ハンドメイド通販で趣味を仕事に!7つのサイト比較や注意点もご紹介

スポンサーリンク

人のぬくもりまで伝わってくるようなハンドメイド作品ってオリジナルならではの良さがありますよね。ハンドメイド通販を利用して作品を買ったり売ったりする際には、その仕組みについて詳しく知っておきましょう。

ハンドメイド通販を知っていますか?

ハンドメイド通販はハンドメイド作品を売買したり、自信作をサイトに展示して多くの人に見てもらったりする場です。また、そういう目的がなくても、可愛いハンドメイド作品を見たいという方がサイト利用したりもします。

ハンドメイド通販のサイトは数多く存在しています。いろいろなサイトの作品を見ていると手作りとは思えないそのクオリティの高さに驚くこともあるでしょう。既製品にはない温もりがハンドメイド作品にはあります。人が既製品ではなくわざわざハンドメイドのものを求めるのは、そのような温もりを求めているのかもしれませんね。

また、ハンドメイド作品はその作家さんにしか生み出せないというオリジナリティがあります。人と似通ったものでは満足できないという欲求がハンドメイド通販の人気を支えているのだなと感じます。これからハンドメイド通販を利用して自分の作品を売りたいという方には良い面だけでなく注意しなければならないことも併せてご紹介できたらと思います。

また、作品を買ってみたいという方に向けても、スムーズにお気に入りの商品を買うことができるように、知っておいた方が良いことをまとめました。参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

おすすめハンドメイド通販サイト7つを比較

ハンドメイド作品を取り扱っている通販サイトをいくつかご紹介します。それぞれサイトで異なる特色があり、比較してみるといろいろな発見があるのではないかと思います。ハンドメイド作品を売りたい方だけでなく、買いたいという方も参考にしてみてくださいね。

minne(ミンネ)

minneというサイト名をCMやテレビ特集などで耳にしたことがある方もいるのではないでしょうか。ハンドメイド作品が売買できるサイトとして知名度が高いです。ハンドメイド作品を販売する場合、登録料や月の利用料は無料です。作品が売れた時には販売手数料として“10%+税”がかかってくるようです。

会員登録ができたら作品の登録もできるようになります。スマートフォンのアプリもあり、作品の登録ができるので便利ですね。その他、自身の作品を紹介できるギャラリーの設定も最初に行います。また、送料についても自身で料金を設定します。自分の商品を2点以上買ってもらえた場合の追加料金についても設定できるようになっています。

商品が売れたらメールでお知らせが届くように設定できるようです。外出先でも確認することができますね。minneの会員ページで受注内容を確認後、購入者が選択した支払方法ごとに手続きや発送準備を進めていきます。

売上については、毎月月末締めで翌月の末に入金されるそうです。振り込まれる金額については、前月からの繰越金と売上の合計から前述の販売手数料と1回ごとに172円かかる振込手数料と送料の立て替え分が差し引かれた額になるようです。

一方、ハンドメイド作品を購入したい場合には、代金の支払いをクレジットカードの他、銀行・郵便局・コンビニでの支払いや代引きなど5種類の方法から選ぶことができるようになっています。

Creema(クリーマ)

creemaもたくさんの作家さんの作品が登録されている通販サイトです。作品を販売したい方にまず知っておいていただきたいのが、手数料についてです。出品料や月の利用料が無料であるのはminneと変わらないのですが、手数料については細かく規定があるので会員登録をする前にしっかり把握しておく必要があります。

creemaのサイトを見ていると、成約手数料は商品金額の8~12%と幅があることが分かります。なぜかと言うと、creemaでは売上金額に応じて手数料が変動する仕組みがあるからなのです。基本手数料を“12%+税”に設定した上で、3ヶ月間の合計売上額が9万円以上の場合に成約手数料は“9.5%+税”になり、売上が21万円以上になると手数料が“8%+税”になります。

その他にも台湾と香港のサイトで販売したものが売れた時には、成約手数料が決済総額の“16%+税”となるのに加えて決済手数料が1取引に付き“40円+税”かかってきます。さらにフードを販売して売れた時には“14%+税”の成約手数料になります。

ただ、登録してから1番最初の手数料に関しては、売上金額は考慮されず基本手数料である“12%+税”で計算されるそうです。また、creemaには“キュレーション”という仕組みがあり、会員が自分のお気に入り作品について集めて公開できるページを作成できるようになっています。

さらには、通販での販売・取引に不安がある人向けに、creema運営事務局が代わりに作品販売に必要なことを行ってくれる代理出品のサービスもあります。

iichi(いいち)

iichiは日本のみならず海外へのハンドメイド作品の販売サポートが充実していることが特徴です。対象国はアメリカ合衆国や英国、中国など2014年2月6日時点で46カ国にものぼります。

直接海外へ自身が発送するのではなく、iichi運営事務局に送れば検品をしてくれたり、取引明細を加えて再梱包してくれた上で海外へ送ってくれます。海外からのメッセージは無料で翻訳してくれるサービスがあるのが特筆すべき点です。

また、出品料・月額手数料共に無料なのは他のサイトと変わりませんが、成約手数料は作品代金の20%かかるようです。販売代金と送料の合計額から成約手数料と振込手数料を引いた金額が翌月20日までに銀行振込される仕組みです。

tetote(テトテ)

tetoteでは作品カテゴリが全部で1345種類もあります。サイトによると毎日1000作品以上が登録されているとのことですので、ハンドメイド作品を買いたい方にとっては毎日飽きることなく作品を選べるかもしれませんね。

販売価格は500円から100,000円まで設定可能ということです。販売しないで自身が作った作品を展示のみしてユーザーに公開することもできるようです。また、出品料や月額手数料は無料であることに加えて、出品数は制限なく利用できます。販売成約手数料は“12%+税”となっています。売上金振込に関しては、1回ごとに160円がかかってくるそうです。

tetoteで特徴的な仕組みとしては、売上金の受け取りを3ケ月まで繰り越すことができる点です。毎回かかる振込手数料をまとめることができますね。ただtetoteに関しては、作品の販売・購入は日本に限られているようです。

ハンズ・ギャラリーマーケット

東急ハンズが展開しているハンドメイド通販サイトです。ネット上だけでなく、渋谷・横浜・梅田・博多・熊本の各店舗において、作品を実際に見てから購入することができるギャラリーも設置されているのだそうです。

サイトでの作品販売に関しては、作品が売れた時に販売手数料として作品代金の12%が差し引かれますが、月額料金・出品料金と共に振込手数料についても無料になるそうですので、この点はありがたいですね。

自身のお気に入り作品を集めてネット上でカタログ作成をする“Collection”機能や、クリエイターとユーザーをつなぐ“Photo Gallery”機能など独自の機能が充実しています。“取引ナビ”という機能は購入者とクリエイターが商品について密接に連絡を取り合うのに役立ち、商品の取引をよりスムーズにしてくれると思います。

ユザワヤMarket

ユザワヤMarketは、手芸材料の販売などをしているユザワヤが展開するハンドメイド通販サイトです。STORES.JPという提携サイトにてオンラインストアを簡単に開設できて、誰でも作品が販売できるとのことです。

STORES.JPでは、フリープランとプレミアムプランがあります。フリープランだと無料ですがアイテム公開は5つまでに限られ、アイテム画像の追加も4枚までになるようです。

プレミアムプランにすると月額980円の料金を支払わなければなりませんが、扱えるアイテム数は無制限になり、画像も12枚まで追加できるようになります。また、STORES.JPにあるさまざまな機能が使用できるようになります。

販売手数料に関しては、クレジットカードやコンビニ決済の場合に決済手数料5%が発生するとのことです。同じく銀行振込に関しては通常5%の決済手数料がかかるのですが、自身の口座を開設し利用することによってかからないようにできるそうです。

crapaca(クラパカ)

crapacaは月額利用料金や出品料、または販売手数料などの、作品を売るためにかかってくる費用が無料であるということが大きな特徴です。月額200円の有料サービスも用意されていますが利用するかは任意です。

作品は1点から出品可能ということですので、プレッシャーなく始めたい方には合っているかもしれませんね。ハンドメイド作品の購入に関しては、インターネットからの送金システムでありクレジットカード情報を相手に伝える必要がないPayPalでの購入も可能だということです。

ツイッターやフェイスブックに製作途中の作品の写真を載せてアピールができますので、作品の宣伝にも良さそうですね。

通販で作品を買うメリットとデメリット

ハンドメイド作品を通販で購入することは手軽にお気に入りを買うことができる反面、デメリットもあります。購入の前には特にデメリットについてしっかり把握しておくようにしましょう。

好みの作家さんに出会える

これはハンドメイド通販の大きなメリットの1つですね。たくさんある通販サイトの1つ1つにはとてもたくさんの作家さんがいて、日々作品がアップされています。お店だと行くたびに商品が新しくなるということは不可能ですが、ハンドメイド通販はそれが可能です。昨日見た時にはなかった作品に、今日出会えるということも多々あります。

そうなると毎日のサイトチェックが日課になるかもしれませんね。また、たくさんの作品があるからこそ、自分の好みに合ったものを製作している作家さんに出会える可能性も高くなります。お気に入りの作家さんとコミュニケーションを取れる機会もあるかもしれませんね。作った方の人柄に触れるとよりその作品に愛着がわいてくることもあると思います。

ただ、このことは裏を返せばハンドメイド通販のデメリットも含んでいます。たくさん作家さんがいるということは、お金を得ることを最重要視していていい加減な仕事しかしていない人や、実際に見ることができないのを良いことにあまり質の良くない材料を使っている人もいる可能性があるのです。

もちろんすべての作家さんに当てはまることではありません。1つ1つ心を込めて作品を購入者の元に届けようとしている作家さんはたくさんいます。

しかし誰でも参加できるからこそ、その可能性もあるかもしれないと用心しておくことは大切です。そういう人から買うと商品取引の際に余計なトラブルを招くこともあるかもしれませんので、ハンドメイド通販を利用する際には作品だけでなく、作家さんも見極めることを忘れないようにしましょう。

人がなかなか持っていないものに出会える

これもハンドメイド通販ならではの醍醐味であると言えるでしょう。ハンドメイド通販で取り扱っている作品は、アクセサリーであれ、財布や洋服であれ、基本的にその作家さんオリジナルです。工場で量産されたものにはない価値がそこにはあります。その価値に惹かれる人が多いのもまた事実です。

「この作品は作家さんの手で心を込めて作られたんだろうな」と思うと、大事に使っていこうという気持ちになりますよね。現代では忘れられてしまうことの多い“物を大切にする”精神を改めて感じさせてくれる機会でもあります。

また、ハンドメイド作品は手作りだからこそ、その扱いに慎重さが求められる場合もあります。ですがこの点に関しては、“欠点”ではなく“特徴”であると共にハンドメイド作品ならではの“魅力”でもあるのです。

もしハンドメイド作品を買いたいと思っている方でそのような特徴が気になるのでしたら、よく考えてから購入することをおすすめします。

受注生産は届くまでの期間をチェック!

ハンドメイド通販で取り扱う作品は、1つ1つがハンドメイドであるため作るのに時間がかかっているものが多いです。特に受注生産品を購入したいという場合には、注文を受けてから作業に取り掛かる場合が多いと思いますので、注文する際にはその点を考慮に入れておいた方が良いと思います。

手元に届くまでの時間的な目安に関して分からなければ、最初に作家さんに質問しておくと良いですね。

スポンサーリンク

ハンドメイド作家に挑戦する時のポイント

ここでは、ハンドメイド通販を利用して作品を売ることを検討している方に向けて、実際に始める時にはどう動いたら良いかについてまとめてみました。読んだ後にハンドメイド作家として頑張っているご自身の姿を、具体的に想像してもらえるようになっていただければと思います。

材料を通販でまとめ買いすることの是非

通販で商品を売るには売る目的で作ったハンドメイド作品が必要です。そしてその作品の制作には材料の仕入れが大切になってきます。なぜ大切なのかと言いますと、材料を仕入れるのにかかった代金は売上金から引かれる存在だからです。ですから赤字にならないためには計画的な材料の仕入れが必須になってくるのです。

そのことを考えると、通販で価格の安いお店を探してまとめ買いするのが良いのではないかと思いますよね。確かにアクセサリーなどのパーツはまとめ買いをすると安くなる場合もあります。ただ、安いからという理由でまとめ買いに走るのはリスクもあります。

通販では現物を自分の目で見たり、手で触れて品質を確認するということができません。それに加えて、返品に応じてくれないケースもあるということを頭に入れておく必要があります。

価格を重視するあまり質の整っていないものを大量購入した結果、売り物にならないという最悪の事態が起こる可能性もあります。また、最初からそんなに多く材料だけ揃えてもその作品が順調に売れる保証もありません。

通販のまとめ買いが絶対にダメと言うわけではないのですが、やはり1番最初は自分の目や手で実際に材料の質を確かめながら、少量ずつ購入していくことも大切なのではないでしょうか。慣れてきてビジネスが軌道に乗り始めてきたら、またその時に材料の仕入れ方法を考え直すこともできます。

ちょっと最初から厳しめの話になってしまいましたが、自身でハンドメイド作家になって作品を売るということは、すべての責任が自分にあるということなのです。せっかくハンドメイドに興味を持ったのですから、失敗して背を向けてしまうということにならないようにしたいですね。

安い小物から作るのがおすすめ

材料の仕入れでも少し触れましたが、商品を作ったからと言って順調に売れるとは限りません。最初から材料費がかかるようなものを作ったり、販売価格を高く設定しなければならないようなものに手を出すのではなく、材料費と販売価格のバランスが取れていて作りやすい小物からチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

また、その商品がオリジナル性を持っていることは重要です。ハンドメイド作品を商品として購入している人の中には、ハンドメイド作品が本当に好きで、たくさんいろんな作品を見た上で厳選したものを買っているという、目の肥えた人も多くいることと思います。

「どこかで見たことあるな」と感じるものだと買ってもらえないかもしれません。あなたらしさをどのように商品に反映させるかを考えていきましょう。

売れている物をリサーチする

どんなものを作って売ろうかなと考える時には、“自分の作りたいもの”ではなく“多くの人の需要があるもの”について考えていく必要があります。その際に参考になるのが、ハンドメイド通販で売れているものを調査することです。

売れている商品をランキング形式で紹介しているサイトがあると思いますので、どんなものが上位になっているのかをしっかり分析してみるようにしてください。ただし、実際に自分が製作するものは売れているものを真似するのではなく、オリジナル商品にするように注意してくださいね。

商品につけられている価格なども見ておくと、実際に自分が価格設定をする時に参考になると思います。

委託販売という方法とそのメリット

自身のハンドメイド作品を売るのには、委託販売という方法もあります。商品を雑貨屋さんなどのお店に送って売ってもらうなどが委託販売のやり方です。まずは委託販売のメリットについてまとめたいと思います。

制作に集中できる

お店に商品として置いてもらいお客さんにアピールして売ってもらえると、作家さんは作品の制作にかける時間を増やせるということになります。その時間の分、作品を多く作れたり、より質の良い作品を生み出せる可能性が高くなったりしますよね。

ハンドメイド作品は、1つ1つを作り出すのに時間を要するケースも多々あります。そのような作品を扱っている作家さんにとってはありがたいことですよね。

購入者に住所を知られない

通販でハンドメイド品を売る場合、発送する時に自分の住所を書くことがありますよね。その点、委託販売では商品をお店に送る際に住所を書くことはあっても、お客さんに住所が知れてしまう可能性は低くなります。

お客さんとの間でトラブルが発生した場合などを考えると、個人情報を知られてしまうことは出来れば避けたいですよね。良いお客さんばかりなら良いのですが、そうとも限りませんよね。

撮影・梱包をしなくてよい

通販でハンドメイド作品を売る場合、ネットに載せるための写真を撮影したり、発送の際に梱包したりするなどの作業も自身でする必要があります。写真は売るための大事な宣伝材料ですので、手を抜くことは出来ませんよね。

お客さんは手に取って確認できない分、掲載された写真で細部まで確認したいと思うこともあるでしょう。また、梱包がいい加減だと購入者に「次もこの作家さんの作品を買いたいな」と思ってもらえなくなる可能性もあります。

委託販売ではそのような心配をしなくて良いというメリットがありますね。

覚えておきたい!委託販売にはデメリットも

委託販売にはメリットだけではなく、デメリットも存在します。せっかく心を込めて作った大切な作品ですから、それが無駄になることがないようデメリットについてもしっかり考えた上で行動することをおすすめします。

お店の設定した手数料がかかってくる

委託販売を行う場合にも手数料が発生してくることが多いです。どんな種類の手数料が設定されているかということや金額についてはお店によって違ってきます。

手数料が引かれるのを想定済みで商品の価格設定をしないと、思ったよりも取り分が少なくて困るという事態に陥ってしまう可能性もあります。そうならないように、委託販売先から提示された手数料の規定をしっかりと吟味することが大切です。

連絡が取れなくなる委託先に注意!

いい加減な委託先だと、連絡が取れなくなってしまうことなどもあるようです。また、最初は丁寧に連絡をくれていたのに、だんだんその連絡の頻度が減っていき、ついには音信不通になってしまったということになったら非常に困りますよね。

特にその委託先に自分の大切な作品を預けていた場合、音信不通になったらその作品たちはどうなってしまうのでしょうか?委託先の責任者とは委託販売を決める前に接する時間をたっぷり持って、本当に一緒にビジネスを進めていける人なのかということを見極める必要がありますね。

売上が振り込まれない時には確認を!

音信不通と併せて考えられることが、売上金の振り込みがいつまでたってもされないということです。ただ入金に関しては、一定金額以上になってからでないと振り込みがされないなど、そのお店独自の取り決めがある場合もありますので、委託先の規定をしっかり確認しておくことも大切ですね。

もしそのような規定もなく売上もあるのに振り込まれないとしたら、委託先に早急に確認する必要が出てきます。この観点からも、委託先選びというのは慎重に行うことが肝心です。

ハンドメイド作家になるということ

ハンドメイド通販サイトを見ていると、とても可愛い作品がたくさん掲載されていてワクワクしてきます。中にはハンドメイドとは思えないくらい質の高い作品もたくさんあります。最初はサイトに載っている作品を見ているだけだったけれど、ハンドメイドに興味が出てきて自身でも作ってみるようになったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

趣味でハンドメイド作品を作るのとは違い、自身の制作した作品を商品にして売るということは大変な面もたくさんあります。それでも自分のハンドメイド作品が売れて、誰かのオンリーワンとして大切に使ってもらえたとしたらとても素敵なことですよね。

ハンドメイド品の販売に挑戦する際には、メリットばかりでなくデメリットも把握して計画的に行うことが大切です。また、作家さんとしてでなく、お客さんとしてハンドメイド通販を利用しようと考えている方にとってはトラブルなくスムーズにお気に入り商品を買えることが1番重要ですよね。

トラブルを避けるためにも、購入を検討している商品の作家さんと積極的にコミュニケーションを取る姿勢も大切になってくると思います。疑問点や作品に関する質問がある場合には、出来るだけ購入前に作家さんに確認しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク