素敵なアラフォー独女を目指そう♡自分を見直す4つの独女あるある

スポンサーリンク

アラサーからアラフォーへ、年はみんな平等に重ねていくものです。特に女性には、年齢によって直面するライフステージがあります。しかし、人生の選択肢は結婚、出産以外にも増えてきています。独女と呼称される独身女性たち、彼女たちの生活を切り取り、素敵なアラフォー独女へのヒントを以下で紹介していきます!

独女のライフスタイルを探る!

独女は「独身女性」の省略形で、未婚で配偶者がいない女性のことです。いつからでしょうか、この呼び方が一般的に使われるようになったのは。男性のことを「独男」とは呼ばないのに、なぜ女性ばかりがフィーチャーされるのでしょうか?それは、独身女性のカラフルな生き様にあるようです。

独女は多様なキャラクターを確立しており、あらゆる場面で取り上げられています。今や、独女が書くブログやSNSは大人気です。

時にはその爽快で適切な切り込み方に、「毒女」と評されることもありますが、人気の理由は、必ずしも暗くなりがちな結婚の話題だけに偏っていないことです。以下で、独女の様々な生態を紹介していきます。

スポンサーリンク

独女たちの生態をキャッチ

アラフォー独女と聞けば、どんな印象でしょうか?ネガティブな意見も、ポジティブな意見もあると思いますが、今や、独女といっても多種多様です。以下で、ジャンル別に、いくつか独女の生態や暮らしぶりをあげてみます。

かっこいい独女は心を決めている

かっこいい独女は、独身女性というより「独立している女性」と形容されても良いほど、自立している女性が多いです。精神的にも経済的にも、自立している女性はかっこいいものです。精神的に自立している女性は、未婚であることに捕らわれていないのです。

未婚でいることも一つの選択肢と捉え、20代と30代を経て様々な経験をし、未婚を自ら選択しているのです。結婚を諦めたから独りでいる、という固定観念には当てはまらないのです。

経済的に自立とはご承知のように、キャリアを積んでいるということ。1人で暮らしていくには、十分な額を稼ぐことができ、さらに、将来のための貯蓄もあるということです。

こういった場合、パートナーに養ってもらう必要性は無くなります。そして、1人の生活を続けたいと思えば、結婚への魅力や価値観はさらに薄れていくようです。

没頭する独女たち

没頭している対象は、決して恋愛対象の男性だけではなく、アイドル、旅、趣味や習い事、ペットなどもあげられます。いずれにしても、目的を持って人生を楽しんでいる人が多いです。独身でアイドル好きな人、ペットを飼っている人は、結婚できないなんていうのは迷信です!

少なくとも、彼女達には没頭できる対象が存在しています。人生に目的は必要です。小さなことでも、これで毎日仕事を頑張れるということ、ありませんか?没頭する独女は、そういう意味で自分を磨いています。何かに没頭することは、自分の良いところ、足りないところを学べる機会でもあります。

新しい場所に身をおいて、新しい発見をするなんて、考えるだけでワクワクしませんか?趣味がきっかけで海外へ移住したり、起業したりと女性は才能に溢れています。

痛い独女と思われてしまう言動

痛い独女には、やはり、結婚の話題がついて回ります。そして、痛い独女に限って「結婚願望は無い」と言い切ってしまう傾向にあるようです。でも、つい心にも無いことを言ってしまっているだけなんです。

なぜ、それがばれてしまうかというと、そんな独女に限って、周りの結婚を喜んであげられていないのです。友達の幸せを素直に喜べなくて、どうしても一言いわずにはいられないという人、周りは気付いていますよ。もう正直になりましょう。結婚したくて良いんです!

また、やけに自信がある女性も周りからは、「痛い」と思われているかも知れません。良い相手に出会えないのは、理想が高過ぎることが原因かもしれません。自信があるのは必ずしも悪いことではありませんが、身の丈に合った男性や生活を選択できているか、一度立ち止まって考えてみることも大切です。

理想の条件と、自分を客観的に見比べてみましょう。どうしてその条件が必要だと思ったのか、もしかしたら不要な考えだったと、新しい気付きがあるかもしれません。

アラサーとは違う独女のライフスタイル

年を重ねると、考え方やそれに伴い行動がシフトしていきます。今まで考えてもみなかったことに興味が沸いたり、知っておいたほうが良いことに直面します。それは、人生のステージをまた一段上がったということです。では、アラフォー独女の生活は、どのように変化していくのでしょうか。

アラフォー独女は管理能力が高い

20代からアラサー時代にかけて経験したことで、以下に思い当たる節はありませんか?金曜に飲みすぎ二日酔いで週末を潰す、化粧を落とさないで寝るのは日常茶飯事、恋愛で上手くいかないと暴飲暴食、仕事では目標もなく、アフターファイブを楽しみに日々をこなすだけ…。無いという人は、きっと自己管理能力が高く、充実した時を過ごされたことでしょう。素晴らしいです!

こういう時代を経た女性たちは、アラフォーになり、ふと何か大事なことに気付く瞬間が訪れるようです。ここから、自己管理能力を高めていくのです。何事にも体が一番の資本です。管理不足な毎日におさらばするということは、体や生活を見直すということ。

アラフォー女性は、平日仕事終わりの時間を新しい学びや趣味の時間に充てます。語学や資格試験、将来を見据え、キャリアアップにつながる行動をするようになります。週末を存分に楽しめるように、金曜の飲み会も早めに切り上げ家路に。

週末はトレーニングをしたり、カフェで読書、今まで行ったことの無かったイベントに参加したり、デートを楽しんだり。多くの時間を楽しめるようになります。自己管理能力を備えることは、とても大切なのです。

婚活の決めては行動力!

アラサーの婚活スタイルは、まだまだ他力本願なところがあります。友達に紹介をお願いできたり、出先での出会い、誰かが誘ってくれれば、そこには出会いのチャンスが。

しかし、時間が経つと、今まで一緒に遊んでいられた友達も結婚し、その周りも結婚し、出かける機会どころか、独身の男性が減っていく…という流れが多いのではないでしょうか。そこで、アラフォーに近づいたら、婚活スタイルも見直すことをおススメします。

恋愛の仕方が分からないなんていわずに、行動力で攻めてみましょう!そこで、役立つものが沢山あります!自然な出会いを求めているのならば、自ら出て行きましょう。でも、カフェに行って座っているだけはダメです。

ボランティアに参加する、今まで興味のなかったイベントに参加してみるなど、男女問わず出会いがあり、その先にチャンスがあるかも知れません。決めつけずに、どんな出会いも大切にしてみましょう。結婚相手への理想条件があるならば、婚活パーティーや婚活サイトを利用してみるのも手です。

そこで出会える男性は、すでに結婚を意識しているからです。でもその前に、相手に求める条件と自分自身を見比べて冷静になりましょう。「結婚は始まり」といいます。

条件ばかりにとらわれず、一生を共にできるパートナーを探しましょう。ガツガツしているなんてことはありません。出会いにはきっかけが必要なのです!

スポンサーリンク

おもしろい4つの”独女あるある”

ここでは、日常に潜む”独女あるある”を取り上げます。ちょっぴり面白いあるあるですが、色々な意味で心に響きます…。みなさんは、感じたことがあるでしょうか?

既婚の文字がやけに目につく

他人のSNSでのステータス変更って、気になっちゃいますよね。当人たちは、ただの報告のつもりだって、分かっているんです…。でも、気にせずにはいられない。

また、友人が一人遠くへ行ってしまうような気になりますね。嬉しいような悲しいような、甘酸っぱい気持ちです。特に、寝起きで見てしまうと…ダメージ倍増です。

毎月、心の中でサヨウナラ

女性には、毎月来るものがありますね。そう卵がお別れをしている合図です。年に12回しかないと思うと、なんて尊いものなでしょうか。毎月こっそり心の中で「今回も予定が合わず見送ります。ごめんね、サヨウナラ」と唱えている人はいませんか?いつか、卵が活躍できる日が来ることを祈って。

気持ちと体のバランスが崩れる

蚊にさされの痕や擦り傷がワンシーズン持ち越して、翌年まで引きずってしまっているなんてことも。確信したくは無かったけれど、傷の治りが悪いことに、否が応でも気付いてしまいますよね。気持ちは20代、でも老化という二文字が頭をよぎる瞬間です。

ペットを飼ったら自分がペットに

飼い犬と一緒にドッグランに行って、もしかしたらそこで出会いがあるかも?なんて、素敵な想像をしていたわりに、ペットが可愛すぎて毎日直帰。ペット様にご奉仕する生活に、どちらが飼われているのか、わからなくなることもあるようです。

立ち止まらずに突き進もう!

何か、手助けになるヒントは見つかりましたでしょうか。結婚を選ぶにしても選ばないにしても、自分を知り、人生に目標を持ち楽しんでいることが一番です。アラサー女性たちが憧れるような、素敵なアラフォー女性を目指してみませんか?

周りから見ていても、自分を磨いている女性は、輝いていて素敵なものです!「自分にはこれがある!」と言えるものがあると、人はとても強くなれます。是非、自身を見直すチャンスを作ってみて下さい。

スポンサーリンク