コスパ良しで美肌に♡無印の乳液は肌のタイプ別4シリーズが大人気♪

スポンサーリンク

オーガニックな素材とシンプルなデザイン、そしてプチプラで知られている無印良品のスキンケア製品。その中でも、メイクの時に化粧品に次いで欠かせないといわれている乳液も、無印製品の中で高い人気を誇っているといわれています。

無印の乳液はリーズナブルって本当?

たとえ毎日メイクをしても、スッピン肌も美人でいたいですよね。と言っても、高いスキンケア製品を使うのは正直な話お財布に厳しいから考えてしまう…。

そんな節約必須の女性たちのあいだで、じつは最近「無印良品の乳液」が人気を博しているそうです。無印良品の乳液は、もっとも小さなサイズは1,000円以下から購入することができ、しかも無香料で無着色と比較的やさしい製品であるとも言われています。

けれども、こんなにおいしい話あるのか、正直言って考え込んでしまうこともあるかもしれませんね。というわけで、この記事では無印良品の乳液に配合されている成分と、その効果について詳しく紹介していきます!

スポンサーリンク

つらい敏感肌に!敏感肌用おすすめシリーズ

無印のスキンケア製品にはいくつかシリーズがあり、もっともメジャーであるのが「敏感肌用おすすめシリーズ」であるそうです。この項目では、敏感肌用オススメシリーズ乳液のサイズ、ふくまれている成分、選べるタイプについて紹介していきます。

基本的な成分解析とサイズ

無印良品のスキンケア製品のうち、「敏感肌用おすすめ乳液」は岩手県の釜内でとれた水を使って作ったものであるそうです。保湿成分としてオリーブオイルやホホバ種子、アンチエイジングに効果的といわれている抗酸化作用を持ったグレープフルーツ種子やクエン酸も配合されていると言います。

サイズは3段階あり、50、200、400より選ぶことができるそうです。手で肌になじませるのが一般的な使い方ですが、ポンプに入れて霧吹きのように肌にシュッとひと吹きして使うのも、効果的であるといわれています。

敏感肌用薬用美白乳液

上記の基本的な成分に、美白や紫外線による色素の沈着、抗酸化作用にすぐれた「ビタミンc」が配合されたタイプの乳液です。ニキビ、シミやしわの発生を防いだり、あるいはすでにできてしまった吹き出物などを鎮静化させるのに効果的であるといわれています。

敏感肌用乳液2タイプ

敏感肌用乳液は、さわりごこちに2つのタイプが用意されています。一つのタイプはさっぱり、もう一つのタイプはしっとりであるそうです。効能、成分どちらも同じものとされているため、比較などをしてお好みのタイプを使ってみるのも良いかもしれませんね。

敏感肌用高保湿タイプ乳液

「敏感肌用高保湿タイプ」とは、上記基本の成分のほかに天然保湿成分であるアンズ果汁や、皮膚を保護する役割を果たすスベリヒユエキス、そして美白やアンチエイジングに効果があるとされるビタミンcを配合したタイプになります。

非常に効果の高いタイプですが、この乳液シリーズの中ではやや刺激が強いタイプであるといわれていて、使用する前にパッチテストなどで肌との相性を確かめてから使うことをおすすめします。

肌の水分バランス補強!バランス肌シリーズ

無印のスキンケア製品のうち、肌をよりしっとりとさせたい方やキメ細かな肌へと仕上げたい方にピッタリであるといわれるシリーズになります。この項目では、「バランス肌シリーズ」の特徴や成分、商品などについて紹介していきます。

天然植物のうるおい成分

「バランス肌シリーズ」は、無印のスキンケア製品の中でもより保湿に力を入れているシリーズです。配合されているのは、沖縄を産地としている植物性のうるおい成分「クミスクチン」「バーベナ」「熱帯ウコン」が中心になっています。

ほかにも高い保湿効果からクリームはじめ様々なスキンケア製品に配合されている「ローヤルゼリー酸」も配合されていて、うるおいだけでなく肌のきめも整うことが期待できるといわれています。

バランス肌用乳液

「バランス肌用乳液」は、上記の沖縄で生まれた天然保湿成分を中心に配合した乳液になります。水分バランスを崩しやすい時期や、乾燥しがちでスグにうるおいが失われがちな時にピッタリなタイプであるといわれています。

また、爽やかなオレンジの香りも特徴的で、トロピカルな気分を味わいながらスキンケアをしたい時にピッタリな乳液であるかもしれません。

スポンサーリンク

シミしわ防ぐ!エイジングケアシリーズ

無印のスキンケア製品シリーズのうち、アンチエイジング成分への高い効果が期待できるタイプの乳液になります。10種の花やフルーツの成分が配合されていて、いずれも保湿や毛穴を引き締める効果があるといわれています。

保湿&ひきしめ効果の成分

先に少しふれたとおり、エイジングケアシリーズは肌の乾燥やシミ、シワなどが気になり始めたころにピッタリの乳液であるそうです。このため、肌の保湿や毛穴の引き締めなどに特に高い効果があるといわれている、10種の植物成分「ざくろ」「木苺」「桃」「杏」「レモン」「ローズ」「カミツレ」「アルニカ 」「トウキンセンカ」「ラベンダー」がふくまれています。

この他にも、ヒアルロン酸や水溶性コラーゲン等が含まれていて、肌の水分をキープしハリとツヤをもたらす効果が期待できるといわれています。

高保湿タイプ乳液

エイジングケアシリーズの中でも、特にとろみの強い手ざわりが特徴的なタイプです。肌の乾燥やシワ等が気になる時のスキンケアにピッタリなタイプで、つけることによって肌がモッチリと仕上がると言われているタイプでもあります。

エイジングケア乳液2タイプ

エイジングケアシリーズの基本成分を配合した乳液です。「さっぱり」と「しっとり」の2タイプから選ぶことができ、さっぱりはしつこくない手ざわりが、しっとりは肌を包み込むような感触が特徴的であるといわれています。

いずれもほとんど同じ成分、同じ効能を持っているため、比較してお好みのタイプを選び、使ってみるのも良いかもしれませんね。

カサカサ乾燥肌に!オーガニックシリーズ

最後に紹介するシリーズは、乾燥肌向けに作られた「オーガニックシリーズ」と呼ばれるタイプです。オーガニックとは農薬などに頼らず太陽の光や土、水で育てた植物のことを指しており、こういった素材を使った乳液であるのだそうです。

安心のハーブ系成分

「オーガニックシリーズ」に配合されている原材料のハーブは無農薬で栽培されたタイプであるそうです。そのハーブとは、天然の保湿成分として近年注目を集めている「ローズマリー」「ホホバ」のほか、肌荒れに効果的であるとされる「カモミール」、きめ細やかな肌へと整える「ラベンダー」ほか8種類の成分がふくまれていると言います。

このほかにも、あらゆる美容製品で保湿への高い効果が期待され、使われている「ヒアルロン酸」も配合されているのだそうです。

オーガニック保湿乳液

オリーブ色のボトルが特徴的な、上記成分を配合した乳液になります。すでに少しふれたとおり、配合されている成分の関係から、特に乾燥でお悩みの肌に効果的であるそうです。香りについても特徴的で、オーガニックなハーブを配合しているためかハーブ特有の香りも感じられます。

オーガニック薬用美白乳液

「オーガニックシリーズ」に配合されている基本の成分のほか、シミやソバカスを防ぐ「ビタミンc,ビタミンe誘導体」や天然の保湿成分である「アロエベラ液汁」を配合したタイプの乳液になります。オーガニックな素材を使用していて、さらに高い美白効果のある乳液を使いたい時にピッタリな製品であるそうです。

無印乳液でコスパもケアも良質にしよう!

無印良品から販売されている乳液のシリーズについて、いかがでしたでしょうか?敏感肌から保湿、エイジングケアにオーガニックと、肌のタイプや好みに合わせてさまざま選ぶことができるのが特徴的で、価格も少ない量の物であれば1,000円以下、多めのもので2,000円~3,000円と、品質に対して比較的リーズナブルな製品が多いといわれています。

「財布に負担をかけずにスキンケアをしたい!」「こだわり材料のスキンケア製品を使いたい…!」そんな風に思った時は、無印のスキンケアシリーズを使ってみるのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク