってしまうので、やってみようと思えるものからチャレンジしてみてくださいね。

人と話す機会を増やす!

人付き合いでストレスを感じているのなら、人と出会わず一人の時間を過ごしたいと思うかもしれません。でも今までその方法で、あまり上手にストレスが発散できていないと思うのなら、反対の方法を試してみませんか?

人に誘われたら、嫌いな人、苦手な人以外なら、とりあえず出かけてみるという風にしてみましょう。行ってみて嫌なら次からまた方法を考えればいいのです。人と会って話をするだけで、ある程度のストレスは解消されるんですよ。もし「ほんとに?」と疑うのなら、是非一度あなた自身で体験してみて下さい。

思い切り自分を甘やかす日をつくる

ストレスが溜まってきたな…と思ったら、手帳をチェックして次の休みを自分のために確保して下さい。そして、思い切り自分を甘やかす日にするのです。(あくまでもできる範囲で)お金に糸目をつけずに、食べたいものを食べに行き、行きたい場所に行き、会いたい人に会いましょう。もちろん一人でもOKです。

行ってみたかったカフェはありませんか?積ん読になっている本をもって、出かけてみませんか?カフェスイーツでお腹が満たされたら、次は憧れていたアロマサロンでボディケアなどいかがでしょうか?人に触れられるのも、タッチング効果でストレス解消になるはずです。

帰宅したら、少し贅沢なお気に入りのバスボムを入れて、じっくりバスタイムを楽しみましょう。お気に入りの雑誌とドリンクを持ち込んで優雅に過ごしてもいいですね。とにかく自分を思い切り甘やかしたら、ストレスは軽くなり明日からまた頑張ろうという活力がわいてくるはずです。

思っていることを紙に書き出す

ストレスが溜まってきたら、思っていることをとにかく紙に書き出してみましょう。誰に見せるわけでもないので、どんなことを書いても構いません。ストレス発散ができない人は、普段から我慢強くて、自分に厳しいので、本能のままの過ごすと言うことがあまりありません。

でも、紙に書くくらいならいいじゃないですか。上司が嫌いでもいいですし、転勤になれ!でもいいですし、とにかく思ったことを書き連ねてください。最後はできるようなら火に気を付けて燃やしてしまうか、それができなければシュレッダーにかける、ビリビリに破るなどしましょう。

心のモヤモヤを書き出した紙が、跡形もなくなくなればあなたのストレスも軽くなっているはずですよ。

体を動かす!運動する!

ストレス発散するには、なんといっても体を動かすのが一番です!体を動かすと気持ちまでスッキリしてきます。脳には理性と本能の2つがありますが、本能を抑え込むことでバランスが崩れるとストレスを感じてしまうのです。

運動をすれば本能に直接刺激が伝わり、本能を開放することができます。さらに、幸せホルモンともよばれるセロトニンが分泌され、精神安定効果が期待できます。また、運動をすることで夜ぐっすり眠れるため、睡眠の質が上がり心身両方の疲労回復力がアップします。

ストレス解消のためにおすすめの運動時間は、週3回1回30分以上1時間未満で、運動強度は軽く息が上がる程度です。これを機に運動を習慣にしませんか?

思いっきり泣いてしまおう!

泣くことでストレス解消になると聴いたことはありませんか?また、実際に泣くとスッキリしたという経験はありませんか?これは、私たちの感覚がそう感じているだけではなく、実際にストレスホルモンが涙と一緒に流れ出ているので、泣くことでストレス解消になっているのです。

もちろん目にゴミが入ったなどの理由で出る涙には、ストレスホルモンは含まれていませんが、感動したり悲しみを感じたりという感情によって流れる涙には、ストレスホルモンが含まれいるのです。だから、最近泣いてないなと思ったら、泣ける映画のDVDなどを借りてきてもいいですし、泣ける小説、泣けるマンガなどを読んでもいいでしょう。思いっきり泣いてストレスホルモンを出しちゃいましょう!

なんでもいいから楽しみを見つける

これもおすすめの方法です。なんでもいいからあなたにとってもの楽しみや趣味を見つけてください。そうすれば、特に意識しなくても趣味に夢中になるだけでストレス解消効果がありますよ。さらに、趣味があるということで、ストレスを感じにくくなる効果も期待できます。あなたが楽しいと思えるものを、是非見つけてくださいね。

スポンサーリンク

ストレスを上手に発散しよう!

ストレスを発散できないと悩んでいる方に、ストレスを発散する方法を6つ紹介いたしました。どれもこれも、そんなに難しいことではありません。もしストレスを感じているという自覚があるのなら、一番やりやすそうなものを試してみてください。ストレスを上手に発散して、楽しい毎日を送りましょう。

スポンサーリンク