肘のかさかさや黒ずみが恥ずかしい!基本ケアと解消法で腕見せOK♡

スポンサーリンク

肘のかさかさが気になる人はいませんか?肘のかさかさは、自分の癖が原因である場合もあります。かさかさや黒ずみの原因を見てみましょう。毎日の手入れで、気になるかさかさを治していきましょう。赤ちゃんのような、スベスベの肘を手に入れる方法を紹介します。

肘のかさかさは多くの人の悩み

気が付いたら、肘がかさかさになっていることもあります。かさかさになることで、白っぽくなり手触りが悪くなるのです。乾燥によって、かさかさになっている肘を解消ていくためには、毎日のケアがとても大切です。

また、自分が無意識にしている行動によって、かさかさを引き起こしたり、肘の黒ずみの原因を作っていることも考えられます。気になる肘のかさかさを解消して、赤ちゃんのようなスベスベな肌を手に入れてみませんか?簡単にできるケア方法を紹介します。

これを機に、人に肘を見られても恥ずかしくない、自慢の肘を手に入れていきましょう。いくつかの方法があるので、自分に合った方法を見つけて、肘のケアを習慣にしていきましょう。

スポンサーリンク

肘がかさかさになる原因ってなに?

なぜ、肘がかさかさするのかを知っていますか?原因を知らないまま、ただ保湿をしていても解消することはできません。自分の肘のかさかさの原因を見てみましょう。普段何気なくしている行動が、かさかさを引き起こしている可能性もあるのです。

皮脂の分泌が少ないため乾燥している

肘は、顔や頭皮に比べて、分泌される皮脂の量が少ないのが特徴です。そのため、皮脂によって肌が保湿されずに、季節に関係なく乾燥しやすいのです。人によっては、乾燥しにくい季節である夏でも、肘がかさかさすることがあります。

この状態を放置していると、乾燥によってひび割れを起こしたり、肘に白く粉が吹いているような状態になることがあります。乾燥によって、少しでもかさかさしていると感じた時には、早い段階でケアをすることが大切です。

肘をつくポーズなどの外的刺激

肘は、外的刺激を受けやすい部分です。気が付かないうちに衣類で肘がこすれたり、圧迫されることがあります。また、多くの人が無意識のうちに行う肘を机につけるポーズも、摩擦で肘がかさかさになるのです。外的刺激によって、肌の角質層に大きな負担を与えます。

その結果、身体の中にある水分が蒸発しやすい状態になるのです。ある程度、水分が蒸発すると、身体は水分の蒸発を防ごうとする働きをします。急いで角質層を作ることで、形や機能が不完全なかさかさの肌になっていくのです。

肘のかさかさを予防する基本的なケア

肘がかさかさすると、多くの人が必要以上の保湿をしようとします。しかし、毎日念入りに保湿をしたり、特別なケアをする必要はないのです。まずは、肘のかさかさを予防する、基本的なケアの方法を知っておきましょう。

毎日行うケアは「洗う」と「保湿」

肘のかさかさを予防するために大切なことは、お風呂でしっかりと汚れを落とすことです。肘は、丁寧にしっかりと洗うように心掛けましょう。泡でしっかり洗うだけでも、かさかさの原因になる角質を落とすことができます。

しっかりと落とせないと、角質がどんどん分厚くなって、かさかさになることを忘れないようにしましょう。お風呂で肘を綺麗に洗ったら、お風呂上りに肘の保湿を行いましょう。自分の肌に合っている保湿クリームを活用して、肌を守って上げることが大切です。

スポンサーリンク

肘のかさかさや黒ずみを解消する方法

一度、肘のかさかさや黒ずみができてしまうと、改善することが難しいです。保湿をしていても、黒ずみがいつまでも残っていることもあります。赤ちゃんのような綺麗な肘を手に入れるために、定期的にしっかりとしたケアを行っていきましょう。

ピーリング剤を使って余分な角質を取り除く

定期的に、顔に溜まっている角質の手入れをしている人は多いです。しかし、肘の角質の手入れをしている人は、少ないのです。角質の手入れは、肘のかさかさを解消する有効な方法として知られています。

肘がかさかさになって固くなっていると感じた時には、ピーリングをして、分厚くなった角質を取り除いてあげましょう。近年では、ボディー専用のピーリング剤が販売されています。このような商品を活用して、角質の手入れを行ってください。

これを行う頻度は、週に1度程度で十分です。必要以上にピーリングを行うと、肌に過剰な負担を掛ける可能性があるので注意をしてください。これを定期的に行うだけでも、赤ちゃんのような、綺麗な肘を維持することができます。

スクラブで保湿と角質の手入れを行う

肘がかさかさしていると感じた時に、おすすめなのがスクラブです。スクラブを行うことで、肘の保湿をしながら、角質の手入れを行うことができます。スクラブは、塩や砂糖の粒を活用してマッサージをすることで、古い角質をや汚れを取り除くものです。

また、近年では、さまざまな種類のスクラブが販売されています。自分に合っているものをドラックストアなどで探すことが大切です。さらに、スクラブは自分で簡単に作ることができます。

市販のスクラブを購入することに抵抗を感じる人は、手作りのスクラブで綺麗な肘を目指していきましょう。手作りのスクラブは、肘だけではなく、かかとや膝などに使用することもできます。

手作りのスクラブを作る方法とは…

手作りのスクラブの作り方を紹介します。作り方は、とても簡単なので、時間があるときに一度作ってみてください。スクラブは、塩大さじ1とオリーブオイル大さじ2分の1を混ぜ合わせるだけです。しっかりと混ぜ合わせた物を、肘に乗せて使用します。

使用する時には、肘に円を描くイメージで、優しくマッサージをしてください。塩の粒で、汚れや古くなった角質を綺麗に取り除くことができます。また、オリーブオイルによって、肘をしっかりと保湿することができるのです。スクラブが終わったら、ぬるま湯で綺麗にオリーブオイルを洗い流してください。

はちみつパックでしっかりと肘の保湿をする

スクラブをした後に、はちみつパックを行うことで、より高い保湿を得ることができます。はちみつの中には、高い保湿効果のある成分が含まれています。

はちみつを肘の気になる部分に優しく塗り込んで、5分~10分程度保湿をするだけで十分です。はちみつパックをした後には、綺麗に洗い流してください。これを行うことで、しっとりとした肘になりますよ。

定期的にハンドクリームを肘に塗り込む

ハンドクリームは、手の保湿を行うために活用している人が多いです。また、身体の保湿には、ボディークリームが使われることが多いです。同じような商品に思われがちですが、ハンドクリームの方が保湿力が高いのが特徴です。

そのため、ハンドクリームを肘に活用することで、より高い保湿効果を得ることができます。ハンドクリームは、肘がかさかさしていると感じた時に、定期的に使用するようにしましょう。ハンドクリームであれば、外出先でも気軽に使用することができます。

サランラップで保湿をする

お風呂上りに、肌のケアを行う人は非常に多いです。この時に、肘の手入れを一緒に行っていきましょう。方法はとても簡単です。普段使用している化粧水や乳液を活用します。化粧水でコットンを濡らした後に、肘にのせます。その上からサランラップで覆い、保湿を行います。5分程度そのまま置いてください。

最後に、乳液やボディークリーム、ハンドクリームなどでしっかりと保湿をするだけです。サランラップで覆うことで、しっかりと化粧水や乳液を浸透させることができます。この方法であれば、髪の毛や肌の手入れをしている間に簡単にできます。気になった人は、一度試してみてください。

角質のケアをする時の注意点について

角質のケアは、いつでもどこでもできるわけではありません。角質のケアの方法を間違えると、かえって肘のかさかさや黒ずみを悪化させてしまう可能性もあるので注意をしてください。角質のケアをする前に、どんなことに注意をするべきなのか見てみましょう。

角質のケアは肌が柔らかくなっている時にやる

多くの人が、角質のケアを行う時に「気になるから」「早く改善したいから」という理由で、力まかせにスクラブやピーリングを行っています。しかし、肘の黒ずんている部分に強い力を与えると、肌の過剰な負担を掛けて、黒ずみを悪化させてしまう可能性があるのです。

角質のケアをする時には、肌が柔らかくなっている状態を心掛けましょう。お風呂の中やお風呂から出た後にケアをしてみましょう。肌が柔らかくなっている状態でケアをすることで。弱い力でも簡単に古い角質を取り除く事ができます。

ケアをした後にはしっかりと保湿をする

角質のケアを行ったからといって、綺麗な肘は手に入るわけではありません。ケアをした後には、しっかりと保湿をすることを忘れないようにしましょう。保湿をする時には、特別高級な商品を使う必要はありません。普段、顔や体に使っている保湿剤で十分です。

また、殺菌作用のある馬油なども、効果的に保湿ができます。黒ずみが気になる場合には、美白作用のある保湿剤を使いましょう。美白作用のある保湿剤で肘をしっとりさせることで、簡単に黒ずみを解消してくことができます。保湿は、小まめに行っていくことが大切です。

生活の中で肘の負担を掛けないことも大切!

このように、肘のかさかさは、手入れの仕方で簡単に解消することができます。ただ、日頃から肘に負担を掛けていると解消することは難しいです。机の上で肘をついたり、ひじに摩擦を与えるような行動は、控えるようにしましょう。

また、年齢を重ねていくと、肌の再生が遅くなる傾向があります。そのため、肘のかさかさが気になると感じたら、丁寧なケアを心掛けることが大切なのです。しっかりとケアを行って、年齢に関係なく、いつまでも赤ちゃんのようなスベスベな肘を手に入れてみてください。

特に冬の乾燥する季節には、しっかりとした保湿や手入れが必要です。肘のかさかさのそのままにしておくと、黒ずみやひび割れの原因になるので注意をしてください。かさかさは、早い段階でケアをすることが大切です。

スポンサーリンク