コスパもクオリティもGOOD!ちふれのbbクリームで節約美人に♡

スポンサーリンク

1本で美容液からファンデーションの役割まで果たすbbクリームは、今では必須のメイク用品の一つです。そんなbbクリームの中でもコスパとカバー力の高さから多くの女性から愛されている、ちふれのbbクリームについて紹介します。

人気のコスメ・ちふれbbクリームとは?

bbクリームとは、一本で美容液や乳液や日焼け止め、そしてファンデーションなどのベースメイクの役割まで果たしてくれるメイク用のアイテムの一つです。日本では2008年に発売されて以降、忙しい女性の方々を中心に多く使われるようになり、人によっては「とても大事な化粧品の一つ」と考えられているほどの人気を博しています。

そんなbbクリームの中でも、800円という低価格でありながら肌をキレイに仕上げられる、ちふれのbbクリームが、学生の方々から大人の女性まで、さまざまな層から注目を集めているのだそうです」。この記事では、そんなちふれのbbクリームについて、成分や塗り心地、価格など、気になるポイントについて紹介していきます。

スポンサーリンク

ちふれbbクリームの気になるスペックは?

1,000円未満という低価格でありながら、気になるところもしっかりカバーできるというちふれのbbクリーム。「安いっていうけど、成分は大丈夫?」「色は選べるの?」など気になることがあるのではないかと思います。この項目では、ちふれのbbクリームについて詳しく紹介していきます。

ちふれbbクリームの成分

1本で肌のメイクがすべて完成できるとも言われている通り、ちふれのbbクリームにはさまざまな成分がふくまれています。その成分ととして、まず肌のキメを整えるための美容液や乳液、「ヒアルロン酸」や「オウゴン根」などの保湿成分が上げられます。

次に、日常生活や屋外のレジャーでの紫外線対策のための効果を発揮する、「SPF27 PA++」にあたる日やけ止め成分、そしてファンデーションとしての効果を発揮する「酸化チタン」が含まれているそうです。その一方で、香料や紫外線吸収剤の成分はいっさい含まれていないとしています。

ちふれbbクリーム色の種類

ちふれのBBクリームは、さまざまな肌タイプに合わせた3色から選べるようになっています。以下に、詳しく紹介します。

■選べる3色

0ほんのりピンクの普通肌色(ピンクオークル)…どちらかというと肌の色が薄い方に向いているタイプです。とても今らしい、華やかで可愛らしい肌色に仕上がるといわれています。特に若い女性のあいだで人気の高い色なのだそうです。

1自然な普通肌色(オークル系)…ピンクの普通肌色と同じく、どちらかというと色白な方に向いているといわれています。安心できるベーシックな仕上がりが特徴的で、透明感のある白い肌を目指したい時にぴったりなのだそうです。

2健康的な肌色(オークル系)…どちらかというとハッキリした素肌を持っている方にピッタリなBBクリームです。毛穴や気になるポイントのカバーを行いつつ、ハリとツヤのある印象的な健康美肌に仕上げてくれるといいます。

ちふれbbクリームの値段

現在、ちふれのBBクリームは税込み864円という価格にて販売されています。ちなみにbbクリームは、手に届きやすい500円未満のものから、10,000円以上とリッチな価格のものまで存在しているそうです。

その中で、人によっては半年~1年ほどのあいだ使用できる50gで864円という価格設定であるため、比較的リーズナブルであるのではないかといわれています。

ちふれbbクリームの安全性

bbクリームに限らず、ちふれは基本的に安全性の高い商品を販売していることでも知られています。具体的な例として、トラブルの元となりやすい香料や着色料を使用していないのだそうです。また、安全性の確認をおこなった防腐剤や界面活性剤を使っていること、そして製造年月日を商品に記載していることも、公式サイトより約束として発表しています。

とは言え、安全性とは別の問題として、個人の肌への「合う」「合わない」はあるともいわれています。人によっては配合成分がアレルゲンであったがために、肌荒れが起こってしまうリスクもゼロでは無いのだそうです。

この危険を避けるためにも、心配である場合は使用前に「パッチテスト」を行い、特にトラブルが起こらなかったことを確認してから使用することをおすすめします。

セザンヌとの違い

ちふれと同じく低価格で品質の良い化粧品のメーカーとして知られているセザンヌ。このメーカーでも、やはりbbクリームが販売されています。セザンヌのbbクリームもちふれのbbクリームと同じく、「ライトオークル」「オークル」「ナチュラルベージュ」の3色から選べるようになっているそうです。

今のところ、価格は625円とちふれより少し低めで、その塗り心地はやや硬いのが特徴的であるそうです。いずれにしても、人によっては使う頻度の高い化粧品でもあるため、比較・検討をしたうえで自分にピッタリな製品を選ぶのが最適であるといわれています。

bbクリームは1本でメイクが仕上がる!?

ちふれをはじめとしたbbクリームの最大の特徴は、1本で多くのメイクを仕上げられる便利な点にあります。とは言っても、どのくらいメイクの手助けをしてくれるのか、未使用だと気になるポイントもありますよね。この項目では、bbクリームの持つ特徴について紹介していきます。

美容液効果

美容液とは、一般的に肌の水分をキープすることによって肌の若々しさ・ハリ・ツヤをもたらすスキンケア製品の一つです。ちふれのbbクリームには、この美容液と同じ成分が含まれています。

■美容液と同じ保湿成分
・ヒアルロン酸
・アセチルヒアルロン酸
・トレハロース
・オウゴン根エキス

この4成分の中でも、ヒアルロン酸は整形外科医などで注射によって摂取する方もいるほど、人気の高い保湿・美肌成分なのだそうです。以上の理由から、乾燥などによって水分を失いがちであるメイク中も、肌をしっとりとさせたり、素肌もキレイに保つ効果が期待できるといわれています。

乳液として働く

乳液とはミルク状の白い液体で、オイル分を含むことで肌に膜を作って水分の発散を防いだり、角質を柔らかくすることによって摂取した美容液が長くとどまるように促す効果を持つ化粧品のことを指しています。

ちふれのBBクリームにはこの乳液の成分が含まれているため、化粧水の後に肌すぐにつけてもわりと肌になじみやすくなっているそうです。また、上記の角質を柔らかくする効果によって、BBクリーム中に含まれている保湿成分をキープする効果も期待できるといわれています。

保湿クリームの効果

BBクリームには上の項目に書いた通り化粧下地として大きな役割を果たすメイク用品ですが、ちふれのBBクリームには保湿クリームとしての効果も発揮することが期待できるといわれています。

上の項目で述べたとおり、ちふれのBBクリームには
・ヒアルロン酸
・アセチルヒアルロン酸
・トレハロース
・オウゴン根エキス
以上4種の保湿成分が含まれています。これらの成分は専門家にも推奨されている保湿成分の種類です。このため、メイク用品としてBBクリームを使うことで、肌の水分をキープする効果も期待できるといわれています。

日焼け止め

ちふれのbbクリームには、「SPF27 PA++」の日焼け止め効果があるといわれています。ふつう日焼け止めの効果には段階があるのですが、SPF27は「日常的生活およびレジャーで外にいた場合も、紫外線を防ぐ効果が期待できる」程度であるといわれています。

しかし、そうは言っても日焼け止めの効果は塗る人によってさまざまです。紫外線に対してデリケートである方や、心配なことがある方もいるのではないかと思います。そんな時は、自分と相性の良い日焼け止めをさらに下に塗っておくことをおすすめします。

■日焼け止めの段階
・SPF10~20…短い時間の外出での紫外線よけに。
・SPF20~30…外でのレジャーなど、長時間の外出での紫外線よけに。

■UVを防御する効果
・PA+…効果がある
・PA++…高い効果がある
・PA+++…非常に高い効果がある

化粧の下地として使える

上の項目でも紹介したとおり、BBクリームは1本でベースメイク用品として使うことが出来ると言われています。その理由は、「ヒアルロン酸など、肌の水分をキープするための成分が含まれている」「乳液とよく似た成分がふくまれている」「わりと長い時間の外出にも適した日焼け止めの効果を持っている」ためであるそうです。

本来これらは別々にあるものですが、BBクリームはクリーム状にして一本に成分を凝縮しているため、化粧水を下に、心配である場合はさらに日焼け止めや、乳液も下に塗ってからクリームをつけるだけで、普段のベースメイクと同じクオリティに仕上がるとも言われています。

ファンデーションとして使える

これまでbbクリームの持つ成分や、美容液のような効果などについて紹介していきましたが、ちふれのBBクリームは「ファンデーション」としても高い効果を発揮するといわれています。

ちふれのBBクリームはナチュラルな肌の色を演出するクリームであるため、まんべんなく塗ることによって、シミやソバカスをはじめとした肌の気になるポイントをカバーし、ファンデーションのような効果を発揮して、きれいな肌へと仕上げることも出来るのだそうです。

スポンサーリンク

bbクリームで美しい肌に見せるためのコツ

上の段までは、ちふれbbクリームの持っている成分や、メイク用品としての機能について紹介していきました。ですが、やはり「キレイに見せるための使い方」も気になるところではないかと思います。この項目では、ちふれbbクリームをキレイに使うためのコツについて、4つ紹介していきます。

少量をよく伸ばす

BBクリームは、基本的にあまり多くの量を使う必要はないといわれています。特にちふれのBBクリームはなめらかなテクスチャでよく伸びるため、少量であっても比較的カバーする力が大きいのだそうです。具体的な量としては、一度にパール1粒分を、肌に置いて使うことが多いとされています。

パール1粒分のBBクリームを額と左右の頬、鼻とあごへと分散させて、内側から外側へと塗っていくのが一般的であるそうです。ちなみにアイメイクへの使い方としては、まぶた周辺は皮膚が薄いため、肌へと塗った際に指に余ったほんの少量のクリームを塗るだけでも良いといわれています。

気になる部分にはたたきこむ

BBクリームの使い方として、肌の気になる部分、特に「シミ」や「シワ」などの気になる部分にはよく叩きこんで使うのが良いといわれています。この理由は、肌の気になるポイントにおいては、サッと塗ってしまうとまっさらな肌の中で少し浮いてしまう可能性があるためです。

以上のような理由から、肌の気になる部分には指でトントンとたたくようにして塗って行くのが良いといわれています。(※強くやりすぎて皮膚を傷つけないように、注意することをおすすめします。)

フェイスラインは上向き

やっぱり肌は、立体的に美しく見せたいものですよね。そんな時にはまず、顔の輪郭から見てやや内側にクリームを置くのが良いのだそうです。

顔の輪郭から見て内側においたクリームは、内から外へと薄く伸ばして、まんべんなく塗って行く方法が良いといわれています。これによって首と顔の肌色差も少なくなり、顔が引き締まって見える効果も期待できるそうです。

スポンジで仕上げる

クリームを肌にまんべんなく塗り終えたら、仕上げはスポンジでなじませるのが良いといわれています。一般的に、スポンジでそっと肌にBBクリームを押すことで、肌とクリームの密着度が高くなります。

このことによってクリームはより皮膚に馴染み、顔から浮かずに自然な肌を演出できるようになるのだそうです。また、化粧の崩れを防ぐ効果も期待できるといわれています。

ちふれbbクリームでスッピン風美人へ…

ちふれのbbクリームについて、いかがでしたでしょうか?学生から大人まで、さまざまな女性が時間に追われる日々を過ごす現代社会。bbクリーム、特にちふれの製品は非常にコスパが良く、さらには仕上がりのクオリティも高いことから多くの女性から愛されているのだそうです。

また、単なるベースメイク、ファンデーションとしての機能だけでなく、ヒアルロン酸やオウゴン根エキスなどをはじめ、専門家もよくあつかっている人気の高い保湿成分を配合しているため、乾燥によって水分が失われる不安も大きいメイク中でも、安心して過ごせるとの評判もあると言います。

時間が無い朝だから少しでも早くメイクを終わらせたい、お小遣いをキープしたい、メイクを少しでもカンタンにしたい。そんな時に、ピッタリの1品かもしれません。

スポンサーリンク