理想の小顔を手に入れよう♪むくみ撃退のツボ押し4つのポイント!

スポンサーリンク

朝起きて顔がむくんでいる、そんな時は外出したくないくらい気分が落ち込んでしまいますよね。顔がむくんでしまうのにはいくつかの原因が考えられます。まずは自分のむくみの原因を知りましょう。むくみ解消にはツボ押しが非常に有効であると言われています。紹介するツボ押しをマスターして顔のむくみを解消しましょう。

顔のむくみが気になる人必見!ツボ押しとは

顔がすぐむくむ、常に顔のむくみが取れない…そんな風に悩んでいる女性は意外と多いようです。朝顔がむくんでいると、その日一日憂鬱な気分になってしまいますよね。顔がむくんでいると見た目が気になるだけでなく、化粧のりが悪くなるなど女性にとっては深刻な悩みです。

むくみ解消にはツボ押しが効果があるって知っていますか?むくみに効果があるツボをいくつか紹介しますので、ツボ押しでいや~な顔のむくみを今すぐ解消しましょう!

スポンサーリンク

顔がむくむ原因とは?

顔のむくみに悩んでいるあなた、そのむくみの原因が本当は何なのか知っていますか?原因を知らなければそのむくみを解消することは難しいはず。むくみの原因はいくつか考えられますが、自分のむくみの原因を知ることからまず始めましょう。

冷え性やコリによる血行不良

冷え性やコリは一見むくみとは関係がないように思えますが、実は顔のむくみとも深い関係があります。冷え性やコリはからだの血流を滞らせる原因となり血行不良に陥らせます。血行不良になると心臓から全身に送り出される血液が十分にからだ中に行き渡らなくなってしまいます。

そうすると、からだの末端である顔や足、手の先などの部分に血液が届かずむくみにつながってしまうのです。慢性的な冷え性やコリに悩んでいるは体質改善が期待できる漢方を取り入れるなどして改善するといいでしょう。

また、現代ではお風呂に入らずシャワーだけで済ませる人も多くなっており、血行を良くする機会が少なくなっていますのでたまには湯船につかり血行を改善しましょう。

お酒の飲みすぎ

お酒を飲んだ次の日に顔がむくんで朝鏡を見てびっくりする、そんな経験をしたことはありませんか。お酒を飲みすぎると顔のむくみの原因になってしまいます。男性はよく仕事上の付き合いで遅くまでお酒を飲むことがあるので、男性にも多い症状と言えます。お酒を飲むことで、血液中のアルコールの濃度が高くなります。

アルコールの濃度が高くなることで血管が広がってしまうため血液の勢いが停滞してしまいます。そのために水分や老廃物が通常より滞りやすくむくみにつながります。お酒を飲んだ日は寝る前に水をいつもより多めにとって血中のアルコール濃度を薄めると、次の日のむくみが軽減されますよ。

塩分や糖分の取りすぎ

私たちが現在摂取している食べ物や飲み物は昔の日本人が摂っていたものよりも味付けが濃くなり塩分も糖分も多く含まれています。この塩分や糖分を過剰に摂取してしまうと顔がむくんでしまう原因となる可能性があります。

塩分を過剰に摂取すると血液中の塩分濃度が高くなり、それを薄めようと水分を身体が欲します。塩分過剰になるとイコール水分過多につながるため、結果的に顔がむくんでしまうということになります。

糖分をとりすぎた場合には体内から余分な水分や老廃物を排出するために必要なビタミンやミネラルが消費されてしまう仕組みになっています。ビタミンやミネラルが不足すると、体内の水分排出もうまくいかなくなり体内が水分過多状態になってしまい顔がむくんでしまう原因になります。

長時間の同じ姿勢

長時間同じ姿勢を取っている場合も顔やからだのむくみにつながる可能性があります。特に足のふくらはぎは第二の心臓と呼ばれており血液を下から上に押し上げるために非常に重要なはたらきをしています。座り仕事で長時間同じ姿勢を取っている人は要注意、意識的に姿勢を変えたりストレッチをしたりするように心がけましょう。

また、同じ姿勢を長時間取るといえば睡眠中です。枕が低すぎる状態で長時間睡眠を取り続けると余分な水分が顔に溜まり顔のむくみにつながってしまうので、枕の高さを見直してみるのも効果があるかもしれません。

リンパの流れが悪い

リンパは血液のように全身にはりめぐらせていて、からだの中のいくつかのポイントで浄化作用が行われています。ひざの裏や鎖骨、首の下などが比較的有名な場所ですね。

リンパが通常とおり機能していれば、体内の余分な水分や老廃物はリンパにのってスムーズに排出されますが、リンパの流れが悪くなるとこの作用がうまく働かず結果的に顔やからだのむくみにつながります。

リンパは筋肉を動かすことで流れやすくなるのですが妊婦さんや高齢者の方は筋肉を動かす機会も少なくなるためリンパがうまく流れていかず、結果的に体内に排出されるべき水分が滞ってしまいむくみにつながってしまいます。

隠された病気の可能性

顔のむくみが慢性的である場合やひどい場合には、病気の可能性も考えられますので注意が必要です。むくみが続く場合には病院を受診してみましょう。

腎臓の機能が低下してしまうと尿を出す昨日が低下してしまい、体内に水分がたまってしまいます。また、沈黙の臓器と言われている肝臓の機能が低下した場合にもむくみが出ることがありますので、むくみのサインを見逃さないように気をつけましょう。

甲状腺の機能低下によって全身の代謝が低下することでむくみが出る場合もあります。甲状腺機能低下症の代表的な症状がむくみであることから、むくみが続く場合にはこの可能性も考えてひどい場合には医師に相談することをお勧めします。

むくみを撃退する簡単なツボ押しの方法

むくみを解消するためには、ツボ押しが効果的とも言われています。ツボ押しは、ツボの場所とコツさえ覚えてしまえばいつでもどこでもできる簡単な方法です。ここではむくみの解消に効果があるとされているツボをいくつか紹介します。

ツボの場所はある程度場所の目処がついていればその付近を軽く押してみると意外と簡単にわかります。少しへこんだ部分で、刺激をするとずーんと響く場所がツボの場所です。

ツボ押しの注意点としては、力を入れて押しすぎると毛細血管を痛めたり、神経を圧迫したりする可能性があるので適度な力を入れてすること。また、爪が伸びていたり指輪などを身につけている場合には皮膚を傷つける可能性もあるので気をつけましょう。

足裏でむくみに効くツボ

足の裏には腎臓や膀胱に関るツボがあるため、顔のむくみに効果があるツボがいくつかあります。足の裏の土踏まず上方部分から内側にかけての場所を指圧で刺激してあげることで体内にある余分な水分や老廃物の排出を促進することができます。

天柱(てんちゅう)

天柱というツボは首の後ろの髪の生え際あたり、高等部の骨とぶつかるところ左右両脇に2つあります。試しにそのツボを押してみると重く感じられるので比較的わかりやすい場所にあると言えるでしょう。

天柱を刺激する時には両手の親指をツボに当てて他の指で頭全体を支えるようにします。そのままの姿勢でゆっくりと頭を後ろに倒しながら親指で刺激します。これを何回か繰り返してみましょう。

曲池(きょくち)

曲池というツボは肘を軽く曲げた時にできるしわの先あたりの少しくぼんだ場所にあるツボです。このツボを刺激する時には肘を軽く曲げた状態で親指をツボにあて、痛みが気持ちいいと思うくらいの強さを目処に刺激してください。5回ほど押しては離すを繰り返してみましょう。

太陽(たいよう)

太陽というツボはこめかみ中央に位置しています。太陽に親指を当てて他の指は軽く握った状態で頬当たりに起きます。この状態で握った手の人差し指あたりがのの字を描くように回して親指に刺激を与えます。

この太陽というツボはむくみは勿論、疲れ目や頭痛の軽減にも効果がある万能なツボとも言われています。目の周りですので目を傷めないように気をつけながら刺激してくださいね。

地倉(ちそう)

地倉というツボは顔にあり、口角の少し外側にあります。顔の皮膚はデリケートなので人差し指若しくは中指の腹の部分で上に向かって押すイメージで教えてください。何度かゆっくり押しては離すを繰り返しましょう。

地倉を刺激することで老廃物を排出しむくみを解消することができるので、顔の厄介なほうれい線を解消してくれる嬉しい効果も併せて期待できそうです。

お灸でツボを刺激する方法

お灸はあまり身近ではないかもしれませんが、最近では自宅で簡単に誰でもできるお灸がドラッグストアなので手に入ります。お灸を刺激したいツボの上に置いて後は火をつけるだけで簡単にお灸ができますよ。

お灸の温熱効果はツボを刺激するだけではなく、免疫力のアップやリラックス効果など様々な効果が期待できますので興味がある人は試してみてくださいね。

スポンサーリンク

ツボ押しでむくみを取ってすっきり小顔に

自分のむくみの原因を知ることが出来ましたか?顔がむくんでいると、目も腫れぼったく化粧のりも悪く気分も上がらないという女性にとってはあまり良くないことばかりですよね。

むくみの原因を改善し、簡単にできるツボ押しをすることで顔のむくみを改善することができるかもしれません。憧れのすっきり小顔を手に入れるために今日から早速ツボ押しを是非ためしてみてくださいね。

スポンサーリンク