事実婚とは?新しい結婚のスタイルのメリットとデメリットを紹介

スポンサーリンク

事実婚をご存じですか?最近では事実婚を選択している有名人のカップルも増えてきました。事実婚にするとどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。詳しく紹介していきたいと思います。

事実婚とは

最近では結婚のスタイルも以前と比べるとかなり変わってきました。例えば入籍前に女性が妊娠した事による「できちゃった結婚」は世間にも浸透してきたのではないでしょうか。

そして何らかの理由により入籍をせずに男女が一緒に住み婚姻しているかのような生活を送る「事実婚」も世間的に珍しく無くなってきているようです。有名人でも多くの人が事実婚を選択しています。

スポンサーリンク

事実婚って何?

では事実婚とは実際どんなものなのでしょうか?なんとなく意味はわかっているけれどはっきりとした定義や状態はわからないと感じている方が多いと思われます。ここからはさらに詳しく事実婚について紹介していきたいと思います。

内縁と同じ意味で使われる

事実婚とは入籍はしていないけれど、本人同士がきちんとした結婚を意識して生活している状態をいいます。お互いに夫婦であるというはっきりとした自覚を持っているということです。

通常、婚姻届を提出すると法律上は夫婦となり公に婚姻状態となります。しかし事実婚ではその手続きが無いので内縁と同じ状態でもあります。

同棲は事実婚と違う

事実婚と同棲は同じと考えてしまうかと思われますが、大きな違いがあります。同棲は男女が一緒に住み生活を共にすることですが、そこにはお互いに夫婦という意識は全くありません。いわば恋人という感覚ではないでしょうか。

しかし、事実婚はお互いに夫婦としての意識がはっきりとしているのでそこが同棲と事実婚との違いではないでしょうか。

法律的な権利もある

事実婚といえども法律的に結婚している夫婦と同じように責任を負うことになります。

例えば
・夫婦が同居し、共に協力・扶助し合う義務
・夫婦のお互いが不貞行為を行わない義務
・夫婦は日常生活費を分担し合う義務
・夫婦は日常家事から発生した債務に関して連帯責任を負う義務
・結婚前に自分名義で得ていた財産は結婚後も自分の財産と認める制度
・相手の責任で内縁関係を解消した際に慰謝料を請求出来る
・内縁関係の間に築いた共有財産は、関係解消後に財産分与として請求出来る
・遺族補償を受け取る権利

私達の身近な例であげると、公営住宅に入居することや携帯電話の家族割引の対象になることも可能なようです。

法律婚と事実婚の違いって?

では実際に入籍をして夫婦関係になる法律婚と入籍をしない事実婚との違いとは何でしょうか。事実婚であっても法律的な義務を負うことに変わりはないので籍だけの問題のように感じてしまいますが違いはあります。

相続権がなく重婚罪が成立しない

事実婚では相続権はありません。どんなに長い期間連れ添っていてもパートナーの法定相続人としてはみなされません。そのため残されたパートナーに財産を引き継がせるには遺言書が必要となります。相続をすることが出来たとしてもそこには相続税がかかってきてしまいます。

そして、入籍していないのでもし仮にパートナーが事実婚中に他の人と法律婚をしたとしてもそれは重婚罪としては成立しないのです。

出産しても非嫡出子として扱われる

事実婚の場合、二人の間に子供が産まれたとしてもその子は非嫡出子として扱われます。非嫡出子とは結婚していない内縁関係の間に産まれた子供という意味です。したがって母親の姓を名乗ることになります。

非嫡出子であっても生活上は特に問題はないようです。普通に学校に通うことも出来ますし就職も出来ます。子供が出来た場合、事実婚のままが良いのか法律婚へ切り替えるべきなのかという事を考えるきっかけになるようです。

スポンサーリンク

事実婚のメリットってどんなもの?

事実婚が増えてきた理由として具体的にどのようなメリットがあるからなのでしょうか?そこには事実婚を選択するカップルにとって理想的な結婚像があるように思えます。

どちらかが改姓しなくて良い

法律婚の場合は男性か女性かどちらかの姓に統一しなければなりません。現在は女性が男性の姓に変えるということが圧倒的に多いです。ですが、事実婚ではどちらかが改姓する必要がありません。

最近では女性の社会進出が進み改姓に伴う不便さや不利益が問題になり、夫婦別姓を選択することも多くなりました。戸籍上は男性の姓となっていますが、実際の生活や仕事上では結婚前の姓を通称として使用しているようです。

相手の家族や親族と距離を保てる

結婚をするとお互いの両親や親族との付き合いは避けることが難しいです。ほどよい距離感で付き合っていけるのが理想ですが現実にはそうもいかない事が多いようです。相手が礼儀やしきたりを重んじる家族であった場合、付き合いに嫌気がさしてしまっても仕方がないかもしれません。

事実婚のカップルにはこの付き合いの煩わしさが一つの理由として選択している事もあるようです。
法律婚では無いのでどちらかの籍に入っておらず親族になったわけではないので、必要以上に付き合いをすることも迫られません。心地よい距離感でいられます。

対等なパートナーシップが築ける

事実婚の女性は男性に全てを依存する事がなく、お互いに対等な関係を築きたいと考えているようです。結婚すると女性は家庭や家事をするのが当たり前と思われがちですが、事実婚ではそういった考えはなく、女性でもやりたい仕事や趣味を遠慮なく続けていけるようです。結婚しても仕事でキャリアを積みたいと考える女性には事実婚はメリットが大きいかもしれません。

そして事実婚を選択するメリットとしてお互いを束縛することがあまりないということもあります。法律婚の夫婦になると、どうしても夫婦・家族という結びつきを重視してしまうでしょう。仕事や趣味を優先されてしまうとなぜ?どうして?と不信感を抱いてしまいがちです。

お互いの自由を尊重し合える事実婚は、距離感や束縛を好まないカップルにとってメリットであると言えるでしょう。

手続きが簡単

法律婚では改姓を行う場合、役所や職場に届け出をしなければなりません。銀行やパスポート、クレジットカード、身分証明書、免許証等も氏名変更の手続きが必要です。

それらの手続きも電話やネットで自宅にいても行えるなら良いのですが、実際はどこかの場所に出向かなければいけない事が多いかと思われます。そして手数料としていくらか出費が必要になることもあるかもしれません。そういった煩わしさを考えると事実婚で改姓が無いのはメリットと言えるのではないでしょうか。

離婚するのも楽

事実婚の場合、入籍をしていないのでもし離婚となってしまった時に離婚届の提出の必要がありません。改姓をしていないので面倒な手続きもありませんし、姓はそのままなので周囲への説明も特に必要がないかもしれません。

結婚するよりも離婚するほうが精神的にも体力的にも大変だという話を聞きます。結婚よりも離婚のほうが手続きや身辺整理といったものが困難なのかもしれません。事実婚の場合、極端に言ってしまうとどちらかが荷物を持って家を出ればそれでおしまいというように楽に済んでしまうのもメリットだと言えるでしょう。

事実婚のデメリットってどんなもの?

事実婚のメリットだけを取り上げると理想的で快適な結婚生活のように感じますがやはりデメリットも存在します。それはどんなものでしょうか?入籍をしていない為に起こりうる困難な問題が存在しているようです。

周囲の理解を得るのが大変

事実婚が少しづつ増えてきているとはいえ、まだまだ確実に浸透してはいません。周囲の人達から事実婚の理解を得るのは難しいかもしれません。

例えば親戚や上の世代の人達には事実婚のあり方は理解しがたいものなのではないでしょうか。結婚とは入籍するもの。もちろん離婚も有り得ないという考えで育った世代の方には事実婚のメリットをいくら説明しても平行線のままかもしれません。

一緒に住み夫婦同然の生活をしているのになぜ入籍をしないのか?きちんとした考えのもと事実婚を選択しているのに否定的に言われてしまうかもしれません。社会的な地位を持った人が事実婚だった場合は余計に周囲からは不誠実や不真面目な印象を持たれてしまう可能性もあるでしょう。事実婚が社会的信用にまで繋がるとは本人達にとって悲しいことです。

税金の配偶者控除を受けられない

法律婚の夫婦の場合、配偶者控除が適用され住民税や所得税といったものが少なくなるのですが、事実婚の場合は税金の配偶者控除や配偶者特別控除を受けることが出来ません。相続税ですと、法律婚の夫婦の場合は配偶者に税率の軽減制度があるのですが事実婚の場合それは適用されません。むしろ相続税の二割加算されてしまうようです。

この他にも医療費控除の合算も出来ないというように税制メリットが受けられないようです。

生命保険の受取人指定が困難

生命保険の受取人として事実婚の夫や妻は指定出来ません。理由としてはお金が関係するので犯罪や不正を招く恐れがある為です。もしその為に保険会社が訴訟問題といったトラブルに巻き込まれるのを回避したいという背景もあったようです。

しかし最近、事実婚や夫婦別姓というように婚姻の形態が認知され始めてきたことから、事実婚の夫や妻を保険金受取人として認める保険会社もみられるようになりました。多くの保険会社は依然として認めていないのですがこれから少しづつ変わっていくのかもしれません。

二人が幸せな結婚のスタイルでいいのです

事実婚と法律婚、あなたはどちらの結婚のスタイルを選ぶでしょうか。メリットもデメリットもありますが事実婚はこれから増えていく結婚のスタイルのような気がします。そして世間の流れも事実婚を認め始めているようです。それまでの事実婚のデメリットが解消されつつあるのがその証拠ではないでしょうか。

夫婦関係を築きたいけれども様々な理由で出来ないカップルもいるかと思われます。一緒にいたいのに壁が立ちはだかり結婚出来ない又は別れるという選択をするのはとても悲しい事です。二人にとって事実婚が幸せに繋がる選択になるならばそれもすてきな結婚のかたちだと言えると思います。

スポンサーリンク