保育園の卒園式に相応しい服装の選び方と謝辞や祝辞の作り方とは?

スポンサーリンク

保育園に通っていれば、いずれ訪れる卒園式。卒園式はどんな風に行われるのか興味深くなっている方がかなりおられるかと思います。保育園の卒園式が行われる日程と挨拶などをご紹介していくつもりです。

保育園の卒園式とはどんなもの?

読者は、保育園の卒園式と聞いたらどんなことを思い浮かべるでしょうか?ここでは保育園の卒園式においての常識などをお伝えすることを目的としています。その常識が、望み通りの保育園の卒園式にするための呼び水になると言っても過言ではありません。

スポンサーリンク

保育園の卒園式に合った服装には何がある?

保育園の卒園式を楽しみにしている方によっては、どんな服装にしてみようかワクワクしているのではないでしょうか。とは言え、あんまり派手な服装だとかえって印象を悪くしてしまうので、周りと同化するような服装を心掛けてください。保育園の卒園式の服装に見合った格好があなたの品格を表していきます。

保育園の卒園式に着ていくべき服装

保育園の卒園式で、どんな服装をしていけばいいのか迷われている方のためのアドバイスをしていきたいと思います。卒園式は別れを意味しますので、明るい色の服装にするのは場違いとなるようです。濃いめの服装ならば卒園式にしっくりくるので、黒色か紺色の物をお選びになるのが適切とのこと。

卒園式の服装は控えめのカラーが重視されるので、目立つ色の服装はタブー。服装選びを誤ったばかりに恥をかいてしまっては元も子もありません。正しい服装選びさえできれば、保育園の卒園式で自分一人だけ浮いてしまわずに済みます。

カラー以外は特に問わないので、ワンピースなどで卒園式に出席しても問題ありません。服装次第で子供に垢抜けた親だと認めて貰えることにつながり、恥ずかしくない親としてアピールすることになるかと存じます。たかが服装、されど服装であり、保育園の卒園式でも違和感無い服装をすることが社会の常識ではないかと私は思ったわけです。

保育園の卒園式はいつ行われるの?

保育園の卒園式はいつ行われるのかご存知でない方は、次にご紹介することをご参考にしてください。その時期を知っているだけでも、卒園式への心の準備がし易くなってくるのではないかと思います。

保育園の卒園式の日程は3月中旬か下旬頃

保育園の卒園式に強い思い入れがある親御さんが結構いらっしゃるのではないですか?何しろ我が子が新たな学び舎で学習することになるわけですから。親御さんは、我が子が保育園での経験を通して健全な大人に成長していくことを楽しみにしていることでしょう。

保育園の卒園式は、一般的に3月中旬から下旬頃に実施されるようです。恐らく来年も同じような時期で執り行われるかもしれません。親御さんは卒園式が間近に迫って来ると、我が子が保育園を卒業するのに現実味を帯びると共に、無事に小学校に上がれる喜びでいっぱいになってそうです。

保育園の卒園式で歌われる歌

保育園の卒園式でどんな歌が歌われているのかご紹介します。「たいせつなともだち」が挙げられて、友達や先生と一緒に遊んだ素晴らしい思い出が歌詞で掲載されており、とても有意義な保育園生活であることを物語っています。我が子が保育園で掛け替えのない友達が作れたかと思うだけで、目から涙が溢れ出てきた親御さんが数多いのではないでしょうか。

運動会で転んでも、みんなの声援でゴールに辿り着こうとする気力を奮い立たせることができた想いも歌詞に綴られていました。保育園も誰かに支えられて生きていく場であることを表していると言えます。卒園式の歌は、子供が頑張る姿を効果的に表現していて、歌詞を通して幼いうちから頑張ることの大切さを子供に伝えようとする意図があるのでしょう。

スポンサーリンク

保育園の卒園式の謝辞と祝辞とは?

保育園の卒園式の謝辞と祝辞とは、一体どういうものなのか見ていきます。子供を思い残すことなく送り出すためには、ちゃんとした謝辞と祝辞も必要不可欠です。園長の挨拶の一例もご紹介しますので、卒園式の挨拶でお困りな方の一助にしてみてください。

保育園の卒園式の謝辞

保育園の先生方のお陰で、我が子が無事に卒園式を迎えられたことを表す謝辞があります。要は、感謝を伝える言葉であり、先生方の力があってこそ今の我が子があるのだということを伝える言葉でもあるのでしょう。5分で1,000文字にするのが妥当のようでして、原稿用紙5枚程度に収めるのがベターです。

その保育園に選んで正しかったことを意識して書くことで、謝辞に相応しいエピソードを盛り込めるようになるとのこと。例えば、子供が動物の世話をきっかけに命の大切さを学習したことをエピソードとして取り上げていました。つまり、保育園に通っていたからこそ子供にプラスになったことがエピソードとして適切なのです。

先生方への感謝は、どの子供にも平等に接してくれた先生方のことが述べられています。先生が子供に分け隔てなく接することによって、子供が理想的な大人に成長することにつながりますし、先生方への感謝も保育園の卒園式の謝辞で欠かせない要素です。

保育園の卒園式の祝辞は、普段の言葉を用いるのが良いです。子供にも理解できる文章にするためであり、あくまで卒園式は子供を主体としたものにするために簡潔な言葉にしなければいけません。

保育園の卒園式の挨拶の大まかな流れ

保育園の卒園式の挨拶を任された方の中には、まさか自分が選ばれるとは夢にも思ってなかったのではないでしょうか。自分が卒園式の代表として選ばれることは名誉あることですが、やはり多大なプレッシャーを抱いているのだろうと思います。それでも折角自分を指名してくれたのだから、責任持って保育園の卒園式の挨拶をしっかりやり通そうとする気になってくることでしょう。

保育園の卒園式の挨拶とはどういう流れなのか見ていきます。まずは、園児におめでとうと伝えた後に話してから、保護者へお祝いとお礼を述べるとのこと。保育園の方にも保護者にしたことと同様のことをします。

挨拶は一見簡単なように見えますが、ちゃんとした順番があることを保育園の卒園式の挨拶をされる方が踏まえなければいけません。その順番を把握してこそ、保育園の卒園式で滞り無く挨拶することに結びつくはずです。

保育園の園長が卒園式の挨拶をした一例

保育園の園長も、卒園式の挨拶をする場合が往々にしてあります。その挨拶の中で、子供が物事にチャレンジしていくことの大切さが記述されているものがあるようです。子供は国の宝だと言われている位ですし、子供の可能性を信じて温かく見守ってあげることが先生並びに保護者の望みだと言えるでしょう。

幾ら子供とは言え、園長の挨拶で感じ取れる部分が幾つかあると思いますので、その挨拶に背中が押されていく子供が少なくないと私は感じています。教育は長い時間を掛けて行われるものであるため、辛抱強い指導が不可欠です。そのことを園長の挨拶が表しているような気がして、一つ一つの言葉に重みがあることを想像させます。

その挨拶には、一人では達成困難なものでも沢山の力が合わさることで実現可能になることも記述されているようです。仲間と協調意識を育むことの重要性を示唆した内容だと私は思います。人は誰一人として一人では生きていけませんし、人とのつながりの中から奇跡が生み出されることは決して大げさではありません。

保育園の卒園式は重要な節目となるもの

以上、保育園の卒園式のことをお伝えしましたが、保育園に通っている子供をお持ちの方のご参考になったならば嬉しい限りです。保育園でも卒園式の挨拶が欠かせませんし、正しい挨拶ができれば、おのずと心に残る卒園式になっていくことでしょう。

スポンサーリンク