好きバレしてしまった!バレた3つの原因と相手の態度の見極めかた

スポンサーリンク

好きな人に自分の気持ちがバレてしまうことを「好きバレ」と言います。好きバレをした経験がある人は、それが気まずいことであるということもご存知でしょう。それでは、どうして好きバレしてしまうのでしょうか。また、好きバレしたときの相手の反応はどう解釈すれば良いのでしょうか。そして、好きバレしてしまったときにはどのような対応をすれば良いのでしょうか。好きバレについて知識をまとめました。

相手に好きバレした時どうしたらいい?

好きバレの経験がある方は、その気まずさをよく知っているのではないでしょうか。好きバレとは、好きな人に自分の気持ちがバレてしまうことを言います。告白までは気持ちを隠しておきたいという人も多い中で、好きバレしてしまったらどうして良いか分からなくなることもあるでしょう。

それでは、好きバレしてしまう原因にはどのようなものがあるのでしょうか。また、好きバレしてしまった後には、どのような対処をすれば良いのでしょうか。好きバレについてまとめました。

スポンサーリンク

好きバレの原因

好きバレは絶対に避けたいと思っていても、些細なきっかけで相手に気持ちが伝わってしまうことがあります。それでは、好きバレの原因にはどのようなものが挙げられるのでしょうか。

態度でバレてしまう

好きバレの原因の大きなものとしては、態度が挙げられるでしょう。女性からの積極的なアプローチは、何も言わなくても好意がバレる原因となります。相手の気を引こうとして自分をアピールしているのなら、好きバレしないはずがありません。

また、あからさまにアプローチしていなくても、視線やメッセージの返し方、話すときの笑顔でバレてしまうこともあります。好意を寄せている本人にバレなくても、女友達が見れば気づいてしまうかもしれませんね。同じ女性であれば、言動から相手への好意が丸見えになってしまうこともあるのです。

もし、好きバレをしたくないのなら、好きな人相手にも他の人と全く同じ態度を取らなければいけません。ですが、無意識のうちに作ってしまう笑顔や視線の向きは自分で統制できるものではありませんし、相手に好きになってもらうための努力をすることもできません。

好きだという気持ちがあまりに大きくなってしまうと、好きバレしてしまうのは当たり前でしょう。本人にばれていなくても周囲が気づくというのはよくある話です。

友達がうっかり漏らしてしまう

好きバレするのは、友達がうっかり漏らしてしまうということもあるでしょう。口の軽い友人ならうっかり喋ってしまうということがあるかもしれません。友達が友達に話したことが広がって、好きな彼に伝わってしまうということも考えられるのではないでしょうか。

口の軽い友人に恋愛相談をしないということはとても大切です。ただし、口の堅い友人が相手でも、好きな相手にバレてしまうことはあります。友人も「自分の友人のあの子が好きな相手なんだ」と思うと、緊張してうまく話せないかもしれません。

そういった友人の態度からばれるということもあります。恋愛相談をするときには、口が軽くて噂が大好きで、その上で嘘をつけないような性格の友人は避けた方が良いということでしょう。

SNSも危険

相手のことをよく知るためには、SNSの利用が便利です。TwitterやFacebookで相手がどのような過去を持っているのか、どのような交友関係があるのか探っている人はいませんか?実は、これは好きバレの原因になりかねません。

例えばFacebookでは、どの友達が一番自分のページを訪れているのか分かるアプリがあります。このアプリを利用すれば、誰が自分の興味を持っているのか分かってしまうので、好きな人についてたくさん調べていることが分かれば、好きバレしてしまうこともあるのではないでしょうか。

このような機能をしていなくても、フォローやお気に入りの頻度で好きバレしてしまうこともあります。既に好きバレしてるときには、あまり頻繁に相手の投稿をお気に入りしていると、気持ち悪がられてしまう可能性もあるので注意してください。

好きバレしたときの相手の心境

好きバレしたときに気になるのは相手の反応です。相手がどのようなことを思ったのか知りたいと強く思う女性は多いでしょう。好きバレで考えられる相手の心境を集めました。

嬉しい

好きバレしたときに相手が感じることとしては、嬉しいという気持ちがまず挙げられるでしょう。その気持ちを受け入れるかどうかは別にして、相当に嫌っている相手でもない限り、誰かから好意を寄せられるのは嬉しいものです。それは女性も男性も変わりません。

また好きバレしてしまうようなバレバレの態度をとっているのは、男性から見ると可愛いものです。中には草食系の男性もいますから、女性の気持ちが分かっていると行動しやすいということもあるようです。

相手が嬉しいと思っていることが分かると、比較的、脈ありに近いのではないでしょうか。相手が気持ちをそのまま態度に表してくれるかは分かりませんが、少なくとも嫌がられていないのなら、嬉しいと思っていてくれる可能性も高そうです。

恥ずかしい

好きバレをしたときの相手の感情として考えられるのは、恥ずかしいというものもあるでしょう。相手の気持ちが分かってしまうと、どのように接して良いか分からなくなってしまう男性も少なくありません。まるで付き合い始めのカップルのような恥ずかしさを感じる人もいます。

また、周囲にも好きバレしているので、揶揄われて恥ずかしいということもあるでしょう。周囲が女性の味方の場合には、どうにかして二人をくっつけようと様々に働くはずです。このようなお膳立ての動きが見えていると、自分の一挙一動に注目されているようで恥ずかしく感じてしまう人もいます。

迷惑

好きバレで相手との距離が縮まる可能性もありますが、相手との距離が広がってしまったと感じることもあるでしょう。それは脈なしのサインです。特に、避けられるようになってしまったときには脈がないと考えた方が良いでしょう。

他人から好意を寄せられるのは男性にとっては嬉しいことではあります。ですが、その好意を受け入れるかどうかは別の問題でしょう。特に、付き合いたいと思っている女性以外から好意を寄せられても迷惑に感じるだけです。

好きバレをしたときに避けられるのは「好き避け」の可能性も考えられますが、明らかに逃げられるようになったら脈がないと考えましょう。迷惑に思われている可能性もありますので、その場合には告白する前からフラれてしまったということになります。

意識しだす

何とも思っていない人でも、告白された瞬間にその人のことが気にかかるようになったということがありませんか?告白していなくても、好きバレだけでその効果があります。

今まで何とも思っていないかった女の子でも、「あいつは俺のことが好きなんだ」と思った瞬間に、その人のことを意識してしまうのです。意識した時に悪い感情がなければ、脈ありです。好きバレして彼が自分のことを意識してくれているかもと思ったら、デートに誘ってみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

好きバレした後は?

好きバレしてしまった後にはどうすれば良いのでしょうか。好きバレしてしまったのなら、何らかの行動を起こす必要があります。好きバレ後の対応を見てみることにしましょう。

相手の態度は?

好きバレした後には相手の態度を見て対応を考えましょう。相手が嬉しがっている様子、意識してくれている様子があれば、告白するには良いタイミングです。逆に、相手が自分のことを避けているような様子なら、アプローチを控えた方が良いかもしれません。

また、好きバレした後に、そのことを言いふらす、上から目線になるなど相手の嫌な部分が浮き彫りになる可能性もあります。好きバレ後に冷めるということもあるようですから、相手の言動をきっちりと見極めることも必要です。

好きバレ後に冷めてしまったときには、告白したわけではないのでまだ引き返すこともできるでしょう。相手より優位な立場に立ったからと酷い態度の男性とは、付き合ってもうまくいかないことの方が多いのではないでしょうか。

相手の状況は?

好きバレ後には相手の状況を考えることも大切です。まず、周囲にもばれているのなら、相手が揶揄われていることもあるでしょう。そういった周囲の働きかけを嫌がる可能性もあるので、好きバレ後にも対応を変えないように周囲に言っておく必要があります。

職場などでは、好きバレしたからと言って積極的にアプローチすると迷惑がられる可能性もあります。相手の状況や自分の状況を考えて行動しないと、彼の中での評価を落としかねません。好きバレしたからと言って焦って行動する前に、しっかりと自分の状況を確認してください。

誠意をもって告白する

好きバレしてしまったときには、曖昧な関係で気まずいままいるよりは誠意をもって告白した方が良いでしょう。相手に気持ちがバレているのですから、告白もしやすいでしょう。

好きバレしてしまったのなら相手の気持ちをしっかり確かめないと、すっきりしません。いつまでも相手の気持ちを考えて、どうして良いか分からないままに狼狽えているよりは、はっきり相手の気持ちを確かめてしまった方が良いでしょう。

また、好きバレは相手に自分のことを意識させるきっかけにもなります。相手が動揺しているうちに、告白でぐいぐい迫った方が良いのではないでしょうか。

好きバレしたら覚悟を決めて告白を!

いかがでしたか?

はっきりとアプローチするわけではないのなら、好きバレは絶対に避けたいですよね。ですが、バレてしまったときには仕方ありません。そのときには相手の反応を見て、どのような対応をすれば良いのか決めましょう。

相手の反応が悪くないのなら、誠実に告白をした方が良いと思います。好きバレしているのだったら、改めて告白しなくてもと思われる方もいるかもしれませんが、きちんと告白した方が相手にとってもすっきりするでしょう。誠実に慌てずに自分の気持ちを明確に伝えてください。

スポンサーリンク