爪の甘皮ケアで指先美人に!4つのメリットと簡単な方法をご紹介♪

スポンサーリンク

キレイな指先を維持したいなら、甘皮を丁寧にケアしましょう。ネイルサロンに行かなくても自宅で簡単に行うことができます!甘皮処理のやり方と注意点を押さえて、健康的で美しい爪を手に入れる方法をお教えします。

セルフネイルは甘皮処理でより美しく!

女性で指先がキレイな人って、好印象を受けますよね。爪は健康のバロメーターとも呼ばれており、清潔で健康的な印象を与えるようです。指先は、普段目の行きやすい場所でもあり、自分でネイルケアをされている方も多いのではないでしょうか。

その爪のセルフケアで特に重要なのが「甘皮処理」です。ネイルサロンに定期的に通ってネイルケアをしてもらうとなると、金銭的にも時間的にも制約があり、なかなか始めにくいですよね。そこで自宅で簡単に甘皮処理をするやり方と注意する点をご紹介します。

スポンサーリンク

甘皮は爪を守ってくれている

ネイルケアで大切とされる甘皮処理ですが、甘皮は私たちにとって不要なものなのでしょうか。そもそも甘皮とは何かを確認してみましょう。

爪の根元にある薄い皮の事

甘皮は、爪を作り出す部分を保護するための薄い皮のことです。甘皮には細かくいうと2種類あり、半透明部分のキューティクルと、爪にへばりついている、ルースキューティクル(ルーススキンとも呼ばれます)があります。このルースキューティクルは、爪にへばりつくことで、爪の成長を邪魔するので、定期的に除去をすることをお勧めします。

細菌の侵入を防ぐ役割がある

甘皮は細菌や異物が入らないように守っている部分です。無理に押しあげたり、切りすぎたりして、必要な甘皮まで取り除いてしまうと、健康な爪が生えてこず、甘皮まわりが腫れるなど様々なトラブルが起きる可能性があります。十分に注意をしましょう。

甘皮を処理する4つのメリット

甘皮は、爪を作る根元の部分を守る上で、本来必要なものです。ただ、そのままにしておくと、様々なトラブルにつながるかもしれません。そこで、甘皮を処理するメリットを押さえておきましょう。

1.ネイルが長持ちする

甘皮の処理をしていないと、カラーネイルやジェルネイルを塗った時に、甘皮の上にネイルが乗ってしまうことになります。そのため、爪が伸びてきた時にどうしても根元から剥がれやすくなってしまいます。

2.乾燥を防ぐ

甘皮をそのままにしておくと、爪にとって必要な水分を奪って、乾燥の原因になるそうです。乾燥が進むと、ささくれが出来たり、爪が割れやすくなったり、二枚爪になることもあると言われています。

3.栄養分が爪に行き渡る

ルースキューティクルを取り除いてあげると、爪の成長が妨げられることなくぐんぐん伸びて、キューティクルオイルの浸透も良くなります。また、爪を作っている部分にまでスムーズに栄養分を送り届けてくれるので、健康な爪を維持できます。

4.見た目がキレイになる

しっかりと甘皮処理をすることで、爪が大きくなったように見えたり、すっきりとキレイに見えたりします。甘皮がある爪よりも、無い爪の方がお手入れが行き届いている感じもしますよね。

爪が小さいことが気になっている方は、一度お試しになってはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

簡単にできる甘皮処理のやり方

甘皮の処理のメインは、ルースキューティクルの除去です。キューティクルも伸びすぎている余分な部分は除去しましょう。必要な道具を確認して、実際にやり方を見ていきましょう。

用意する道具

まず用意して頂きたいのは下記の道具です。

・キューティクルリムーバー
・ぬるま湯
・キューティクルプッシャー、またはメタルプッシャー
・ガーゼ
・キューティクルニッパー(甘皮専用の刃物)
・ キューティクルオイル、またはキューティクルクリーム(保湿クリーム)

簡単なやり方

道具が用意できたら、早速甘皮ケアに取り掛かりましょう。簡単な処理の方法をご紹介致します。

1.キューティクルリムーバーを塗る

キューティクルの部分に、キューティクルリムーバーを塗ります。このリムーバーは、キューティクルを柔らかくして、余分なルースキューティクルを取りやすくします。

2.ぬるま湯に指を浸す

フィンガーボールなどに40度くらいのお湯を入れて、5〜10分ほど指を浸してキューティクルをふやかします。お湯がぬるくなってきたら交換しましょう。

3.キューティクルを押し上げる

キューティクルプッシャーで円を描くようにキューティクルを押し上げます。この時、決して力を入れすぎない様注意して下さいね。

4.ルースキューティクルを擦りとる

ガーゼを親指に巻いて、ルースキューティクルを優しく取り除きます。

5.余分なキューティクルをカットする

残ったルースキューティクルやささくれなどは、キューティクルニッパーでカットします。 キューティクルニッパーを使用するので、カットをしすぎたり、傷をつけてしまう可能性があるため、安全性の面から考えると最初はネイルサロンに行くのがお勧めです。お湯で甘皮をふやかし、ガーゼで押し上げるだけでも爪に張り付いたルースキューティクルが取れてすっきりするので、初心者の方は、まずその方法を試してみてください。

また、専門の道具がない方は、お風呂に浸かってしっかりと指先を柔らかくしてから、綿棒で甘皮を押し上げ、ルースキューティクルを取り除いてあげましょう。最後にハンドクリームでしっかり保湿すれば、簡単にケアできます。

甘皮処理をした後のお手入れ

キューティクルオイルやクリームを甘皮付近に塗って保湿をしましょう。その際はマッサージをするようにしっかり揉み込んでください。甘皮ケアの後は、指先の水分が失われているので、必ず保湿をしてあげましょう。

大切な爪を守るための4つの注意点

甘皮はとてもデリケートな部分です。簡単に自分で甘皮処理をすることができるのですが、気をつけないと傷つけてしまい、正常な爪が生えてこなくなってしまうこともあると言われています。以下にご紹介する4つの注意点をよく理解しておきましょう。

1.必ず消毒をする

甘皮は細菌が入り込むのを防ぐためにある大切な部分です。甘皮を処理する際に使用する道具に関しては、使用前に必ず消毒をしておきましょう。

2.甘皮を強く押し上げない

甘皮を強くゴシゴシ押し上げることは厳禁です。かえって爪を傷つけてしまいます。何度も優しく、少しずつ押し上げましょう。上手く取れない場合は、もう一度お湯に指先をつけて、柔らかくしてから再度試してみましょう。

3.切り過ぎは爪の器官を破壊する

甘皮処理で一番難しいのが、余分な甘皮のカットです。具体的にどこまでかと言うと、甘皮を1ミリから2ミリ残す程度が理想です。

深くカットしてしまうと、爪の伸びが悪くなったり癖のある爪になったりと、トラブルになる可能性があるそうです。特に初心者の方は、判断が難しい場合があるので、「なるべく控え目に」を心がけることをお勧めします。

4.週に1回処理すれば十分

ネイルをされている方は気になって、何度も甘皮処理をしたくなってしまいがちですが、やりすぎはかえって甘皮を傷つけてしまいかねません。週1回のお手入れで十分美しい爪を保つことはできますよ。

キレイな指先で、気持ちも明るく!

ネイルケアというとネイルサロンに通わなくてはいけなくて、お金がかかるイメージですが、自分でも自宅で簡単にお手入れができます。ただ、甘皮は私たちにとって必要で大切なものでもあります。注意点をしっかり守り、無理のない範囲で行いましょう。

健康的な爪を維持するため、ネイルの見栄えを良くするため、甘皮処理を始めてみませんか。指先がキレイになるだけで、気持ちもぐっと明るくなりますよ!

スポンサーリンク