体臭対策はお好みのエッセンシャルオイルで♡練り香水のつくり方

スポンサーリンク

市販の香水はちょっと苦手という方や、体臭が気になるけど制汗スプレーだと香りが持続しないという方に。今は、ふんわりと優しく香る「練り香水」がおすすめなんです。自分好みの練り香水の作り方や使い方などをご紹介します。

「練り香水」の特徴とは?

まだまだ意外と知らない方も多い、「練り香水」。天然のシアバターやホホバオイル、ミツロウなどの油脂を主成分とし、香りは天然のエッセンシャルオイルで作られたものです。オーガニック専門店や、バラエティショップでも手に入り、自分でも簡単に作ることが出来るんですよ。ミストタイプの香水が苦手な方でも、安心して普段使いが出来る「練り香水」をご紹介しますね。

控えめで優しい香り

「ミストタイプ」の香水は強い香りを出すために、「合成の香料」が使われていることが多くなっています。この強い香りが苦手な方や、制汗スプレーで消臭を行っていても、すぐにその効果が消えてしまってなかなか「いい香り」が持続しない方におすすめなのが「練り香水」。

エッセンシャルオイルなどの「天然の成分」から作られているので、ほんのり優しい香りでなおかつ長時間穏やかに香りが続きます。

敏感肌の方でも安心な素材

「練り香水」は、市販のものでも、ほとんどが「アルコールフリー・防腐剤フリー」で出来ていますので、お肌が弱い方や敏感肌寄りの方でも安心して使えるものが出回っています。また、「スクワラン」や「ワセリン」、「シアバター」などの天然の油脂を使っているので、香りを楽しみながら同時に保湿もしっかり行うことができるんです。

入っている成分はとてもシンプルですが、肌に優しくて効果もしっかり実感できる優れものなんですよ。

ミニサイズで持ち運びにも便利

現在お店で売っているものは、「コンパクトサイズ」の缶に入っているものや、小さいリップクリームの形をしたものがほとんどなので、化粧ポーチに入れて持ち歩くことも可能です。とにかく手軽なので、出先でちょっとした合間に付け直しもできますね。

ミストタイプだと飛び散るので、時と場所を選んで付け直さないといけませんが、練り香水なら基本的にはいつでもどこでも付け直すことが出来るので、とても便利です。

自分好みの「香り」を気軽に作れる

市販の香水もとても素晴らしいですが、あくまでも「既製品」なので、人によっては、自分の好みにピッタリ合うものを見つけることが難しい場合もあります。

最近はアロマ専門店も増えてきており、エッセンシャルオイルの専門家がお店に常駐していることも多いので、じっくりと相談しながら数種類のエッセンシャルオイルを調合してもらうこともできますよ。オリジナルの香りを作ってみるのもとても楽しそうですね。

スポンサーリンク

誰でも簡単に、練り香水を自宅で作ろう

既製品の練り香水でも、自分に合った香りに出会うことができるのですが、自分のオリジナルのエッセンシャルオイルを調合したものを手作りするのも本当に楽しいですよ。材料は天然の油脂とエッセンシャルオイルのみなので、添加物も完全にフリーで、とても安心で安全ですよね。ちなみに、「生活の木」というお店で材料一式が揃えられますよ。

これから、3種類の天然油脂を使った練り香水の作り方をご紹介するので、よかったら自宅で作ってみて下さいね。

「ワセリン」ベースのもの

地中深くにある「天然鉱物」から抽出したワセリン。酸化しにくく、水に強いのが特徴です。ですから手首などにつけても、手を洗うたびに付け直して…を繰り返さなくてよいので塗り直しがほとんど必要ないすぐれものなんですよ。このワセリンを使った練り香水の作り方をご紹介します。

材料

・白色ワセリン(ほかの混ぜ物が入っていないもの)
・好きな香りのエッセンシャル・オイル

作り方

適量のワセリンを小さいボウルなどの容器に入れたら、エッセンシャルオイルをお好みの香りになるまで少量ずつ入れていきます。ワセリンで作る練り香水は、固まらずにクリーム状になるので、容器は密閉するものを用意してください。

「ミツロウ」ベースのもの

ミツロウ(蜜蝋)とは?

ミツバチの巣から採れる固形のロウです。食べられることもあるほど安全で、お肌にやさしい素材です。肌や唇をしっとりとやわらかくし、保湿効果があります。キャンドル(ロウソク)の原料としても使用可能ですね。変色していたり、異臭がしていなければ使用できます。しっかりとしたお店で購入すれば、腐敗の心配はまずないので安心して大丈夫です。 【材料】
・ホホバオイル
・ミツロウ
・エッセンシャル・オイル
・割りばし(かき混ぜ用)
・鍋(湯せん用)
・蓋つき容器 【作り方】
1.まずはミツロウを湯せんにかけます。溶けてきたらホホバオイルを注ぎ、完全に溶け合うまでよく混ぜます。
2.液体になったものを、保存容器に流し込み、お好きなエッセンシャルオイルを好みの香りの濃さになるまで入れて素早くかき混ぜます。※ミツロウはすぐに固まってしまうので、とにかく素早く作業することが重要です。
3.固形化したら、出来上がりです。

「シアバター」ベースのもの

シアバターとは?

西アフリカから中央アフリカに生息するシアの木の実から採れる植物性油脂のことです。主成分はステアリン酸やオレイン酸などの「不飽和脂肪酸」で、肌の酸化を抑えてくれます。ヒトの皮脂とよく似た性質をもつため肌なじみがよく、肌に溶け込むように浸透してうるおいを補うとともに、蒸発しにくく、髪を油膜で優しく包むので、乾燥からしっかり保護してくれますよ。
【材料】
・シアバター
・好きな香りのエッセンシャル・オイル
・割りばし
・鍋
・蓋付き容器
【作り方】
1.容器に入れたシアバターを、湯煎にかけて溶かします。湯煎してほんの数分で、全体が完全に透明になって溶けます。これが、練り香水のベースになります。
2.溶けたベースの中にエッセンシャルオイルを加えてよく混ぜます。エッセンシャルオイルの量は、各人の好みですので、かなりアバウトで大丈夫だと思います。エッセンシャルオイルは好きなように数種類ブレンドしても良いですし、1種類のみを加えるだけでも良いです。
3.シアバターが固まったら、蓋をして保存します。

「練り香水」の楽しみ方は色々

練り香水は、ただのフレグランス用だけでなく、実は様々なシーンで活躍する「万能アイテム」なんです。市販のものでも、オーガニックや天然素材で作られたものや、自分で作ったものでしたら、ボディクリームやヘアワックスとしても重宝するんですね。
ハンカチやフェイスタオルにそっとひと塗りすると、そのほんのりした香りが出先でも長く楽しめて、外出先でも癒されるでしょう。

これから、練り香水の色々な楽しみ方をご紹介しますね。

肌に塗る

耳の後ろやうなじは、ニオイが出やすい部位でもあります。このあたりに人差し指でひとすくい程度、軽く塗っておくと皮脂や汗のニオイを緩和してくれます。また、先に手首に塗ってから、香りのついた手首を耳の後ろやうなじに塗りこんでおくのも効果的ですね。加齢臭が気になる方や汗をかきやすい方は、まずはこの方法で塗ってみるのがいいです。

ヘアワックスに

頭皮も、実は耳の後ろやうなじと同じくらいニオイが出やすい場所です。最近は、様々なメーカーが香りのあるヘアワックスを発売していますよね。しかし、市販のヘアワックスは、やはりまだまだ合成香料を使用しているものが多いので、肌が弱い方には刺激が強すぎたりします。

そこで、自分で作った練り香水や、オーガニック素材の市販の練り香水をヘアワックスとして使用するのをおすすめします。

ハンドクリームに

シアバターやミツロウなどの油脂を使用しているので、乾燥肌の方や、冬場の乾燥にはハンドクリームとしても愛用できます。食品を扱うお仕事の方は例外ですが、それ以外のお仕事をされている方や、家事などで水仕事が多い方にはとても効果的ですね。あまりベトつかず、ほんのりと優しい香りなので、「癒し効果」も期待できます。

部屋のフレグランスに

ミストタイプのお部屋の芳香剤は多く出回っていますが、実はミストタイプは香りがそれほど持続しないことも多いです。練り香水に使われている「エッセンシャルオイル」はほんのり香る程度でも、「ティートゥリー」や「ペパーミント」などの香料を使えば、長い時間香りが持続しますよ。

お部屋のインテリアやカーテン、タオルなどの布製品に少し塗っておくだけでとても心地よい気分を味わうことができるでしょう。

スポンサーリンク

敏感肌で体臭が気になる方の強い味方です

男性はもとより、女性も加齢によって体臭が増してくることがあるようです。ただ、敏感肌で、ミストタイプの香水で肌荒れを起こしたり、香りが強すぎてとても普段使いが出来なかったという方のために、「練り香水」は生まれたのです。

もう、嫌なニオイに悩まされることなく、優しく包み込むような香りに癒されてみませんか?少しでも、良い気分で毎日を過ごせるように、自分の好きな香りの「練り香水」をぜひお試しください。

スポンサーリンク