大人女子の肌にはビタミンcをたっぷり補給♡おすすめ人気化粧水4選

スポンサーリンク

シミの沈着を防いだり、ニキビを予防したり、肌を美白へみちびいたり、ビタミンc化粧水にはさまざまな美容効果が期待できるといわれています。この記事ではビタミンc化粧水の持つ効果や、おすすめの化粧水について紹介します。

効果たくさん!ビタミンc化粧水について

美肌にビタミンcが効果的というのは、TV番組やCMでも取りあげられているためご存知の方も多いかもしれませんね。ビタミンcにはもともと老化を防ぎ若々しい状態を保つ効果があるといわれていますが、特に化粧水などの形で直接摂取することによって、より高い効果が得られるといわれています。

というわけで、この記事ではビタミンc化粧水がもたらすさまざまな美容効果や、ふくまれているビタミンcの種類、そしておすすめのビタミンc化粧水などについて詳しく紹介していきます!

スポンサーリンク

ビタミンc化粧水とは何?実体と4つの効果

ビタミンc化粧水とは、その名の通りビタミンcを成分として配合している化粧水のことを指しています。その効果はさまざまで、美白からシミ対策、日焼け防止まで細胞にはたらきかけるのだそうです。この項目では、ビタミンc化粧水の持つ効果について詳しく紹介していきます。

ビタミンCをお肌に吸収しやすくしたもの

ビタミンc化粧水とは、上の段でも紹介した通りビタミンcを成分として配合した化粧水全般のことを指しています。野菜やフルーツなどの食品にふくまれているビタミンcは、もちろんバランスの良い食事から摂取することも可能です。

しかし、ビタミンcは非常にデリケートで壊れやすく、またスグに消費してしまいがちであるため、意識的に摂取することも大切であるそうです。そして、その一つの手段としてビタミンc化粧水というアイテムが生まれたとも言われています。

美白効果

ビタミンc化粧水のもつ美容効果として、まず最初に上げられるのは「美白効果」です。すでに少しふれたとおり、ビタミンcにはシミの原因成分であるメラニンや、ありとあらゆる色素の沈着を防ぐ効果があるといわれています。そしてこの効果によって、美白肌をキープされやすくなるのだそうです。

ただし、ビタミンはあくまで「色素沈着を防ぐ」はたらきしか持っていないともいわれています。すでに出来てしまったシミを消すことはできないとされているため、使用の時は注意が必要であるそうです。

ニキビ沈静効果

特に日差しが強くなっているこのごろは、暑い季節でなくても日焼けしてしまうこともあるかもしれませんね。この日光にふくまれる紫外線には、じつはニキビをできやすくしてしまう原因があるといわれています。

ニキビは多くの場合、肌にある皮脂が大量に分泌されて毛穴に詰まったり、皮脂や菌が「活性酸素」とよばれる物質によって酸化してしまうために生じてしまうそうです。そして紫外線を浴びた肌は、細胞で活性酸素が発生してしまうようになるといわれています。

ビタミンc化粧水には皮脂の分泌量が最適になるようコントロールしたり、紫外線による「活性酸素」のはたらきを抑える成分である「抗酸化作用」があるため、ニキビを沈静させる効果があるといわれています。

肌の老化を防ぐ効果

ビタミンcにはアンチエイジング効果があるとも言われていますが、これはビタミンcの持つコラーゲンを作り出す働きによるものであるといわれています。コラーゲンとは、細胞の水分をキープすることによって肌にハリやツヤを与える成分であるそうです。また、上の項目でも少しふれたとおりニキビには出すぎた皮脂を分泌する働きがあります。

これは毛穴の開きっぱなしを防いで引き締めるはたらきでもあるため、悩まされがちな「タルミ毛穴」にも効果的であるといわれています。さらに、見た目がより老けて見えるといわれる目元のクマも、色素沈着を防止するはたらきによって改善する効果が期待できるといわれています。

酵素反応によってビタミンCに変化

いわゆるビタミンc化粧水にふくまれてるものは、肌の奥に到達することによって細胞の中で酵素反応と呼ばれる働きが起き、ビタミンcへと変化する「ビタミンc誘導体」が配合されていると言います。

すでにふれたとおり、ビタミンc本体は非常にデリケートで壊れやすいのですが、誘導体によって肌に届けるのであれば長時間その効力を発揮しやすく、肌への美容効果も期待できるといわれています。

ビタミンC誘導体の3つの種類とは?

ビタミンc化粧水に多く含まれているという「ビタミンc誘導体」は、いくつかの種類が存在すると言います。この項目では、ビタミンc誘導体の種類について紹介していきます。

水溶性ビタミンC誘導体

水溶性ビタミンc誘導体とは、名前の通り水に溶けるタイプになっています。さわり心地がさらっとした化粧水に多く含まれていて、つけたらすぐに肌の表層に浸透するのが特徴的です。皮脂の大量分泌に悩んだり、テカリを抑えるのに効果的であるため、どちらかというとオイリー肌の人向けの成分であるといわれています。

■化粧品に表示される成分名
・リン酸アスコルビルNa(APS)
・リン酸アスコルビルMg(APM)
・アスコルビン酸グルコシド

脂溶性ビタミンC誘導体

その名の通り、油分に溶けるタイプのビタミンc誘導体になります。クリームやジェルにふくまれることが多いタイプで、水溶性とは対照的に肌の角質層までうるおいを届けるタイプになっているそうです。どちらかというと乾燥肌、敏感肌の方の保湿にピッタリなタイプであるといわれています。

■化粧品に表示される成分名
・テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
・テトライソパルミチン酸アスコルビル
・テトラリン酸アスコルビル

両性(新型)ビタミンC誘導体

両性ビタミンc誘導体とは、その名の通り水溶性と脂溶性ふたつの特徴を併せ持った新しいタイプのビタミンc誘導体になります。効果として、肌の表面に水分を浸透させつつ、角質層のうるおいキープとしてもはたらくそうです。

■化粧品の成分表示
・FuncosC-IS(VCP-IS-2Na・イソステアリルアスコルビルリン酸2Na)
・APPS(アプレシエ・パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)

スポンサーリンク

ビタミンC誘導体配合化粧水を選ぶコツは?

ここまでビタミンc誘導体の配合されている化粧水について紹介してきました。けれども、どのような化粧水を選べばよいのかというポイントも、どうせなら把握したいですよね。この項目ではビタミンc誘導体配合化粧水の選び方について紹介します。

配合量をチェック

ビタミンc誘導体いりの化粧水を選ぶ時、注目したいポイントは「配合量」になります。たしかにビタミンc誘導体は多ければ多いほど、その効果を発揮しやすくなるものであるそうです。しかし同時に、肌に与えてしまう刺激も大きい物であるといわれています。肌が刺激に弱い、いわゆる敏感肌の傾向がある場合は、「配合率5%以下」の低刺激のものを選ぶのが良いといわれています。

成分の特徴をチェック

ビタミンc誘導体入りの化粧水を選ぶとき、成分にもタイプがあるので注意が必要といわれています。例えば、水溶性には「リン酸型」か「グルコシド型」と呼ばれるものがあるそうです。

その中でも、どちらかというと「リン酸型」が高い効果を発揮しやすいといわれているため、より高い効果のものを求める場合は、その表示を意識するとよいといわれています。

ビタミンc化粧水の人気商品TOP3!

上の項目まででビタミンc誘導体入りの化粧水について説明してきました。ここでは人気の高いビタミンc化粧水について紹介します。お選びの際の、参考になれば嬉しいです。

サイクルプラス

「サイクルプラス」とは、新タイプのビタミンc誘導体である「高浸透型ビタミンC誘導体(APPS)」を配合した化粧水になります。ビタミンc誘導体以外にも、バラや大豆、ハト麦、ヒアルロン酸などのほしつにすぐれた自然成分を配合していて、しっとりとした肌への期待が高いローションでもあります。

ちなみにパウダーとローションを持ち主が混ぜて使う「2剤式化粧水」という形をとっている「エンリッチローション」が高い人気を誇っていますが、楽天等では取り扱っておらず、公式通販サイトのみで入手できるようになっているそうです。

GranGrace(グラングレース)

「グラングレース」とは、APISと呼ばれるビタミンc誘導体を配合した化粧水です。肌の角質の奥深くまで浸透し、シミやしわを薄く、たるんだ毛穴を引き締めたりといった効果を発揮するといわれています。このほかにも、ローションには肌のうるおいを守って若々しさを保つためにはたらく「セラミド機能成分」が配合されているそうです。

ロート製薬

CMなどでおなじみのロート製薬でも、「メラノCC」と呼ばれるビタミンC誘導体配合の化粧水が販売されています。この製品はアットコスメなどをはじめとした口コミサイトでも人気が高く、「ニキビの跡が少しずつ薄くなった」「しっかりと保湿される」などの評価を得ているそうです。

ちなみにこの化粧水はニキビ跡やニキビの治療に対して特に効果的であるそうで、ニキビができそうな食事や生活が続いている時に、意識的に使用していく使い方がよいそうです。

メラノcc以外のプチプラビタミンc化粧水としては、安定型ビタミンC誘導体やヒアルロン酸を配合した「ちふれ美白化粧水 VC」もおすすめであるといわれています。

ビタミンc化粧水使う前!3ポイントを確認

最後に、ビタミンc化粧水をつかう時などに意識したい注意ポイントについて紹介します。使う前に一度読んで、参考にしていただければ嬉しいです。

朝はつけないほうがいい?

ビタミンc化粧水は、朝よりも夜のスキンケアに適しているといわれる化粧水です。この理由は、朝をはじめもっとも紫外線が強い時間帯に外にいると、ビタミンcが「アスコルビン酸ラジカル」とよばれる物質に変質してしまうためといわれています。「アスコルビン酸ラジカル」とは、シミの原因になってしまう可能性がある物質であるそうです。

手作りもできるの?

じつはビタミンc化粧水は、お家で簡単に作ることができるといわれています。材料は精製水とビタミンc誘導体を使い、作り方はこの二つをボトルなどに一緒に入れるだけでOKなのだそうです。

この時、植物性のグリセリンも一緒に混ぜると、ビタミンcが精製水に馴染みやすくなるだけでなく、保湿効果も上がるため良いといわれています。

ニキビ跡にも効果ある?

ビタミンc化粧水は、じつはニキビ跡にも効果があるとそうです。この理由は、ビタミンcの持つ色素沈着効果がニキビ跡の色を薄めて、もとの肌の色へと戻そうと働くためといわれています。以上の理由から、ニキビ跡を治したい時に意識的にビタミンc化粧水をつかうのも良いと考えられています。

ビタミンc化粧水で肌をヘルシーに美しく

ビタミンc化粧水について、いかがでしたでしょうか?美白やアンチエイジング、ニキビ跡など、さまざまな効果を発揮するといわれ、今人気の高い化粧水の一つでもあるといわれています。

また、年々日差しが強くなっているため、紫外線に対して効果を発揮するとも言われているビタミンc化粧水は、皮膚を守ると言った意味でも注目を集めているそうです。もしもお肌の保湿に悩んでいたり、シミやしわなど気になり始めたら…。試しに使ってみるのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク