ヨガウェアの疑問と選び方についてインストラクターがお答えします!

スポンサーリンク

ヨガは世界的にブームになっていて、健康や美容を求める女性の間で生活の一部として浸透しています。これからヨガをはじめてみようと思う方も沢山いるのではないでしょうか?スタジオをのぞくと皆さん、素敵なウェアを着ていますが、どんなことに注意をして選べばいいのでしょう?その疑問にお答えします。

ヨガウェアは必要なの?

これからヨガを始める人は不安がいっぱいです、体が固い、普段運動をしていない、持ち物や服装は?沢山の質問をお受けします。その中でも今回は服装についてお答えしたいと思います。

現在、いろいろなメーカーが競うようにヨガウェアを販売していますが、そもそもヨガウェアは必要なのでしょうか?

スポンサーリンク

ヨガウェアを着るメリット

ヨガスタジオでは、皆さん素敵なヨガウェアを着て汗を流しています。もちろん、ヨガウェアを買わなくてはいけないと言ったルールはありません。

どのヨガスタジオでも、動きやすい服装でお越しくださいという案内をしています。ではなぜヨガウェアはこんなにも普及しているのでしょう?その答えを探るために、ヨガウェアを着るメリットについて見ていきましょう。

動きやすい事が1番の理由

ヨガはポーズをとっていくものです。中には寝転んだり、逆転のポーズ(頭が下になる)ものもあります。もちろん、ヨガウェアでなくてもヨガは出来ますが、ヨガウェアの場合は、ヨガの動きに適したデザインになっています。

ヨガは一般のスポーツより可動域が広く、長くキープしています、そのため関節の動きを邪魔しない、伸びのいい作りになっています。

体にフィットすることによって、動きを滑らかにしバランスのポーズなどでの転倒を防いでくれます。ヨガウェアを着る大きなメリットは、ヨガの動きにフィットし、動きやすいことです。

ヨガに集中できる

また、女性は特に服装に大きく左右されます。「何事も形から」という人も多いのではないでしょうか。ヨガウェアを着ることで、身も心もヨガに集中できるという人が多いようです。

デザインを見ても、ヨガの世界に引き込まれる素敵なものが多いようです。動きを邪魔しないように考えられていますので、ストレスも少なくヨガに集中できるようです。

ヨガウェアの種類

ヨガウェアには、どんな種類があるのでしょう?他のスポーツウェアとは違い、緩やかな優しいイメージでシンプルなものが多いヨガウェアです。代表的なヨガウェアの種類をいくつか紹介します、どんなイメージのウェアにするかイメージするのも楽しいものです。

トップス

ヨガウェアのトップスで多いのは、キャミソールとタンクトップです。肩の動きを最大限に引き出せ、インストラクターによる、指導も受けやすい(体のラインや関節の動きが見えやすい)という利点があります。

また袖のあるトップスは、脇が見えるのに抵抗がある方や、二の腕が気になる方におすすめです。袖があっても、動きやすいように作られているものが多いので、試着の際は腕を大きく回したり、自分の腕の動きを邪魔しないかをチェックしておきましょう。

トップスはきちんと体にフィットしたものを選びましょう。自分に合っていないトップスは、前屈やかがむこともあるヨガでは、胸元が大きく開いていたり、かがんだ時にアンダーウエアが見えてしまう場合があり、自分でもヨガに集中できなくなってしまいます。

オールインワン

オールインワンはトップスとボトムスが一つにつながっているタイプのものです。バレエのレッスン着でよく見かけるデザインで、背中とお腹が出ないので、レッスン中も集中してヨガが出来るようになっています。

タイトな感じのものと、少しゆったりしたデザインのものがありますが、自分がどんなヨガのスタイルを実践するかで、選ぶといいです。アシュタンガヨガのように流れが速めで強度の強いヨガであるなら、タイトのものの方が動きやすいでしょう。

オールインワンはサイズ調整が難しいので、必ず試着をするようにして、自分の体に合うサイズを選びましょう。

クロップドパンツ

クロップドパンツのクロップドとは、切り取られたと言う意味で、丈が6分丈位のものが一般的です。ヨガウェアでも人気が高く、丈が長すぎたり足りないことも少ないので気軽に履けるパンツです。

色々なタイプのものがありますが、初心者の方はこちらもやはり、逆転のポーズ、シールシャアサナ(ヘッドスタンド)などを行うヨガ場合、ポーズ中にヨガパンツの裾がめくれてしまうと、気になってバランスを崩したりしてしまうので、裾はタイトの方がいいでしょう。

リラクゼーション効果の高いヨガスタイルでは、ゆったりと体のラインも気にならないようなものがオススメです。

サルエルパンツ

サルエルパンツは個性が強いように感じ、なかなか購入しずらいとよく聞きますが、実はヨギーやヨギーに達には人気のデザインなんです。

またの周りが邪魔になりそうと思う人もいるようですが、開脚などの多いヨガのポーズ中も動きを邪魔されず、どんなポーズの時も股が引っ張られないのが一番のメリットです。

裾が絞れているので足をあげても、逆転のポーズをしてもめくれることはなく、1度はいたら手放せなくなったと言う声をよく聞きます。

ショートパンツ

ショートパンツは、1枚で履いても、レギンスの上に重ねて履いても使用できるものです。用途によって1枚で履く場合の体にフィットするデザインのものや、重ね履きを考慮したフレアータイプのものなどがあります。

1枚で履くのに抵抗を感じる方は、レギンスとの組み合わせで色々なバリエーションを楽しんでみてはいかがでしょう。

レギンス

レギンスは体の線が出やすく、ヨガ中はとてもおすすめしたいものです。初心者の方には敬遠されがちなパンツですが、実は初心者程、体のラインは見えた方がいいのです。インストラクターが注意をしやすく、正しい形でヨガを行うことが出来るからです。

しかし抵抗を感じてなかなか履けないと言う人も多いと思います、ショートパンツと組み合わせて気になる部分をカバーしてあげてもいいかもしれません。

スポンサーリンク

ヨガウェアの選び方のポイント

ヨガウェアの種類には色々なものがあり、メーカーによってもその特徴が大きく違います。もちろん自分の好きな色、形を選ぶことは大切ですが、それに加えてヨガを行う上での押さえておきたいポイントを紹介します。

胸パッドはついているか

レディースのトップスには胸パッドがついているものが多いようです。ヨガの場合なるべくシンプルな服装の方が動きを邪魔させないので、是非胸パッドのあるものを選択しましょう。

またついていない場合は、スポーツブラなどの、金具や留め具のついていないものをアンダーに合わせるようにします。

うつ伏せや後屈の多いヨガのポーズでは金具が体にくいこんでしまったり、はずれてしまう場合もあるのです。

裾がめくれないか

パンツを選ぶときに重要になってきます。多少のめくれは気にならないかもしれませんが、太ももまで大きくめくれてしまうデザインのものは避けた方がいいかもしれません。

どんなヨガなのかを考慮し、動きのあるヨガの場合はなるべく裾がめくれないものを選ぶようにしましょう。裾にゆとりのあるタイプを選びたい場合は、足を上にあげるポーズで気にならないかどうか、試着時に裾のめくれをチェックするようにするといいでしょう。

ストレッチ素材

ストレッチ素材であることは絶対条件です。市販されているヨガウェアのほとんどはストレッチ素材で出来ています。しかし自分のサイズに合っていない物は、ストレッチが足りない場合もあるので注意が必要です。

肩まわり、股のツッパリ具合など、なるべく抵抗の少ないものを選ぶようにするといいでしょう。ヨガウェアによってもストレッチ具合が大きく違っています。自分が心地いいと感じるものを探してみることをおすすめします。

自分に合った丈

ウェアの丈は長すぎても、短すぎても気になってしまうものです。トップスは短すぎず、パンツは長すぎない物を選ぶようにしましょう。

トップスではあえてお腹を出すデザインのものもあるようです、冬場は体を冷やすのでオススメはできませんが、こちらも体にフィットしたもの、ゆとりのあるものなど種類も豊富です。体にあった丈のものを選ぶように心がけましょう。

ヨガウェアが買えるお店・サイト

では実際、ヨガウェアを購入しようと思ったらどこで手に入るのでしょうか?また主なメーカーの特徴を少し見ていきたいと思います。

lululemon

lululemonは正式名称lululemon athletica(ルルレモン・アスレティカ)、1998年に創設され、2000年にカナダのバンクーバーで1店舗目をオープンしたブランドで、創設者がヨガに適したウェア作りを始めたのがきっかけで、今では様々なスポーツウェアを展開しているようです。

ルルレモンの特徴は、体にフィットするデザインのものが多く、ぴったりとした着心地の良さに加え、スタイリッシュで色鮮やかなお洒落で可愛いラインナップとなっています。

色が鮮明で、元気の出るカラーが多いようです。愛用者は多く、バックスタイルの素敵なデザインにひかれる方が多いようです。

残念ながら現在日本に実店舗はなくなってしまいましたが、ヨガスタジオなどの公認販売店での取り扱いや、インターネットでも商品によっては購入が出来るようです。

be present

be presentは抜群の素材力とシンプルなデザインが特徴です。 be presentのコンセプトである「身体の声を聞き」「汗をかき」「自身を取り巻く環境に注意を払い」「楽しむ」「今のこの瞬間に感謝する」に共感を得て購入している方もいるようです。

もちろんヨガウェアにもそのコンセプトは表れており、ビープレゼントがヨガのために独自に開発した素材Breath Weaveを使用 し、まるで息をしているかの ような通気性の良さで、ヨガ中に出る汗を乾燥させ快適な状態を保ってくれます。

そして大変優れた伸縮性も人気の1つで、動きを妨げないストレッチ性能が心地いいと評判のブランドです。通気性に大変優れているので、ホット ヨガやアシュタンガなどの大量に汗をかくヨガにオススメのブランドです。

prana

アメリカでNO1ブランドの異名を持つpranaプラナは、サンスクリット語で「生命」「呼吸」を意味しています。コンセプトは「地球環境に優しく」「情熱と活力のあるモノ作る」。積極的に地球環境負荷の少ない商品作りにこだわりを見せ、独自の機能素材や、手間ひまかかるこだわりのプリント加工が定評あるブランドです。

特徴は、機能素材や鮮やかなプリントで独自の世界観を表現したヨガウェアが多い事。個性的なプリント柄は、一見派手そうに見えますが、ヨガを行う姿は優雅で空気との一体感を感じる程です。

吸汗速乾に優れたリサイクルポリエステルをメインに使用したものが多く、ベースにエスニックかつスピリチャルな紋様を鮮やかに表現しているようです。

yin yang

YinYangのヨガウェアは、しっとりやさしい肌触りの厳選されたオーガニック素材を使用する、やわらかな着心地が特徴で、厳選された素材と環境に配慮する製法にこだわっているブランドです。

シンプルなデザイン多く、合わせやすい落ち着いたトーンを使用しながらも、上品で細部にまで計算された機能的なラインになっています。

フェミニンに見えますが、甘すぎないテイストが含まれ、可愛らしく上品でスタイリッシュなヨガウェアになっています。

YinYangの商品は、無農薬有機栽培された綿花で、着る人にも、作る人の身体にもやさしく、土や水、空気を汚さないので地球にもやさしいオーガニックコットンを85%以上使用しているようです。

suria

suriaの特徴はスタジオだけじゃない、新しいヨガスタイルの提案を掲げている点で、家、公園、ビーチ、空港と様々な場所でヨガライフを楽しむスタイルを、爽やかなカラーリングと軽やかな素材感で表現しています。

suriaスリアとは、サンスクリット語で太陽を意味するスーリヤにちなんで付けられたものだそうです。心地良さを追求した美しいデザインと色使いが特徴となっているブランドです。

ゆったりとしたシルエットでありながら、ドレープ感のある仕上がりでスッキリと魅せるデザインが多く、そのシルエット美しさには定評があります。さりげないデザインで気になる体形もうまくカバーしてくれます。

ユニクロ

大人気ユニクロブランドでもヨガウェアを購入することができます。やはり特徴は低コストである事。シンプルで機能的なヨガウェアが多いようです。

ユニクロはまさに日本のファストファッションのパイオニアです。安価で質のいいものを購入でき、エアリズムシリーズは速乾性が強く、汗をかいてもサラサラとした状態を保つことができることからヨガウェアとしての人気が高いようです。

そしてご存知の通り、そのカラーバリエーションが豊富なことも人気の1つのようです。色々な組み合わせを楽しむ方が多いようです。

無印良品

ウェアに限らず、無印良品を愛するヨギー、ヨギーニの方は多いようです。シンプルでオーガニック、ヨガにピッタリのブランドなのかもしれません。

そのヨガウェアも大変人気で、着心地バツグンで、腕や足を上げても違和感もなく、きれいに見るデザインが多いようです。

特徴はサラッと着れるものが多く、色違いや同色でも何枚持っていると言う方が多い事。オーガニックコットン素材はナチュラル派におすすめのブランドです。また敏感肌の方にも安心して着用できるウェアとして人気があります。

スポーツ用品店

そして、最近ではどのスポーツ用品店でもヨガウェアを取り扱うコーナーが充実し追ているようです、ナイキのスタイリッシュなデザインや、プーマの可愛らしさを残したデザインなどがヨギーニの間で人気があるようです。

ヨガ専門ブランドにはない、各メーカー独特のデザイン性も楽しみたい方にはオススメです。

ヨガウェアは気持ちよくヨガを行うためのもの

ヨガを行う上で、必ずしもヨガウェアを着なくてはいけないと言うわけではありません。しかし、ヨガウェアは気分を高めてくれたり、ヨガに集中できるような工夫が沢山隠されています。自分にあったヨガウェアを選び、ヨガを楽しみながら始めるものいいかもしれません。

ヨガを続けていくうちに、欠点を隠すためのウェア選びという概念は変わってくるかもしれません。

スポンサーリンク