頭が固い人って関わりにくい?5つの特徴をチェックして柔軟に改善♪

スポンサーリンク

頭が固い人には、どんな特徴があるのかを知っていますか?頭が固いことが原因で、周りの人と良い関係が築けなかった経験をしたことがある人もいるかと思います。頭が固い人の特徴と、自分の特徴を見比べてみてください。また、自分は頭が固いと感じた時には、柔らかくする努力をすることも大切です。

頭が固い人は周りの人から嫌われる?

自分の周りに「この人は頭が固い」と感じる人は、いますか?多くの人が、頭の固い人との関わりに苦手意識を持っています。また、自分の頭が固いと感じている人も少なくありません。頭が固いことが原因で「こうしないといけない」という気持ちが強くなり、効率の悪い仕事をすることがあるのです。

頭の固い人の特徴と、自分の特徴を見比べていきましょう。自分は頭が固いと感じた時には、柔らかくしていくことも大切です。頭を柔らかくして仕事や人間関係が上手くいくようにしていきましょう。

自分は頭が固いからといって、開き直ってはいけません。頭を柔らかくすることで、仕事ができる人間になることもあるのです。

スポンサーリンク

頭が固い人の5つの特徴!チェックしよう

頭が固い人の5つの特徴を紹介します。頭が固い人には、どんな特徴があるのかを参考にしてみてください。自分や周りの人に当てはめていきましょう。今まで、関わりにくいと感じていた人は、頭の固い人だったのかしれません。頭が固い人の特徴に当てはまらないように、普段から意識することも必要です。

「自分流」のやり方を変えられない

仕事をする上で、作業をより効率良くやる方法があります。また、この方法は、人によって異なるのです。「こうすればもっと早くなる」「こうすれば簡単に出来る」など、自分に合った方法を見つけていくことは大切です。しかし、頭の固い人は、自分流の方法から抜け出すことができないのです。

その結果、周りの人に自分流をむりに押し付けたり、環境が変わっても今までの自分流を変えていくことができません。環境が変わればやり方も変わります。この変化についていけずに、結果的に、仕事ができない人だと思われるのです。

信頼できるものが「過去の自分の経験」

仕事を行う上で、上司の過去の経験を聞いて、自分なりに参考にしていくことはとても大切です。しかし、頭の固い人は、「自分」に対して高い評価をする傾向があります。また、状況に応じて、臨機応変に対応することが苦手なのです。その結果、信頼できるものは「自分の過去の経験」だと思うようになります。

この考えを周りの人に押し付けることで、「この作業は絶対にこうやるべき」という発言をするのです。上司がこのような状態になると、部下は仕事がしにくいと感じます。個人の経験だけに目を向けるのではなく、周りの人の意見や経験を参考にしていくことを、大切にする必要がある事を忘れないようにしましょう。

新しい発見に否定的な考えを持っている

頭の固い人は、変化や新しいことに、苦手意識を持っています。これは、自分が経験したことのないものに対して、対応する力がないことが原因です。その結果、新しいに対して否定ていきな考えを持つのです。

「新しいもの=よくわからないから嫌い」という思考です。この考えを持っていることで、自分の成長を妨げている状態だと、判断することができます。

また、この新しいものに対して、必要以上にケチをつけるようになると、周りの人を不快にさせる可能性があるので注意をしましょう。新しいものを受け付けない状態では、社会の中で臨機応変に対応することが難しいです。

「なんで」「どうして」が多い

新しいものや、自分が知らないものに出逢った時に、「すごい」「知らなかった」などの感情を持つ人は少なくありません。人から何かを教わった時に、相手を立てながら、自分が感じていることを伝えるのはとても大切です。

しかし、この時に、頭の固い人はその事に対して必要以上に「なんで」「どうして」という発言をします。相手に頑固な問いをすることで「めんどくさい」「教えなければよかった」などの、マイナスな印象を持たれることがあるので注意をしましょう。

自分が受け入れる必要のないことだと感じても、その場では相手に合わせることも大切です。相手の意見を受け入れないことで、人間関係が上手くいかなくなることも考えられます。

自分を成長させることに時間をかけない

頭の固い人は「自分流」の考えが強いです。その結果、どんな状況になっても、今までの自分のやり方で物事を解決しようとします。新しい事を取り入れずに「過去」に捕らわれることで、無意識のうちに、自分を成長させることができなくなっている状態です。

ストレッチをしないと、徐々に身体が硬くなっていきます。同じように、勉強をして頭のストレッチをしないと、頭はどんどん固くなるのです。自分は勉強する必要がないと考えている人は、頭が固い人になっている可能性があるので注意をしましょう。

カチコチになった固い頭を柔らかくする方法

自分の頭は固いと感じた時には、柔らかくする努力をする必要があります。実際にどんな事をして、頭の固さを軽減させていくのかを見てみましょう。自分に合った方法を見つけて、柔軟な頭を手に入れましょう。頭を柔軟にするだけで、今までと世界が変わって見えることがあります。

「当たり前」の気持ちを捨てる

毎日、同じような作業をしていると、無意識のうちに「当たり前」の気持が芽生えます。「この作業はこのくらいの時間がかかって当たり前」「この作業はこうやるのが当たり前」などの気持を持たないようにしましょう。この気持ちが頭を固くする原因です。一度考えを改めて、他の方法がないか考えることも大切です。

新しい事を受け入れる気持ちを持つ

自分の過去の経験や考え方が定着することで、新しい事を受け入れられない、頭の固い人になっていくといっても過言ではありません。新しい考えや知識、やり方などを受け入れる気持ちを持つ努力をしましょう。そのためには、相手や変化を受け入れる、オープンな気持ちを持つ必要があります。

いきなり、全てを受け入れる必要はありません。徐々に物事を受け入れる体制を整えていけばいいのです。これを意識するだけでも、簡単に頭を柔らかくすることができます。自分が上司である場合には、部下の発言に耳を傾ける努力をしましょう。これができないと、頭の固い上司だと思われます。

考える事をやめるのも大切

人間は、常に何かを考えていると、疲れを感じます。疲れたと感じた時には「考えることをやめる」選択をすることも大切です。常に新しいことと、触れ合う必要はありません。自分に余裕があるときだけで十分です。

疲れを感じた時には、何も考えずにゆっくりすることを忘れないようにしましょう。休んでいる時に、新しいアイディアがひらめくことも少なくありません。

物事を楽しく考える

122 24

物事に真剣に取り組んだり、何かを真剣に考えることも大切です。しかし、常に真面目な気持ちでいると、気持ちが疲れるだけではなく、どんどん頭が固くなっていくのです。そうならないように、物事に対して楽しい気持ちを持つようにしましょう。

「これをやらないといけない」ではなく「これをもっと面白くこなす方法はないか」と考えるのです。考えることは楽しいことだと、感じることが必要です。

スポンサーリンク

固い頭を改善して楽に作業を進めていこう!

このように、頭の固い人には、いくつかの特徴があります。頭が固いことが原因で、今までに仕事や人間関係が上手くいかなかったという人は、これを機に柔らかくする努力をしましょう。

また、周りに頭の固い人がいる場合には、さりげなく頭を柔らかくする方法を教えてあげられるといいです。頭を柔軟にして、今よりも広い視野で社会を見ていきましょう。

スポンサーリンク