熱湯消毒で食中毒予防ができる!簡単で効果的な煮沸消毒方法をご紹介

スポンサーリンク

ジメジメした湿度の高い時期になると気になるカビや雑菌が、食中毒の原因になることもあります。強力な洗剤で綺麗にするのも一つの手ですが、お子様のいる家庭などでは、薬品に頼るのもちょっと心配。というあなたに知ってほしいのが、薬品を一切使わない安全な熱湯消毒の方法をご紹介します。

効果絶大の熱湯消毒でいつも清潔に

毎日の生活で使うキッチン。綺麗に使っているつもりでも、台所には細菌が繁殖しやすい環境がそろっています。特に日本は高温多湿な気候のため、カビや雑菌が繁殖しやすいので注意が必要です。

雑菌が繁殖しやすい代表的なキッチン用品は、肉や魚などの生ものを調理する際に使用するまな板や包丁。さらに、食器を洗った後、水滴をとる布巾なども雑菌が繁殖しやすいので注意が必要です。中でも最も汚いのが「スポンジ」です。スポンジは使用後、よく水を切ってもあっという間に細菌が繁殖してしまいます。今回はこれらの消毒に有効な熱湯消毒を伝授したいと思います。

スポンサーリンク

熱湯消毒とは?

薬品や洗剤ではないく、水を温めるだけで強力な殺菌作用のある「熱湯消毒」。やけどにさえ注意をすればこんなに安心で効果のある方法は他にはないのではないでしょうか?まずは、人間に影響を及ぼす菌と、熱湯消毒の基本方法をご紹介します。

熱湯消毒の効果

感染するとつらい症状を引き起こす食中毒ですが、食中毒を引き起こす菌の多くは熱に弱いという弱点があります。そのため、熱湯でしっかりと消毒することで、菌を消毒し、清潔な環境を維持することができるのです。特に、生肉や生魚などを調理した包丁やまな板は雑菌が繁殖しやすいため注意が必要です。そこで、家庭でも繁殖しやすい菌の特徴をご紹介します。

サルモネラ菌

主に食肉に潜伏しています。牛や豚、鶏肉など生肉を調理する際は注意が必要です。その他にも、卵やうなぎなどにも存在します。感染すると、下痢や吐き気、発熱などの症状が現れます。最悪の場合、死亡する可能性もあるようです。

セレウス菌

お米や小麦など、農作物にも食中毒を発症する菌が存在します。それがセレウス菌です。セレウス菌は冷えた調理済みの食品で繁殖します。例えば、お昼に食べきれなかったチャーハンを、晩ご飯にしようとそのままフライパンに放置して置いたりするとあっという間に増殖してしまいます。感染すると、激しい吐き気や下痢を発症します。

カンピロバクター

食肉の中でも鶏肉に多く存在しています。また、井戸水などから感染する場合も。ほんの少しの量でも感染する危険があります。症状は下痢や嘔吐、発熱、さらに頭痛や血便などがあります。生の鶏肉を調理した包丁やまな板はしっかりと消毒した方が良いでしょう。

腸炎ビブリオ

主に魚介類に生息している細菌です。お寿司やお刺身が好きな人は要注意。お家で魚をさばいて調理する方は、まな板や包丁が汚染されている可能性があります。生の魚介類を調理し海鮮カレーを作り、きちんと除菌をしていないまな板と包丁で野菜をカットしサラダを作った結果、サラダから腸炎ビブリオに感染するといった可能性もあるのです。

これらの菌をまとめてやっつけてくれるのが、熱湯消毒です。

熱湯消毒の基本的な方法

1.熱湯消毒するための用意

・消毒したい瓶や蓋
・熱湯から引き上げるための菜箸やトング
・清潔な布巾を2枚※消毒した物を置く用。普段使用している食器拭きは雑菌が繁殖しているので使用し
1枚は鍋と瓶が接触しないようにするために使います。これはすのこなどで代用することも可能です。
・なるべく清潔な瓶が収まる鍋
・水
・コンロ

2.沸騰させて煮沸する

鍋に布巾をしいて、その上に消毒したい瓶や蓋を置きます。瓶がしっかりと収まる程度まで水を入れて火にかけます。水が泡を立てはじめたら温度が90℃以上になった証。熱湯消毒が開始されたと思ってOKです。5分以上消毒するのが理想です。

※ただし、蓋などは変形の恐れがある素材であれば3分程度の短い時間の消毒でかまいません。

3.乾燥させる

消毒が終わったら火を止めて、瓶を取り出します。この際、瓶に入った熱湯でやけどをしないように気をつけてください。取り出した瓶や蓋は清潔で乾いたふきんの上に逆さに置いて、湿気をとって乾燥させます。

ママは必見!哺乳瓶の熱湯消毒

生まれたばかりの赤ちゃんは免疫力も弱いため直接口にする哺乳瓶などは清潔に保ちたいところ。特にミルクの出てくるおしゃぶりは綺麗にしておかないと危険。というわけで哺乳瓶の熱湯消毒もご紹介します。

哺乳瓶の熱湯消毒方法と時間

煮沸消毒の方法は、まず通常の洗剤などで哺乳瓶おしゃぶりは洗っておきましょう。必要な道具は上記のものと同じです。ただし、気をつけてほしいのが、哺乳瓶のパーツはすべてバラしておくこと。蓋の溝などに細菌は繁殖しますので、消毒するからには徹底的に綺麗にしたいところです。

一番の疑問は煮沸時間です。何分程度、いつまでかけるかがわからないのが本音です。やり方は、まずおしゃぶりのとキャップは変形をさけるため、消毒から3分程度で取り出しましょう。ガラス瓶は7〜10程度消毒します。消毒後は清潔な布巾の上に逆さにおいて、十分に乾燥させます。水滴が残っていると、そこからふたたび雑菌が繁殖する可能性があるため注意が必要です。

スポンサーリンク

台所まわりの熱湯消毒

湿度が高く、雑菌が繁殖しやすい環境である台所。清潔を保っているつもりでも雑菌は1日で驚くほど繁殖するので注意が必要です。ここでは雑菌が繁殖しやすいキッチン用具の消毒方法を紹介します。

まな板の熱湯消毒

生肉や生魚などを切るまな板は、まさに菌が繁殖するにはうってつけの場所。上記でも説明しましたが、鶏肉などにはカンピロバクターなどの菌が多く存在しています。特に、包丁などで目には見えない程度の溝ができている場合も、その溝から菌が繁殖する可能性があります。「抗菌剤の入ったまな板を使用しているから」といっても油断は禁物。菌の繁殖が止められるだけなので、滅菌状態を維持できる訳ではありません。

まな板を効果的に熱湯消毒をする際は、必ず洗剤を使って洗ってからにしましょう。洗わずに熱湯消毒をすると、まな板に付着したタンパク質が熱湯によって固まってしまう可能性があります。

ふきんの熱湯消毒

布巾やスポンジは菌の温床になりやすいキッチン用具です。食器を拭いた布巾、乾燥させているにもかかわらず、「変な臭いがする」といった経験がある人も多いはず。そのため、布巾やスポンジも徹底除菌が必要でしょう。

方法は鍋の水を熱湯させて、その中に布巾をいれます。時間は5分程度で良いでしょう。消毒中は布巾を菜箸などでかき混ぜて、熱湯がまんべんなく行き渡るようにします。布巾の消毒が終わったら火を止め、30〜40分程度お湯を冷まします。そのあと、天日で布巾やスポンジを乾かします。水分が残っている時間が長ければ長いほど、雑菌が再び繁殖する恐れがあるため注意が必要です。

シンクの熱湯消毒

シンクに発生したカビなどにも熱湯消毒は効果的です。カビを退治する洗剤もありますが、カビはパッキンの底に根付いているため洗剤で表面を洗い流してもすぐに復活します。こんなときも有効なのが熱湯消毒です。50度以上の熱湯で5分間ほど流せばカビを消毒することができます。

注意が1点。パッキンをゴシゴシこすると傷ができ、カビがさらに発生しやすくなってしまうので気をつけましょう。

食器の熱湯消毒

布巾やスポンジがカビや菌で汚れているのはご説明通りです。汚れたスポンジや布巾を使って洗った食器、これも菌がついていて、時間が経つと菌が繁殖する可能性があるのはもうわかりますよね。食器も洗った後に、熱湯消毒するとよいでしょう。熱湯は乾く時間も早いので、さっとかければ大丈夫です。とくに、離乳食を入れる食器やフォーク、スプーンは熱湯消毒をしておくと安心です。

その他の熱湯消毒

さて、様々な熱湯消毒を学んでかなりの消毒マスターになってきたのではないでしょうか?それでは最後に水筒と衣類の消毒方法を紹介します。衣類まで消毒できるようになったらもう免許皆伝!あなたに伝授することはありません。

水筒

水筒も菌の温床になります。特に口を付ける飲み口は口の中にいる細菌が移るため大量の菌が繁殖します。毎日仕事に水筒を持っていく人は、水筒の熱湯消毒もした方が良いでしょう。熱湯消毒のメリットは使用しているのが水のため、ハイターなどの洗剤にある嫌な臭いがしないことです。筒は通気性がわるいので、感想を念入りにするのも忘れずに。

衣類やタオル

梅雨の時期や、雨で洗濯物を外で干せない場合、生乾きのイヤーな臭いに困ったことはありませんか?生乾きの原因は繁殖した雑菌です。そう、生乾きの臭いや撃退するためにも熱湯消毒は有効なのです。

方法は衣類やタオル全体に熱湯をかけて、温度が低くなるまで待ちます。ある程度、温度が低くなったら軽く水で流してから脱水すればOKです。

熱湯消毒できないもの

最後に、熱湯消毒したくてもお勧めできないものを紹介します。強い殺菌力を持っていても、熱に弱い素材に対して利用すると、変形し元に戻らなくなってしまう可能性もあるため注意が必要です。

プラスチックや歯ブラシ

プラスチックは耐熱の温度にもよりますが、さけた方が良いでしょう。変形する可能性があるからです。大切なものは変形してからでは遅いですからね。

水筒の飲み口が菌が繁殖することは上記の通り。そのため、歯ブラシも口の中で使うものだから熱湯消毒した方が良いのではと思うかもしれませんが、これもお勧めできません。歯ブラシはある程度の期間使用したらこまめに交換するのがよいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。まな板や哺乳瓶などだけではなく、衣類などにも熱湯消毒は有効です。やけどにさえ気をつければ除菌効果は非常に強いため、消毒方法として頭に入れておくと良いでしょう。一年を通して煮沸消毒は有効なので、是非この機会に安心で安全な煮沸消毒をしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク