毎日ニコニコ笑いたい…笑いジワが気になる方へ8つの対策とケア

スポンサーリンク

笑っていてふと気が抜けたときに窓や鏡に映った自分をみてゾッとする笑いジワ。笑いジワは小さいものからはじまり、同じ場所に継続してシワがつけられることで、大きく、深いものになってしまいます。笑いジワの原因や対策、解消法まで紹介していきます。

笑いジワの原因と対策

たくさん笑うと明るい人に見られたり、いいことばかりなのですが、年齢を重ねてくると困るのが笑いジワ。ほうれい線のようにも見えて、笑っているとき以外いいことがありません。

笑いジワがあると、さらにシワが深くなる、と笑うこともためらってしまいますし、するとどんどん表情がなくなってきてしまいます。笑いジワの原因と対策を知って、いつまでも笑っていられるようになりたいですよね。

スポンサーリンク

笑いジワができる原因

年齢が重なると出てくるようになる笑いジワ。人は笑顔でいると、愛嬌が良く見られたり、明るい印象を持たれたり、いいことばかりなのですが、化粧を直そうと思ってお手洗いに行ったり、家に帰って、疲れきった自分の顔をみてシワに目が行くことありませんか?笑いジワができる原因は実は年齢をとともに増えてきています。何が原因となるのか、紹介していきますね。

老化による肌のたるみ

笑いジワの原因の1つとして、老化による肌のたるみが考えられます。年齢を重ねると目立ってくるほうれい線や、口元や目の下のシワも老化によって出てくると言われています。人間は、年齢を重ねると、身体全体の新陳代謝が悪くなります。もちろん、皮膚も新陳代謝が悪くなります。

新陳代謝が悪くなると、潤った新しい肌が表面に出てくるまで時間がかかり、古い乾燥している皮膚が表面に出ていることになります。また、老化により皮膚の水分量が少なくなり、ハリがなくなり、肌はたるみやすくなるのです。

筋肉の低下

笑いジワができる原因の二つ目として、筋肉の低下があります。顔は表情筋というたくさんの筋肉が集まって表情を作っています。年齢を重ねると、若いころほど身体を軽々と動かすことが難しくなったという経験はありませんか?日常的に筋肉を使っていても、年齢とともに筋肉も衰えてしまうのです。

それと同じことが顔の筋肉でも起こっており、笑いジワや目元、目じりのシワの原因の1つになっているのです。

肌の乾燥

三つ目の原因として、肌の乾燥が挙げられます。水分が入っている水風船はシワを付けてもすぐに元に戻り、シワを付けることは難しいですが、水の入っていない水風船は折ったりしても形を記憶して、元に戻ることがないですよね。

肌でも同じ状況が起きています。若いころのほうが、肌に水分をたっぷりと含んでおり、シワが肌に記憶されにくい状態です。年齢を重ねると、肌の水分量は少なくなります。すると、シワが一度できるとシワを記憶しやすくなり、そのシワが笑いジワとなります。

笑いジワの対策

年齢を重ねることで原因が多くなる笑いジワですが、どのような対策ができるのでしょうか。実は、日常生活をすこし変えたり、工夫すればできることがたくさんあるのです。シワは、最初は細かいものから始まり、積み重なることで大きなシワになっていくので、小さいうちからケアをしていくようにしましょう。

紫外線対策

紫外線は私たちの肌を乾燥させます。肌が乾燥すると、シワの原因になります。そのため、乾燥肌にならないように、紫外線対策が必要になります。日焼け止めや日傘、長そでを着るなど、様々な予防が必要になります。また、紫外線は目からも入ってくると言われており、サングラスも必要でしょう。

紫外線対策は、夏だけでなく一年中必要です。紫外線が一番多いのは夏ですが、ほかの季節にも、夏ほど多くはありませんが紫外線は絶えず私たちの肌に入ってきています。そのため、夏じゃないからと言って紫外線対策を怠っていると、乾燥肌になったり、シワになる原因が増えていくのです。

リンパマッサージ

顔がむくんでいても、笑いジワの原因になると言われています。むくみとは、肌のうるおいとは違うものです。肌のうるおいはないのに、老廃物は溜まっている状態となり、シワになる原因の1つだと言われています。

そのため、リンパマッサージをして、不必要な水分、老廃物を流すことにより、フェイスラインがすっきりとして、シワができにくくなるのです。

表情筋を鍛える

筋肉の衰えが笑いジワの原因の1つでしたね。表情筋を鍛えることで、笑いジワを目立たなくすることができます。表情筋は、言葉の通り、表情を動かす筋肉です。表情豊かな人は、表情が乏しい人よりも人相がいいですよね。感情が表情に現れて、他人に感情が理解されやすいため、かわいいと言われたり、人からかわいがられることが多いのです。

高保湿化粧品を使う

年齢を重ねると、身体の中から水分を肌に補給するのが難しくなります。そのため、高保湿化粧品を使うことで、内側からだけでなく、外からの補給もできるようになります。高保湿化粧品は薬局などでもたくさん売っており、安いものから高いものまで選ぶことができます。

自分に合う化粧品とはただ高いものを使用すればいいのではなく、自分に合うものを使用する必要があります。自分に合うものとは、肌が荒れなかったり、肌に違和感がなかったり、たくさんのポイントがあります。

スポンサーリンク

笑いジワの解消方法

笑いジワの対策は保湿や筋肉を鍛えるなど、原因に対して行っていく方法を紹介していきました。では、できてしまった笑いジワはなにをすれば薄くなるのでしょうか。おすすめのものや、日常生活での注意点、メイクのポイントなど、明日から使えるような方法を紹介していきますね。

美顔器の使用

美顔器を使用することで、血行を良くすることができます。血行を良くすると、老廃物の排出にもつながり、むくみを取ることもできます。また、筋肉の血行も良くすることができるので、筋肉の動きが、硬く固まっているものから、柔らかくなります。筋肉の血行をよくすることで、筋肉に酸素がいきわたり、筋肉の再生にもつながるのです。美顔器を使用することにより、表情のトレーニングの結果が出やすくなるともいえます。

良質な睡眠をとる

年齢を重ねることにより、肌のターンオーバーが乱れやすくなり、古い肌が残りやすくなります。そうなると、肌は乾燥している状態となり、笑いジワができやすい状態になります。良質な睡眠をとることで、肌のターンオーバーが正常化され、肌の再生も促されます。

メイクでカバ―

シミを隠そうと思ってファンデーションが厚塗りになっていたりしませんか?シワにファンデーションがたまると、シワを強調する危険があります。笑いジワを目立たなくしたいなら、薄化粧がおすすめです。シミはコンシーラーでポイントでカバーし、ファンデーションをできるだけ薄くすることで、笑いジワをなくすことができます。ファンデーションを薄くすることで、崩れにくくなり、メイク直しの面倒から解放されますよ。

サプリメントの使用

サプリメントをとるのもおすすめです。特にプラセンタは、赤ちゃんを育てるお母さんからの血液を送るために必要な「胎盤」から作られたものです。

そのため、胎盤にはたくさんの成長に必要な栄養が含まれています。なので、肌にハリを与えたり、シミやニキビ跡を薄くしたりと、お肌に良いとされる栄養がたくさん入っているのです。

笑うことをためらわない為にケアしよう

笑いジワは笑っている人ほどできやすいものです。しかし、よく笑う人は魅力がある人。笑うことをためらう必要はありません。

笑いジワの原因は乾燥や筋肉の衰え、年齢による肌のたるみですが、日常生活を少しづつ気を付けることにより改善が見込めます。シワは、小さいものから始まり、徐々に大きく深いものになっていってしまうので、ケアを怠らずに、継続していきましょう。

スポンサーリンク