要介護3は心のケアと環境設備が必要♪介護サービスを活用しよう♡

スポンサーリンク

ある程度の年齢になると病気も増えてきて、病気だけでなくケガなどでも、介護が必要な状態になりやすくなります。高齢化社会で、介護認定などに応じた介護サービスなどが充実してきましたが、実際にはどの程度の介護生活になってくるか、不安を感じることもあるでしょう。一般的な介護状態やサービスなどは、どのようなものなのでしょうか。

本記事の見出し

要介護3と言われたが、どんな状態?

両親の介護をしているという人の話を、直接聞く機会がある人はどれぐらいいるでしょうか。深刻な問題なだけに、あまり話題に上りにくいという面もある介護。実際に介護をしている人の生活というのは、なかなか見えてこないのが現状です。

実際に自分が介護側になるとなると、本当に介護生活ができるのか、介護生活とはどのようなものなのか見当がつかず、不安ばかりのまま介護生活に、突入してしまうという事もよくあります。

そうなる前に、まずは要介護とは何なのか、どんな支援があるのか、想定される生活がどのようなものなのかを、今の環境に照らし合わせながら少し考えてみましょう。

スポンサーリンク

要介護の概要<段階と介護認定>

介護といえば、必ず関わってくるのが「介護認定」です。専門の担当者によって審査される「要介護度」ですが、要介護度とはどのようなものなのでしょうか。介護度の違いで、何が違ってくるのでしょうか。また介護認定を受けることで、どんな意味があるのでしょう。

要介護度とはどの程度の支援が必要なのか

介護認定には、本人の状態や必要な支援の度合いなどによって、要支援1,2~要介護5までの区分があります。基本は、日常動作がどの程度可能かということ。認知症症状がある場合には、要介護とされることが多いようです。

支援によって回復の見込みがあったり、現状維持可能と判断できる場合は「要支援」といわれます。しかし、誰かの手を借りないとできないような日常動作がある場合には、要介護といわれるのです。そして、要介護でも、状態によって1~5と段階があります。

要介護度認定基準は厚生労働省で決定

厚生労働省では、支援が必要な度合いによって、要介護認定についての基準を設けています。既に施設などで支援を受けている人達のデータを基準に、どの程度の介護時間が必要かということで判断しています。

・直接生活介助
・間接生活介助
・問題行動関連行為
・機能訓練関連行為
・医療関連行為

の5つからなり、それぞれにかかる時間を基準に基づいて計算したものから、介護レベルを決定します。

要介護度認定を受ける手続きは時間が必要

要介護認定のためには、まず居住する市区町村の窓口にて申請をする必要があります。申請には、申請書・介護保険被保険者証(医療保険被保険者証)・主治医意見書が必要になります。

申請の受付が完了すると、訪問での認定調査が行われます。家族や本人への聞き取り調査にて、どの程度の支援が必要になるかを判断するのです。そのため、専門の担当職員やケアマネージャーなどが担当することになります。

要介護認定には期間があり、市区町村が定める期間にて、適宜更新を行う必要があります。3ヶ月~1年未満で設定され、期間終了の60日前から更新審査が可能となります。

要介護度別認定者数の推移:軽度の増加率高

要介護認定者数は、年々増えてきています。平成12年~平成24年の10年間で、要介護2以上の認定者で2倍以上、それ以下では3倍弱と、全体で2.4倍以上も増加しています。

要介護1以下の認定者の増加率が高いのは、加齢に伴う衰えで、骨や筋肉・関節などが弱くなったり、そこで転倒などを起こして骨折というケースも増えてきます。そうなると、身体を動かせない状態が続いてしまい、心身ともに機能が低下してしまうという、悪循環が起こりやすくなるのです。

要介護3の状態像は?必要な介助とは

要介護3というのは、実際どの程度の介助が必要な状態のことをいうのでしょう?人によって状態は多少異なりますが、目安となる状態を考えてみましょう。また、その状態で気をつけたい事や、利用可能な福祉器具なども少し見ていきましょう。

食事・排泄に介助が必要、心のケアが大切

食事や排泄に介助が必要になります。ベッドから移動しての食事や排泄は、介助があればできますが、自力のみでは難しい状態です。生きるためになくてはならない事ですが、それだけにみじめな気持ちになることもあるので、心のケアが大切です。

食事はある程度決まった時間でできるため、介助もしやすいです。しかし、排泄について、特にはじめのうちは羞恥心もあって声をかけられない、タイミングがわからず粗相してしまうなどがあります。安心して声をかけられるような、雰囲気づくりが大切です。

また、食べこぼしによる汚れを気にせずに食事ができるエプロンや、介護用の食器などもあります。排泄では、必要に応じてポータブルトイレを利用するという方法もあります。

入浴・着替えも介助が必要、環境整備を

立ち座りが自力では困難なため、入浴や着替えも介助が必要となります。打類を前開きのものにすることで、被りのものよりは着替えは楽になることがあります。

家族だけで入浴の介助を行うのも良いですが、慣れないうちは、大人2人以上の介助がある方が安心です。浴槽に入ること、身体を洗うことが難しくなります。取り外しできる専用の手すりやボードを利用したり、専用の浴用椅子などを利用する方法があります。

寝返り・端座位は可能、時折確認しよう

要介護3では、ベッドの端に足を下ろして座る「端座位」を取ることができるというのが前提です。そのため、寝たきりになることはなく、車いすへの移動やポータブルトイレの利用などは、介助があればできます。

寝返りをうつこともできますので、寝ている間に、寝返りを意図的に行う体位交換はしなくても済む可能性が高いです。ただ、思い通りの寝返りが打てるかどうかは、人によって状態が異なります。同じ場所が続けて当たって褥瘡(じょくそう)にならないか、時折観察すると良いでしょう。

車いす移乗も介助は要るが、活用しよう

座位になることはできますが、自力での立座りは困難なため、車いすへの移動は介助が必要となる可能性があります。それでも端座位が取れるのであれば、介助の負担も多少少な目で済む可能性があります。

車いすで移動ができるという事は、食事や排泄もベッドでなくていいし、外出も可能ということです。介助の手間はかかるかも知れませんが、生活の質を上げ、病気の症状の悪化を少しでも抑える意味でも、移動が可能なうちは車いすを活用すると良いでしょう。

軽度な認知症が出始め、翻弄しはじめる

加齢による要介護3の状態では、軽い認知症症状が進行してきます。年月日が曖昧になったり、毎日の日課がわからなくなったり、今まで何をしていたのかがわからなくなる、などの症状が出て来るかも知れません。自分の名前がわからなくなるという事もあるようです。

周りに気を配るという事も難しくなりますので、問題行動として家族が翻弄されてしまうこともあるかも知れません。デイサービスなどを利用するなどして、家族のストレスを最小限に抑えるようにしましょう。

昼夜逆転や暴言などにも注意する

昼夜逆転が起こることがあります。夜中に規制を発したり、怒鳴る・暴言などが出てくる可能性があります。自分の状況が曖昧になっていると、介護拒否なども起こすことがあるので要注意です。

このような症状が進行すると、家族だけでは手に負えなくなってくることがあります。自宅で介護を続ける場合にも、訪問介護サービスやデイサービスなどを利用しながら、精神的負担を軽減するように努めると良いでしょう。

スポンサーリンク

介護サービスを上手に利用して快適生活を

要介護認定を受けたら、介護保険の適用を受けて、介護サービスを利用することができます。要介護3になると、家族の負担が大きくなる分岐点です。上手に介護サービスを利用して、家族の負担を軽減していきましょう。

では、介護サービスを利用するためには、どのようにすれば良いのでしょうか。どんな内容のサービスが、どの程度受けられるのでしょう。

介護事業者にケアプランの作成を依頼しよう

要介護3では、家族だけでは賄いきれなくなるラインの目安となります。介護認定を受けたら、ケアプランを作成してもらいましょう。要介護3で受けられる介護サービスは、月267,000円までの1割負担なので、実費26,700円まで受けることが可能です。受けられるサービスとしては

・訪問介護…生活援助として買い物、掃除、入浴など
・通所介護…デイサービスなどで入浴やリハビリなど
・訪問看護…健康管理(医師の指示による医療措置から入浴・清拭なども含む)
・福祉用具のレンタル…ベッド、車いす、歩行器など

以上を、利用者の状態によって、何をどれぐらい利用するかというのを計画するのがケアプランです。役所などでケアプランの作成をしてくれる、居宅介護支援事業者を教えてもらうことができます。

デイサービスの利用は自分の時間確保に

通所介護(デイサービス)や通所リハビリ(デイケア)、短期入所生活介護(ショートステイ)など、施設を利用した介護支援も、積極的に利用しましょう。施設を利用しての介護支援は、介護施設側ともケアプランの作成をする必要があります。

利用者は、家族以外とのコミュニケーションが刺激となって、病状の悪化を防いだり、生活の質の向上となります。家族にとっては、介護から離れた時間を確保して、精神的負担を軽減することに繋がります。

自宅介護の境界線と言われる要介護3…

介護というと、先の見えない不安ばかりが先に立ってしまいがちです。確かに、大人に対しての日常生活の介助が増えたり、認知症による行動が増えれば負担は大きくなります。しかし、現在は介護サービスの利用で、家族の負担を大幅に軽減できるのです。

今最も伸びている介護サービスは、通所介護だといわれています。通所介護にて、家族や自分の時間を確保しながら、上手にサービスを利用して介護生活をしている人が増えているという事かも知れません。

どんなに介護が辛くても、やらずに終わってしまうと、後悔だけが残る結果にもなります。介護認定を受け、上手に介護サービスを利用して、後悔の無いように家族の生活やコミュニケーションを大切にしていきましょう。,2~要介護5までの区分があります。基本は、日常動作がどの程度可能かということ。認知症症状がある場合には、要介護とされることが多いようです。

支援によって回復の見込みがあったり、現状維持可能と判断できる場合は「要支援」といわれます。しかし、誰かの手を借りないとできないような日常動作がある場合には、要介護といわれるのです。そして、要介護でも、状態によって1~5と段階があります。

要介護度認定基準は厚生労働省で決定

厚生労働省では、支援が必要な度合いによって、要介護認定についての基準を設けています。既に施設などで支援を受けている人達のデータを基準に、どの程度の介護時間が必要かということで判断しています。

・直接生活介助
・間接生活介助
・問題行動関連行為
・機能訓練関連行為
・医療関連行為

の5つからなり、それぞれにかかる時間を基準に基づいて計算したものから、介護レベルを決定します。

要介護度認定を受ける手続きは時間が必要

要介護認定のためには、まず居住する市区町村の窓口にて申請をする必要があります。申請には、申請書・介護保険被保険者証(医療保険被保険者証)・主治医意見書が必要になります。

申請の受付が完了すると、訪問での認定調査が行われます。家族や本人への聞き取り調査にて、どの程度の支援が必要になるかを判断するのです。そのため、専門の担当職員やケアマネージャーなどが担当することになります。

要介護認定には期間があり、市区町村が定める期間にて、適宜更新を行う必要があります。3ヶ月~1年未満で設定され、期間終了の60日前から更新審査が可能となります。

要介護度別認定者数の推移:軽度の増加率高

要介護認定者数は、年々増えてきています。平成12年~平成24年の10年間で、要介護2以上の認定者で2倍以上、それ以下では3倍弱と、全体で2.4倍以上も増加しています。

要介護1以下の認定者の増加率が高いのは、加齢に伴う衰えで、骨や筋肉・関節などが弱くなったり、そこで転倒などを起こして骨折というケースも増えてきます。そうなると、身体を動かせない状態が続いてしまい、心身ともに機能が低下してしまうという、悪循環が起こりやすくなるのです。

要介護3の状態像は?必要な介助とは

要介護3というのは、実際どの程度の介助が必要な状態のことをいうのでしょう?人によって状態は多少異なりますが、目安となる状態を考えてみましょう。また、その状態で気をつけたい事や、利用可能な福祉器具なども少し見ていきましょう。

食事・排泄に介助が必要、心のケアが大切

食事や排泄に介助が必要になります。ベッドから移動しての食事や排泄は、介助があればできますが、自力のみでは難しい状態です。生きるためになくてはならない事ですが、それだけにみじめな気持ちになることもあるので、心のケアが大切です。

食事はある程度決まった時間でできるため、介助もしやすいです。しかし、排泄について、特にはじめのうちは羞恥心もあって声をかけられない、タイミングがわからず粗相してしまうなどがあります。安心して声をかけられるような、雰囲気づくりが大切です。

また、食べこぼしによる汚れを気にせずに食事ができるエプロンや、介護用の食器などもあります。排泄では、必要に応じてポータブルトイレを利用するという方法もあります。

入浴・着替えも介助が必要、環境整備を

立ち座りが自力では困難なため、入浴や着替えも介助が必要となります。打類を前開きのものにすることで、被りのものよりは着替えは楽になることがあります。

家族だけで入浴の介助を行うのも良いですが、慣れないうちは、大人2人以上の介助がある方が安心です。浴槽に入ること、身体を洗うことが難しくなります。取り外しできる専用の手すりやボードを利用したり、専用の浴用椅子などを利用する方法があります。

寝返り・端座位は可能、時折確認しよう

要介護3では、ベッドの端に足を下ろして座る「端座位」を取ることができるというのが前提です。そのため、寝たきりになることはなく、車いすへの移動やポータブルトイレの利用などは、介助があればできます。

寝返りをうつこともできますので、寝ている間に、寝返りを意図的に行う体位交換はしなくても済む可能性が高いです。ただ、思い通りの寝返りが打てるかどうかは、人によって状態が異なります。同じ場所が続けて当たって褥瘡(じょくそう)にならないか、時折観察すると良いでしょう。

車いす移乗も介助は要るが、活用しよう

座位になることはできますが、自力での立座りは困難なため、車いすへの移動は介助が必要となる可能性があります。それでも端座位が取れるのであれば、介助の負担も多少少な目で済む可能性があります。

車いすで移動ができるという事は、食事や排泄もベッドでなくていいし、外出も可能ということです。介助の手間はかかるかも知れませんが、生活の質を上げ、病気の症状の悪化を少しでも抑える意味でも、移動が可能なうちは車いすを活用すると良いでしょう。

軽度な認知症が出始め、翻弄しはじめる

加齢による要介護3の状態では、軽い認知症症状が進行してきます。年月日が曖昧になったり、毎日の日課がわからなくなったり、今まで何をしていたのかがわからなくなる、などの症状が出て来るかも知れません。自分の名前がわからなくなるという事もあるようです。

周りに気を配るという事も難しくなりますので、問題行動として家族が翻弄されてしまうこともあるかも知れません。デイサービスなどを利用するなどして、家族のストレスを最小限に抑えるようにしましょう。

昼夜逆転や暴言などにも注意する

昼夜逆転が起こることがあります。夜中に規制を発したり、怒鳴る・暴言などが出てくる可能性があります。自分の状況が曖昧になっていると、介護拒否なども起こすことがあるので要注意です。

このような症状が進行すると、家族だけでは手に負えなくなってくることがあります。自宅で介護を続ける場合にも、訪問介護サービスやデイサービスなどを利用しながら、精神的負担を軽減するように努めると良いでしょう。

介護サービスを上手に利用して快適生活を

要介護認定を受けたら、介護保険の適用を受けて、介護サービスを利用することができます。要介護3になると、家族の負担が大きくなる分岐点です。上手に介護サービスを利用して、家族の負担を軽減していきましょう。

では、介護サービスを利用するためには、どのようにすれば良いのでしょうか。どんな内容のサービスが、どの程度受けられるのでしょう。

介護事業者にケアプランの作成を依頼しよう

要介護3では、家族だけでは賄いきれなくなるラインの目安となります。介護認定を受けたら、ケアプランを作成してもらいましょう。要介護3で受けられる介護サービスは、月267,000円までの1割負担なので、実費26,700円まで受けることが可能です。受けられるサービスとしては

・訪問介護…生活援助として買い物、掃除、入浴など
・通所介護…デイサービスなどで入浴やリハビリなど
・訪問看護…健康管理(医師の指示による医療措置から入浴・清拭なども含む)
・福祉用具のレンタル…ベッド、車いす、歩行器など

以上を、利用者の状態によって、何をどれぐらい利用するかというのを計画するのがケアプランです。役所などでケアプランの作成をしてくれる、居宅介護支援事業者を教えてもらうことができます。

デイサービスの利用は自分の時間確保に

通所介護(デイサービス)や通所リハビリ(デイケア)、短期入所生活介護(ショートステイ)など、施設を利用した介護支援も、積極的に利用しましょう。施設を利用しての介護支援は、介護施設側ともケアプランの作成をする必要があります。

利用者は、家族以外とのコミュニケーションが刺激となって、病状の悪化を防いだり、生活の質の向上となります。家族にとっては、介護から離れた時間を確保して、精神的負担を軽減することに繋がります。

自宅介護の境界線と言われる要介護3…

介護というと、先の見えない不安ばかりが先に立ってしまいがちです。確かに、大人に対しての日常生活の介助が増えたり、認知症による行動が増えれば負担は大きくなります。しかし、現在は介護サービスの利用で、家族の負担を大幅に軽減できるのです。

今最も伸びている介護サービスは、通所介護だといわれています。通所介護にて、家族や自分の時間を確保しながら、上手にサービスを利用して介護生活をしている人が増えているという事かも知れません。

どんなに介護が辛くても、やらずに終わってしまうと、後悔だけが残る結果にもなります。介護認定を受け、上手に介護サービスを利用して、後悔の無いように家族の生活やコミュニケーションを大切にしていきましょう。

スポンサーリンク