ミネストローネ簡単レシピ!たっぷり野菜でヘルシー大人も子供も大満足♪

スポンサーリンク

トマトをベースにしたミネストローネはたくさんの野菜が入っているヘルシーなスープです。作り方はとっても簡単なんです。スープなので作り置きもできて具沢山の一品になるミネストローネ。アレンジなども含めてご紹介します!

ミネストローネの簡単レシピをご紹介!

ミネストローネは、野菜がたっぷり入っていて、ショートパスタなどが入ったものが多くスープではありますが、ちゃんとした一品という感じですよね。その分、作り方が野菜の下ごしらえやパスタを茹でたりと、いろいろと手間がかかりそう、と思っていませんか?実はミネストローネは、イタリアの料理で使う野菜も季節や地方によって様々なんです。

ミネストローネは特に決まったレシピはなく、田舎の家庭料理といったところがあるので、トマトを入れていないものでもミネストローネと呼んだりするんですよ!ミネストローネという言葉は、イタリア語でごちゃ混ぜや、具沢山といった意味です。ビタミン、ミネラル、たんぱく質、炭水化物がひとつのお皿で摂取できて、子供にも大人気!冷蔵庫の中の野菜の整理にもなるし、いいことばかりのミネストローネ。

今回は、簡単で美味しいミネストローネの作り方をご紹介します。ぜひたくさんの野菜を入れてヘルシーで栄養満点なスープを作ってみてくださいね。

スポンサーリンク

ミネストローネってどんな料理なの?

トマトベースのスープのことです

ミネストローネは、トマトがベースになった野菜がたくさん入ったスープのことです。イタリア料理でショートパスタなどを入れるものが多いですが、ご飯が入っているものもあります。多くのイタリア料理が、家庭の味でさまざまなアレンジがあるように、ミネストローネもいろいろな作り方や材料を使います。

地方によっても作り方がいろいろあり、豆をメインにしたミネストローネはウンブリア風といいます。ウンブリア地方ではトマトを角切りにした物を入れていないものでもミネストと呼びそうです。また他の地方では ジャガイモと生ハムのプロシュートとパルメザンチーズを入れたものをミネストローネと言うそうです。

何が入っていないとミネストローネではない、とかどんな作り方をしなければミネストローネとは呼べないと言ったことはないんですね。

野菜がたっぷり!具沢山のスープです

ミネストローネは、イタリアのロンバルディア地方が発祥と言われています。イタリアの代表的なスープですが、使うのはたくさんの種類の野菜とベーコン、パスタなどです。

トマトベースのスープですが、中に入れるのはトマト以外にもポアロー、セロリ、ニンジン、たまねぎ、ジャガイモ、キャベツ、ズッキーニ、サヤインゲンなどなどどの野菜を入れなければいけない、と言った決まりがないのでその地方や旬によっていろいろな野菜を入れて作ればいいんです。

ジャガイモの代わりに白いんげん豆を入れると、トスカーナ地方で食べられるミネストローネになったりします。自分で地元で採れる旬の野菜を使って季節ごとのミネストローネを楽しめばいいんですね。

パスタやお米が入っているものもあります

ミネストローネと言うと、エンジェルパスタのようなくるくると渦を巻いたショートパスタや貝の形をしたシェルパスタが入っているものをイメージする人もいると思いますが、パスタの種類も決まりはありません。

ショート系のパスタが基本的ですが、何種類かを混ぜるのも楽しいですし、パスタの代わりにお米を入れるレシピもあります。仕上げにパルメザンチーズを振ったりすることも。ほとんどスープパスタやリゾットみたいですよね!

トマト缶で作る簡単ミネストローネのレシピ

それでは簡単に作れるミネストローネのレシピをご紹介していきましょう。まずはトマト缶を使ったミネストローネのレシピ。トマトの缶詰を使えば、皮を剥いたりカットする手間が省けるのでかなり簡単ですよ。

シンプルな味付けで素材の味を楽しもう

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/202403/recipe/1037527

ミネストローネです☆ たくさんの野菜の味と旨味を十分に引き出せるレシピです。コンソメで出しの味を出して仕上げにパルメザンチーズでボリュームとカルシウムをプラス!味つけはお好みですが、薄味にするとより野菜の甘みが楽しめますよ。

「作り方」
1.切ったベーコンや野菜をニンニクをオリーブオイルで熱したところで炒めます。
2.全体に火が通るまで炒めてからホールトマト、もしくはカットのトマト缶を水ごといれ入れます。
3.沸騰してきたら、アクを取りながらコトコト煮ます。塩コショウで味つけして最後にパルメザンチーズを振りかけます。

具沢山ミネストローネ

たくさんの野菜をたっぷり食べられるのもミネストローネの嬉しいところですよね。色々な野菜やお米などでも作ってみてください。具材は、特に決まりがないので、旬の野菜やきのこ類など冷蔵庫の残った野菜などでもOK!セロリとベーコン、ジャガイモは定番ですが、あまりこだわらずにいろいろ試してみると楽しいですよ!

日本の野菜、ネギや白菜、大根や根菜類、セロリの代わりに三つ葉などを使って和風にするのもいいですね。煮えにくいものから炒めてトマト缶の順に調理していきましょう。パスタの代わりにお米を入れて洋風リゾット風にしてもいいですよね。また、豆やベーコンだけではなく、魚介類を使ったちょっとご馳走ミネストローネなどもおすすめ。

「作り方」
1.火をつける前の鍋にニンニクと鷹の爪を、色づき始めたらベーコンと野菜を入れ炒めます。
2.トマトペーストやコンソメ、香草類を入れさらに炒めます。
3.水を入れて蓋をし、沸騰したら弱火で30分煮こみます。

スポンサーリンク

トマト缶を使わない簡単レシピをご紹介!

トマト缶以外にもミネストローネを作れるアイテムはあります。ケチャップやジュース、トマト缶は保存がきいていつでも使えて便利ですが、トマトが旬の時期やたくさん手に入った時は、フレッシュなミネストローネを作りたいですよね。作り置きできるので旬の時期は生トマトでぜひミネストローネを作ってくださいね!

簡単!ケチャップミネストローネ

ケチャップで作るミネストローネ。トマトが1個しかなくてもできちゃいます。具材は冷蔵庫にある野菜と常備しているツナ缶があればいつでも本格的なミネストローネができちゃいます。ツナは、ベーコンやソーセージなどでもOK!常備野菜と保存食でいつでも美味しいミネストローネができます。

「作り方」
1.野菜は切って鍋で炒めます。
2.具材全体にざっと火が通ったところでお酒をさっと回しかけ、ざっくり切ったトマトと汁を切ったツナ缶、水で煮ます。
3.野菜に火が通ってきたら、醤油、ケチャップでアクを取りながら弱火で10分ほど煮て最後に塩胡椒で味を整えて出来上がり。

トマトジュースでも美味しくできますよ♪

トマトがなくてもトマトジュースがあればミネストローネできちゃいます!

「作り方」
1.野菜やベーコンをサイの目に切ります。トマトがあれば同じ大きさに切っておきましょう。
2.鍋にお湯を沸かして沸騰したら火を弱めコンソメを入れます。そのあと、野菜、マカロニを入れます。
3.野菜に火が通ったらトマトジュースを加えひとにたちさせ、アクを取って塩胡椒で味を整えれば出来上がりです。

生トマトで作るさわやかミネストローネ

もちろん!生のトマトを使えばより本格的なミネストローネができます。トマトが旬の時期にぜひ作ってみてください。

「材料」4人分
トマト 300g
玉ねぎ 150g
人参  60g
じゃがいも 150g
蕪  120g
ウインナー 80g
大豆の水煮  100g

水 1000cc
コンソメ  2個
ローリエ 1枚
はちみつ 大さじ1
塩・こしょう  少々

「作り方」
1.トマトは皮をむいてから角切りに、野菜とベーコンも同じ大きさに切ります。
2.鍋に水を入れて、野菜とベーコンをを入れ煮ます。
3.中火でアクを取りながら煮込んで最後にコンソメで味を整えて出来上がり。

ダイエット向きな簡単ミネストローネ

ミネストローネは、ある野菜やお肉、お魚でも作れるしトマトがなくてもできる簡単スープ。具材や調味料をちょっと一手間かければダイエットや美容に最適な料理になるんですよ!

野菜たっぷりの脂肪燃焼♪

ミネストローネのいいところは野菜がたっぷり摂れること。煮込んでいるので生よりもたくさん食べることができます。食物繊維も一緒に取れます。ダイエットなら、ジャガイモやパスタなどを入れないとよりカロリー抑え目で作れます。また、辛みのある調味料を入れれば、ピリ辛で脂肪燃焼に効果的なスープに大変身!食物繊維やミネラルも取れる優れたダイエット食になります。

「作り方」
1.野菜をなるべく種類多く使い、同じような大きさに切ります。
2.火の通りにくいものから炒めてトマトを入れて煮込みます。
3.好みで一味唐辛子やチリペッパーを加えて出来上がり。

ベーコンの代わりにささみでヘルシー

ミネストローネにはよくベーコンが入っていますが、実はベーコンは脂身が多いですよね。ダイエット中はベーコンの代わりにささみを使うと脂肪を減らすことができます。

「材料」4人分
鶏ささみ  4枚
にんじん  1本
ほうれんそう  1把
ジャガイモ(小)  3個程度
ホールトマト  1缶
ビーフコンソメ粉末  3袋
みず  900ml

「作り方」
1.旬の野菜や残り野菜を角切りにし、オリーブオイルで炒めます。
2.火が通ってきたらささみも一緒に炒めます。
3.トマト缶またはトマトジュースで煮込んで塩コショウなどで味を整えて出来上がり。

穀物を入れてデトックス効果満点!

ミネストローネに入っているパスタ。パスタはエネルギーに変わるのがとても早いのでダイエット向きではありますが、もっとデトックス効果を狙うなら穀物を入れるのがオススメです。残りご飯などでもできるので簡単です。体に蓄積されにくく、デトックス効果もバッチリです。

「作り方」
1.野菜と鶏むね肉を切り、雑穀入りご飯は水を洗い水けをきります。
2.フライパンで玉ねぎ、鶏肉の順で炒め、さらにかぶと水けをきったご飯、残りの野菜を炒めます。
3.調味料で味を調え、好みで粉チーズをふり、出来上がり。

万能スープで作る簡単アレンジレシピ

簡単にできて栄養満点なミネストローネは万能スープです。さらにアレンジすれば様々なシーンでみんなで楽しめますよ。

子供も大好き!ポーチドエッグのせ

ミネストローネの上にポーチドエッグを乗せれば子供の大好きな一品に。パスタやお米を入れれば、そのまま野菜とたんぱく質、炭水化物が取れる完全食になります。病み上がりの人にも優しい料理になりますね。

白身魚でアクアパッツァ風

白身魚やあさリやエビなど魚介で作れば、スープではなくメインの料理にも。さらにパスタやパンを添えるとリッチなお料理になります。

煮詰めてグリルしたお肉のソースとしても

ミネストローネを少し煮詰めればソースとしても使えます。パスタを一緒に煮込まずにパスタソースとして使ったり、お肉やお魚をグリルしてそのソースにしてもOK、野菜たっぷりなので栄養のバランスもバッチリです。

ミネストローネの様々なアレンジを楽しんで

ミネストローネは、たくさんの具を用意しなければいけないし、なかなか手の込んだ煮込み料理に見えますが、実は簡単!あるもので作れるし、トマトがなくたって大丈夫。野菜をたっぷり食べられてアレンジも様々できるミネストローネ、ぜひいろんな食材や味付けで楽しんで自分だけのオリジナルのミネストローネを作ってみてくださいね。

スポンサーリンク